はじめまして

みなさま初めまして。デザイナーの後藤修と申します。
宮崎の街中で合同会社カネックという会社を経営しながら、宮崎の街中をより良くしていく取り組みを考えています。

私は、宮崎県青島にある「Aoshima Beach Park」のアートディレクターとして毎年青島の観光を身近に見てきました。青島ビーチの波の音や朝の空気を大切にデザインしていきたいという考えで、関わらせていただいています。
このビーチパークプロジェクトを行っていく中で、徐々に街への関わりも深くなっていきました。

私たちが行う公共空間活用事業で「街中ピクニート」というイベントがあります。
宮崎の街の真ん中にある小さな公園「別府街区公園」をいろんな時間でゆっくり楽しもうというコンセプトです。

朝の公園をパンを食べながら過ごしたり、夕方の風の中で芝生に座ってビールを飲んだり。
徐々に暮れていく中で、自主映画や、公園でのピアノ演奏など。
日常以上、イベント未満。ふらっと行ってものんびり楽しめる空間を目指しています。



ショップカーを使い、「届けたい人」と「来て欲しい人」をつなげたい


コロナ禍で街中のお店はちょっと寂しくなりました。イベントも行われなくなってきています。
その中でも、対応できるお店は良いのですが、そういうお店ばかりではありません。

一方、お客さんの反応としてもまだまだお店に来ることや、人が多いところでのイベントに不安を持つ方が多いことも事実です。

でも、街中にいる色々な想いを持ったお店さんは「お客さんに自分たちの想いを届けたい」という気持ちは全く変わっていません。
「届けたい人」と「来て欲しい人」そこを繋ぎたい。
なにか、街のお店の想いを、宮崎の色々な場所に届けることが出来ないか…と考え、今回街中の店舗さんで使うキッチンカーの製作プロジェクト「ピクニートカープロジェクト」を立ち上げました。

街中のお店さんにも協力してもらい、ピクニートカーを活動させ、街中の魅力を多くの方へ届けたいと思います。


ピクニートカーを次の世代のチャレンジの場へ使いたい!

もう一つ、ピクニートカーの理想があります。
独立・開業までのチャレンジの場として活用です。

私たちの会社の仕事の一つに「水餃子のお店 Booza」があります。
私の妻の思いが強く詰まったお店です。宮崎の旬のお野菜をいっぱい食べてもらいたい。そんな思いで始めたお店ですが、共感していただいた方々も増え、「若草ピクニート」では毎回食への想いが深いお店がBoozaと一緒に集まってくれました。

その中で、共通する食への想いが深い方々の話を聞く機会も増えました。
自分でもお店を出したい。色々な人に自分の食への想いを届けたい。という人が多いことにも驚かされました。

宮崎は、お店を出す場所(商圏)が狭いと感じます。一つ通りを裏に行くと、あまりお店が無い。駐車場が無い。なので、どうしても一定の場所にお店が集中してしまっているように感じます。
今回制作するピクニートカーでは、そういった方への使用も許可を取りながらオープンにし、独立・開業までのチャレンジの場として開放できればと思っています。
平日は現在の仕事を行いながら、休日のイベント開催時はピクニートカーで販売など。
商売へのトライアルとしてつかっていただき、ちょっと寂しくなってきた街中に、強い想いを持った個人店が増えていくことが、宮崎市内へ活気を戻すお手伝いになれば幸いです。


ピクニートカーに来て欲しい店舗や場所を探します

ピクニートカーの出店には様々な許可や規制があります。
ですので、いきなり路上で…というのも難しい部分です。私たちが去年行った「TO GO MIYAZAKI」というプロジェクトがあります。
コロナ禍でテイクアウト中心にシフトせざるを得なくなった飲食店さんの情報を共有しやすいように、Instagram上で色々な方の協力で情報をまとめました。
テイクアウト可能店舗案内のポスターを作り、自由に使えるようにし、開始2週間で15000人まで使用者が増えました。
ですが、まだまだテイクアウトしにくい街中の中心部の店舗さんもあります。その方々から郊外にもお弁当を販売できるスペースを作れないか…の相談を受けました。
その際、市内に複数店舗を持つ雑貨屋さん「プーラビーダ」さんが駐車場の提供も申し出てくれたのです。そして「株式会社南九州プロジェクト」さんにもキッチンカーの提供をしていただき、「TO GO STAND」としてキッチンカーでの販売が始まりました。
こういった活動を続ける中で、キッチンカー・ショップカーが必要とされている現状を多く見ることになりました。

ピクニートカーを置ける場所、そして来て欲しい場所も募集したいと思います。
美容室の駐車場でもいいかもしれません。行政の方からの依頼でも良いかもしれません。
海でも、公園でも山でもキャンプ場でも。街中から色々な場所に、人と想いをつなげたいと思います。


資金の使い道

今回のプロジェクトのために車は準備しました。
車に乗せる小屋の部分と機材、許可等にご支援を使わせていただきたいと思います。


リターンのご紹介

ご支援いただける方に、どうやって楽しんでいただけるかを考えました。
できれば、このプロジェクトをスキになってもらいたい。長く必要としていただきたいと思っています。
宮崎に出身のイラストレーターであるオカタオカさんにお願いし、みなさんに愛されるグッズを作成しました。

そのうちの一つ、オカタオカさんのイラストで、キータグを制作します。
支援していただいた皆様一人一人がオーナーであるような。そんな気持ちでキータグを作ります!


その他に、キッチンカー・ショップカーが置かれる街中のお店を中心に、街の商品をオリジナルで提供していただけました。
皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。



ピクニートカー制作中です

現在、ピクニートカーをゆっくりと制作中です。

【NORTH TRUNK】佐々木亨さん、佐々木美希さんにお願いし、クルマ・小屋の制作をお願いしています。NORTH TRUNKのサイトにある言葉「旅とコーヒーといいクルマ」。彼らのクルマや街や旅へのお話を伺いながら、一緒にこのクルマで遊びたいなと思いました。

https://north-trunk.com/

小屋の制作は【旅する美容室】の吉田健大さんにお願いしています。
吉田さん、美容師でありながら猟師もやり、ジャーキーもつくり、小屋も作れる不思議な魅力の方。
こんな不思議な、設計図のないものをどんどんカタチにしていく姿は魔法です。

旅する美容室ブログ http://tabisurubiyoushitsu.com/

外装の相談から手配までしてくださった【株式会社SO】さん。
色々な方が面白がって、真面目に遊んでくれています。

http://www.soes.jp/


最後に

長文になってしまいましたが、お読みいただきありがとうございます。
コロナウィルス感染症拡大により、色々な商売が変化を強いられています。
街の飲食店も色々な課題や困難と向き合っています。
街中のイベントやビーチで出会った、想いの強いお店の方々。
街中が盛り上がるように、一生懸命頑張ってる方が大勢いらっしゃいます。
街で暮らす、個性的なお店や人の想いをちょっとでもお手伝いできればと思っています。
このクルマはなんだろう?このクルマがまた来てるな。あのクルマはまだかな?
このクルマが日常になることで、昨日よりちょっと面白い街になると信じています。

皆様、何卒ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

Canek Inc. 後藤修


【本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。】

【問い合わせ】合同会社カネック
buffalo6969@gmail.com

【酒類販売業免許】 B.M.B Brewery
届け出先:宮崎税務署
免許番号:発泡酒製造免許 宮崎酒指第64号
・本プロジェクトは「B.M.B Brewery」との共同起案となります。

  • 2021/07/23 19:07

    ご支援いただいたピクニートカー、いよいよお披露目です!お待たせしました。大塚台西三丁目こども会のみなさんが、自分たちで企画書を作り、相談し、経費を考え、何を売るかを一生懸命考えてくれました。そして、青島ビーチパークで「キッズビーチショップ」で日向夏のソーダを始めとした、ドリンク販売を行います!...

  • 2021/07/16 16:45

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/06/14 18:06

    キッチンカー・ショップカープロジェクトのクラウドファンディングが終了しました!おかげさまでたくさんの支援いただきまして、本当にありがとうございます!170%達成しました。クラウドファンディングの使い方…悩みながらも、色々な方からメールいただきまして。ホントにやって良かったなって思っています。キ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください