私たちは、東京を拠点に「遊び」×「地球にいいこと」をテーマに活動しているNPO法人です。We are a Non-Profit organization based in Tokyo with the concept “Playful” × ”Earth Friendly”. 

2012年にファッションアイテムの交換によって持ち主同士が交流できる「SWAQ」という活動からスタートし、2019年に法人化。この春でめでたく2周年を迎えます。まだまだ小さな団体ですが、皆様の力をお借りしてこの活動を次のステップへと進めたいという想いで、今回クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げました。We started fashion item swapping event “SWAQ” in 2012 and formed an official organization in 2019.To celebrate our official 2nd anniversary in this spring, we would like your support to bring this activity to the next stage , and we launched this crowdfunding project. 


いま、世の中にはサステナブルという言葉が溢れています。
持続可能な社会や環境のあり方について考えるのは大切なこと。でも、それが一種のバズワードとして、商業化され「モノを売る」ためのPRの一部になってしまっていたり、実態のよくわからないものになっていると感じることもあります。Let us share our philosophy first. Now the word sustainable is trend, and it is important to think about the sustainable society and environment. But sometimes it’s treated just as a buzzword.

だったら、身近なことからでも本当に意味があることができないか。小さな環境への取り組みも、「楽しい」「嬉しい」という気持ちを起点にした、たくさんの人の「日常」になれば、社会にとっても地球にとっても大きなインパクトになるはず。一部の「意識の高い」人だけがすることと捉えられてしまうような取り組みでは本末転倒。みんなで楽しめる「遊び」が、結果的にサステナブルであったらいいよね。私達は、そう考えています。We think making an action is vital even if it’s a small one, and having those small actions in our daily lives will bring a huge impact to our society and the earth. To realize that, designing sustainable actions “playful” so that people can feel it “fun” is the key. That’s what we SWAQ TOKYO think. Sustainable action shouldn’t be the slogan for commercial promotion or only for the highly eco-conscious people.  We believe it should be for everyone, something that everyone can enjoy.    



Fashion Swap Party「SWAQ」は、クローゼットに眠っている服や小物を持ち寄り、ストーリーをメッセージに添えて交流を楽しむ、という取り組みです。服の交換だけではなく、DJや様々な分野のクリエイターと毎回コラボレーションもしています。上の動画は昨年表参道で開催した際に参加してくれた大学生、mihi氏が作成してくれました! Fashion Swap Party ”SWAQ” is for fashion lovers that also cares sustainability. People bring fashion items that they don’t wear anymore, and enjoy sharing the items as well as the stories behind them. SWAQ have been collaborating with DJs, artists and various creators. While enjoying our event like other parties, people also know the alternative for consumption through fashion items. 

ファストファッションの台頭により、使い捨てに近い服との付き合い方が加速し、環境への負荷が高まりました。誰もがファッションを楽しみながら、アイテムが長く大事に使われていくにはどうすればよいか。その解決策のひとつとして、2012年にスタートしました。

Fast fashion changes our fashion,  but we think we have to change our routine of buying and wasting items and harm the environment. Having a good-quality item for long is an alternative, but sometimes we get bored of the items. How can we enjoy fashion while keeping the life of the item long? We think one of the answer is to “Swap”.

次回は7月31日に開催を予定。詳細は当サイトやSNSなどで告知していきます。We are going to held next event on Sunday July 31. Stay tuned on this website and our SNS.


Eco Walkは、月に一度の街の清掃活動です。
気が合う仲間を誘い合い、宝探し感覚で不思議なごみを見つけたり、落ちているごみの背景にあるストーリーをみんなで考えたり、楽しみながらゴミを拾っています。Another action is a monthly "eco walk" activity.  We walk and clean the community around our base district Shibuya. This is also a great networking opportunity, and we prioritize making the action enjoyable.

「ゴミが多いのは、茂みの中など人目につきにくい場所」だとか「ゴミ箱の少なさにも原因がありそう」といった、活動を通して得た気づきは、定期的に区へレポートもしています。ぜひご興味のある方はSNSフォローいただきご参加くださいね。


少しづつ活動の規模を拡げてきましたが、実は課題は山積み。
Currently SWAQ is managed fully by a limited number of volunteers.

毎回イベントで10箱以上残る衣服の保管場所を確保したり、ボランティアやコラボ企業を募るための広報活動を強化したりなど、NPO法人としての体制を整え、SWAQを持続可能な団体として続けていくためにクラウドファンディングに踏み切りました。This crowdfunding to reach more people to show what we do, as well as to settle the organization and make SWAQ sustainable.  

主な実現したいことは、

・FASHION SWAP PARTY「SWAQ」の定期開催
・地域コミュニティを巻き込める活動拠点づくり
・NPO運営の備品やチームメンバー拡大などに向けた基礎部分の強化
、などです。

For that we try

・Holding Fashion Swap Party "SWAQ" regularly
・Equipment for our activity
・Settling base space etc.


みなさまからのご支援は、今後のイベントとNPOの活動資金に充てたいと考えています。Your support goes to the following event and activities of NPO.

  • 2周年記念イベントの開催 2nd anniversary FASHION SWAP PARTY on July 31
    設立記念日の5月30日(ごみゼロの日)7月31日(土)にFASHION SWAP PARTY「SWAQ」を開催。

  • 拠点の確保 Settling  base space 
    ミーティングスペースや備品保管場所など、現在整っていない活動の拠点作り。

  • サステナブルなオリジナルグッズの完成 Original sustainable goods
    活動を広め、少しずつ環境に優しいモノを使う人を増やしていきたいです。

SWAQと関わりのあるクリエイターの方々とのコラボも実現し、幅広いリターンをご用意しました。複数のリターンの組み合わせや 支援額の上乗せも大大大歓迎です。
 We prepare various returns collaborating with creators in SWAQ network. We also appreciate your having several returns or adding your support.

Fashion Swap Party「SWAQ」参加チケット

今後開催予定のFashion Swap Party「SWAQ」へ1回参加できるチケットをお届けいたします。有効期限:2023年末。次回は7月31日(土)永田町GRiDで開催予定。イベント開催詳細は、こちらかSNSにて随時ご連絡いたします。
1 entrance ticket for Fashion Swap Party ”SWAQ” .  Valid until the end of 2023 , the next event is planned on July 31 2021.

ご希望場所での Fashion Swap Party 企画プロデュース・コンサル 【限定1組】 

ご希望の場所でのFashion Swap Partyの企画をお手伝いいたします。コンサルティング内容は、クリエイティブ、集客・告知方法や運営アドバイスなどです。集客・告知の実務や当日のオペレーション、場所の提供などは含みません。(もし対象外の内容もご依頼希望の場合は、別途ご相談ください。)
出張が必要な場合は、実費をご相談させていただければと思います。イベント開催期限:2023年末。
Right for consulting/producing your own Fashion Swap Party. (creative, promotion and management consulting.) Valid until the end of 2023.

SWAQ TOKYO ロゴ入り オリジナルエコカップ「Stojo」

サステナビリティに配慮したNY発のリユーザブルカップ「Stojo」(SWAQロゴ入り)をお手紙を添えてお届けします。シリコン製で折りたたんで持ち運びに便利なカップです。容量は335ml(直径 9cm、高さ 12.7cm、折り畳み時高さ 5cm)で、色はOATとSAGEとCARBONです。漏れ防止機能付き。スリーブ付きなので熱い飲み物も安心して持ち運べます。食器洗浄機もご利用できます。お届けは2021年初夏を予定。Reusable silicon cup “Stojo” with SWAQ logo . Shipping only available for the address inside Japan.


Miku Nemoto × SWAQ TOKYO オリジナルステッカーセット

SWAQと過去にコラボしたアーティスト Miku Nemoto (Chonmaru) が地球や大自然の要素をイメージして描き下ろしたイラストのオリジナルステッカー2種をお届けします。※ サイズは直径5.5cmの円を予定。
Original sticker collaborated with upcoming Japanese artist. Shipping only available for the address inside Japan.

Miku Nemoto(Chonmaru)
東京生まれ、神奈川育ち。専門学校を卒業後、デザイナーとしてWeb制作会社に就職。その後フリーランスとしてさまざまなデザインワークに従事した後、2015年から本格的にアート活動を開始。壁画、印刷物、ライブペイント、展示を軸に活動中。南国の葉が生茂るジャングルをモチーフに謎の動物を描くことから始まり、近年はくねくねしたラインを筆一本だけで画面を埋めていく模様のようなスタイルを探求中。

靴木型の製材時に出てしまう廃材からつくられた - Pen Stand last -  by Nakada Last

靴木型の製材時に出てしまう廃材から作られたUPCYCLEなプロダクト。木材は西洋シデ、輸入材を使用。フシ、木目があまり表立たなく綺麗な木です。しかしその中でも、木目1つ1つに表情があり、唯一無二なところにも楽しさがあります。どうしても散らかってしまう作業台やオフィス、レジカウンターのアクセントにどうぞ。Pen stand upcycled from shoe last.  Shipping only available for the address inside Japan. 

足長×足幅×ヒール×高さ:12×4.5×4.5×8.5 cm
穴:91mm

※サイズは、1サイズのみ。
※手測りですので多少の誤差はご了承下さい。
※つま先の形状は3型あり、ランダムに送らせて頂きます。

中田靴木型(中田ラスト)
1918年創業の老舗の製造用靴木型メーカー「中田靴木型製作所」。LAST(靴製造用木型)の専業メーカーで、立体的なシューラストやビスポークオーダーのシューツリー、生産過程で出る木端からサスティナブルでアップサイクルなプロダクトまでも製作する。


アフロマンスさん
クリエイティブカンパニー「Afro&Co.」代表

「楽しい」は行動を起こすきっかけになり、「嬉しい」は続ける原動力になる。ついつい理屈っぽく考えてしまう課題こそ、「楽しい」や「嬉しい」といった体験の設計が大事だなと思います。やりたくなる、参加したくなるソーシャルグッドなプロジェクト、応援してます!

Satoshi Miyaさん
Broken Sport (Jazzy Sport) ダンサー・DJ・ Brighton Studio Daikanyama代表

身近なこと、日常に、楽しむこと、 そんな幾つものキーワードに共感します。参加したSWAQのイベントは笑顔が溢れる場でした。小さな力が集まり社会を動かす大きな力に変わっていく。更なるステップを応援します。

知夏 七未さん
proud story代表・元Miss Heritage Japan・SCUADプログラムディレクター

素敵な服と素敵な人が集まっていて、気負わず楽しみながら実はエコになっているというのが良いなと思っています。たまに全身ここでもらった服になることもあるほど何度も遊びに行っているSWAQがますます盛り上がることを楽しみにしています!

冨田 大介さん
テラサイクルジャパン合同会社 ディレクター

妻と息子とEco Walkに参加しています。日ごろ見落としがちな小さな発見や魅力を再認識でき、清々しい気持ちで休日を始めることができています。参加者の方々とお話しながらの活動も楽しい時間。これからもSWAQの皆さんには、こんな楽しいエコ活動の場をたくさんつくっていってほしいです。

よーすけ管理人さん
OTAIRECORD 代表

SWAQとはレコードの交換会を共同開催したり音楽機材で協力させてもらっています。地球にいいことを妥協なく楽しく表現するまさに稀有な団体。大義も中身もしっかり詰まってる! 皆さんもクラファンでSWAQにJOINしましょう!


さまざまなスキルとバックグラウンドを持ったメンバーが、想いをひとつに活動しています。

SACHI
ファッション誌や海外アパレル企業での経験を通してファッションと環境への関心が強くなり SWAQを始めました。目指すのは、ただストイックにモノを循環させる事ではなく、そこに集まった人同士が楽しく交流できるコミュニティづくり。「楽しいサステナブル」というコンセプトのこの活動をみなさまと更に広げていきたいです。応援をお願いします。

HIRO
ブルックリンに4年滞在し、地域コミュニティのクリエイティブや繋がりの強さに感銘を受けました。帰国後、活動する場所のゴミ拾いを始めとしたコミュニティ活動を継続。好きな地域・人と一緒に活動することが、『楽しい = 地球にちょっと良いこと』に繋がるのだと信じています。皆様と一緒に楽しみながら素敵なアクションを起こして この可能性を広げていけると嬉しいです。

MARI
音楽誌・ビジネス誌編集部を経て、現在デザインファーム勤務。楽しいことが大好きで日夜問わず様々な場所へ出かけるタイプ。どうせなら楽しみながら社会にもプラスにと思いSWAQの活動を開始。「社会にいいことしたい」も「楽しいことしたい」も人間の素直な欲求。日本社会はこの2つが分離しているように思いますが、本当は両立できて そのほうがみんなハッピーなんじゃないかと思います。

NAGI
2020年武蔵野美術大学入学。造形やデザインのほか、現代社会に潜む諸課題の解決方法を日々研究中。知人のSNSで知ったSWAQの活動内容やコンセプトに共感し、この春より新加入。様々なバックグラウンドを持つメンバーと関わりながら、楽しく環境にいいことを実践していきたいです。

VAL
Born in Italy and loved fashion! Joined SWAQ this year. My interest for sustainable materials, fashion and design has grown much more since I did a master in Media Design at Keio University. If we want to make this world a better place, we need to re-think and re-assess our habits and the way we live. Like really.. think about it!?

SARA
武蔵野美術大学卒業後、PMとしてデザインチームに所属。お世話になっているバーテンダーさんが出店していたことでSWAQと出会い、環境問題に対するアクションを楽しく、カジュアルに起こしているスタンスに共感しジョインしました。 SWAQ を通して素敵な生き方を持っている人に出会い、活動が広がっていったら嬉しいなと思っています!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください