日本のうまい酒の話をしよう。

さわやかなハーブの香りと、まろやかな口当たり。
豊かな風味の中に感じる、心地の良いほろ苦さがクセになる。

ロック、水割り、ソーダ割、カクテルもバッチリだ。
みりんの代わりに調味料としても、たまらなく美味しい。

「酒は百薬の長」ということわざも、きっとコイツのためのもの。
出会ったときの感動は、何物にも代えがたい。



まだ、だれも知らない。
だから、あなたに贈りたい。



はじめまして。秋葉原で60年間続く洋酒専門販売店を営む 片桐健之 です。

プライベートでもカクテルを作るほどのお酒好きで、
過去にはイタリアワイン専門の会社に勤めていました。

当プロジェクトは、「保命酒」という長い歴史を持つ日本の名酒との出会いをきっかけに、同じ思いを持った仲間たちと共に立ち上げたものです。「保命酒」の古き良き味わいをベースに、改良を重ねている次世代の名酒候補「TOMOSHIBI」を日本中、世界中の方お楽しみいただけたら幸いです。


世界中の素晴らしいお酒を求め、時間を見つけては新たなお酒探しをするのが私の楽しみです。お取引先や知人のみなさまへ、「日々美味しいお酒をご紹介したい」という思いで、専門のイタリアワインに限らず、さまざまなお酒を味わっています。

中でも、「TOMOSHIBI」のベースである「保命酒」との出会いは、今までの私のお酒人生の常識を覆すような感動がありました。


数十種類の薬草が織りなす、さっぱりとしたほろ苦さと独特な奥深さ。
大人なビターな味わいの中には、甘味とうまみが凝縮されています。

ストレートはもちろん、水割り、ソーダ割りも楽しめて、調味料としても活用可能。


「日本にもこんな良いお酒があったのか」と、私はただ驚くばかりでした。

後に調べてみると、「福山で350年ほどの歴史を持つ」「多くの歴史的偉人たちも嗜んだ」など、感動を裏付けるような、さまざまな歴史や逸話がたくさん。また知人へ紹介した際も誰ひとり存在を知らず、「隠れた名酒だね」と、多くの喜びの言葉をいただきました。



「この感動を、日本中、世界中の人にシェアしたい」
「長年お酒を愛し、お酒と共に仕事をしてきた私だからできることがあるかもしれない...」

保命酒と出会ってからというもの、頭の中はいつも保命酒のことばかりでした。

そして、ある日の仕事仲間との集まりをきっかけに、この想いは大きく動き出したのです。


「保命酒は世界を狙える素晴らしいお酒だと思う」


私の一言をきっかけに、「僕も、私も、素晴らしいお酒だと感じていたんです」と、ひとりまたひとりと同志が集い、瞬く間に「チーム保命酒」が出来上がりました。以降私たちは、「保命酒を世界に届けること」を目標に、定期的なミーティングやプランの考案を重ね、熱狂の日々を過ごしています。


有名なことわざに、適量のお酒はどのような薬より効果があるという意味の「酒は百薬の長」がありますが、保命酒はまさに「百薬の長にふさわしいお酒」、そしてTOMOSHIBIは保命酒を凌駕する「百薬の長」を目指した次世代のお酒です。

「TOMOSHIBI」の開発にあたっては “さらに飲みやすく身体に良いものを“をテーマに、36種類以上のハーブを使用予定。ベースとなる保命酒の魅力を残しながらも、「新百薬の長」らしい機能性と、力強く華やかな味わいを目指し、改良を続けています。



ここで、百薬の長を裏付ける、私の「保命酒」の経験談をひとつ。

20〜30代の頃は寝るだけで疲れが取れていたものの、40代になると、翌日に疲れがドッと押し寄せ、楽しみの対価に体力を消耗してしまうのはご存知の通り……笑。ところが「保命酒」に出会ってからというもは、飲むたびにエネルギーがみなぎるような感覚があり、翌日はすっかり元気です。

もしかすると「保命酒」があれば、50代、60代になっても、楽しくスポーツや仕事を続けられるんじゃないか、と保命酒頼りの日々を送っています。

また、仲間たちも、それぞれ保命酒のパワーを感じているようで、「TOMOSHIBI」としてのパワーアップを経て、みなさまにも体感していただきたいなと考えています。


「TOMOSHIBI」は、みなさまもご存知の「イエガーマイスター」と同じ、ハーブリキュール(薬草酒)です。ストレートはもちろん、ロックでも、水割りでもお楽しみいただけます。

味わいとしては、イタリアの薬草酒「アマーロ」を想起させるような、上品な香りと爽やかな甘み、心地の良い苦味が特長。またお酒としては珍しい、まるくなめらかな口当たりです。


豆知識として、ヨーロッパなどでは、食後に「薬草酒」を楽しむ文化があります。理由としては、「お口直し」や「薬草酒で消化を促す目的」などがあるそうです。
実際に私も食後に飲んでみたのですが、すっきりするだけではなく、アルコールの気持ちよさが食事の余韻に浸らせてくれて、食事をより美味しく楽しむにはピッタリの飲み方だなと感じました。


まだ日本には馴染みのない「食後酒」ですが、TOMOSHIBIをご購入いただいた際は、ぜひお楽しみください。


保命酒が持つ350年の歴史を凝縮した、モダンなデザイナーズボトルをご用意しました。
自宅に並んでいても、お店やバーに並べていても一際目を引く、美しく格好良いボトルにしたいと、国内外のクリエイティブを手がけるデザイナーと共に創り上げた1本です。


日本の縁起色である「紅白」と武士の縁起色である「褐色=勝ち色」から成るボトルには、御用酒の証である「龍」が舞います。また、ポイントとなる紅には、「日本発の世界的なプロダクト」への祈願をこめ、国旗と同様の色を用いています。

※商品のデザインや仕様は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください


TOMOSHIBIは、環境へ配慮しながら日本の文化をお楽しみいただける「風呂敷包み」でお届けします。

バイカラーの本格的な風呂敷は、エコバックやインテリアとして日常使いをお楽しみいただけるほか、大切な人への贈り物にも喜ばれる粋な一品です。

カラーは、日本の縁起色「紅」と武士の縁起色「紺」の2色を予定。お届けはランダムとなりますので、到着までお楽しみにお待ちくださいませ。

※風呂敷のデザインや仕様は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください


宇宙開発事業や「WAGYUMAFIA」の運営、オンラインサロンの主宰など、多岐にわたるジャンルで活躍中の堀江貴文氏から応援メッセージを頂きました!

「保命酒は江戸時代から続く薬草酒ですが、上手いことプロデュースすると世界に売れるプロダクトになると思います。 まずはこのクラウドファンディングを機にかっこよく沢山の人に飲んでもらうと良いですね。頑張ってください!」

支援金は、酒造費用、オリジナルボトル制作費用(ボトル、ラベル、風呂敷、紙袋等)、送料、専用グラス制作費用、プロモーション費用、団体設立費用に使わせて頂きます。

2021/5/22 クラウドファンディング開始
2021/6/30 クラウドファンディング終了
2021/7-8月 ボトル等の製作手配
2021/9月-2022/3月 酒造、ボトル製作
2022/4月 梱包
2022/5月 順次リターンの発送開始


このプロジェクトに興味を持っていただいたみなさまに、お店やご自宅で気軽に格好良く、TOMOSHIBIを楽しんでいただくことが私たちの望みです。

かつては、福山藩を代表する御用酒として、大名や豪商相手に高値で売買され、お酒であり薬でもあった保命酒が「TOMOSHIBI」として、新たな歴史を刻みます。

日本中、さらには世界中の人々から愛され続ける名酒を目指して。

さあ、世界を陶酔させよう!

※酒類が含まれるリターンの為、発送は共同起案メンバーの株式会社モリス商会(神田酒第125号)よりの発送となります。

<All-or-Nothing方式で実施いたします>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください