あなたは生理の話をパートナーとした事がありますか?家族や恋人や職場の同僚など、身近に生きる女性の「生理」についてどこまでご存知でしょうか?

「生理を理由に怠けている」「機嫌が悪いのは生理だから」などといった理由で十分な知識がないまま悪いイメージを抱いている人もいるのではないでしょうか?

このプロジェクトは生理に苦しむ女性と全ての男性に向けて、メッセージをお伝えしたいと思います。

生理がタブーの時代はすでに終わっている。
あとは無知無関心な男性が準備を整え
紳士になるだけです。


初めまして月経ジェントル研究所、所長の元田きょうへいです。

大学を出て、約13年間、農業の会社でオーガニックレストランに勤務、主に畑仕事と接客、体験のインストラクターをしていました。

その後、月経ジェントル研究所を立ち上げ、男性(生理の経験がない人)が女性(生理の経験がある人)の事を理解するための研究をしています。女性の生理について社会の理解を進めるために各所で講演、ボードゲームのワークショップ等を開催しています。


ある時、お付き合いしている女性が救急車で運ばれたことがありました。その原因が「生理痛」だったのです。その経験が私にとっては非常にショックでした。

普段は誰よりも元気な彼女が、生理の時だけ、なぜこんなにも苦しまなければいけないのか。「生理」って一体なんなのだろう、と謎と恐怖に包まれました。そこから私の活動は始まりました。

それまで、ぼんやりとした存在だった「女性の生理」が、自分で調べるうちに、はっきりと大きな社会問題として浮かび上がってきたのです。

当たり前の存在と思われながら、なぜか未知のベールに包まれた不思議な存在の「生理」。不浄のタブー、セクハラのタブーに遮られて男性がこの問題に触れる機会はほとんどありません。そのためにいつまでたっても社会の理解は追いつかないままです。

そんな男女の乖離を解消するためには男性の生理への価値観をアップデートすることが必要です。正しい知識を持って、ジェントル=紳士的 なコミュニケーションができる男性が増えることを私は目指しています。

生理について積極的に伝えられる機会を作って、社会を少しでも良い方向へ変えていきます。これまで「生理の話」を、周りの身近な人にしてみました。すると、男女関わらず「生理に理解を示す男性」に肯定的な意見を多くいただきました。

生理について自分から学び行動できるヒト
= 月経ジェントル

「生理」は生物学的には「月経」といいます。「月経」について正しい知識を持ち、それを行動に表せるヒト=「月経ジェントル」と名付け、この思想を広げていきたいと思います。

長い間、女性を苦しませてきた生理問題の歴史に、私たちの時代で終止符を打ちたい。まずは生理にまつわる「正しい知識」、これからの時代に沿った「新しい考え方」を、男性の立場から発信していきたいと思います。


男性が生理を理解すれば世界は変わる!

私は、生理理解を深めるため、生理学習ボードゲーム『つくよみゲーム』というものを作りました。

今まで「女性にしか分からない」とされてきた生理や体の内側のこと。それを男性も楽しく理解できるボードゲームです。

ゲームは女性役と男性役に分かれておこないます。女性の体内周期に合わせて最適なデートプランを作るゲームです。

デートプラン大喜利ゲーム


生理中、生理明け、排卵日、生理前、それぞれの期間で女性の心身は驚くほど変化します。

女性の体内周期を四季に例え、「冬は生理の時期」「秋は生理前だから、体がむくみイライラしやすい」「夏は魅力的に、自分らしくいられる」などと、時期によって異なる体調や心の状態を理解し、男性側がプランを作りプレゼンし合います。

生理の基礎知識、月に4回変わる女性の季節、SDGs5番目の目標etc..を楽しみながら、学ぶことができます。ゲームを通じてコミュニケーションが生まれるため、男性側の理解度や女性側の気持ちを話し合うきっかけにもなります。

間違いなく存在する男女の間にある深い溝。つくよみゲームはその架け橋となります。これからの時代を生きる男性こそ体験必須の内容です。

定期的に、オンライン、オフラインでゲームルールや生理についての説明を交えながらワークショップとして開催しています。シェアハウスでの懇親会や企業内でのセミナーツールとしてご依頼もいただいています。

つくよみゲームという名前は、古事記に出てくる月読命(つくよみのみこと)から名付けました。太陽の女神である天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟で「男」の神様です。

女性の【月】経を理解し、先を【読】み行動できる紳士を増やしたいという思いを込めて名付けました。

実はこの月読命の弟は、ヤマタノオロチを退治し日本を救った須佐之男命(すさのおのみこと)。そんな偉大な二人の姉弟に挟まれて、歴史上あまり活躍していない神様が月読命なのです…

女性を理解することによって男女のコミュニケーションが上手くいくだけでなく、ゲームを通じて相手を観察する習慣が身につき、相手の気持ちを予測する力がつきます。そういった習慣が身につくと、日頃から相手の気持ちを読みとった行動ができるようになり、ビジネススキルが上がるなどの効果も期待できます。

日本がこれから世界で活躍するため、新しい視点で取り組みを広げていきたいと考えています。それはまるで今まで活躍の場がなかった月読命のように。

これから風の時代という新しい時代がやってきた2021年。ついにこの月読命が活躍する時代がやってくる!という期待もこの『つくよみゲーム』に込めています。

発案:友末隆裕
監修:相川仁
推薦:ゆりの助産院


”月経ジェントル”の活動を広めるため
つくよみゲームを製品化したい!

このつくよみゲーム。実は私の手作りで今、世界に一つだけしかありません!

友人に協力してもらいテストゲームを100回以上繰り返し、 3ヶ月ほどかけて作成した完全に手作りのものなのです。テストから含めて200人くらいの方に体験していただきました。6割は男性です。

このゲームを製品化し、企業研修や教育現場などに活用したい!更にはつくよみワークショップのファシリテーターを養成し、月経ジェントルの活動を全国に広めていきたいです。

今年は500人以上の人に体験していただけるよう目標を据えて頑張ります。そして男女ともにHappyな世界を実現します!


つくよみゲーム制作費:10万/会場費:5万/人件費活動費:20万/クラウドファンディング手数料と諸経費:15万円(合計50万円)

目標以上にご支援いただくことができましたら、生理用品の無料配布をしている企業様への協賛費として使わせていただきたいと考えています。

今後の活動としては「男性の性について理解するボードゲーム」や、子供たちにも女性の月経について勉強してもらえるような「子供用つくよみゲーム」を作って欲しい!などのリクエストもいただいているので実現させること。子供が理解できる絵本の制作などにも取り組んでいきたいです。


・つくよみゲームワークショップ
・つくよみゲーム
・企業スポンサー
・個人スポンサー
・企業向けつくよみゲームワークショップ
・つくよみワークショップのファシリテーター養成講座

以上のようなリターンをご用意いたしました。詳しくはリターン一覧をご覧ください。

実際にワークショップをしてたくさんの人の声を聞かせていただくことで気づいたのは、女性同士でも生理のことで悩んだことがある人とない人とで認識に格差があるということ、そして、困っている人たちがいるという事実です。

困っている人たちの声を社会に広く届けていくためのツールとして、今回クラウドファンディングを活用し、共感してくださる方の応援を力に変えます!


実は私自身も「生理について詳しくない男性」の一人でした。男兄弟の中で育ち、高校まで男子校で、女性のことを理解せずに過ごしてきました。女性も困っていますが、実は男性も女性のことが分からなくて困っているのです。

コミュニケーションの溝をなくすために正しい知識を広め、紳士的に女性に接するためにはどうすればいいのかを困っている男性に伝えたい、困っている男性を無くしたい。

女性のことを理解した素敵な男性が増えると女性も嬉しく、男女ともにHappyな世界が実現します!

これは男女間の問題でなく、結局は個人間の理解につながります。自分にはなくて相手にあるものを理解することによって相手に優しくなれる、そういった澄みきった癒しの世界を実現するために、この活動を広めていきたいと思っています。

誰もがHappyに生きられる社会を共に実現しましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/30 21:11

    つくよみゲームによる性教育を推薦して下さっている助産師のゆりのさんから応援のメッセージを頂きましたので掲載させて頂きます。本当にありがとうございます。【以下メッセージ】月経に関する話は男性はもちろんですが女性同士でも個人差が大きく、また充分な教育を受ける機会がない、オープンに話す場面や場所が少...

  • 2021/04/30 21:04

    皆さんたくさんのご支援を頂き本当にありがとうございます。社会の理解を進めるべく皆さんのお力をお借りして頑張ります。この度リターンを追加致しました!予定の合わない方向けに2021年6月〜1年間有効なゲームワークショップへの参加チケットをリターンに加えました。ご本人の参加はもちろん、ご興味を持って...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください