はじめに・ご挨拶

吉村真由美です

1993年 京都文教短期大学 児童教育学科 幼児教育専攻 卒業後
珠算教室や公文教室で教える。その後、結婚・離婚を経て様々経験をし一時ココロを病む。

そんなとき、「やりたかったことをやろう」と思い立ち
2015年 京都造形芸術大学 芸術教養学科に入学 
2018年に卒業。

自分の可能性を広げるため、
自分のできることを最大限に生かして活動中。

自分らしく自分軸で
自由にごきげんで
心地よく生きる
これを日々研究し今現在に至ります。


わたしのアートへの想い

「自分らしくとはどう言う意味なのか」
「自由に生きるなんてできるのだろうか」
「”素”で生きることなんてできるのだろうか」
こういったことを思いながら生活をしている人が沢山居られると思います。

「こうあらねばならない」
「こうしなければならない」
「〇〇らしくいなければならない」
こういった世の中の常識とされているものを基準にして行きている人も沢山居られると思います。

かく言うわたしも、そんな一人でした。

「こういう自分でありたい」という理想の自分になるために、いろんなことをしました。
その理想を完璧にするために自分で様々な制約を設けたり、律したりして。

その当時は、それを「努力」だと信じて疑いませんでした。

しかし、そういう「努力」をすればするほど、しんどい。
次第にココロが壊れて行きました。。
その当時の”自分の理想は”、世間一般で「良し」とされていることに自分を合わせていたのです。
自分自身の中から湧いてきた”理想”ではなかった。

そして自分の「本音」「こころ」に聞くことができなくなてしまっていました。

「これではいけない!!」

と思い、世間一般の「良し」とされていることに自分を合わせるのではなく、
自分のココロの声を聴き「本音」でいる毎日を送っていたら、
「素」のままでいても生きていけるようになりました。

自分軸でいること。

他者との違い、多様性を認める
ほんとうの自分で心地よく生きる

そうして
自分の人生を自分で創造する
自分の人生をデザインする。

そんな生き方をする人を世界中、地球中に増やすこと。

ヽ(・∀・)ノ🌍✨

それをアートを通して伝えて行きたいと考えております。


このプロジェクトで実現したいこと

2つの美術展に出展予定をしています。

『日本の美術ー全国選抜作家展ー』上野の森美術館
1995年の初回から毎年開催されており、第27回に出展予定をしています。
日本画、洋画、彫塑・陶工芸の各ジャンルから作品が展示されます。

会場では全出展作品のポストカードを販売されます。
売上金は、日本ユネスコによるチャリティー活動「世界寺子屋運動」へ寄付されます。

上野の森美術館に展示され、多くの方に作品を見ていただきたいと思います。


『SALON ART SHOPPNG PARIS』(パリ カルーゼル・デュ・ルーブル)
フランスを代表するアートフェア「サロン・アート・ショッピング・パリ(Salon Art Shopping Paris)」は、春(5月)と秋(10月)の年2回開催されています。

映画『ダ・ヴィンチ・コード』で一躍有名になった、あのガラス製の逆ピラミッドがシンボルです。ここが会場です。

一般来場者やビジネス目的に広く開かれていることはもちろん、ルーヴル美術館の学芸員、学術機関教授、ギャラリスト、マスコミ・出版社などのVIPも続々と来場するそうです。

世界中のギャラリーやアーティストが出展するなかで、わたしは、スクラッチアートで日本らしさを意識しつつも、
宇宙観点からの世界観、宇宙意識についてもメッセージを発信したいです。



プロジェクトをやろうと思った理由

この度、『日本の美術~全国選抜作家展~』に「スクラッチアートを出しませんか?」と、
「ルーブル美術館地下でのサロンアートショッピングに出展しませんか?」と言う、
立て続けに2か所から、スクラッチアートを世に出すチャンスのお話がありました。

来年2月と10月に開催される展示会に出展したいと思っています。

ただ、出展料が大変高額なのです。
出展料148000円と454000円。
それに加え、額代数万円(ちょっと特注になる恐れあり)。

お金がないからと諦めるのは簡単です。
だけど、私が私の夢を信じられずに作品を作っても、誰の心にも響かないと思うのです。


私が私を信じ、ただ内側から溢れるエネルギーで、宇宙観点からみた世界を、そして愛を伝えたい。
日本中の、そして世界中の人に届けたい。

だから!あきらめたくないのです。


そして主催者側の担当者が、何度も電話をかけて下さったり、
すでに多くの人から応援をしていただいていて、そのお気持ちにこたえたいと思います。
私自身もアートを通して沢山の人に伝えたい事があります。
とても、わがままなことなので申し訳ないのですが、応援してくださると助かりますm(_ _)m
よろしくお願いします。


スクラッチアート 鳳凰の部分描いてるメイキング動画

資金の使い道

・出展料ー『日本の美術~全国選抜作家展~』 148,000円
    ー『SALON ART SHOPPNG PARIS』 454,000円
(パリ カルーゼル・デュ・ルーブル)
・額装代 1点あたり 各3~5万円
・上野、パリへの遠征費 400,000円
・リターン作成代(ポストカード、クリアファイル、画材等)100,000円
・キャンプファイヤー手数料(10%+税) 110,000円


リターンについて

【共通】
心を込めたお礼のメッセージ
出展~開催までの経過報告

・1,000円:お礼のメッセージ
・3,000円:ポストカード3点
・5,000円:クリアファイル(A4)1点
・8,000円:ポストカード3点、クリアファイル(A4)1点
・10,000円:スクラッチアート(名刺サイズ)
・20,000円:スクラッチアート(はがきサイズ)
・30,000円:スクラッチアート(はがきサイズ)、ポストカード3点、クリアファイル(A4)1点
・50,000円:スクラッチアート(A5サイズ)、ポストカード3点、クリアファイル(A4)1点
・100,000円:スクラッチアート(A4サイズ)、ポストカード3点、クリアファイル(A4)1点


実施スケジュール

5月31日 プロジェクト終了
5月1日 リターン作品制作開始(作品の制作)
6月1日 リターンのグッズ発注(製作日数約2週間)
6月中旬 発送準備
7月   グッズのみの方から順次発送開始
     作品は出来次第、順次発送開始
8月中  全てのリターン発送完了予定

2022年 2月出展『日本の美術~全国選抜作家展~』上野の森美術館

2022年 10月出展 『SALON ART SHOPPNG PARIS』ルーヴル美術館

最後に

現代社会は物質社会であり、目に見えるものだけで物事を判断しています。

従来、日本は「八百万の神様」に手を合わせていたように
目に見えない存在は、たくさん周りにいて私たちを見守ってくれたことを知っていました。

それを、今、もう一度思い出してほしいと思っています。

スクラッチアートをとおして、それを表現し、
この世界にいる見えない存在を、みなさんに感じとっていただければと思います。

美術展に出展することで、多くの人の目に触れ
一人ひとりの心に愛を響かせていきたいです。


<特定商取引法に関する記載>

事業者名:吉村真由美
メール:mayumi.maru.nana@gmail.com


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください