おかげさまで、500万円を突破しました!ネクストゴール750万円に挑戦します!

この度は想像を超えるご支援をいただき本当にありがとうございます。

大変驚くとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

当店が昔から使っている「徳利と盃と小皿」の三点セットが予想以上に人気で、こちらのリターンを追加して欲しいという声がたくさん届いたのですが、数に限りがあるため、これ以上の追加が難しい状況です。

そこで、今回、あらたにオリジナルグッズをご用意いたしました。

オリジナルビアタン 2個
大甚のロゴが入った、瓶ビール用の小さいグラス。

※画像はイメージです

オリジナル一合升

大甚のロゴが入った、オリジナルデザインの升。日本酒を飲む際にお使いください。

※画像はイメージです

賀茂鶴 特別本醸造 超特撰特等酒 180ml

※大甚本店でお出ししているものと同じお酒ですが、樽酒ではありません。

※画像はイメージです

どれも、今後販売する予定はございません。

また、お食事券のみのリターンをご希望される方も数多くいらっしゃったため、6,000円分のお食事券を5,000円でご用意いたしました。

この機会にぜひ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさまのお力をお借りして、100年以上続く、名古屋の老舗居酒屋を未来にも残したい


名古屋・伏見で創業以来100年以上続く居酒屋『大甚本店』の4代目の山田泰弘と申します。

曽祖父が始めたこの店は、長年にわたって地域の方たちの憩いの場でしたが、近年では全国から多くの方々にお越しいただける店に成長させていただきました。

多くのメディアでも取り上げられ、全国の居酒屋を訪れテレビ番組でも活躍されている太田和彦さん、吉田類さんにも「日本居酒屋の富士」「日本の居酒屋の最高峰」と、この上ないお褒めの言葉をいただきました。

このように評価していただけるのは、昭和29年に建てた現在の社屋の当時のままの壁や床、テーブルの風合いから醸し出される当店でしか味わえない居心地の良い空気感。

その店内で毎日市場に行って仕入れる新鮮な特撰素材を使い、創業当時から引き継がれている「かしわのうま煮」「いわしの煮つけ」をはじめ約40種の惣菜とお刺身、オーダーメニューなど千差万別な料理を日本酒、ビール他お好みのドリンクで楽しんでいただけることにあると思っています。

のべ数百万ものお客さんを迎えてきた店内は16時を5分も過ぎれば、たちまち満員御礼。一時期は開店時間の16時前には、店の外にずらりと行列ができていたものです。

地域の方だけでなく、ありがたいことに観光や仕事で名古屋に来られた方など、たくさんのお客様が「名古屋に来たら、『大甚本店』へ行け」を合言葉に店にお越しいただきました。

おかげさまで常に活気あふれた「大甚本店」でしたが、このコロナ禍で一気に来客数が減ってしまいました。

昨年の一度目の緊急事態宣言時は、売上が90%以上の減少し、その後も70%減が続きました

テイクアウトなども実施し、局所的な打撃であればこれまでの積み上げでなんとかカバーできましたが、新型コロナウイルス第4波の懸念など、先が見えないコロナ禍。


このような状況下でも従業員の雇用を守りたい。
そして、100年以上続けてきたこの「大甚本店」を次の100年まで続けたい・・・
そんな思いで今回、クラウドファンディングに挑戦することに決めました。

「100年続く大甚本店の、次の100年を皆様とともに」

この言葉のもと、ぜひ、「大甚本店」の未来をみなさまのお力をお借りし、ともに作らせていただければと思います。
「大甚本店」に今まで来てくださった方も、これから「大甚本店」に行ってみたいと思う方も、ぜひ、ご賛同いただけますと幸いです。



応援してくださるみなさまへの感謝の気持ちを込めたリターンの紹介


お食事券とビールチケット

500円のお食事券とビール一杯と交換できるビールチケットをご用意しました。
お連れ様の分としてお使いいただいても構いませんし、複数の来店日に分けてお使いいただくことも可能です。

徳利、盃、小皿(1枚) 3点セット

昭和からお店で使用している、徳利、盃、小皿の3点セットをご用意しました。
こちらはこれまで一切販売することのなかった非売品になります。



大甚オリジナルTシャツ

大甚本店オリジナルTシャツをご用意しました。

①、②からお好きなパターンをお選びください。

また、特典として、オリジナルTシャツを着てご来店くださった方にはお会計5%OFFとさせていただきます。


トートバッグ

以前販売し、大変人気だったオリジナルトートバッグを復刻しました。50個限定で販売いたします。

こちらは今後販売する予定はございません。今回限りの販売になります。

※サイズ横36cm 縦37cm マチ11cm



お名前入り木札

ご支援してくださった方への感謝の気持ちを込めて、木札にご希望のお名前を彫刻し、半永久的に店内に飾らせていただきます。


リターン早見表

これらのリターンをご用意するのは今回限りです。
ご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。



壁や床、テーブルは約70年前のもの。古くて新しい大甚ならではの空気感を味わってください


創業当時の建物は昭和20年の終戦直前の名古屋大空襲で焼失し、昭和29年に建て直しました。
壁や床、テーブルはその当時のまま。
67年もの時を経て、来店いただいた多くのお客様の喜怒哀楽が染み込み、現在の大甚本店の空気感ができていると思っています。


「酒」と白く染め抜いたのれんをくぐって店内へ入ると、煮物や酢の物、サラダなど酒のアテにぴったりな料理が配膳台に並んでいます。

そこから好みのアテを取ってテーブルへ。

10人掛けのテーブルでの昭和から続く相席スタイルは、若いお客様にとっては逆に新鮮といわれることもしばしば。

そうした大甚ならではの空気感と、気取りのないざっくばらんなスタッフの接客、また美味しい料理とおいしいお酒で 「大甚本店でのひととき」を楽しんでいただきます。

そして最後はそろばんでお皿の数を数えてパチパチとお勘定。

そんな昭和なスタイルも「大甚本店」では当たり前に行われていますが、斬新な会計といわれることもしばしば。。。

それらがあるからこそ、ありがたいことに「大甚本店」は、入れ替わりの激しい名古屋市内の居酒屋業界において、「創業100年以上」という奇跡を実現できているのかもしれません。



安くても味へのこだわりは格別。料亭や寿司屋と同ランクの新鮮な特選素材を使った、究極の居酒屋料理をお楽しみください


大甚本店の料理は、毎日約80種以上。
3代目夫婦や調理スタッフが朝から仕込む昭和から続く小皿料理のほか、この数年で新たな料理人がスタッフに加わったことでハンバーグやグラタン、ソテーなど必ずご満足いただける、酒に合うちょっと洋風なメニューもご提供できるようになりました。



※小皿料理の他にもご注文いただいてから作る、日替わり黒板メニュー

私たちの料理は決して特別なものではありません。どの家庭でも、ひと昔前なら当たり前のように食卓に並んでいたものばかりです。

コクのある「鳥の旨煮」や、しょうがが効いた「いわしの煮付け」、それから、しょうゆと砂糖をベースにした、どこか懐かしい煮物など、肩肘張らず、お楽しみいただけるものをご用意しています。



しかし、その分、原材料の品質にはこだわっています。リーズナブルな価格にもかかわらず、厳選素材を仕入れているというこだわりは、どの店にも負けません。

何十年もお付き合いのある業者さん(中には大正時代からも)から新鮮な特撰素材を毎日仕入れ、いつ何度食べても飽きない素朴な調理で、価格以上に皆様に楽しんでいただけるように心がけています。

しかも、店内では冷凍食品やチルド食品は極力使わず、添加物なども一切、不使用。

そうした目に見えないところでの、料理にかけるひたむきさが、お客様に評価いただいているのではないかと思います。

もちろん、それだけ質の良い原材料を仕入れるのですから、原価も非常に高額です。通常居酒屋では、原価率は高くても30%に抑えるべきとされていますが、当店では50%を優に超えることも。

しかし当店では創業以来、「来ていただいた方に、楽しんでいただくのがいちばん」が合言葉。

だから曽祖父の時代から常に儲けは度外視で、1品270円〜という低価格を維持。

ただひたすら、「リーズナブルでおいしいもの」を作り続けているのです。

「どの料理も、シンプルで簡単だから、真似できない店はないはず」

私たちは、いつもそう思っています。

しかしむしろ、シンプルで簡単な料理だからこそ、たやすくそのおいしさを真似できないのが私たちの特徴なのかもしれません。

なぜなら私たちには、「創業100年以上」という歴史があるから。

曽祖父の時代から脈々と受け継がれてきた歴史のなかで、じっくりと味わいが熟成されてきたのです。



70年来大甚本店の顔である『おくどさん』で燗する「賀茂鶴の樽酒」


「大甚本店」に来られたら、多くの方が注文するお酒があります。それは、「賀茂鶴の樽酒」
広島県東広島市の「酒都西条」にある数多くの酒蔵の中で最も規模が大きい「賀茂鶴酒造」は、オバマ元大統領の来日時、当時の安倍首相と会食した際に銀座のすし店で飲まれたことでも話題になりました。

その賀茂鶴の「超特撰特等特別本醸造」の樽酒を飲めるのは、全国でも当店だけと聞いております。
お店の入り口付近にある燗場には、もう70年近く使い続けている「おくどさん」があり、かまどの中で徳利に入ったその特別なお酒がじっくりと温められています。


『おくどさん』とは、京都などで竈(かまど)そのものを表すもので、南遠州地方ではクドと呼ばれたりもします。
大甚本店では親しみを込めて『おくどさん』と呼んでいますが、この中でとっくりを温めた燗酒はかまどの特性上、温度が均一になることで何とも言えないおいしさになります。
今ではこのおくどさんで燗したものは全国的にもあまり見られなくなったので、その雰囲気も含めておいしいお酒を楽しんでいただければと思います。


「日本酒を飲んだことがない」という若い方が、同じテーブルに居合わせた年配の男性客が美味しそうに飲んでいる様子を見て試しに頼んだところ、あっという間に日本酒のおいしさにはまってしまったということもありますが、こうして新しい発見に出会えるのも、「大きなテーブルで相席が基本」という「大甚本店」ならではの魅力の一つだと思っています。



大甚 本店の歴史




最後に:このプロジェクトへの想い


「大甚本店」は私の曽祖父が始めた店。当初は屋台のスタイルでしたが、昭和29年、戦後復興時に店を建設。
戦争であたり一帯焼け野原となったのですが、街を蘇らせ、みんなを元気にしたいとの思いで祖父母がこの店を建て直したそうです。


「不易流行」
時代とともに、お客様の様子や料理の品数も、114年という歴史のなかで変わりました。
しかしその反面、変えてはいけないものもあると私は思います。
仲間や同僚、先輩と肩を並べて酒を飲む、あるいは、ひとりで静かに料理をつまむ。
そうした日常のひとこまは、今日までもそして明日からも誰にとっても大切なひとときであり、そうした瞬間があるからこそ、また明日からも頑張れるのではないでしょうか。
「大甚本店」はこれまで同様、これからも多くのお客様に、多くのみなさまに愛される店でありたいと思います。

次の100年の為に、、、大甚本店をもっと多くのお客様に知ってもらいたい!と思い今回のクラウドファンディングに挑戦しました。

リターン内容はご支援いただける皆様にとっても喜んでいただける内容になっていると思います。

次の100年は、これまで愛してくださったお客様への恩返しとして、また新しいお客様との出会いの場として、かけがえのない時間を紡いでいきたいと思っています。

アルコール消毒、換気、アクリル板の設置、ソーシャルディスタンスの確保など、感染対策を徹底の上、営業しております。
みなさまのお越しを、心からお待ちしています。



【店舗概要】

『大甚 本店 (だいじん)』

住所:愛知県名古屋市中区栄1-5-6

営業時間:

[月~金]
16:00~21:00(L.O)

[土]
16:00~20:00(L.O)


定休日:日曜・祝日

電話番号:052-231-1909


リスクとチャレンジ
※万全を期してはおりますが、提供メニューに関しまして仕入れの状況等の関係でご提供できない場合がございますので予めご了承くださいませ。また、店舗が万が一閉店した際は、このリターンの使用権利は無効となります。


  • 2021/04/14 12:06

    いつもお世話になっております。 この度は多大なるご支援本当にありがとうございます。 従業員一同感謝の思いでいっぱいでございます。 また、一部リターン品の早々の完売誠に申し訳ございません。。 現在、第2弾のリターン品を検討、作成中でございます。 近日中にご報告できるかと思い...

  • 2021/04/09 13:16

    昨日、日本経済新聞様の朝刊及び電子版にて活動を取り上げていただきました。 多くのお客様に「記事見たよ」とお声がけいただきました。 誠にありがとうございました。

  • 2021/04/09 13:12

    応援してくださる皆様へ いつもお世話になっております。 昨日12時よりクラウドファンディングを公開、おかげさまで 一旦の目標金額を達成することができました。 一部売り切れのリターンが出ており誠に申し訳ございません。。 「また大甚でのひとときを多くのお客様に楽しんでいただきたい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください