part 1. ~ひとりごと~ 


ヘンゼルとグレーテルが別々の森で震えているような夜が続くある日のこと。

「そもそも論として。どうして田舎のカフェがそこまでガツガツ音楽業界に入り込んでいってるわけ?」

などと、
唐突に首都・東京で暮らす年の離れた友人に聞かれたから、

「それはさぁ・・」

って、
淀みなくリプしようと思ったのに、

「自分なりの答えのようなもの」

がまとまってないことに気付かされたので文字にしてみることにした。

音楽が好きだから。
生まれながらにして睡眠欲や食欲よりも「音欲」が強いから。
対岸の火事的にではなく、
当事者として音楽に関わりたいから。

サポーターとしてスタンドから声を枯らして声援を送ることも悪くはないけれど、
どうせならと、
グランドに降り立ってボールを蹴ってみたくなったから。

夢は未だに変わらず。
天体観測とか出来そうな人里離れた場所で、
神様の悪戯のような儚い流れ星をやり過ごしながら、
晴耕雨読的にトラックメイクしながら自給自足の生活をすること。

ともだちとの連絡はできれば赤いポストに手紙を入れて、

「最近のわたしはこんな曲を聴いてます・・そちらはどうですか?」

なんてスローなのが理想。

眠る前に毎日Spotifyのプレイリストを更新するほど音楽が好き。

歩きながらこのサンプリングの元ネタなんだろって気になって青信号なのに足を止めてしまうこともしばしば。

仲良くなると最初に、

「どんなアーティストの曲を聴いてんの?」ってたいてい聞くし。

喫茶店経営してるのに、

「美味しかったです!」

って言って頂くよりも、

「店内の音楽良かったです〜」

なんていうお言葉の方が全然嬉しいっていうレベル。

鳥で言うとキウイみたいな感じ。
飛べはしないけど鳥でいさせてくれっていう。

もちろん、
田舎のカフェの規模感の小さい協力なんてなくとも、
時代がやがて彼らの才能に気付く日がやってくるのは分かっている。
遅かれ早かれってやつ。

それでもお節介を焼きたくなったのには、
コロナ禍が彼らの生命線であり、
活動・表現の場であるライブを奪ったことにより、

「日の目を浴びるタイミング」

が未来に少々ずれ込んだことは明らかだから。
焦ったい(じれったい)に決まっている。

コロナ禍は依然明けず、

「この大波さえ越えればもう大丈夫だから!」

と、

メンタル的浮き輪のように国民に押し付けられていた「アフターコロナ」というフレーズは、
クリアな説明もないままいつの間にか「withコロナ」にすり替わり。
今後しばらくはいまの現状が大きくポジティブベクトルに変わることを望むにはあまりにどの根拠も頼りなく。

「カフェと語学とカルチャーと。」

というコンセプトに文字通り生かされてきた10 COFFEE BREWERSが、
ここで沈黙するのは存在価値を捨てるようなものだと自然と感じられたから。

こんなところがきっと、
田舎の喫茶店店主がCDを作りたくなってしまった理由。

ということで。

大分の名もなき小さな喫茶店が敬愛する5組のアーティストさんとCDアルバムを作ります。
ストリーミング時代に音楽体験はどう変わるのか?
音楽業界のニューノーマルって、
実はこんな「さざなみ」から始まったりするのかもしれませんよ。

part 2  〜説明書〜

文体と語尾などを変えて。
あと半分どうぞお付き合い下さい。
国内シーンの新世代にスポット当てるプロジェクト『dawn』が始動! 


「カフェと語学とカルチャーと。」をコンセプトに、
福岡・大分を拠点とする独立系カフェ「10 COFFEE BREWERS」が新プロジェクト『dawn』を始動させた。

本プロジェクトは、音楽シーンに新たな波を立てるアーティストをリスナーの元へと送り出すことを目的としたもの。

オススメ作品を自動選択するアルゴリズムや協調フィルタリングがアップデートされ続け、
音楽や映画のパーソナライズ化が加速する令和のいま。
視聴履歴から私たちの好みが分析され、お薦めの作品や何なら好みに沿ったサムネイルまでもが届けられる時代。

フェイクニュースの拡散やコミュニティの分断が進み、自分と異なる意見が入って来なくなって久しいことにも気付けなくなってきて。自身の考えが偏ったまま増強されてしまう「1億総エコチェンバー」ジェネレーション。

なんと、私たちが聞いている映画や音楽、纏っている服に至るまで。愕然とするが82%はレコメンド経由。18%程しか、「(自分にとっての)新たな波を立ててくれる未知のもの」と出会えていないのだ。

これでは噛めば噛むほど味が出る、所謂「スルメ曲」の類に出会える訳もなく。運命の「something(何か)」との偶然的な出会いを自ら拒絶しているようですらある。

検索と推薦システムのバイアスにより、人気なものは複利的に表示されやすく、より人気になってしまう。と言うことは・・・才はあるがマネーもコネクションもない駆け出しのフレッシュアーティストの作品がリスナーの元に届けられる可能性は小さくなっているのでは?

とはいえ、明けない夜はないという。夜明け前がもっとも暗いともいう。「dawn(夜明け)」を背に走り始めた5組のアーティストから届いた13曲をお届けする。

第1弾企画として、lo-key design、ZIW、FLEUR、Madness Pin Drops、ego apartmentといった、間違いなく今後のニューシーンのアイコンとなる可能性を秘めた新世代アーティスト総勢5組の楽曲を収録したコンピレーション・アルバム『dawn/10 COFFEE BREWERS's selection』を12月1日にリリースする。

これにジャケットデザインという形の強力なキラーパスでアシストするのはイラストレーターの大河紀。HB FlieコンペVol.30 日下潤一特別賞や第22回グラフィック1-WALL 上西祐理奨励賞なども記憶に新しいイラスト界のエースによるアートワーに触れられるのもフィジカル音源の醍醐味である。

また、今作品のライナーノーツを手掛けたのは、Chillで気持ちの良い音楽をテーマにラジオ配信、と音楽リリース、空間プロデュースを行うライフスタイルレーベル「Chilly Source」主宰のDJ KRO。業界の注目度も透けて見えるようだ。なお、同作収録の13曲全てが初CD化音源となる。


ストリーミング時代に音楽体験はどう変わるのか?

「音楽に手触り感は必要ないのか?」

音楽業界のニューノーマルについて考えるきっかけになればこんなに嬉しいことはない。



参加アーティスト紹介
○lo-key design 

シンガー salto とトラックメイカーmarsh willow による1997年生まれの二人によるプロジェクト。二人はそれぞれソロアーティストとしても活動している。2019. 8/17に主催したローンチパーティ、「Low Key Designs」ではHip-Hopシーンを賑わすkojikoii、ZIWらゲストアーティストと共にコーヒースタンドや古着屋、写真家とコラボし、メロウな世界観を演出し大きな反響を得た。そして同年10/18にリリースされた 1st EP「Design」では itunes R&B/SOUL 国内アルバムチャートで1位を獲得した。こだわりを感じるミニマルなトラックが、表現力豊かな歌声を際立せている。まるですぐ傍でライブを聴いているかのような感覚になれる。随所に新しいアプローチも散りばめられており、今後の彼らの活躍に期待が高まる。作詞、作曲、編曲、レコーディング、ミックス・マスタリングまで全ての制作プロセスをlo-key designの二人のみで完結させている。



○FLEUR

FLEUR (フルール)は京都府出身のシンガー。心の機敏を映し出す繊細なリリック、形に囚われないユニークなアプローチで数々の作品を発表。現在は関西を中心に活動を展開している。

2019年6月1st EP「FLEUR」を配信リリース。同作品はApple Musicの”今週のNEW ARTIST”でのピックアップやSpotifyの複数のオフィシャルプレイリストへの掲載など、耳の速いリスナーから高い評価を得ており、今後の動きに注目が集まるアーティストの1人。


○Madness Pin Drops

床に落ちたピンが響かせる残響音のような特徴的な声を持つシンガー。深淵の奥底へと落ちていくようなダークなメロディーとそこに細く妖艶な美声、mpdの中に広がる世界へと、引き込まれていく。



○ZIW

沖縄県在住のラッパー。14歳からラップを始めキャリアを積み19’11月にリリースしたAM3:00を皮切りに注目を集めている気鋭のラッパー。客演での参加曲も多くスキルフルで、抽象的且つ大胆なリリックに定評があり、様々なプレイリストやTune core japanからToday's pick up artist Apple musicにてバナー展開されるなど徐々にその名を広げている。


○ego apartment

Laptop/Bass 担当、リーダーのDyna( ダイナ)/Guitar/Vocal 担当、Peggy Doll( ペギードール)そして同じくGuitar/Vocal 担当、Zen( ゼン)の3 人組ユニット「ego apartment」。日本語英語を混ぜ合わせた歌詞、変幻自在な 2 ボーカルスタイルアナログ感を残すが新しさを感じさせるサウンド悲しさと楽しさを同時に放つ Dyna のトラックに哀愁かつ美しい唯一無二の声を持つ Zen、そして非凡なメロ ディセンスと歌声で認知度を高める Peggy Doll からなるエゴアパ。



○大河紀

アーティスト/イラストレーター。岡山県出身、東京都在住。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒。マガジンハウス雑誌『POPEYE』をはじめ、挿絵や装画、広告PRビジュアルなどを手がけている。2020年 HB File Vol.30 日下潤一特別賞/第22回グラフィック1_WALL 上西 祐理奨励賞/第215回ザ・チョイス入選。今回のアルバムではジャケットデザインを担当。

WEB:https://noriokawa0713.wixsite.com/mysite-2 instagram / twitter:@nori_okawa

○DJ KRO


『Chill』『Relax』できるHip Hop Musicをテーマに活動するライフスタイルレーベル"Chilly Source" Founder。Chilly Source主宰で、毎週日曜、Chilly Source Radioを放送や、コロナ渦になり始めた自身のDJライブ配信”STAYHOMEMIX”は様々な年齢層の視聴者を集めている。彼の「Chillな日本語ラップ」を中心にしたDJスタイルにはかなりの定評がありYouTubeでの彼の日本語ラップMIXは"TOKYO SUNSET"は300万回以上再生される。

また、国内ではサマーソニックbilloboard StageでのDJの出演や、Greenroom FestivalでのDJ出演、マンハッタンレコードとMIXCDをリリース。国外ではシンガポール、タイ、ドバイの有名レストランでの音楽プロデュースやロンドンの人気ラジオ番組で特集されるなど、現在注目されているDJだ。

Instagram 

https://www.instagram.com/djkrotokyo/

Soundcloud

https://soundcloud.com/djkrotokyo

Youtube

https://youtube.com/user/yusuke2808

Chillysource

http://chillysourcetokyo.com/


資金の使い道

・CDの制作費用(11月完成予定)

・クラウドファンディング手数料

・リターン送料


実施スケジュール

10月 レコーディング、ジャケット制作、CDパッケージング

11月 リターン発送開始

12月   CD一般発売


~FAQ~

Q:クラウドファンディングの支払いはどのような方法がありますか?
A:クレジットカード払い(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinners)、コンビニ支払い、銀行振込(Payeasy)、携帯キャリア決済(docomo、au、ソフトバンク)、PayPal、Fami-Pay、Paypay、楽天Payが御座います。

Q:クレジットカードは分割での支払いは可能ですか?
A:CAMPFIREのシステム上、分割払いはできませんので分割をご希望の場合は支援後にカード会社様へお問い合わせをお願いいたします。

Q:どうやったら支援出来るんですか?
A:こちらのCAMPFIRE様のヘルプページをご確認ください。

CAMPFIREのシステム的な仕様などに関わる部分はこちらではお受けしておりませんのでCAMPFIRE様へお問い合わせ(https://camp-fire.jp/inquiries)をお願いいたします。

Q:別途の送料はかかりますか?
A:かかりません。支援金に含まれております。

Q:複数のコースに申し込みたい、同じコースを複数買いたいのですが可能でしょうか?
A:クレジットカード支援の場合は複数コースのご購入や数量を指定しての購入が可能です。ご支援時に数量と各種リターンを選択する事が出来ます。ただし限定数のあるリターンに関してのみ、その都度個別でお申し込みとなります。また申し込み後のコース変更やキャンセルはお受け出来兼ねますのでご注意ください。

申し込み時にCAMPFIREシステム利用手数料(220円)がかかりますのでご了承ください。

Q:目標金額に達成したら受付は終了するのでしょうか?
A:目標達成後も受付終了日まではご支援頂けます。

Q:目標金額に達しなかった場合はどうなるんでしょうか?
A:All-in方式を採用しておりますので目標金額に満たない場合も、CD制作を実行しリターンをお届けいたします。


Q:支払い期限はありますか?
A:決済方法によって異なります。コンビニ、銀行振込の場合は基本的に支援を含めて5日以内の支払いとなります、詳細な期限に関しては支援後CAMPFIREより送付されるメールに記載されておりますのでご確認下さい。支払い期限を超過した場合自動的にキャンセルとなります、キャンセルになった在庫は決済が出来ませんので、購入される場合は再支援をお願い致します。クレジットカード、各種携帯キャリア払い、PayPalに関しては支援者様のご契約内容により締め日が異なりますのでご自身でご確認頂きます様お願い致します。

Q:リターンの郵送は店止めなどの対応は可能でしょうか?
A:不可となります。一括してご登録頂いた住所への郵送となります。

(住所間違いにより期日までに受け取りが出来ない等のトラブルが起こっております。ご自身の住所の間違いがないか支援前と支援後に必ずご確認下さい。)


Q:配送先の住所変更はできますか?
A:住所変更の受付はプロジェクト終了までとさせていただきます。配送先の住所変更は「「マイページ(右上のアイコン)>支援したプロジェクト>詳細を表示する>お届け先の「変更する」を選択>更新」で行うことができます。それ以降の住所変更については本プロジェクトページにある「メッセージで意見や質問を送る」というリンクから直接ご連絡ください。

リターンの発送業務などの観点からプロジェクト募集終了後の変更にはご対応出来かねる可能性がございますので、変更がある場合はお早めにお願いいたします。

Q:このプロジェクトに関する問い合わせ先を教えてください。
A:『メッセージで意見や質問を送る』からお問い合わせいただきますようお願いいたします。(CAMPFIREのアカウントが必要です)


Q:限定数があるリターンが売り切れになった場合は再販はございますか?
A:再販する可能性はありますが、確約できるものではございません。予めご了承ください。

Q:支援後の連絡等はどこで行われますか?
A:CAMPFIREのメッセージ、もしくはメール(info@ten-coffee.com)にてやりとりとなります。プロジェクト期間内も新情報などアップデートする場合もありますので、ドメイン『@camp-fire.jp』を必ず受信可能な状態にしておいてください。



■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名: 株式会社Answer(事業者) / 10 COFFEE BREWERS(事業所名)
 ●通信販売に関する業務の責任者の氏名:川平大介
 ● 事業者の住所/所在地:〒870-0147 大分市小池原1434-1
 ● 事業者の電話番号:Tel: 097-535-9292 (川平)
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


その他、クラウドファンディングに関わるご質問につきましては、CAMPFIREヘルプページをご覧ください。

https://help.camp-fire.jp/hc/ja



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください