12月6日から約1ヶ月間、アメリカ3都市の路上を巡って歌を歌い、国や言葉や文化を越えたコミュニケーションをします。ありのままの自分をさらけ出して、挑戦を共有し、自分らしく生きたい人たちとアクションを起こし『一人一人が、今この瞬間心震えるくらい人生を楽しんでいる世界へ』そして“世界平和”に繋げたい!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

ページをご覧いだだき、どうもありがとうございます!
アーティスト・活動家の緒方 悠詠(おがた ゆえい)です。

『一人一人が、今この瞬間心が震えるくらい人生を楽しんでいる世界』を目指して様々な活動をしています。

具体的には、アーティスト活動、音楽フェス・イベントの企画運営、音楽ワークショップ・企画セミナー講師、“お祭りのように幸せなムーブメントを地球上に起こしていく”NGO『MOVEMENT FOR THE EARTH』の代表をしています。


今回は、自分を大きく成長させたい!そして、私だけの挑戦ではなく、応援してくださったみなさん一人一人が、それぞれのやりたいことに向かって挑戦ができるキッカケをつくり、一緒に挑戦がしたい!一緒にアクションを起こそうよ!という想いで、クラウドファンディングを使って資金を集めようと思いました。


このプロジェクトに共感頂けましたら、ご支援のほど宜しくお願いします!!


詳しい自己紹介についてはこちらをご覧ください▼
https://yueiogata.com/_start

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

今回クラウドファンディングを使って実現したいことがあります!

それは『世界の平和への“大河の一滴”になり、音楽を通して、国や言語や文化を越えた心と心のコミュニケーションがしたい!』です。


私は「一人一人の心が平和になることで、世界は平和になるんじゃないか」と思っています。

今回のアメリカ3都市(ニューヨーク、カリフォルニア、ソルトレイクシティ)での挑戦を通して、目の前の人たちの心に寄り添えるようなコミュニケーションがしたい!です。


具体的には、現地の路上を中心に、日本語の歌を(主に)アカペラで歌って、自分から目の前の人たちに近付いていき、国や言語や文化などの違いを越えた“大きな関係性”を築き、自分から“世界の平和に繋がる第一歩”を踏み出したいと思っています。

▼プロジェクトをやろうと思った理由①
~音楽は国や言語や文化を越えるパワーがあると感動した経験~

今年の8月2日~11日、NPO法人Heart&Earthのプロジェクトである五大陸交流祭に、音楽ワークショップ担当として参加しました。
※五大陸交流祭は、世界の子ども達を繋ぎ、友達のいる国とは争いたくない・友達を大切にしたいという想いを育むことで、平和な世界をつくろう!と、クラウドファンディングで支援金を募り開催された交流祭です。


この交流祭を通して、今も強く心に残っているのは、参加した大人や子供たちの、例え言葉は通じなくても、文化の違いはあっても、心と心で繋がっている“みんなの幸せな表情”です。

言葉の通じない環境、慣れない地での共同生活に対する不安や緊張を受けとめながら、目の前の人のため、みんなのために、それぞれが思い遣りの気持ちを持って行動をしていました。


会う前は緊張していた子供たちも、日増しにとても柔らかな笑顔になり、国や言葉や文化を越え、心と心で繋がり合えたとても幸せな経験になりました!

“あなたのことをもっと知りたい”
“あなたともっと仲良くなりたい”

と、相手に関心を持ち、ほんのちょっと勇気を出して話しかけてみるだけで、相手も心開いてくれて仲良くなれると気付きました。

世界に大好きな友達や家族ができたことで、

『世界の平和に貢献したい!』
『世界中の人たちと繋がって、目の前の人から幸せを伝えていきたい!』

と心から思うようになりました。


▼プロジェクトをやろうと思った理由②
~自分のすべてをさらけ出して“今の自分で”挑戦することを伝えたい~

《『全国的家出』と名付けた、東京~関西の路上アカペラの旅♪》

数年前までの私は、他人と比較しては落ち込み、“カッコ良いところだけを見せたい”と上手くいった自分は見せられるけれど、弱い部分やカッコ悪い部分はなかなか人に見せられませんでした。

また、“思い描く理想”と“今の自分のギャップ”に苦しみ、失敗することが恐くなっては行動できずにいました。


でも、そうすると、どんどん失敗することが恐くなっていき、「いつか」という願いばかりが膨らみ、本当はやりたいことがあるのに理由を付けてはやらない、“本当にカッコ悪い自分になる”ことに気が付きました。


・・それから、私は、「今やりたいと思ったことをやろう!」と以前から興味があった『路上で歌を歌いながら旅をしよう!』と、東京~神奈川~名古屋~大阪~三重まで、約1ヶ月間の路上アカペラ旅に出かけました。

荷物はリュックと、譜面台と歌詞が書いてあるファイルのみ。
楽器は弾けないため、声だけのアカペラで歌を歌って旅をしました。

路上でいただいたお金を元手に、東京から名古屋への高速バスのチケットを購入。
名古屋、大阪、三重では、初めて出会った人にご飯をご馳走していただいたり、車で送り迎えをしてもらったり、家に泊めてもらったり・・・。
本当に、“数え切れないほどの優しさや思い遣り”をもらいました。


今まで当たり前になっていた、身の回りにすでにある幸せや感謝を感じ、「私はこんなに恵まれていたんだ!」「私は本当に幸せものだなぁ!」と身をもって実感ができました。



外国人の男性も寒い中ずっと聴いてくれました!
音楽は国境を越えていく、“世界共通”のものだと改めて感動。

横浜の駅前にて。
次から次へと「これ歌って♪」と嬉しいリクエストが(笑)あっという間に2~3時間が過ぎていきました・・!!

名古屋では、仲間のお店で歓迎会を開催してくれました!!(涙)


・・この路上旅を通して、“自分を取り巻く世界はとても優しい”ということを学び、「自分が心からやりたい!」と思ったことを行動に移せば、意外に周りは受け入れ、応援してくれるということを体感しました。


そして、私だからこそできることで、誰かが元気になったり、何かのキッカケを与えたり、『音楽と自分の生き方で誰かの背中を押すことが出来るかもしれない!』と思うようになりました。


《ありのままの自分を好きになったキッカケ。0から創り上げる音楽フェス》

約2年前から、企画~空間づくり~集客まで、“想いの核”を大切にして創り上げる、100名以上の規模の音楽フェスを年4回ほど主催して行っています。



“一人一人の人生は素晴らしい“ということを伝えたくて『あなたの紡ぐ物語』というタイトルにしたフェスには、100名以上のお客さんが集まってくれました!

俳優さん、心理カウンセラー、旅人シンガーソングライター、ダンサーなど様々な方が出演してくれました!



今年6月に開催した『音楽のある世界』というフェスイベント。
最後は、私を含むアーティストそれぞれの持ち歌を繋げたオリジナルメドレーをみんなで歌いました!

記念すべき第一回目『“ありがとう”を贈ろう』フェスイベント。
今まで支えてくれた家族、友達、仲間たちなどが集まってくれて、150名以上の方が来てくれました!
歌を通して、たくさんの“ありがとう”の気持ちをプレゼントしました。



・・こうして、大小合わせて25回以上の音楽フェス・様々なイベントを主催してきて、今も忘れられない初めて開催した時にかけてもらった言葉があります。

それは、『ありのままの、ゆえいちゃんが素敵だよ』という言葉です。


当時の私は自分に自信がなく、他人と比べて自分の歌声が全然好きになれない矛盾を抱えて苦しんでいました。
でも、下記にも書いていますが、ある曲をキッカケに自分の声が好きになり、長年通っていたボイトレを辞めると決意。


そして、「今ワクワクすることをしよう!」と、伝えたい想いをたっぷり込めて、場所選びから企画や空間づくりまですべてを0から創り上げた音楽フェスを開催して、“ありのままの自分”を初めて受け入れられたんです。

その時から、

・音楽を通して、一人一人の個性を活かし、共鳴し合う場を創りたい!

・目の前の人たちに“あなたは素晴らしいんだ”というメッセージを伝えたい!

・“今の自分”(あなた)で挑戦することの大切さを伝えたい!

と強く思うようになりました。


▼そもそも音楽を始めたきっかけ:
仲良しの友達と一緒に歌ったアカペラが、私の音楽の原点

中学の合唱コンクールで、仲良しの友達と一緒にアカペラグループを組み、優勝したグループは、全校生徒と保護者合わせて約200人以上の前で歌える!というキッカケが、私の音楽人生の原点です。

それまでは人前で一度も歌ったことはなかったのですが、小さい頃から音楽が大好きだったので、緊張しながらもメインボーカルを担当しました。


「大好きな仲間たちと一緒にたくさんの人の前で歌ってみたい」という一心で練習をし、見事に優勝!!そして、みんなで、スピッツ『空も飛べるはず』をステージで歌いました。

本番のステージでは、なんと、歌声に合わせて自然と手拍子をしてくれたり、サビに差し掛かると自然とウェーブが起こったんです。


自分たちの歌声で、目の前の人たちに“何かが伝わっていく”、今まで感じたことのないくらいの幸福感と、会場全体が自分たちの歌声で包まれていく心地良さを感じて、「音楽って本当にすごいな!楽しいな!!」と心から感じた、大切な想い出の一つです。

 

▼アメリカ(ニューヨーク、カリフォルニア、ソルトレイクシティ)での活動

数年前の私は、自分のことが好きになれず、“周りと比べて自分は歌が下手だ”と、小さい頃から音楽が好きなのに、いつしか歌を歌う自分の姿は受け入れられなくなっていました。

・・・そんな時、音楽仲間が『Glee』という合唱を通して成長していくミュージカルドラマのDVDを貸してくれ、その中の一曲が私に、自分を好きになるキッカケをくれました。
それは、ミュージカル「Wicked」の『Defying Gravity』という曲でした。


当時の私の心境と重なり、“自分のチカラを信じて、飛び立とう!”と背中を押してくれたのです。
そして、この曲のお陰で、自分の歌声が好きになり、当時は「音楽=自分」だったので、自分をまるごと受け入れられるようになったんです。


そしてドラマの中で主人公が、アメリカのニューヨークへ挑戦をしていく姿と自分自身が重なり、「私もアメリカに行って挑戦したい!」と思っていました。

 

~現地でやりたいこと~

①路上を中心に日本語の歌を主にアカペラで歌って、国や言語や文化の違いを越えたコミュニケーションをする

②本場の技術や表現を学び、
ミュージカルを鑑賞して、帰ってからの自分の活動に活かす

③パフォーマー以外でも現地の人々と積極的に関わって、ユニークで新しいコラボレーションをする

④日本のみなさんと生中継をして、挑戦を共有する

カリフォルニアの風を纏った心地よい音楽に触れて、インスピレーションを得る

ソルトレイクシティにある合唱団に見学に行き、一人一人の個性がどうやって引き出されているのかを学び、帰ってきてからの音楽を通した場づくり・教育活動に活かす


現地の人々と『音楽を通して、心と心の深いところでコミュニケーション』をし、目の前の人の心を平和にすることで、“世界の平和”への第一歩を踏み出したいです!

 

▼帰国後の活動

帰国後はこの経験を通して学んだこと・感じてきたことを、「自分らしく生きたい」と思っている人たちに100%シェアしたい!と思っています。

また、報告会(1月14日)では、アメリカ旅の報告はもちろん、事前にみなさん一人一人にお聞きする”あなたの挑戦”をシェアしてもらい、お互いを応援し合えるような機会をつくります!
(詳細は、リターンに記載してあるのでご覧ください)

 

そして、現地での学びを活かして、音楽を通して、“人の可能性を解放できる場”を積極的につくったり、心が震えるくらい楽しく自分を生きたい人たちに向けて、“自分を生きること”や、“メッセージを伝える活動”をしていきます。

また、NGO『MOVEMENT FOR THE EARTH』の活動を本格化させ、【地球が喜ぶムーブメントを起こす】志の同じ仲間を集め、それぞれが自身の“好きなこと”を通して、目の前の人たちから世界へと喜びを拡げるプロジェクトをスタートしたい!と考えています。

 

▼資金の使い道

今回のプロジェクトに必要な渡航・滞在費など、50万円をクラウドファンディングで募らせて頂きます。

費用:渡航費20万円、アメリカ国内交通費2万円、滞在費15万円、保険2万円、通信費1万円、リターン(主に音源、写真集)10万円
(これ以外は、現地の路上で歌を歌ってお金を稼ぎます!)

 

第2目標金額(55万円)も達成できたら

・帰国後に開催する報告会・ライブ&写真展の経費
音源、写真集の内容の充実
・今度の活動資金

として使わせていただきます!

▼リターンについて

 『パトロンになってくださるみなさんと一緒に創る旅』にしたい!と思い、まず、購入いただいた方でご希望の方は秘密のFacebookグループにご招待させていただきます。

現地での生中継や情報は、ここで先に情報を発信していこうと思っています!



それ以外にも、

・アメリカ(ニューヨーク、カリフォルニア、ソルトレイクシティ)の素晴らしい景色のなかで撮る限定お礼動画

・旅のインスピレーションを得て、収録する音源(データ・2曲入りを予定)&歌詞カード&旅の写真とその瞬間感じたことを詩にした、詩付き写真集

帰国後すぐに開催する報告会(アメリカ旅での学びのシェア&みんなの挑戦の発表&交流会)にご招待!

・帰国後のオリジナルライブ&写真展にご招待!

・一緒に旅をした気分になれる?!路上旅で歌っている様子や挑戦をまとめた動画

NGO『MOVEMENT FOR THE EARTH』の活動の一貫として、半年間一緒に活動できるチームメンバー会員権(Facebookグループ内で私の活動を赤裸々にシェア&イベントの開催&それぞれの好きなことでプロジェクトを立ち上げて活動をしていきます!)

などのリターンをご用意させていただきました!!
 

▼最後に

 

今回のチャレンジは、“ワクワク”と同時に、正直なところ“緊張感と不安“もあります。

音楽の街アメリカニューヨークで私を受け入れてくれるのだろうか。

日本語の歌をアカペラで歌うことは喜んでもらえるのだろうか。

英語があまり出来ないけど、コミュニケーションは取れるだろうか。

 

でも、このような不安もありますが、
同時に、こうして挑戦が出来ることに“ありがたさ”も感じています。

世界の国々では、自分の夢を見れない子供たちがたくさんいて、今この瞬間にもたくさんの命が失われているからです。

 

私の友人の中には結婚して子育てをしている友人もいます。彼女たちに、日本にいながらも“ワクワクする気持ち”を一緒に共有したいです!!

また、生き方に悩みながらも、日々頑張っている友だちや仲間がたくさんいるので、私自身が前から思い描いていた一つの夢に挑戦をすることで、彼らに「一緒に挑戦してみない?」と笑顔で言いたいです!!

 

“世界平和”は、簡単なことではありません。綺麗事に聞こえる方もいるかもしれません。


でも、目の前の人を幸せにし、目の前の人の心の中が平和になることで、周りの人々に拡がっていき、巡り巡って、世界の平和に繋がる。

そう信じて、今、挑戦します!


“今の自分、今のあなたは素晴らしい”と行動で伝えられるように、挑戦していきたいと思いますので、みなさんのあたたかな応援を、どうぞよろしくお願いします!!!


そして、私だけではなく、みんなで“それぞれの挑戦”をしていけたら、これほど嬉しいことはありません。

今までの人生で一番大きなチャレンジをするために、是非みなさんのお力を貸してください。
どうぞ、よろしくお願いします。



緒方 悠詠(おがた ゆえい)

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください