●性同一性障害(女→男)という障害に悩まされています。 ●貧しい家庭状況でこの先、戻りたい身体への手術費用が貯まるのが何年も、何年も先になってしまいます。 ●そんな僕をどうか、救ってくれる方を探しております。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶
訪問ありがとうございます!

見た目と声は男、生まれと戸籍は女。性同一性障害(女→男)を患っております、
syowleviと申します。

物心ついた頃から自身の性別に悩み、今年で25年が経ちました。
精神的な持病家族の病気もあり、少しの時間しか働くことが出来ず、やっと本格的に性別関係の治療を受けれたのはここ最近です。

なかなか自身の思う様な身体に近づける為の手段にありつけるまで時間がかかってしまっている事に悩んでいます。

 

今回のプロジェクトで皆様の援助を求める動機は、性同一性障害で一番お金がかかる手術、陰核陰茎(いんかくいんけい)手術費用を自身だけで工面する事が難しいという壁に当たってしまった為です。

 

現在、僕一人で一生懸命費用を貯めてはいるのですが、先に述べた通り、家庭環境や自身の持病が絡み、それが実現するまで何年先になるか判らない、不安定な状態です。

(金銭は決して娯楽や嗜好品などには一切費やしてはおりません。全て断ち切り、手術資金へとまわしている状況です。)

完璧には戻れないけど、出来るだけ早く、早く自分の元のあるべき身体になりたいと思っています。

 

こちらのサイトには友人から紹介されて登録を致しました。

異端な内容かも知れませんが、

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

自身のありのままの身体に戻りたいです。

そして援助を下さった皆様に感謝を心を忘れる事無くこの先の人生を自信をもって、前向きに生きていきたいです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

本来僕はこうしたプロジェクトを行えるサイトを知りませんでした。現在の僕の状況を知ってくれている友人にこのサイトを教えてもらい、今回プロジェクトを組んだ次第です。

▼これまでの活動

貧しいながらも何とか2週間に1回の男性ホルモン注射の継続・そして2016年9月に胸を平らにする手術(乳腺除去手術)を受けました。

▼資金の使い道

陰核陰茎形成(下半身の手術)の手術費用として使わせて頂きたく思っております。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください