本プロダクトにご協力いただきました
大石洋介さんの ご生前のご厚情に
深く感謝するとともに
心からご冥福をお祈り申し上げます。


スライドサムは、開けずに親指(thumb)をスライドさせるだけで名刺を取り出せる、画期的な構造の名刺入れです。

薄さ約3mm、横7cm×縦10cm、重さ約18gと超コンパクトサイズながら、20枚程度の名刺なら楽々収納でき、鞄の隙間に入れておけるので所持ストレスがありません。

出会いが少なくなった今だからこそ、名刺交換を印象的なものにして、出会いのチャンスをものにしたいもの。いざという時のために、大人の身だしなみとして、数枚の名刺は持ち歩いておきましょう。


素材は、原皮から「日本製」にこだわった牛革。
ハイセンスなライン加工のデザインと、レーザーカッティングによる美しいフォルムが、使う人を引き立てます。

通常は右利きの方のための右スライド用ですが、左利きの方のために左スライド用のデザインもご用意しました。

ご支援者様に、気持ち良くご愛用いただけるよう、革表面に抗菌コーティングを施してあります。

使い方は、あなたの自由。財布に入りきらないカードを入れる「カードケース」としても便利にお使いいただけます。

革の切り出しから下処理・加工・縫製・梱包・発送まで、私がお台場の作業場で一つ一つ手作業で行い、心を込めてお届けさせていただきます。



開けない名刺入れ「スライドサム」の特徴

人は見た目が9割」「メラビアンの法則(視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%)」などは、コミュニケーションスキルについて語られる時に、よく聞く言葉ですね。


頭でわかってはいても、出会いの瞬間に、自分を演出する余裕はなかなかないものです。


スライドサムは、利き手の親指を間に差し込み、名刺とともにスライドさせることにより、開けずに名刺を取り出せる構造に特徴があり、素早い取り出しと、素早い収納を可能にします。

相手が大人数でも、どんどん名刺を渡せます。


名刺を取り出すのも収めるのも1秒もかからず、名刺を持ち直す必要もないため、交換相手がモタモタしている間に、相手を洞察する余裕ができます。

相手が名刺を差し出すまで、3秒以上の余裕!

その間に、視覚情報(見た目や表情)や、聴覚情報(話す速さや口調、声の質や大きさ)を整え、言語情報(会話の内容やクロージングストーリー)を設計しましょう。

慣れれば、相手が名刺を取り出して顔をあげる前に、相手の手元に自分の名刺を滑り込ませることができます。


そして、最高の笑顔と心地よい話し方で、相手に自分を印象づけ、思い通りのストーリーを展開しましょう。

いただいた名刺をしまう時も、サッと差し込むだけ。

名刺をしまう(上蓋に収める)のも、一瞬です。


「名前なんだっけ?」と思えば、そっと開いて確認できます。

名前の確認も一瞬。名刺を取り出す必要なし。


改めてフラップを被せれば、いただいた名刺を落とす心配もありません。

出会いの後は、名刺を失くさないようフラップを被せよう。

右利きの方は右スライド用を、左利きの方は左スライド用が便利です。


スマートに名刺を差し出す動作は、あなたの印象を引き上げます。


特に、自分だけが相手に名刺を渡す場面や、一対複数人で連続して名刺を渡す場面では、高速で名刺を取り出すあなたの動作に、相手は興味や関心を掻き立てられることでしょう。


最初は、名刺を1枚ずつスライドさせる力の加減や、左手を添えるベストポジションなど、コツが掴めるまで何度か練習してください。

そのうち無意識に、高速名刺渡しをしている自分に気づき、新たな出会いをもっと楽しめるようになります。


コロナ以降、すっかり人と会うことも少なくなり、名刺を交換する機会も減りました。

しかし大切な出会いや、仕事のチャンスは突然にやってくるもの。

名刺入れを持ち歩いていなかったばかりに

・相手に自分を印象づけるチャンスを逃した…
・信用を勝ち取るチャンスを逸した…
・財布に入れておいた名刺を取り出したら、汚れていて使えなかった…

なんてことがあっては、後悔してもしきれません。


そこで、常に携帯していても邪魔にならないサイズ…マスクに負けない薄さと、スマホに隠れるコンパクトさを追求しました。

薄さは、名刺入れに必要な強度の限界点を探り、原厚2.2mm前後のものを革漉き屋さんで0.7mmまで薄く漉いてもらっています。

革4枚の重なりで理論上は2.8mmの薄さです。


革は天然素材であり、かつ職人さんの手作業による漉きのため、革1枚あたり0.2mm前後のブレが生じてしまいますので、実際の厚さは3mm〜4mm程度とお考えください。


よくある薄いアルミのカードケースと比べると、薄さがイメージできると思います。

入れる枚数が少ないほどフォルムが美しいので少ない枚数での使用をおすすめしますが、一般的な名刺を20枚入れても、余裕でこのシルエットです。

大人数で集まることが想定できない最近の状況では、最低3枚、多くても10枚ほど入れておけば十分ではないでしょうか。


数枚程度の厚みなら、財布や手帳、書籍、iPadケースなどの隙間に、スッと挟んでおけます。

普段お使いのバッグや鞄に、スライドサムを1つずつ忍ばせておけば、いざという時に慌てることなく、出会いのチャンスも逃しません。


・セカンド名刺入れ
・会社用
・プライベート用
・持ち歩き用
・カードケースとして
など、あなた次第の使い方をお楽しみください。


現在、30代と40代を中心に、20代・50代・60代の方にも幅広くご支援をいただいております。

うち30%近くの方に複数のご支援をいただいており、家族でシェア、親子でシェア、友達とシェア、使い分け用に、長期利用のためのスペアに…など、さまざまな目的でご利用予定だと伺っております。


日本の皮革産業は、TPP(環太平洋パートナーシップ)協定により、関税措置廃止の影響を大きく受ける業界の一つです。

小さな事業者が多い産業なので、国際競争力に乏しく、海外からの輸入品が増えれば、国内の天然皮革産業は工芸品という形でしか生き残れなくなる可能性もあります。

業界で聞こえてくるのは諦めの声ばかりですが、日本の「モノづくりの魂」を、微力ながら私も諦めずに応援し、共に前へ進んで行きたい。


今回、日本の技術の高さを信じて「日本産」にこだわった開発と販売を続ける、異端の革屋さんの存在を知り、本プロジェクトへの協力を仰ぎました。

国産の本革とうたわれている革製品でも、海外から仕入れた原皮を日本で鞣したものが多いのですが、スライドサムに用いた革は、食の廃材として生じた日本の成牛の皮を原料としています。


“元タンナー”という異色の経歴の革屋さんが、兵庫県たつの市のタンナーさんと協力し、独自の手法(非公開)で鞣している“植物タンニン鞣し革”です。

植物タンニンを贅沢に使用することで、革の繊維が詰まり、ハリとコシが生まれます。

さらに吟スリ・オイルワックスによりヴィンテージ感を醸し出し、そこに職人さんの手で一枚一枚繊細にヘアライン加工(単一方向に細い傷をつける加工法のこと)を施しています。


革に刻まれた独創的な美しいラインは、ハイセンスで、実にスタイリッシュ

革にはオイルワックスをじっくりと染み込ませてあるため、使いだすと次第に馴染み、ツヤや焦げ付きが出て、独特なエイジングが楽しめる逸品です。


ぜひお手にとって、日本の革の美しさ・心地よさを堪能していただき、革と共に味わいのある年月を過ごしていただけたら嬉しいです。


名刺入れの素材に「本革」をオススメする理由は、一番は手触りの良さであり、次いで上質な見た目丈夫で長く使え同じものが2つとない個性があり、エイジングが楽しめる…などの利点がたくさんあるからです。


しかし、天然素材であるが故に水濡れに弱く、ジャブジャブ洗って汚れを落とせない難点などもあります。(革専用のクリーナーで優しくケアしたり、防水スプレーなどで汚れを防いだりすることはできます。)


そこで、革の風合いを損ねずに加工を施してくれる専門会社を探し、革表面に抗菌コーティングをしてもらっています。

抗菌コーティングの効果は?

例えば、少量の菌でも食中毒を発症する「サルモネラ菌」(潜伏期間が約6〜72時間、犬や猫などのペットから感染することもある)の生産菌を接種した場合、抗菌コーティングをしていれば24時間後には約99.9%減少するといった試験結果が出ています。


また大腸菌・黄色ブドウ球菌、O-157、MRSA(メチルシリン耐性黄色ブドウ球菌)のほか、レジオネラ菌・緑膿菌などに対しても有効値をクリアしており、インフルエンザやノロウイルス感染予防にも最適と言われています。(抗菌コーティング会社の提供資料から引用)

[注意]全ての菌に対して効果があるわけではありません。また年単位で効果が持続すると言われていますが、ご使用の状況により変動します。


抗菌コーティングは目には見えないものなので、製作者の私の自己満足かもしれません。

しかし、ご支援いただく方々に「気持ち良く、ご愛用いただきたい」との想いから、付加させていただいております。


リターンのご紹介

スライドサムには、6色のカラーがあります。
革を最初に目にした際のインスピレーションから、それぞれの色を名付けました。


▶︎漆黒 sikkoku/ブラック
黒く艶やかな漆を塗るハケ目を連想させる、漆黒ライン


▶︎青海 aomi/ブルー
深海に差しこむ幻想的な光のような、青紺のライン


▶︎風紋 huumon/キャメル
砂丘にそよぐ風が生み出す砂の彫刻のような、琥珀色のライン


▶︎爆聲 bakusei/グレー
水音が響き渡る水墨画の滝のような、淡墨色のライン


新色追加 ▶︎珊瑚 sango/ピンクオレンジ
煌びやかさと品性を備えた海の宝石、珊瑚色のライン


新色追加 ▶苔回廊 kokekairou/グリーン
苔の回廊にたたずむ数万年の静寂、深い苔色のライン



製品情報・仕様

商品名:Slide Thumb(スライドサム)
サイズ:縦10cm × 横7cm
厚さ:3mm程度
本体:牛革
本体カラー:ブラック(漆黒)・ブルー(青海)・キャメル(風紋)・グレー(爆聲)・ピンクオレンジ(珊瑚)・グリーン(苔回廊)
重量:約18g
生産国:日本

※サイズ、厚み、重量などは個体差があります。


お台場にあるsion worksで、私自身が一つ一つ丁寧に、革の切り出しから下処理・加工・縫製・梱包・発送までを手がけます。


◉ご紹介特典

Slide Thumbの革をカットする際に出る端材がもったいなくて、バネ式の小物ケース「push thumb」を作ってみました。


コイン、アクセサリー、USBメモリ、鍵、薬、クリップなどの小物を入れておくのに、ちょっと便利です。


Slide Thumbご支援者様の紹介によりご支援いただいた場合、紹介した方と紹介された方お二人に
push thumbを1つずつプレゼントさせていただきます。(1支援につき1つずつ、革の色はお楽しみ、リターンに同封でのお届け、何度でも紹介OKです。)


※ リターン申込の際「備考欄」に、必ずご紹介者様のお名前をご入力ください。
※ ご自身での追加購入も対象です。

ぜひ、開けない名刺入れで、出会いの楽しさをシェアしてくださいね!



「スライドサム」が生まれるまで

かつて私は、全国出張のハードな営業をしていた頃があり、当時は「商談の成否は、名刺を渡す瞬間に決まる」と信じていました。


名刺入れは、それだけビジネスや出会いにとって重要な道具であるにも関わらず、私自身は会社員時代に「これぞ!」と思える名刺入れに、一度も出会えたことがありません。


今回やっと、自分の理想とする名刺入れを作る機会に恵まれ、構想から約8ヶ月かけて形にしました。


最も苦心したのは、薄くした革に硬さを持たせるための加工です。
通常、革は薄くすればするほどフニャフニャして、頼りなくなります。


そこで手に入る薬剤を集め、メーカーに質問を繰り返しながら、濃度や組み合わせ、塗布方法などを日々試し、革表面にシミを出さずに、革の硬さを出す方法を時間をかけて探しました。

右の画像が、通常の革と硬くした革の比較です。

そして、革の切り出しには、シルエットに丸みがでる伝統的な抜型は使わず、レーザー加工機で革の切断面を鋭角に切り出すことで、薄くても存在感が際立つような、エッジの効いたシルエットにしています。

また開発当初は、全体のデザインがシンプルすぎるため、物足りない印象を「カシメ留め」によって払拭しようと考えていました。


CNC加工機でカシメを独自加工し、工夫を重ねましたが、使用テストを繰り返したところ強度の不安が出てしまい、ミシン縫製に帰結。

デザインの物足りなさは革の力に任せよう!ということで、有名なあるイタリアンレザーをまねて、革屋の大石さんに、国産の「栃木レザー」を加工してもらうことになりました。


大石さんは、革の領域を超えるモノづくりをする尊敬すべき先達であり、いろいろな賞も受賞されているレザークラフトの先生であり、経験と知識が半端ない革の生き字引的存在です。

損得なしにいつでも親切なので、彼のアドバイスを求めてやってくるお客さんが後を絶えません。

私もファンの一人で、私の狂気的な試作工程をいつ相談しても、惜しみないアドバイスをくれるので、技術・知識・モノづくりマインド全てにおいて、全幅の信頼を寄せています。


大石さんに加工してもらった特注の革が届いた時、その美しさと手触りに感動し、飛び上がって喜んだものです。これで、やっと良いものを制作できる!と。

そして、CAMPFIREへ掲載申請する前日…
大石さんに原稿の最終チェックをしてもらおうと連絡したら、スタッフの方から急逝の旨を告げられました。


え?
先週話した時は、元気いっぱいだったのに…
嘘でしょ?

この先何十年も、大石さんの背中を追いかけてモノづくりができるものだと、勝手な未来を想像していました。


だから、骨になって小さくなって遺影で笑う大石さんと、気丈に振舞うお母さんの涙を見ても、もう会えないという事実をまったく受け入れられず…

ただ理解できたのは、特注の革の加工は、大石さんにしか頼めない仕事だったので「このプロジェクトが終わった」ということだけでした。

このまま、本当に、終わりにしていいのか…?
寝ずに考えました。


遠い海の先に朝焼けをみた時、協力してもらったことを、少しでも形にして残したい
いつか大石さんの背中に追いつくためには、力で前に進まなければいけない。
今の自分にできる挑戦を続けよう、という気持ちが湧いてきました。

急いで業界のツテを頼り、原皮から日本産にこだわる質の良いなめしと、面白い加工の両方を実現している今回の革屋さんにたどり着きました。


革漉きなど、通常の段取りではスケジュールが間に合わないため、急で無茶な私の願いに、快く応じて下さった革業界の方々の懐の深さには、感謝しかありません。

最後に…
大石さん、あなたともっと、いろいろな挑戦を一緒にしたかったです。
私が成長するところを見せたかったです。
まだ少しの恩返しもできていないことが、悔しくてなりません。
これからも、ずっと、あなたを尊敬しています。


「四次元かばん」sion works について

はじめまして。
「四次元かばん」クリエイターの村上シオンと申します。


普段は、特殊な道具かばんや
効率化バッグ・機能的小物などを作っています。


いつも静かな "お台場村" の片隅で
海を見ながら
日の出とともに制作を始め


ランチは青海珈琲カレーを食べて
湾岸やウエストプロムナードを散歩したり
科学未来館でアシモくんと戯れたりしてます。


「四次元かばん」では
どの製品にも共通したコンセプトが
たった1つあります。


それは「無意識レベルで使いやすい」こと。


幼い頃から不注意により
余計なモノやコトに時間を奪われてきた私の
今日を生きる “知恵" でもあります。


製品が無意識で使いこなせるほど便利であれば

▶︎ あなたの無駄な動作を減らすことで
 スラックを生み  

▶︎ あなたの無駄な思考を減らすことで
 集中力を持続させ 

▶︎ あなたの無駄な時間を減らすことで
 ゴール達成を早める

ことができると考えているからです。


気づけば、長い年月を
sion works 製品と過ごしていた、と
いつかあなたに感じていただけるような
モノづくりを目指しています。


先は見えないけれど
「ともに前へ」


本製品についての留意点

・本品(名刺入れ)以外の小物は付属しておりません。

・簡易包装でのお届けとなります。

・想定以上の注文数や原材料仕入れの影響で、お届けが遅れる場合があります。

・レーザーカットにより、革に焼けカス(茶色いコゲ)が残っている場合があります。焼けカスは、他の製品に付着すると取れにくい場合がございますので、気になる方は本品ご使用前に、革の切断面などを拭き取ってください。

・革は一枚一枚職人さんが手作業で作り上げており、風合いを重視した仕様のため、革ごとに色ムラや、色ブレ、ロットブレ、個性があります。ヘアライン加工もラインの入り方が一枚一枚異なり、一定方向ではありません。革漉き・縫製なども手作業によるため、革厚や規格ブレなどはご容赦ください。

・できるだけ綺麗な革の部位を選別して製作しておりますが、革表裏に下の画像のような生前傷(血管模様、シワ、怪我の痕、虫刺され痕など)や手作業によるワックス跡などが見られる場合があります。使用中に傷などがつきやすいと感じる場合があるかもしれませんが、使い込むとオイルワックスが馴染み、傷などは目立ちづらくなります。

・ご視聴のモニターなどの環境により、実物と色合いが異なる場合がございます。予めご了承ください。

・素材は、メーカーの仕様変更などの諸事情に伴い、変更される可能性がございます。

・革製品は、ひっかけや無理な力をかけることにより、傷や破損が生じる場合があります。また汗や水濡れ、摩擦などにより色移りする場合がありますので、淡い色の衣類や鞄などを着用される際には十分にご注意ください。温度の高いところ、強い光があたる場所、密閉状態などにおける放置や保管は、革の硬化や変形、退色などを引き起こすため、避けてください。


特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: sion works

◯ 事業者の所在地:〒135-0064 東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンタービル東棟14階

◯ 事業者の連絡先:info@sion-works.com 
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問などは受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り

※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り 
※ リターン価格とは別にcampfireのシステム利用料として1支援毎に200円(税別)がご支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当方が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い・コンビニ払い・銀行振込・キャリア決済・各種電子マネーなどCAMPFIRE指定の決済方法に準じます。

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時に、ご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期:各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によってお届けが早まる場合や遅れが生じる場合がありますので、その際は当プロジェクトページ内の「活動報告」またはご支援者様へのメールなどで連絡します。

◯ キャンセル・返品:当プロジェクトは「All-in型」のため、お申込み完了をもって契約が成立いたします。そのため、ご支援者様都合による返品・キャンセルはできませんので、ご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には、交換させていただきますので「意見や問い合わせを送る」から、お問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば、遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください