【宝石💎たちに日の目を見せてあげたい!】


はじめまして。beans happy代表の鎌田ひろみです。このページをご覧くださりありがとうございます。


真ん中に映るのが私 鎌田です

beans happyは札幌では珍しい”ミートパイ専門店”として2013年にオープンし、今では30種類を超えるパイを常時販売しています。


地元の方や北海道外の方にも愛していただき、今年で無事8周年を迎えることができました。本当にありがとうございます。


そんな中でコツコツ開発を続けていたバターサンドが合計1,000日を超える時間はかかりましたが、ようやく完成しました。


全国のバターサンドをひたすら食べ歩き、自分が納得するまで試行錯誤を繰り返すこと早三年半。今振り返るとこれだけ熱中していたなんて自分でもびっくりです笑


コロナ禍に飲食店を運営することは正直大変ですが、弱音ばかり吐いてられません。コロナ禍に埋もれないように苦手なパソコンも頑張って勉強しながら、まるで宝石のようなバターサンドに日の目を見せてあげたいと思っています。


そしてみなさまに”プチ贅沢な時間”をお届けするべく、普段提供していない特別価格で販売致します。


今後クラウドファンディングを利用してこの価格で提供することは一切ありませんので、ぜひこの機会に、いつもの生活をちょっと彩るプチ贅沢なバターサンドをぜひお楽しみください。


目次(このページの構成です)

・初めてのパイとの出会い

・試行錯誤の1000日間

・忙しい毎日にプチ贅沢なスイーツを

・リターン詳細


バターサンドが完成するまでのストーリーを少しだけ。


私は20歳の頃ワーキングホリデーでオーストラリアへ行ったのですが、お金がないながらにたまの贅沢と思い、現地の国民食であるミートパイを初めて食べました。


そこで、”こんなに美味しい食べ物が世の中にあるんだ!!”と感動し、頑張ったご褒美としてよく食べていました。


日本に帰ってきてから月日は経ち、私は女手ひとつで二人の子供を育てることとなってしまい、札幌はすすきのという街のクラブで働くことに。


仕事に家事に育児にと体力的に大変で何をしていたか覚えていないくらい目まぐるしい生活でしたが、子供たちとのかけがえのない楽しい時間が心の支えとなり、ここまで頑張ってこれました。




だからこそ思うのです。


『忙しい生活の中でも、心躍る幸せな時間は絶対に必要だ。』と。


私自身ずっと北海道にいたので、自然の豊かなここの食材を使用して好きだったミートパイを作れたら楽しくて美味しくて幸せだろうな、、、と働きながらも考えていた矢先、様々な縁が幸運にも重なり、とんとん拍子で札幌初のミートパイのお店「beans happy」を開くことになりました。



パイと一緒にケーキも販売しており、その試作中にふと昔食べた”バタークリーム”の味を思い出しました。あの頃は贅沢品でしたが当時のバタークリームはお世辞にも美味しいとは言えず、そして今日まで食べてきたバタークリームも自分が”心から美味しい!”と思うものがありませんでした。


いっそ自分で理想のバタークリームを作り、お店で使っている北海道産にこだわり抜いた生地と合わせて北海道を代表する最高のバターサンドを作りたい!と思うようになりました。


思い立ったらすぐ行動。そこから試行錯誤ばかりの挑戦の日々が始まりました。


理想の味を求めて試作を始めたものの、現実はやはりそう甘くありませんでした。バターは融点管理がとても難しく、ちょっと目を離した隙に溶けてしまい、べたべたになることも。


加熱する温度を0.1℃単位で変化をさせてクリームが溶け出す時間を全て記録したり、原料も北海道の食材をメインに取り寄せて最高の組み合わせを探す毎日。


途方もない作業で何度も挫折しかけましたが、絶対に完成させたいという心の火は決して消えることがありませんでした。美味しい、幸せだった。その声を聞くまで絶対に諦めませんでした。


そして構想から早三年半。ようやく、ようやく頭に描き続けた理想のバターサンドが完成しました。


原材料は全て北海道産。

本当に美味しく食べられるのは常温解凍後、たったの30分。


なめらかな口当たりを実現するために作業工程は全て手作業で行っています。機械を使うともちろん効率は良いですが、空気を生地に含める加減が難しく、どうしても味のクオリティが下がってしまいます。


全て手作業なのは正直とても大変ですが、そこまでこだわることで理想の味を実現することができました。


また、バターサンドのクリームは原材料を見ていただけるとわかりますが、余計なモノを一切入れず本物のバターだけを使用した高級クリームです。バターは北海道を代表する日高乳業さんのものを使用しています。


いわゆるスーパーで売られているようなバターのようなしつこさは一切なく、あっさりと滑らかな口溶けでスッと入っていきます。これも全て手間のかかる手作業だからこそ実現できるのです。


そんな想いの詰まったバターサンドを北海道だけでなく、全国の毎日頑張っている皆様にお届けしたいです。


仕事に家事に子育てに。その他にもやることはたくさんあって、毎日せわしなく、余裕なく過ごしていませんか?


昔の私がそうだったように、忙しい生活の中でも心躍る幸せな時間は絶対に必要です。


私にとってはバターサンドを商品にするための時間自体が心躍る時間でもありましたが、今回応援購入してくださった方にちょっとした贅沢、そしてキラキラ輝く素敵な時間を届けられたのであれば、これ以上幸せなことはありません。

日々の暮らしにプチ贅沢を。

宝石箱のようなデザインイメージで作りました。

バターサンドを作るにあたって本当に多くの方に支えられてきました。応援メッセージを僭越ながら記載させていただきます。


株式会社NEW 代表取締役 倉内法生

ビーンズハッピーのロゴは女性オーナーであるという事のやわらかさを、躍動感、シンプルな佇まいを文字で表現しています。


バターサンドのパッケージデザインもロゴと同じく、シンプルな佇まいでありながらも名称である「南円山バターサンド」を

南=Southの頭文字

円=丸い形状

山=山の形状

バターサンド=挟んでいる形状を印象に残るようにデザインで表現しています。


いつも女性的な発想と、相手を思いやる接客にいつも感心しております。

クラファンを機に、世の中に知ってもらいより多くの人にビーンズハッピーのおいしいバターサンドを食べていただける事を願っております。


株式会社NEW 公式HP:https://new-design.jp/


三本コーヒー株式会社 桑園支店 有田 昌浩

beans happyさんは開店当初から道産食材にこだわっており、個人的にも毎月のようにお店に通っています。


約3年間もの試行錯誤の末バターサンドを完成させ今回クラウドファンディングまで実施されると伺い、同世代の仲間が頑張っている姿を見て私自身元気付けられました。


新たなことに挑戦し続けるひろみさんを応援し続けますし、ここまでこだわったバターサンドを皆様にもぜひ一度食べていただきたいです!


プチ贅沢なリターンを多数ご用意しましたので、手短に説明していきます。


バターサンド

バターサンドは2個セット、5個セットからお選びいただけます。お住まいの地域によって配送料金が異なりますのでご注意くださいませ。

味はプレーン、ベリー、ラムレーズン、抹茶、コーヒー、チョコレートの6種類となっています。バター、小麦粉、砂糖、その全てが北海道産です。


ひとつひとつ全て手作業ですので作れる個数が限られます。配送に時間を要する場合がございますのでご了承ください。


プチ贅沢なアフタヌーンティー

beans happyの裏庭で開催されるアフタヌーンティーへご参加いただけます。お店で作るスイーツやマニアの私が厳選した紅茶をセットにしてお楽しみいただけます。


クラウドファンディング限定企画ですので、興味ありましたらご参加くださいませ。


Beans Happyのサブスクリプション


beans happyでは毎月パイやスイーツなど約2,400円相当の商品をお渡しをするサブスクリプションサービスを始めます。年会費で比べると通常よりも約8,800円もお得となっています。


また、こちら購入者限定でパイやタルトを作るイベントやそのレシピ発信なども定期的に行いますので興味ありましたらぜひご参加くださいませ。(こちらは店舗に毎月お菓子セットを受け取りに来れる方に限ります)


今回集まった資金は商品の発送代金や今後の運転資金・新商品開発費用、さらに毎日頑張ってくれているスタッフへの恩返しとして大切に使用させていただきます。


まめまめしく働いて幸せになろう。beans happyという店名に込めたこの想いを胸に一日一日頑張ります。


あなたの生活にちょっとした贅沢を、そして幸せな時間が増えますように。



beans happy代表 鎌田ひろみ


店舗の詳細情報

平 日 OPEN 11:00 / CLOSE 19:30

日・祝 OPEN 10:30 / CLOSE 18:00


TEL 011 557 5915


〒064-0807

 北海道札幌市中央区南7条西20丁目1-6

定休日 毎週月・火曜日

[祝日の場合は振替定休有り]


許可番号:札保中許可 食 第1373号

    :業種別番号 菓子製 第60号

食品衛生責任者:鎌田ひろみ

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください