▶︎はじめに

はじめまして。
今までにない映画の楽しみ方を追求する”てづくりシネマ”と申します。

上映空間を自分たちで手づくりしていく参加型の映画祭を提供している団体です!



なぜ”てづくりシネマ”ができたのか。

気軽に映画がどこでも観れるようになった今、「映画の楽しみ方は他にないのか?」とふと思ったのがきっかけでした。

最初に手掛けた映画祭は「カフェdeシネマ」

映画「ローマの休日」に合わせたテーマで店内を装飾して鑑賞しました。この時に映画を観ることよりも映画鑑賞空間をつくる過程が盛り上がり、その”空間をてづくりすることをエンタメとして提供するのは面白いのでは”ということで、映画好きやエンタメ好きが集まり結成されたのです。


映画祭「カフェdeシネマ」




また第2回の映画祭「旅館deシネマ」では、使われなくなっていた旅館を綺麗にしたり、使用済みの布をつなぎ合わせ絨毯にしたり、ものを作るという遊び心を引き出したり...

価値ある場所やあの時の想いなどをもう1度蘇らせる「リバイバル」要素が盛り込まれました。

映画祭「旅館deシネマ」のBefore

映画祭「旅館deシネマ」After


”てづくりシネマ”の英語表記は「TEZUKURe CINEMA」
この「り」が「Re」になっているのは「リバイバル」という意味が込められているのです。

このように”てづくりシネマ”は新しい映画の楽しみ方を追求し自分たちの手でつくる」そんな遊び心を大切にしています!

それが地域や場所・関わる人の想いを盛り上げることにつながればと思い活動しています!



▶︎プロジェクトをやろうと思った理由

”てづくりシネマ”の映画祭は今回で第3弾となります。

”てづくりシネマ”としては、今までの第1弾・第2弾の映画祭以上に面白いところで、もっとたくさんの仲間を巻き込んでできないかと様々な場所を開拓していました。

たまたまご縁があり、小田原にある650年の歴史をもつ東学寺が候補地に。


直接住職さんにプレゼンをしに行き、東学寺にとっても価値あるイベントにするにはどうしたらいいかを何度も話し合いました。

そんな中で住職さんから「お寺とはどういう場所なのか」「お寺や仏教に触れる機会が少なくなっている」というお話を伺い、お寺と人をつなげる役割を”てづくりシネマ”で担いたいと思い、お寺で映画祭をやろうと動き始めたのです。


▶︎このプロジェクトで実現したいこと

本来なら2020年9月にお寺deシネマは開催をしていました。
しかし、新型コロナウイルスの影響で実現できず2021年10月に再度開催することになりました。

期間が延びてしまったうえに人がリアルで楽しさを共有する場が減少してしまった今だからこそ、この映画祭を通してエンタメの提供と遊び心をリバイバルさせること。

そして東学寺中心に地域の人達と交流をしながら、魅力溢れる小田原全体を盛り上げていきたいと思っています!


▶︎どんな映画祭をつくるのか

テーマは「交差」

これは私たち”てづくりシネマ”が東学寺に出会ったこと、そして何度も小田原に足を運び繋がった人達。
この地域の人や様々な場所との交わりがなければこの「お寺deシネマ」の開催へと動くことができませんでした。

その感謝とさらなるつながりをつくるという想いを抱いた「交差」をテーマに映画祭をつくりあげていく予定です。



ちなみに、このクラウドファンディングは資金集めだけが目的ではありません

これから知り合う仲間や支援していただけるみなさんと一緒に作り上げていきたいと思っています!というか”てづくりシネマ”は一緒に映画祭をつくり上げてくれる仲間がいないと成り立たないのです。


▶︎てづくりシネマメンバー

てづくりシネマには個性溢れる仲間がたくさんいます!


【ぱか】

眠たい時の顔がアルパカに似ているらしく「ぱか」というあだ名で呼ばれています。
てづくりシネマの発起人。普段は学生のキャリア支援をしたり漫才師をしたり、ときどきコーヒー屋さんをしています。


【ゆっちゃん】

東学寺の娘。2021年春以降は、本業と両立しながら夫とともに本格的に寺での仕事も始まる。かねてより寺の多様性、イベント開催等に興味があったところ”てづくりシネマ”と出会う。
開催場所として提案し活動に参加している。


【かちこ】

普段は、クリエイティブ制作会社のバックオフィサー。
てづくりシネマが立ち上がった当初からコアメンバーにジョイン。
イベント企画開催、SNS運営、note.執筆に従事。日常に遊び心を置くことがモットー。


【ふぁも】

平日は映像機器会社の営業、休日は空き家活用の会社でイベント企画をしている週末コンテンツディレクター。面白い空間や体験型のコンテンツが好物!


【ひでみん】

てづくりシネマのデザイン担当。誰かと一緒に何かを作り上げることが好き。
趣味はイラスト、散歩、写真を撮ること。映画を見るときはティッシュ必須タイプです。


【ゆう】

チュックボール日本代表選手とHADOプレイヤーという2種目のアスリートとして活動しながら、「日常にエンタメを」をテーマにスポーツと”てづくりシネマ”をライフスタイルにしている。


自分たちの、関わった人たちが笑顔になるために活動する”てづくりシネマ”
共に「お寺deシネマ」をつくりあげる仲間が必要です。
是非あなたも一緒に”てづくり”しましょう!



▶︎資金の使い道

みなさまから頂いた資金はすべてお寺deシネマの野外上映機材費用として大切に使わせていただきます。(機材費、映画レンタル費、リターン送料、クラウドファンディング手数料(10%)など )

そもそも機材が揃わないと、映画の上映自体ができないのです。
そのため映画上映をするための機材が必要となりますので応援よろしくお願い致します!

もっと費用が多く集まれば、上映空間をよりよくするための制作費用に使わせていただきます。


✳︎ 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


▶︎実施スケジュール

◎4/18〜5/21:クラウドファンディング期間

◎5/22〜:お寺deシネマ作戦会議

集まった資金をもとにどんな空間を一緒につくっていくかを仲間と共に考えていきます。

◎10/9・10:お寺deシネマ開催


▶︎リターン

◎応援プラン(1,000円)

◎もう少し上乗せ応援プラン(3,000円)

◎ガチで応援してやるよプラン(10,000円)

◎これでもかってほど応援してやるよプラン(50,000円)

感謝の気持ちを込めてお礼を様々なかたちで送らせていただきます。
一部プランには”てづくりシネマ”が作成したファンブックへの名前の記載をさせていただきます。


◎ファンブックプラン!!

今回の小田原開拓の裏側も含め、てづくりシネマの軌跡が詰め込まれた冊子を提供します。


◎”てづくりシネマ”裏側を覗けるプラン!!

”てづくりシネマ”は上映空間をどうてづくりするのかという過程が一番おもしろいポイント!!
そんな裏側を覗くことができます。一緒に作戦会議をすることだってできるかも!?
コミュニティツールを使用し、こちらの支援者のみに限定で情報をお伝えします。

◎”てづくりシネマ”がお手伝いしますプラン!!

”てづくりシネマ”がお掃除からDIY、場所やものの使い道を一緒に考えるなど...
あなたのお悩みを解決するためなんでもします!

ミニシネマイベントをコラボ開催できるプラン!!

一緒に”てづくりシネマ”とコラボイベントを開催できます!
コミュニティ活性をしたい・映画イベントを一緒に開催して話題を作りたい人におすすめ!
(最大30名、開催1回まで)

シネマイベントをコラボ開催できるプラン!!

てづくりシネマは全国にてづくり映画館をつくることを目標に動いています。今回の”お寺deシネマ”の次の開催地に名乗りあげるあなた向けのプランです。

(開催場所は全国どこでも可能・開催人数は最大100名(超える場合は要相談)・開催1回まで)


*各リターン項目に詳細を記載しておりますのでご確認をお願い致します。



▶︎最後に

私たち”てづくりシネマ”にとって今回のお寺deシネマは、初めての壮大なプロジェクトです!

650年の歴史をもつ東学寺、そして小田原市の方々を巻き込んだものとなっています。”てづくりシネマ”のつくってきた空間の広さは過去一であり、共に”てづくり”してくれる仲間はとても多いです。

どんな映画を見るのか、どんな上映空間をつくりあげるのか。
応援してくれたあなたとその過程を一緒に楽しみたいと思っています。

”てづくりシネマ”をよろしくお願い致します。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください