こんにちは。松尾泰伸、大村真吾です。

上の写真は二人が出会った2012年ころの写真です。
今から思えば、二人で公演をやるなんて夢にも思っていませんでした。
2020年12月20日に東京新宿で公演した「魂の巡礼」
今回はテーマを【Religion】として世界の聖地を松尾泰伸の奏でるピアノの旋律と
大村真吾のイニシエーションで巡る旅を札幌で実現したいと思っています。

このプロジェクトで実現したいこと

2021『魂の巡礼』イニシエーションとピアノで巡る世界聖地 巡礼の旅の
5月28日札幌公演を実現させて、札幌公演にご来場して頂いた方々、ビデオ鑑賞して頂いた方々
を居ながらにして世界の聖地巡礼を旋律とイニシエーションで感じていただきたいと思っています。

公演日時:2021年5月28日(金) 18時15分開場 18時30分開演 20時終演予定

場所:エルムホール
札幌市手稲区西宮の沢3条2丁目1-8
エルムホール ホームページ

2020年12月に新宿で初演したピックアップビデオです


皆様から大きな反響を戴き、東京初回のコラボに続き、いよいよ巡礼キャラバンが始まります!

第2章は、日本列島の龍体の頭北海道の札幌の地より、
今回のテーマは「religion」!世界の聖地を祈りと音で巡ります

これまで世界中の聖地を巡り、スピリチュアルキュレーターとして活動を展開して来た大村真吾のイニシエーションと、世界各地での演奏会から得た松尾泰伸のヒーリングピアノのヴァイブレーションで、ホールに居ながらにしての世界巡礼の旅をお楽しみください。

音楽と祝詞やマントラの二人のエネルギーの融合により次元上昇が起こり、
プロジェクターから投影される映像やSEの音も加わり、
未だどこにもないジャンルによる表現で、奇跡の時空がホールに顕れます

リアルでもオンラインでもヴァーチャルでもない、
こんな時代だからこそ、コロナの時代の新しい旅の形。

プロジェクトをやろうと思った理由

松尾泰伸の奏でるピアノの旋律は波動となり皆さんの身体と魂を揺り動かします。
大村真吾は各地のイニシエーションは皆さんの身体と魂に語り掛けます。
コロナ禍のなか、どこにも行けずに鬱積した重たい気分が世間を覆っています。

風に時代になったにも関わらず世界を覆う空気は重く個々にのしかかってきています。
だけど・・・
松尾泰伸と大村真吾はひつつの考えに至りました。
身体に規制があっても魂に規制はない。
非常事態宣言で自粛で海外には行けないけど

魂は自由だ

風の時代は個々の魂が目覚めて、それぞれが光り輝くのだとすれば
肉体という重い規制ではく、魂を揺さぶればいいんだ。
魂は軽くどこにでも行ける。

劇場にいながら旋律に乗って魂の旅をする「魂の巡礼」をすればいいんだ!!

皆さんの魂が自由に旅するように軽くなれば・・・

それが僕たち二人の願いです。


これまでの活動

2020年12月20日にふたりの初公演を新宿で行いました


それでは二人の紹介をさせていただきます


松尾泰伸 プロフィール

(作曲家、ヒーリングピアニスト ピアノシンセサイザーアーティスト)

 3歳よりピアノを始め、小学校高学年で既にオルガンやエレキピアノの電気楽器に移行し、中学よりバンドを結成。そして、シンセサイザーに代表される電子楽器の進化の変遷と共にリアルタイムで、これまで音楽の路を歩む。

1982 大阪芸術大学 音楽学科 作曲専攻 卒業直後、舞踏グループ『白虎社』に音楽総監督・作曲・演奏家として、インドネシア・バリから始まるワールドツアーに強制的に拉致される。
ツアーは、10年に渡りアジア・中近東・ヨーロッパを巡り、各地で共演した民族音楽や様々なジャンルのアーティスト達との共演が、その後の音楽表現に大きな影響を与える。

1988 ポニーキャニオンより自己のグループ『mar-pa』でメジャーデヴュー!

ワールドミュージックの先駆けとして活動は香港・台湾にまで及び、アートシーンや様々なジャンルのアーティスと達との実験的なコラボを重ね、各方面から高い評価を得る。

1997 ソロ活動が始まり、日本の世界遺産や桜・大自然に捧げるポニーキャニオン「Virtual trip」シリーズへの映像音楽提供が始まり、そしてそれは、徐々に奉納演奏やリアルな大自然の中での演奏活動に移行。
この頃より、音の持つバイブレーションと人間との関わりを考え始める。

2005 高倉健主演『単騎、千里を走る』プロモーション映像の音楽を担当。

2006 40年振りに封印していたピアノ活動を再開!これが今のヒーリングピアノへの始まりとなる!

2011 『全国植樹祭わかやま2011』天皇皇后 両陛下 記念植樹「お手植え」の音楽献上。

高野山大学「ダライ・ラマ法王14世」特別法話のBGMを担当。

富士山世界遺産登録記念として、シンセサイザーを担いで世界初の富士登山奉納演奏。

2012 年末、東京新宿の演奏会で、友達に誘われて連れて来られていた大村真吾と運命の出会いを果たす!
早速の大村からの誘いにより、年明けの『プロジェクト-祈り-』での共演が実現する。

2015 フィギュアスケート 羽生結弦選手への楽曲提供!
 2015-2016エキシビションプログラム「天と地のレクイエム (3・11東日本大震災 鎮魂曲) 」は、一躍全世界に知れ渡る事に。

2018 アメリカ アリゾナ セドナ ヒーリングピアノコンサート。

NY在住監督による『Ainu|ひと』の音楽を担当。

2019 ニューヨークピアノソロ公演。

2020 そして、記念すべき大村真吾との『魂の巡礼』初演!
会場では、沢山の皆さんが涙される。

2021 かねたろう「ついてる100回ダンス」プロジェクト始動!

(バリ島でシャーマン マンク師のもとで修業をしているところ)

大村真吾 プロフィール


スピリチュアルキュレーター 株式会社クラブワールド代表取締役

1987年大学卒業後、旅行会社に就職。1999年にセドナに行きベルロックに登ったときに「今の会社を辞めて新しいことを始めろ」という天からの声を聴く。

帰国後ただちに退職願を出して10か月後に今の会社の前身を始める。

それ以降「声」の存在を求めてスピリチュアルな世界に入り国内外の聖地やパワースポットを巡り、儀式や修行、様々なスピリチュアルな体験をする。

代表的な体験はネイティブアメリカンの儀式ヴィジョンクエスト(4日間絶飲食、ほぼ裸の状態で一人で山の上で過ごす)、バリ島のシャーマンのもとで修業、フランスからスペインの巡礼の道(800キロ)を徒歩で2回踏破など。

それらの体験をもとにして、ツアーを企画したり、瞑想や自分と繋がるワークを開催しています。

昨年12月に東京新宿で松尾泰伸X大村真吾のピアノの旋律とイニシエーションによる「魂の巡礼」を初公演いたしました。

著作:開運繋がるパワースポット

資金の使い道

会場費 88000円
舞台設備費 181400円
交通費など 100000円
その他経費 130600円(クラウドファンディング手数料、チラシ作成、人件費など)


共催:㈱ここにいるよ。代表取締役 大滝美千子さん
「北の大地から『魂の巡礼』の全国ツアーの皮切りを応援しています。
一人でも多くの方に魂の巡礼を見ていただきたいと思います」


リターンについて

数々のリターンをご用意しました!!


シンプルに5月28日「魂の巡礼」札幌公演を応援!!(1000円 無制限)
松尾泰伸と大村真吾からのサンキュー音声メールをお届けします


5月28日「魂の巡礼」札幌公演 動画鑑賞(3000円 無制限)

魂の巡礼札幌公演の録画動画をお送りします。
また松尾泰伸と大村真吾からのサンキュー音声メールをお届けします


5月28日「魂の巡礼」札幌公演のチケット(4000円 限定100名様)

また松尾泰伸と大村真吾からのサンキュー音声メールをお届けします


5月28日「魂の巡礼」札幌公演シンプル応援+
かねたろうてぬぐい(5000円 限定50名様)

また松尾泰伸と大村真吾からのサンキュー音声メールをお届けします


5月28日「魂の巡礼」札幌公演 動画+かねたろうてぬぐい(8000円 50枚)

魂の巡礼札幌公演動画鑑賞
金たろうてぬぐい 
松尾泰伸と大村真吾のとっておき音声サンキューメール


5月28日「魂の巡礼」札幌公演チケット+かねたろうてぬぐい(9000円 50枚)

魂の巡礼札幌公演のチケット。
かねたろう手ぬぐい1枚。
また松尾泰伸と大村真吾からのサンキュー音声メールをお届けします



大村真吾の講演会主催開催権(30000円 10名様限定)
パワースポットやスピリチュアルな講演(2時間)の主催開催権です。
詳細は個別お打合せさせていただきます。
★特典
大村真吾著作「開運繋がるパワースポット」サイン本3冊

*交通費は別途



大村真吾の講演会主催開催権(100000円 5名様限定)
パワースポットツアー(8時間)の主催開催権です。
詳細は個別お打合せさせていただきます。
★特典
大村真吾著作「開運繋がるパワースポット」サイン本10冊

*交通費は別途


松尾泰伸 演奏会 主催権(100000円 5名様限定)
★特典Ⅰ
主催者の方と松尾泰伸のステージでの共演。
※MC・唄・楽器・ダンス・語りetc.
主催者の方との、その演奏会で何らかの形でのコラボが実現します!
★特典Ⅱ
松尾泰伸CDアルバムより、お好きな1枚を提供します!
*交通費は別途


「魂の巡礼」主催開催の権利です(300000円 5名様限定)
貴方の貴方の街で「魂の巡礼」を主催しませんか?
詳細は打ち合わせをして進めていきます。

*会場代金、音響照明代金など別途に必要となります。
*交通費は別途実費負担となりますのでご了承ください


リターンの「かねたろうてぬぐい」とは・・・

金太郎(かねたろう)とは松尾泰伸が作曲した【ついてる100回ソング】のときに
現れる精霊の一種。

【ついてる100回ソング】1曲のなかで「ついてる」という言葉が100回出てくる
まさにマントラのような曲。

苦しい時や困ったとき、一念発起する時に【ついてる100回ソング】を聞いていると
奇跡が起きるという楽曲なのです。
より効果を高めるためにはエンドレスで流し続けるとよいとされています。

この縁起の良い「音霊」「言霊」をプリントした手ぬぐいです。
製品完成後に「ついてる100回ソング」の音霊を浴び、神社で祈祷も行った
まさに奇跡を巻き起こす「かねたろうてぬぐい」です。

てぬぐいはまだできていませんので画像をお見せすることはできません。ご了承ください。


最後に

皆さん、松尾泰伸と大村真吾はこの魂の巡礼で各地をめぐり
コロナ禍で行きたくても行けない聖地を居ながらにしてお連れしたいと思っています。

テレビやオンラインの聖地巡りとも違う旋律とイニシエーションを体感する
全く新しいタイプの劇場型聖地巡り。
どうぞ多くの方の応援を賜り、多くの方々に体感していただきたいと思います。

体験していただければ、必ず魂の解放がもたらされるように私たちは全身全霊を捧げます。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください