⭐️ご挨拶⭐️

はじめまして。「とつげき!ちきゅうの研究室『らぶラボきゅ〜』」番組プロデューサー・監督・出演者の佐伯恵太と申します。京都大学大学院の理学研究科で修士号(理学)を取得後に俳優に転身し、現在まで俳優・タレントとして活動しております。そんな少し変わった経歴の私ですが、科学の世界とエンターテイメントの世界を両方を見てきた自分ならではの番組を、人生をかけて本気で作っております。どうぞよろしくお願いいたします。



⭐️番組の特徴⭐️

この番組は、今年4月にスタートした教育番組で、YouTubeチャンネルで毎週土曜日朝7時に更新しております。子供も大人も一緒になって楽しめる番組を目指しております!

番組では、研究室の先生と子供達がお喋りしたり、時には遊んだりしながら、研究のことや科学の知識、そして、人生の大切なことを学んでいきます。毎月第1週目に先生登場回があり、2週目以降は子供達が主体的に行動し、いろいろなことを発見したり、学びを深めていく回になります。


番組制作の背景や、番組への想いをお話させていただく前に、まずは是非番組をご覧ください!


🎥第一回放送🎥

   【遊び=勉強?!】色ってフシギ!!色彩・コミュニケーションデザイン研究室に、とつげき!

🎥第二回放送🎥

    色を使った連想(れんそう)ゲーム!イロイッチゲームに大挑戦!!みんなもいっしょにやってみよう♪

>>番組本編の再生リスト<<  ※3〜4週目もぜひこちらからご覧ください


また、惑星QのQ王国と地球の交流を描いた物語が紡がれていくのも番組の大きな特徴です。

>>100秒でわかる!物語の解説動画<<

Q王国の愉快な仲間たちが番組に華を添えてくれます。番組をより一層面白くしたり、難しい話を噛み砕いて説明する役もこなしてくれます!

[番組内画面:虹の色の捉え方の違いについて解説しています]

王女様の成長が描かれながら物語がゆるやかに進行し、Q王国の過去や国王様の真の目的が約3年後に語られる予定になっています。子供達に伝えたいことはこの物語の中にも込めておりまして、そのためにもどうしても、番組を長く継続していきたいです!ノーベル賞受賞者の先生にもご出演いただけるような番組に育てていきたいと本気で考えております。

[左から、エスチ王女、謎のいきものスチョン、国王クエス16世]


⭐️番組制作の背景と想い⭐️

ここで、この番組を作ろうと決意した経緯について、お話させていただきます。私は、芸能活動をしている身でありますが、科学に強い興味・関心があり、科学や研究の世界に少しでも貢献したいという想いがあります。現在「日本の科学をもっと元気に!」をスローガンに掲げる日本版AAAS設立準備委員会という組織に委員として在籍しておりまして、多くの研究者の方々とお話させていただく機会がありました。

その中で「科学を社会に発信したい!」「科学と社会をつなぐことが大切だ」という強い想いを持った研究者の方々がたくさんいらっしゃることを知りました。ところが、研究者の方々は研究のプロであって、わかりやすく、面白く伝える、ということが不慣れな方も多いです。そこで、サイエンスコミュニケーターという方が研究者の代わりになってその役目を果たされています。しかし、そういった構図になっていることで、研究者ご本人の言葉を直接聞くことができる場所や、研究者の想いや生き様について知ることができる場は少なくなっています。特に、子供たちが研究者のことを知れる場所、研究者に会える場所となると、かなり限られてしまいます。

ここで問題となるのは「子供たちが研究者に憧れを抱く機会がなくなってしまう」ということです。スポーツの世界でも、プロサッカー選手やプロ野球選手に憧れを抱くことが、そのスポーツを始めるきっかけになったり、伸び悩んだ時もくじけずに続けるモチベーションになったりします。であれば、子供たちが研究者に憧れを抱くことができれば、それはその分野の勉強に前向きに取り組むきっかけになったり、勉強を継続する力になるのではないでしょうか。そう考えた私は、研究者と子供たちをつなぐ番組として「らぶラボきゅ〜」を作ることを決意し、番組制作を始めました。

学業や研究の世界に10年、エンターテイメントの世界に15年いる自分だからこそ実現できる形で番組作りに挑戦しています!幸いな事に、子供も大好きで、子供たちのためならいくらでも力が湧いてきます。研究者と子供たちのために。そして、社会のために。今までの人生の集大成という気持ちで全力で取り組んでおります。

番組を長く継続していくための収益化につきましては、今回のクラウドファンディングやYouTube上での収益だけでなく、オンラインイベント、リアルイベント、グッズ販売、スポンサー収入と、様々な形での収益化を目指しておりますが、そのためにも更新ペースを落とさず、より一層番組の質も高めていくことが重要です。番組や、このプロジェクトをご覧いただき、共感いただけましたらぜひ、ご支援いただけましたら幸いです。


⭐️資金の使い道⭐️

いただいた金額を番組の制作費及び番組の認知拡大のための予算に充てさせていただきます。

【100万円の場合】

◎番組制作費 3ヶ月分 (イラスト・音楽・動画編集):約40万円

◎人件費 3ヶ月分 (出演者・番組制作スタッフ):約20万円

◎グッズ制作費・リターン発送費:約20万円

◎広報費:約10万円

◎クラウドファンディング手数料:99,000円

※内訳は活動報告の投稿でご報告させていただきます

[開発初期段階:キャラクターもこだわり抜いています]

さらに多くのご支援をいただいた場合は、その先の番組制作費、もしくは番組のオリジナルソングの制作費など、番組の状況を見て、一番必要なところの予算として、大切に使わせていただきます。

⭐️リターンについて⭐️

お礼のお手紙、オンライン報告会、番組キャラクターのグッズや、番組スポンサーになれる権など、様々なリターンをご用意させていただきました。どのリターンも、心を込めてお届けします。各リターンの詳細をぜひご覧ください。


【キャラクターTシャツ】

[お子さんへのプレゼントとしてもオススメ!大人サイズ(男女)もご用意しています]

【オンライン報告会】

[オンライン報告会。7月3日は役(エイト特派員)として・4日はプロデューサーとして]


他にも「待ち受け画像」「新グッズ」「番組出演権」などの追加リターンも準備中です!


⭐️最後に⭐️

明日世界がどう変わるか、わからない時代です。そんな中で求められるのは、変化を受け入れ、柔軟に対応し、たくましく生きていくこと。その為に必要なのは「学び続けること」「自分で考えること」そして「失敗を恐れず、間違いも楽しみながら挑戦していくこと」だと思っています。科学を探求し続ける研究者という存在は、今の時代に必要なことを子供たちだけでなく私たちにも教えてくれます。実は私自身、芸能界での活動を開始した後、所属していたチームの解散や芸能事務所の倒産を経験したりと、今までの人生は決して平坦なものではありませんでした。しかしそんな中でも前向きに歩むことができたのは、いつも応援してくださる方々のおかげであり、そして、学業や研究活動で叩き込まれた「研究者スピリット」のおかげであると感じています。

科学的な情報や研究の知識も大切ですが、自ら考え、行動する力を養う、そんな役割を番組が担っていければと考えております。よかったら一緒に楽しく、学んでいきませんか?

[デンマーク・オーフス大学の竹内倫徳先生との撮影の様子]

もし、このプロジェクトが目標金額に到達しなくても、番組の更新頻度を落としたり、一時休止しつつも、必ずまた再開するつもりです。ですが、だからこそプロジェクト期間中は未達の可能性は考えず、全力で前進あるのみの精神でまいります。ぜひ、応援の程、よろしくお願いいたします!最後までご覧いただき、ありがとうございました。


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください