▼ ご挨拶

 初めまして。熊野 栄子です。

ページをご覧頂きありがとうございます。

私は現在、心理カウンセラー、美容の整体師、ヒーラーとして活動しています。


半世紀に渡り「どん底のプロ」人生を送ってきた私が・・・


*53歳から婚活を始め、翌年に熟年婚

*55歳で美容の整体師(モンテセラピスト)となり

*58歳で心理カウンセラーの認定資格を取り

*33年間続けた看護師から、還暦でセラピストに転身しました。


周囲の人からは「何もその年になってから無理しなくてもいいんじゃない?」

と言われ続けてきました。


ですが、本当の夢や望みを叶えた今、皆さんにお伝えしたいのは

諦めるのはまだ早い!何歳からでも夢や望みは叶えられる!

花の命は結構長い!(笑)

ということです。


▼私がこのプロジェクトで実現したいこと


現在の混沌として先の見えない長引くコロナ禍の中で、希望を持てずに自分の将来の夢や人生のビジョンを描けないでいる人が増えているのではないでしょうか?


私は「たましいの教室」講座を札幌で開校し、「人生の羅針盤」ともいうべき

メソッドである「イチイ手帖」を使って

どんな自分を出しても安心・安全な場所で

本当の自分と向き合いながら

心から分かち合える仲間とともに

自分が真に望んでいる夢や希望を叶えて人生を輝かせて欲しい!

内面から輝く笑顔の女性を増やしたいのです。


▼このプロジェクトをやろうと思った理由

<長い暗闇の時代>

まず、私がこのような活動をはじめるようになった動機についてお話しさせて下さい。


私は幼い頃から内気な性格で自分の本当の気持ちを言葉で表現することができない子どもでした。

幼稚園で私をいじめる子どもがいても声も出せずに、じっと我慢して先生や親にも言えずに耐え続けていました。


身体も虚弱体質で常に病院通いをしていました。そこで会う看護師さんの白衣に憧れて看護師になりたいと思いました。


そして看護師になり病院に勤務しましたが、看護師同士やDrとの人間関係が難しく、どんどんストレスが溜まっていきました。

28歳で結婚しましたが甲状腺のバセドウ病、卵巣脳腫で手術、子宮内膜症、慢性疲労症候群、など次々に病気に見舞われました。

自然妊娠は難しいと言われて不妊治療を受けて一度は妊娠しましたが、3ヶ月で流産してしまいました。


さらに、私には聡明で優しい7歳年上の姉がいたのですが、メンタルに大きくダメージを受ける事が起きたことを機に、精神を病み、自死してしまうという信じられない出来事も起きました。自宅での焼身自殺だったため、不審死として扱われ、警察が入りました。遺体の損傷が激しいので対面せずにお姉さんの美しい思い出を大切にして下さいと言われて最後のお別れも出来ないまま葬儀が終わりました。


人は掛け替えのない大切な家族を突然失った時、涙さえ出ずに、喪失感さえ湧かないものだということをこの時初めて知りました。

事実として受け入れることが出来ずに、時間を逆戻りさせたいと頭の中を堂々巡りさせていました。姉を救う事が出来なかった自責の念や後悔、一方で姉もこれで楽になれたのかも知れない、と思ってしまう自分への罪悪感。

後にこの体験が心理カウンセラーになりたいという強い動機になりました。


そして夫との関係も上手くいかなくなり、40歳で離婚をしました。

このようなことが立て続けに起こったものですから私の中で「ああ、人の人生は生まれた時から既に決まっていて、自分は一生不幸な運命なのだ」とすっかり諦めてしまったのです。


その後の私はどんどん仕事人間になっていきました。自分を犠牲にしてでも人に尽くすことが、貢献することだと思い込んでいたのです。

自分の気持ちには蓋をして、ひたすら相手に合わせたり、期待に沿うような言動や振る舞いを続けているうちに、自分が本当はどうしたいのかさえわからなくなっていました。

職場で一時役職付きになったのですが、その当時の同僚や部下たちがまるで「敵」であるかのように見えてしまい、四面楚歌の状態になりました。

そして、うつ的状態を繰り返し、休職を余儀なくされたのです。


こんな生活を続けていましたが、50歳を過ぎた辺りから

私の人生このまま終わりたくない!と思うようになりました。

そこから心身を整えたくてカウンセリングやコーチング、音叉療法などを受けました。

その中で「私は何でも悲観的に物事をみてしまう、フィルターのようなものを通して世の中を見ていたんだ」ということに気がついたのです。

名付けて「悲劇のヒロインフィルター」これを眼鏡のようにかけて人生を送っていたのだと思いました。



そしてついに「人生の羅針盤」ともいうべきメソッドに出逢いました。

そこで自分を大切にすること、自分を満たすことの大切さを学んだのです。

本当の自分はこれからどのように生きていきたいのか?と始めて自分と向き合ったのです。

 

そして現在では

◎自分のことを信じて、許して、認めて、褒められるようになった!

そしたら私のことを信じて認めてくれる人が現れて感謝されることが増えた。


◎53歳から婚活して翌年熟年婚ができた!


◎55歳で美容の整体師(モンテセラピスト)になった!


◎58歳で心理カウンセラーの認定資格を取得!


◎33年間続けた看護師から、還暦でセラピストに転身できた!


◎本当の仲間ができた!


◎苦手だと思う人が減った!


◎自分の失敗を笑いのネタにまで出来るようになった(笑)!


◎自分の夢やミッションに意識が向いている!


◎心の底から笑えるようになった!


半世紀に渡る、どん底からの人生の大逆転!そこには目からウロコのコツが沢山あったのです!


              


▼たましいの教室とイチイ手帖への想い

札幌市在住の「ソウルフルコーチ」である伊東 良子さんのもと「たましいの教室」で学ぶ仲間たち。

青森の遠方の仲間とはZOOMで繋がって。毎回、笑いあり、涙あり、笑いあり、笑いあり(笑)で楽しく学んでいます。


心の中で鎧のように頑なにガードしている「着ぐるみ」を脱ぎながら、「本当の自分で生きる」ということを学んでいます。

そしてお互いに支え合いながら、それぞれが自分の夢や望みを実現するための実践を続けています。


私は過去の自分のように人生に「生き辛さ」を感じている女性にこのメソッドをお伝えしたいのです。

            


伊東 良子さん考案の「イチイ手帖」には自分が望む現実を創り出すための「創造のプロセス」のサイクルが組み込まれています。

このサイクルを実生活に落とし込むために13のルールが設定されています。それを実践することで自分の本当の夢や望みを叶え、今よりもっと自由に自分らしく生きることができるようになっていきます。

13のルールを一段一段、階段を上るように上昇していくので、私はこれを「幸せのらせん階段」と呼んでいます。

手帖の「イチイ」には・・・

イチイはとても生命エネルギーの強い木で、古くから家具などの材料にされてきた美しい木であること。

そしてNo1としての1位!という思いが込められています。


「私がこの人生でやり遂げたいことは何ですか?」

イチイ手帖には第一のステップからこんな壮大なテーマが書かれています。

それを肩に力を入れずに、深刻になることもなく、誰にでも簡単にできる方法で

面白がって、楽しく取り組めるのがイチイ手帖の素晴らしいところです!


皆さんは自分が望むテーマを掲げたセミナーに参加して、内容も素晴らしく感動して、帰りには意気揚々として会場を後にしたものの・・・

翌日、職場に行ってみたら徐々にテンションが下がり、2~3日もすると元の生活にまみれてしまう、そんな経験をされたことはありませんか?

私は何度もあります(笑)

たくさん学んで知識として頭では分かっていても実践し続けるのは難しいものですよね。

ですがこの「イチイ手帖」は途中でうっかり陥りやすい「罠」(わな)やその対処法まで教えてくれています。

毎日の生活の中でコツコツと実践を積み重ね、階段を一段ずつ上るようにして、自分が本当に望んでいる現実を創造できるようになっているのです。


そしてこの手帖を使っての「たましいの教室」講座ではアウトプット(書くこと、人に話すこと、行動すること)を重視しています。アウトプットをすることで、思考がクリアになり、頭の中が整理されていきます。これが習慣化していくと、人との会話で伝える技術も向上し、コミュニケーションも円滑になり、私生活も充実し始めるのです。


私は人前で話しをすることが苦手です! 今ページを読みながら、そう思った方もいらっしゃるかも知れませんね?でも、何も心配いりません。かつての私もそうでした。ここはどんな自分を出しても安心・安全な場所で誰からもジャッジされることはありません。何度か講座に参加するうちに、気がつくと自然に話せるようになっていて、いつの間にか誰かに止められるまでベラベラと何十分でも話せるようになっていきます。(笑)

講座の中での誰かのシェアが自分とも重なって勇気を貰ったり、悩みを話してみたら、思いもよらない方法で解決されたり・・・

一人では続けることが難しく諦めてしまいそうなことも、ポツン、ポツンと池に落とした小石が幾重にも波紋を広げ合うように、 支え合う仲間が共鳴し合い、同調し合うことで講座の「場」全体とメンバーのエネルギーの波動が上がっていくのです。そのエネルギーは足し算ではなく、掛け算となってさらに大きなエネルギーを生み出していきます。


かつては日本中の不幸を背負っていると思い込むほどネガティブだった私が(笑)人生の羅針盤ともいうべきこのメソッドを使って、次々に自分の夢や望みを叶えていくことができたのです。



▼イチイ手帖を使っての「たましいの教室」講座は特にこんな方にお勧めです。

*叶えたい夢や望みがある方

*夢や望みはあるけれど叶わないと諦めている方

*自分の本当の夢や望みがわからない方

*自分のことが好きになれない方

*理想の自分と現実とのギャップに苦しんでいる方

*仕事・家庭などの人間関係でストレスを多く抱えている方


 現在の長引くコロナ禍の中で、社会的に立場の弱い女性が仕事を解雇されたり、経済的に苦しい立場に追い込まれるケースが増えている事をよく耳にします。

私たちの地域をそしてこの社会を明るく活性化させるためには、命を育み、家庭では太陽のような存在である女性が先ず元気であることが重要だと考えます。


姉の死を通して痛感したことは心も体も病みが深くなると、なかなか元の健康な状態に戻すのが難しいということです。

看護師歴33年の実績と心理カウンセラーの視点から、私は女性がこの激動の現代を力強くそして幸せに生きるための「コツ」を、この「たましいの教室」の講座でお伝えしたいのです。


※講座は法令に基づく医療、診療行為ではございません。効果には個人差がありますことを予めご了承下さい。

▼資金の使い道

「たましいの教室」イチイ分校を開設する教室:札幌市内のマンション賃貸料・初期費用

札幌市豊平区地下鉄南北線「中の島駅」から徒歩5分圏内の物件を考えております。

講座用備品:テーブル・椅子・ホワイトボードなど

教材費・事務用品

お礼のリターンの費用

クラウドファンデイングの手数料


▼実施スケジュール

・4月下旬公開 5月下旬終了

・6月上旬から「たましいの教室」講座スタート

・6月中旬からお礼のリターンスタート

・7月下旬活動報告


▼最後に

皆さんは頭で考えている思考と心の感情だけが真の自分の全てであると思い込んではいませんか?

本当の自分と向き合い対話する・・・


10年前、暗闇から一筋の光を見出して・・・

かつての私がそう運ばれていったように・・・

自分のたましいの存在に目覚めた人たちと

一緒に「幸せのらせん階段」を上っていきたい!

自分の想い通りの人生を創造できるこのメソッドを多くの人にお伝えしないのは勿体ない!

私は大好きな我が街札幌で「たましいの教室」講座を提供する「場」が欲しいのです。

 

姉のように自死してしまう人を減らしたい!

そして自分の夢や望みを叶えて内面から光輝く笑顔の女性を増やしたい!

その夢や望みを叶えてあげられるのは自分だけです !

諦めるのはまだ早い!

何歳からでも遅くない!

半世紀もの間「どん底のプロ」だった私が言うのだから本当です(笑)


どうか私のこのチャレンジに皆さんのお力を貸して下さい!

よろしくお願い致します。



プロフィール

熊野 栄子

・日本カウンセリング学会認定カウンセラー    

・看護師

・ヒーラー

33年間の看護師人生と自身の体験から「人は心と体の両方が健やかでないと本当に健康とはいえない」という思いに至る。女性の美と健康に貢献したいと思い、東洋医学を取り入れた美容の整体・心理カウンセリング・ハンドヒーリングを主に癒しのセラピーを提供している。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください