はじめまして。プロコーチの野川悠人(ゆーと)です。

「心理的安全性」を中心に組織開発の研修やコンサルティングを提供するZENTechという会社で、いいチーム・組織をつくりたい、管理職・リーダーの方や人事・経営企画の方へ、コーチングを提供しています。


わたしたちは、いい組織・いいチームをつくりたい人の味方でいたい!と思っています。

といった”望み”を持っているなら、ZENTechは、あなたのための会社です。



■いい組織・いいチームをつくるには?

わたし自身も、いい組織・いいチームを苦労しながら模索してきました。

新卒では医療機器メーカーの営業マンとして、会社から表彰されるなど、いちプレイヤーとして成果を上げてきました。

けれども、プレイヤーとしての成功と、マネジャーとしての成功は大きく違います。

とある外資系企業にて新規事業開発のマネジャーを務めた際、その難しさにぶち当たりました。


上は数字のことばかり。メンバーは疲弊。メンバーから意見やアイデアが出てこない


このような、組織・チームの機能不全を解決するのが「組織・チームの心理的安全性」です。

「心理的安全性」とは、一言でいうと「ポジションや経験に関わらず、誰もが率直に意見を言い、質問ができる」ようなチームのことです。

2016年にGoogleが「効果的なチームづくりのための鍵」と発表したことで徐々にビジネスの世界でも知られるようになってきました。

わたしたちZENTechは、この「心理的安全性」を日本国内で広めるべく、イベント・講演や、上場企業の役員研修・管理職研修など、さまざまな活動に取り組んできました。

特に2020年9月には、ZENTech 取締役の石井遼介が、書籍『心理的安全性のつくりかた』を上梓し、多くのマネジャーや人事パーソンに手にとっていただき、現在5万部・12刷を数えました。


読者が選ぶビジネス書グランプリ2021

これら「心理的安全性」を広める活動の中で、重要な「課題」が見えてきました。

それは、リーダーシップに紐づく課題です。



■しなやかなリーダーシップを磨く

みなさんにも

「やるべきことは分かった。やり切れたら成果も出そうだ。」

「だけど…実際に行動に移せない……」

「気がついたら、つい後回しにしたり、やりたいマネジメントとは別の方向にズレている」


こんなことは無いでしょうか。


もっと具体的に言うと、

・メンバーからアイデア・意見を「引き出す」マネジメントをしたいのに、実際には自分で全部決めたりやったりしてしまう  ・メンバーのことを、もっとよく理解したいのに、せっかくの1on1でも、タスクの話だけして、相手に踏み込まずに終わる。  ・組織を巻き込んでやってみたいことはあるが…上司に反対されたら面倒なので、後回しになってしまう  ・チームで新たな取り組みをしたいが、ついつい前例に倣って行動を決定してしまう。


わたしたちは、多くの人事パーソンや、リーダー・管理職の方々をサポートする中で、このような構造に出会ってきました。


つまり

組織やチームにとって、大切にしたいことが明確になったとしても、そこに向かうことにブレーキをかけてしまうような困難な思考や感情が湧いてきて、気がつくと、向かいたい方向から逸れたマネジメントをしてしまっている。

という構造です。


この構造がある限り、「心理的安全性」に限らず、組織やチームづくりで目指すべき方向が明確になったとしても、その実践・実行の段階で躓いてしまうのです。


そうではなく、たとえ困難が予想されたり、反対されることがあったとしても、それでも大切なことへ向けて進んでいくことのできる、しなやかなリーダーシップのことを「心理的柔軟性」と呼びます。

「心理的安全な組織・チーム」も、それに取り組むリーダーが、この「心理的柔軟性」を獲得してこそ、うまく導いていくことができるのです。


■「しなやかさ」を育む、とくべつなコーチング
コーチングとは、”問いかけ”を通し、相手から答えを引き出すコミュニケーション手法です。

一般的に普及しているコーチングは、ゴールを明確にし、そこまでの到達速度を早めることを目的になされる『ゴール指向型』です。

しかし、今回このプロジェクトで提案したい、しなやかさを育むための『ACT MATRIX コーチング』は、目の前のゴールを達成することを目的とするのではなく、日々のマネジメントの力を向上させるため


気づくちから・感受性を向上させ、行動を制約するネガティブな思考や思い込みに気づきそこから自由になり、大切なことを明確にし望ましい行動のレパートリーを増やす ことを目指した新しいスタイルのコーチング

このコーチングを、ACT MATRIX (アクト・マトリックス) コーチングと呼んでいます。

ACT MATRIX コーチングでは、次のようなフォーマットを使って、コーチングを進めます。コーチは、あなたがこのフォーマットを埋めるサポートをしたり、あなたがより良い行動を起こすためのアイデアを一緒に考えたりします。実践・実行の段階で躓いてしまう、あなたの構造・あなたの癖を明らかにして、その上で前に進もうとするコーチングなのです。

心理的柔軟性を育む ACT MATRIX

そして、セッションの最後には、たとえ「反対されるかも」「うまくいかないかも」と言った、ネガティブな感情がやってきたとしても、取り組む価値あると思えるアクションが決まっているでしょう。

個人(パーソナル)セッションでは、コーチと1対1で。

グループ(チーム)セッションでは、コーチとの対話やグループでの対話で、セッションを進めていきます。

このACT MATRIXは「第三世代の認知行動療法」とも呼ばれる、ACT(Acceptance and Commitment Therapy/Training)に基いたもので、豊富な科学的根拠(エビデンス)を有しています。

海外では、ACT MATRIXでは、既に500件以上の論文で、心理的柔軟性を育むことが示されていますが、日本では、まだまだほとんど活用されていません。


このプロジェクトの目的:私たちの願い、このプロジェクトを通じて社会へ届けたい価値は、まだまだ認知されていないこのコーチングを多くの企業・組織・チームに届け、日本のリーダーたちの「心理的柔軟性」を底上げすることです。いいリーダーであふれた会社は、きっともっと働きやすく、もっと成果の出る、ハッピーな会社になると信じています。よいリーダーのもとで、メンバーたちが輝き、「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当にやりたい事だろうか?」という問いに、毎日「イエス!」と答えられる人が増える。そんな社会のために、このプロジェクトを届けたいと思っています。


このプロジェクトに向いた方:

よい組織やチームをつくりたい、よりよいリーダーシップやマネジメント能力を身につけたい方


このプロジェクトのリターンについて:


①【オンライン】『ACT MATRIX コーチング』90分イベント参加券(1回)

→ちょっと覗いてみようと思う人向けのプラン 支援額:1,000円(上限人数なし)
ACT MATRIX コーチングについて、さわりだけざっくりと体験したい人向けのプランです。

本イベント内で、

・ACT MATRIX コーチングの概要説明
・ACT MATRIX コーチング体験

を受けられます。

イベント開催は下記の6日程です

6月16日(水) 19時〜20時30分
6月18日(金) 10時〜11時30分
6月26日(土) 10時〜11時30分
6月30日(水) 19時〜20時30分
7月2日(金) 10時〜11時30分
7月10日(土) 10時〜11時30分

※イベントはzoomにて行います、CAMPFIREメッセージにて開催一週間前まで(お申し込みからイベントまでが一週間以内の場合は前日まで)に招待URLをお送り致します!


②【オンライン】『ACT MATRIX コーチング』個別 90分体験券  売り切れ

→ちょっとやってみたい人向けのプラン 支援額:10,000円(上限人数先着15名)

ACT MATRIX コーチングについて、
個別の体験セッションを1度受けてみたい人・チーム向けのプラン。

①イベント参加券に加え、
ZENTechのプロコーチ陣と1対1、またはチームで、コーチングセッションが1度受けられます。

※チーム参加の場合は3名以上、人数上限なしで参加いただけます。
※チーム参加の場合は、基本的に3名1グループに分かれてのグループ対話を実施します。
※個人、チーム参加でも支援額は変わりません。
※日程は参加者に応じて相談させて頂きます。

※セッションはZoomにて行います。プロジェクト終了後に順次、日程調整のご連絡をさせて頂きます。


2.5 プロジェクト好評につき追加

【オンライン】『ACT MATRIX コーチング』3回個別継続セッション+柔軟性サーベイ 

→少し変化を実感したい!と思う人向けのプラン 支援額:50,000円(上限人数先着10名)

ACT MATRIX コーチングについて、
個別の体験セッションを継続して受け、心理的柔軟性測定をしてみたい人・チーム向けのプラン。

①イベント参加券に加え、
ZENTechのプロコーチ陣と1対1、またはチームで、コーチングセッションが継続で3度受けられます。
(60分のセッションを3回、個人での体験・チーム(3名以上)での体験の選択が可能)

さらに、セッション前後でZENTech開発の心理的柔軟性サーベイを実施、測定を行えます。

※チーム参加の場合は3名以上、人数上限なしで参加いただけます。
※チーム参加の場合は、基本的に3名1グループに分かれてのグループ対話を実施します。
※個人、チーム参加でも支援額は変わりません。
※日程は参加者に応じて相談させて頂きます。
※セッションはZoomにて行います。プロジェクト終了後に順次、日程調整のご連絡をさせて頂きます。※柔軟性サーベイはセッション初回の前、3回目の後にオンラインで測定します。


③【オンライン】『ACT MATRIX コーチング』個別3ヶ月継続体験券+柔軟性サーベイ

→ガッツリやってみたい人向けのプラン 支援額:100,000円(上限:先着5名)


ACT MATRIX コーチング個別セッションを一度だけとは言わず、
目的に向けて3ヶ月間、継続して受けたい人向けのプラン。

①イベント参加券に加え、
ZENTechのプロコーチ陣と1対1、またはチームでコーチングセッションが3ヶ月継続して受けられます。
(60分のセッションを5回、個人での体験・チーム(3名以上)での体験の選択が可能)

さらに、セッション前後でZENTech開発の心理的柔軟性サーベイを実施、測定を行えます。

※チーム参加の場合は3名以上、人数上限なしで参加いただけます。
※チーム参加の場合は、基本的に3名1グループに分かれてのグループ対話を実施します。
※個人、チーム参加でも支援額は変わりません。
※日程は参加者に応じて相談させて頂きます。
※セッションはZoomにて行います。プロジェクト終了後に順次、日程調整のご連絡をさせて頂きます。※柔軟性サーベイはセッション初回の前、3回目の後にオンラインで測定します。


④【オンライン】スーパーカスタマイズ、ZENTechさん「助けて」プラン(法人向け)

→とにかく、助けてほしい人向けのプラン 支援額:500,000円(通常1,500,000円)(上限:先着3名・チーム)

自らの状態に合わせて支援内容をカスタマイズで提供してほしい人向けのプラン。

ZENTechでコーチング事業開発の責任者を務めるプロコーチ「ゆーと(野川悠人)」が、まずは相談にのります。その内容に応じて、とにかくカスタマイズであなたを助けます。

基本的には、ACT MATRIX コーチングでのサポートを6ヶ月・全10回実施させて頂きます。
(60分のセッションを10回、個人での体験・チーム(3名以上)での体験の選択が可能)
追加の支援については、必要に応じてご提供差し上げます。

※チーム参加の場合は3名以上、人数上限なしで参加いただけます。
※チーム参加の場合は、基本的に3名1グループに分かれてのグループ対話を実施します。
※個人、チーム参加でも支援額は変わりません。
※日程は参加者に応じて相談させて頂きます。

※セッションはZoomにて行います。プロジェクト終了後に順次、日程調整のご連絡をさせて頂きます。

※すべてのリターンに於いて、治療を目的としたものではありません。よりよいチームづくり・マネジメントを行いたい、管理職・リーダーの方が対象となっています。


リターンのまとめ

今回、通常よりもかなり低価格でセッションを提供させて頂いております。
また、目標金額も大きな金額に設定しているわけではありません。

それには理由があります。

「心理的柔軟性」というコンセプト、そして「ACT MATRIX」は、まだまだ日本では黎明期にあります。お金の大小ではなく、より多くの方へ、この心理的柔軟性やACT MATRIXを知っていただきたいと思っているからです。

そして、もしこのACT MATRIXと心理的柔軟性に可能性を感じていただけたとしたら、企業にお勤めのリーダー・管理職・人事担当者・人事責任者として、法人として私たちにご相談・ご発注いただきたいのです。


リーダーが変われば、会社・組織が変わる。

わたしたちは、その一助になりたいと思っています。


誰がやるのか

プロコーチ陣の紹介

コーチング事業責任者:野川 悠人(ゆーと)

株式会社ZENTech コーチ・人事。
前職では、外資系医療機器メーカーで営業・マーケティング・事業開発を経験、転職し、組織開発コンサルとして日系企業の人材育成に携わる。
その後、プロコーチとして独立開業し自然豊かな場所で移住生活実施中。
学生から社会人まで300名以上のコーチング支援実績あり。


三浦 佳恵(よっしー)

株式会社ZENTech コーチ・営業・コミュニティマネージャー。

前職は大手銀行営業職として、上場・中小企業役員、地主、富裕層の個人顧客に対し、資産運用提案、融資、相続コンサルティングを行う。

2020年に独立し、プロコーチとして、個人クライアントを幅広く支援。


原田 将嗣(まーしー)

株式会社ZENTechシニアコンサルタント・コーチ・研修講師。
前職スターツグループでは営業(トップセールス)・マネジャー、人事、コンプライアンス部門を経験。グループ社員約8,000名への教育・啓発活動に携わる。
2020年4月、コミュニケーションで世界を輝かせることを目指しプロコーチとして独立。


監修:石井 遼介

株式会社ZENTech取締役、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 研究員。
「心理的安全性」「心理的柔軟性」の研究者。2017年より日本オリンピック委員会より委嘱され、オリンピック医・科学スタッフも務める。
書籍『心理的安全性のつくりかた』著者。ACT MATRIXについては同書2章にも記載。


これまで「心理的安全性」の講演や研修・イベントをやる中で、仲間となったクライアントの皆様へ、既に100名近くの方に体験セッションを受講して頂きました。

その中から、感想をいくつかピックアップしてお伝えしたいと思っています。

ーーー

ーーー


おわりに

ここまで、読んでくださり有難うございます。

わたしが外資系企業の新規事業開発マネージャーとして働いていた時に、上司から「プロセスなんてどうでもいいから、とにかく売り上げを出せ。そのために雇ってるんだ!!」と言われたことがあります。

心では、”みんなが助け合えるいいチームを作りたい!”と思っていましたが、「そんなことよりも、数字だ。数字を上げなきゃクビになる」と恐れに支配され、自分の”望み”に蓋をして行動を続けました。

結果的に、チームは目標数字を達成できず、わたしのメンタルも追い込まれてしまい、長くその職場で働くことはできませんでした。

いま「組織の心理的安全性」や「リーダーの心理的柔軟性」に触れてみて心底感じることは、
『あのとき、これらがあれば、何かが大きく変わったかもしれない』という想いです。

ZENTechでの活動の中で、わたしのように(あるいはそれ以上に)日々苦悩しながら行動を続けているリーダーの方がたくさんいらっしゃることを実感しています。その姿を見ると、「なんとか力になりたい」と思うと同時に、僕たちなら『なんとかできる!その武器を伝えられる』と強く思います。

ぜひ、一度、体験してみてください。
科学に裏打ちされた実践で役に立つアプローチはなかなか体験する事ができない
貴重なものになると信じています。

みなさまと、直接お話しできる日が来ることを心待ちにしております。

2021年5月 株式会社ZENTech コーチング事業責任者 野川悠人


  • 2021/06/08 17:40

    みなさま、こんにちは。ZENTech コーチング事業責任者の野川悠人(ゆーと)です。既にたくさんの方々から「ACT MATRIXコーチング受けてみたい!」「応援しています!」という声をいただき、大変嬉しく思います。ありがとうございます!5月14日よりスタートしたこのクラウドファンディングも、残...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください