▶【はじめに】プロジェクトオーナー三人からの自己紹介

こんにちは。

リバ邸GIFTのオーナーの「なっつ」こと平岩なつみです。

普段は東京で地域密着型デイサービスで働いたり、全国の医療福祉学生や医療福祉に興味がある若者が集うコミュニティ「WelCaMe(ウェルカメ)」を運営する「福祉KtoY」という団体で活動しています。

私はシェアハウスが好きで、現在は、東京「モテアマス三軒茶屋」、金沢「リバ邸金澤」と、大阪「リバ邸GIFT」の三つのシェアハウスに住んでいます。


私は、医療福祉系シェアハウス「REGIEハウス東京」の管理人を経て、2020年10月から「REGIEハウス大阪」をオーナーとして引き継ぐことになりました。



リバ邸GIFT管理人のさっちょんです。


大阪府立大学看護学類4年生です。

私は「世界中どんな場所でも、どんな状況でも、目の前の人を笑顔にする国際看護師」を目指しています。今までは、医療・教育・国際協力・エンターテイメントの分野で経験を積んできました。来年から大阪赤十字病院で看護師として働きます。よろしくお願いします。

シェアハウスの管理人になったきっかけは、夢を持った医療者がいつも集まるこのシェアハウスが大好きで、自分もここに住んでもっとここに人を集めたい、夢を集めたいと思ったからです。

 

リバ邸GIFT住民代表の勇吹(いぶき)です。


現在、理学療法士として働きながら「メディシェア」という医療職のオンラインサロンを運営しています!

勉強すればするほど、目の前の患者さんの笑顔を届けられる理学療法士をはじめ、全ての医療職が大好きです。

だからこそ、医療職がもっと笑顔になればもっといい医療を提供できるのではと思い、「働く医療従事者が笑顔になる世界を創造する」ためのことをいろんな企業さんと一緒に作っています🤗


▶【クラウドファンディングに挑戦する経緯】みんなに愛される居場所を守り続けたい…

 

このシェアハウスが始まって約1年

訪れてくれるゲストの皆さんも50人を超え、さらに、住人やそのゲストさんのつながりから、様々な人が訪れるようになりました。

ここに訪れてくれた人からは、いつも

「ここに来てよかった、ここでみんなに出会えてよかった」

「ほんとうにいつも素敵な人に出会えるから楽しい」

「また絶対来るね」

といった嬉しいお言葉をいただき、みんなに愛されるシェアハウスに成長してきました。

それは、ほかの誰でもなく、今までこの場所に訪れてくれて、このシェアハウスを一緒に作ってくれた皆さんのおかげです!


 

しかし、多くのゲストがここを訪れ、「またここに来たい」と言ってここを居場所と感じてくれる人々が増えてきている一方、いまだに住民は1人。つまりは、経済的には赤字続きです💦


このままでは、経営が厳しく、みんなの居場所をなくさなければならない状態です。


 

そこで、オーナーがなっつに引き継がれてから約半年が経った今、名前を【リバ邸 GIFT🎁】という名でリニューアルし、このシェアハウスを守り続けるため、クラウドファンディングにチャレンジさせていただきます!


▶【このプロジェクトで実現したいこと】医療・福祉ってほんとはもっと温かい

「リバ邸 GIFT🎁」のコンセプト

~夢を持った医療者の集まるシェアハウス~

『シェアハウスを訪れてくれた人々にGIFT🎁のような心あたたまる体験を贈りたい』

という温かい想いが込められています。



私たちが考える医療者とは?

医療者といってイメージされるのは、病院で働く、医師、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士等の国家資格を持った専門職だと思います。

ですが、私たちは、

「人を幸せにしたい」

そんな思いを持つ人は職種に囚われず、全員医療者だと考えています。


例えば、料理してご飯を一緒に食べる、話を聞いてストレスが緩和される…

何気ない日常生活でも、人への思いやりの上に成り立っていることなら、どんなことでも立派な医療・福祉と考えます。



このシェアハウスが目指すビジョン

そして、そんな人を想う温かい気持ちがあり、「その人が幸せに生きられるように支えたい」と思う医療者同士が一緒に住むことで、

このシェアハウスから今の医療や福祉のイメージをより本質へと近づけていき、療・福祉に関わるすべての人が、自分らしく生きられる社会をつくること

さらには、ここに集まる夢ある医療者たちにより、日本中、世界中に自分らしく幸せに生きられる人を増やすこと

がこのシェアハウスの目指すべきビジョンです。

 




▶【さっちょんの原体験】応援してくれる人との出会いが私を変えた

私がこのプロジェクトに関わるようになった理由は、私の休学中の経験から、看護学生には夢を語れる場所が必要と考えたからです。



私は高校生の時、青年海外協力隊の先生から話を聞き、初めて日本とは違う医療や教育が当たり前にない環境のことを知りました。


その時から私は、将来、看護師として「医療が届いていない地域に医療を届ける活動をしていきたい!」「もっと看護を通して、広い世界を見ていきたい!」そう思い、国際看護師を目指しました。


ですが、実際に看護学部に入ってから、そんな夢を持っている学生は私の周りには見当たらず。みんな安定を求めて病院就職の道を選びながらも、きつい、苦しい、そんなネガティブな声であふれていました。

「どうせ、自分も普通に就職して、普通に働いて、結婚して子供ができたからって自分の夢を諦めるんだろうな~」と思い、ずっと、この夢は叶えられないものだと思っていました。

そんな夢を持つ私にとって、医療の空間は冷たく、夢のない世界で、だれも自分の夢を親身になって応援してくれる仲間はいませんでした。


しかし、私は「人を幸せにしたい!」「病気で苦しむ人を支えたい!」という想いだけで、看護の道を選んできました。

そして、どうしてもこの夢を諦めたくなかった私は、休学して国際協力の分野で夢をもって活動する学生や社会人、様々な人と出会いました。

その人たちは、どんな夢も否定せず、自由で、なんでも前向きに挑戦し、応援してくれました。そんな彼らとの出会いが、私を変えてくれました!


叶わないと決めつけて、夢を否定していたのは自分自身だって気づいたんです。

夢を叶えるために、自分に自信を持つために、夢を語れる安心できる居場所は必要で、今度は私が、夢を持ち挑戦するドリーマーの支えになりたい!

このシェアハウスから、もっと自由で温かい、自分らしい居場所を広げていきたい!

そして、昔の私みたいに、自分の輝きに気づいていない挑戦者が、自分らしい輝きに気づけるきっかけを与え続けたいと思います。






▶【さいごに】オーナーなっつからメッセージ

縁も所縁もなかった大阪此花区。なぜここでシェアハウスのオーナーになろうと思ったのか?

そして、この状況で、なぜ今もオーナーを続けていられるのか?

それは、現管理人さっちょんとの出会い、それ以外にも、シェアハウスをきっかけにステキな人たちとの出会いがあり、大阪が、そして此花区という地域が大好きになったからです!



もともとは、私にREGIEハウス東京の管理人、さらには大阪のシェアハウスのオーナーという大役を、信じて任せてくれたREGIEの為に恩返ししたいという想いから引き継いだ物件でした。

その想いは今も変わりませんが、今はそれに加えて、リバ邸GIFTを大切に想っているさっちょんやこれまで遊びに来てくれた人たちのために、このシェアハウスをなんとしてでも守り続けたい!という想いでいます。


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

「リバ邸GIFT🎁 」を大切に想ってくれる人が多ければ、必ず成功すると信じてチャレンジさせていただきます。

このプロジェクトを通して「リバ邸GIFT🎁 」 を大切に想ってくれる人が増え、さらには住民も増え、今後もシェアハウスを続けることができれば、これからも、このシェアハウスを訪れてくれた皆さんに、心あたたまる体験としての 「GIFT🎁」を届け続けることができます。

そして、ここを訪れてくれた人々が、ここで受け取った「GIFT🎁」を、さらに別の誰かに届けることで、きっと、世の中に幸せにできる人たちが増えていくはずです。

 

このシェアハウスを継続させ、幸せを広げていくためには、私とさっちょんの力だけでは足りません。

どうか、この「リバ邸 GIFT🎁」の可能性を信じてくれているあなたの力を、貸していただけませんか?

あなたからの「GIFT🎁」をお待ちしております。

受け取った「GIFT🎁」はこのシェアハウスを通して他の誰かへと届けてまいります。

ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします!

 

▶資金の使い道

集めた支援金は、全てシェアハウスの運営に使わせていただきます。

各部屋に二段ベッドの設置(二段ベッド二部屋分の購入費):6万円

各部屋にエアコンの設置(リビング10畳用1台+各部屋用6畳用1台+工事費):22万円

医療従事者のための勉強部屋の設置(机、いす、本棚の購入費) :5万円

屋上に最低限のイベント設備を整える(椅子、机、屋外ライト、倉庫の設置):5万円

今後かかってくる家賃(住民を増やし、8月までに損益分岐を目指す想定で):20万円

リターンにかかる金額(此花区案内ツアー、感謝の会、ぼりさん唐揚げ会交通費と材料費):6万円

交通費(オーナー大阪訪問):12万円

手数料:4万円

合計:80万円

 

▶実施スケジュール

住人の募集目標:8月までにあと4人

5月 クラウドファンディング開始

   27日(木) ダンスエクササイズ会(理学療法士×ダンス)

   30日(日) 健康カレー会(管理栄養士×カフェ)

6月 エアコン・ベッド・屋上設備追加

   12日(土) 聴覚障害者体験会(精神保健福祉士@メディシェア)

   18日(金) クラウドファンディング終了 ※オーナーなっつ Birthday

   19日(土)~ リターンの実施スタート(メール・手紙)

   26日(土) 屋上テントサウナ by エブリサウナ

7月 リターンの実施 

   31日(土) クラウドファンディング感謝の会(昼・夜各10人限定で実施)

 

 

▶︎リバ邸 GIFT🎁メンバー

オーナー:平岩 なつみ

管理人:鈴木 沙耶佳

住人:吾妻 勇吹 


▶︎リバ邸 GIFT🎁バーチャル内覧はこちらから


  • 2021/06/15 19:25

    こんにちは、「夢を持った医療者の集まるシェアハウス」~リバ邸GIFT~の管理人、さっちょんです!今回「リバ邸GIFT」存続をかけたクラウドファンディングに挑戦中です✩.*˚現在、公開から33日目、毎日たくさんの方からご支援いただき、たくさんの応援メッセージを頂いております!ご支援いただいた皆さ...

  • 2021/06/15 19:21

    こんにちは、「夢を持った医療者の集まるシェアハウス」~リバ邸 GIFT~の管理人のさっちょんです!36日間の挑戦が始まってから、今で33日が過ぎました。この33日の私の想いを今ここで、報告させていただきます。まず、始まりの一週間はとにかく必死で、~リバ邸 GIFT~という素敵な空間をどうしたら...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください