ごあいさつ

はじめまして。

佐賀県唐津市出身 

唐津焼、唐玄窯を開業しております。

窯主、島谷啓介と申します。


唐津焼について

400年以上の歴史がある唐津焼は古くから茶道の道具として茶人に愛され「一井戸、ニ楽、三唐津」という言葉もあるほど。

陶磁器の事を通称、東日本では瀬戸物(せともの)西日本では唐津物と呼び、古くから茶人に愛されてきました。

        『絵唐津茶碗』

「用の美」を備え、使うことで完成するとも言われています。中でも唐津焼には種類がたくさんありますが、その中で代表と言われる絵付の多くは草木や花などです。

国宝「鳥獣戯画」

日本の国宝絵巻「鳥獣戯画」は、日本絵画史上もっとも有名な作品の一つです。兎や猿などの動物が躍動する姿を題材に描いています。

内容は当時の世相を反映して動物や人物を戯画的に描いたもので、嗚呼絵(おこえ)に始まる戯画の集大成といえます。特にウサギ・カエル・サルなどが擬人化されて描かれた甲巻が非常に有名です。

※(こちらは鳥獣戯画を描き、型抜きして陶器で箸置きを作成しております)

このプロジェクトで実現したいこと

伝統工芸の唐津焼に国宝「鳥獣戯画」を描く事で、新しい唐津焼の魅力を伝えて行きたいと思い企画致しました。

※(二つのお皿で鳥獣戯画の物語りを繋ぎ合わせています)

「鳥獣戯画」と唐津焼のお互いの良さの認知、発展に貢献していきたいです。

動物達が躍動する姿を、食卓を通して気持ちや心を少しでも明るく穏やかになるお手伝いが出来ればと思っております。


プロジェクトをやろうと思った理由

新型コロナウィルスの感染拡大により社会全体が低迷する中、佐賀県でも毎年開催されている有田陶器市や唐津焼展も中止となりました。

ウィルスとの闘いの長期化による心身の疲れを多くの人が感じています。

今回、伝統工芸的概念を残しつつ、新しい唐津焼の魅力を国宝「鳥獣戯画」の兎や猿などの動物が躍動する姿を唐津焼に込めて企画いたしました。

日刊工業新聞 平成29年12月15日(金)にも日本の伝統工芸品、新しい唐津焼の創造として掲載させて頂きました。


発想の原点は絵付けを担当している私の息子です。中学生の頃に友人関係に悩み、あまり学校に行かなくなり引きこもりになりました。私の仕事を手伝っていましたが、将来を思い描けず人とも付き合っていませんでした。そんな時、日本の国宝絵巻「鳥獣戯画」を見て感銘を受けました。今まで唐津焼には草木や花を描く事が多かったのですが、そこに躍動する動物の姿を表現したいと思ったのです。

元々、水墨画を描くことには慣れていましたが、陶器に描くことは勝手が違いました。鳥獣戯画は動物の形が草木に比べて複雑な為、器に描く事は新しい挑戦でした。水墨画とは異なる筆で細い線が描けるよう試行錯誤を繰り返し、新たな発想を描き続けて5年が経ちました。参考やヒントが無い状態から手探りでようやく技法を確立しました。

こちらに掲載してる作品は全て私と息子の作成した作品になります。


これまでの活動

1977年九州現代工芸展 初入選

1979年 九州現代工芸展 奨励賞受賞

1980年 古窯跡研究

1981年 第三文明展 入選(東京)

1982年 第三文明展 入選(東京)

      開窯 唐玄窯

1983年 各地で研鑽の成果の個展開催

      西部工芸展 入選

      東京東急本店個展

      神戸そごう個展

1984年 西部工芸展 入選

1985年 大阪松坂屋個展

1986年 金沢名鉄丸越個展

1987年 横浜松坂屋(以後毎年)

1988年 登窯を新たに築く(現在地)

1990年 長崎浜屋個展

1993年 古唐津の探求の為、作陶に

      専念(十年間)

2003年 東京東武百貨店個展

2004年 高知大丸個展

2005年 金沢名鉄エムザ個展

2006年 小倉井筒屋個展

2007年 広島福屋個展

2014年 名古屋松坂屋本店個展

2017年 福岡大丸個展


資金の使い道

登り窯が劣化している為、ガス窯、電気窯の設備。

材料仕入れ。(土、釉薬、窯道具)


リターンについて

鳥獣戯画に登場する兎が描かれた唐津焼のお皿。

6寸(18㎝)1枚

こちらはご注文を受けてからの作成になりますのでお時間を頂きます。楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

今までに作成してきた、大皿、壺の作品。

1点ものにつきましては、プロジェクトが終了次第、順次発送いたします。

All-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、登り窯で作品を作成しますので計画を実行し、リターンをお届けします。

実施スケジュール

ガス窯、電気窯の設備。

材料仕入れ。

製造。

梱包箱発注。

返礼品発送。


最後に

世界に誇れる「鳥獣戯画」の魅力を唐津焼と共に感じて頂けるよう、

また唐津焼の魅力が少しでも皆様に伝わるように日々精進いたします。

この想いが伝わる作品作りに努めて参ります!


唐津焼 唐玄窯

窯主:島谷啓介

〒847-0831 佐賀県唐津市千々賀2567-1

0955-78-1615

rockfactory@icloud.com

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください