こんにちは、accessibeauty(アクセシビューティー)です。


accessible × beauty = 『accessibeauty』

私たちは、障がい者の
「美容を楽しむ」「自己を表現する」
という可能性を拡げ
より多くの方が自分らしく生きられる
未来への社会環境を作ります


さまざまな想いを持つ障がい者や
社会に暮らす人々とともに
美容を通した持続可能な
バリアフリー社会をつくります



はじめまして。

アクセシビューティー代表の、臼井理絵です。


みなさんは、ご存じでしょうか?

障がいがある人たちにとって

「美容サロンへ行くことが困難なこと」

「美容技術を学ぶ学校に入学できないこと」

「美容系の職業なんて選択肢にないこと」

これらはもちろん、社会的に禁止されていることでなく当事者たちの人生にはばかるグレーゾーン。


設備的問題や健常者との間に生まれる壁、そんな社会の中で“少数派”として生き抜くことの難しさ。また、障がい者という理由での自信のなさが、当事者たちをより一層、美容から遠ざけているのです。


“美容の力で人生は変えられる”

何よりも私自身が変化してきた経験を生かし、これまで8000名近くのお客様の自分磨きをサポートをしてきました。


実は、私の親戚にも障がいを持つ人がいます。
なので自分を含め、世間が抱くイメージの偏りや、障がい者同士のコミュニティーの狭さ、障がいがありながら社会で生きる大変さなどは肌で感じてきました。それが普通だと思っていました。 そういう世界だと思っていたんです。


ですが、ネイリストとして障がい者と出会う機会が増え、共に過ごし、話を聞いていくうちに、それを普通のこととして捉えてはいけないと考えるようになりました。「美容を楽しみたい」「自分らしく生きたい」...そう思う気持ちは、私となにも変わらないから。


私が美容に心奪われてきたように、この感動や変化をバリアフリーで味わってほしい。その挑戦の“きっかけ”をつくりたい。そんな想いで活動を続けています。


障がいの有無に関わらず、数多くの選択肢の中から豊かで幸せな人生を選ぶこと、自分らしく輝いて生きる人たちが増えることにより、障がい者と健常者、互いに境界を感じないほどの体(ハード面)と心(ソフト面)のバリアフリーを促進し、その概念が定着している社会こそ私たちが目指す理想の未来です。

私たちaccessibeautyは美容を通し、そんな未来を実現してまいります。

『障がい者雇用の職域拡大』

『個々の能力が評価される社会環境』

施設的バリア・通勤問題などにより、当事者たちが“選べる”仕事はほとんどありません。専門家は、「障がい者雇用数は年々増えてきているが、あくまでも数の話であり、今後はやりがいなどの質が課題となる」と仰っています。

また、障がい名だけで判断されてしまう個々の能力。世の中はものすごい勢いで進化しているのにも関わらず、障害者募集一覧に並ぶ企業名は10年前と同じまま…なんて現実も。また、知的障がい者と申告することで月給は半分に。自身の特性を隠すことに苦しみを抱えながらも、健常者の“フリ”をして働く「クローズ就労」を選ぶ当事者も少なくありません。

参考:厚生労働省 障害者雇用実態調査

何故、障がい者の“選択肢”は少ないのか??

私たちは、原因の1つを『社会全体が障がい者に触れる機会が少ないから』と考えました。

私たちはつい、肩書きや目に見える事で人を判断しがちですが、その人がどんな人生を生きてきたか?どんな価値観を持っているか?…知らなければ、本当は何もわからないはずです。

知らないからわからない。

まずは、“知る機会”が必要だと思っています。

           

〜porte's message〜

世の中が進化し、溢れるほどの情報が行き来する中で “彼(彼女)たち”を発信する場所は、まだない。       

障がい者があっても、おしゃれ大好き!! 障がい者だからこそ、の、あの子がいる。

「もっと表に出たい。」

「障がいについて知って欲しい。」 

「私だからこそ、伝えられることがあるはず!」

 それは、“彼(彼女)たち”の叫びでした。       

     

健常者との間に生まれる壁、社会の中で、少数派として生き抜くことの難しさ。 “みんな”の中にある固定概念が、少しでも変わったらいいな...。                  

私たちは手を取り合い、美容を通して、障がい者の能力や可能性を発信していきます。 “みんな”が障がい者を知り、気づき、学ぶきっかけづくりをしていきます。    


2021年3月、『accessible life magazine porte(ポルテ)』を立ち上げました。

※porte magazineは現在、instagram上で配信しております。

https://www.instagram.com/porte_magazine/



まずはporteを見て、こんな子達もいるんだな〜って知ってくださることが嬉しいです。

見る人が引き込まれるような圧倒的な世界観を作り出すことが、porteの使命。

美容業界にいる私たちだからこその、価値創造を叶えたい。

porteモデルを通して、障がい者へのネガティブイメージや社会に根付いた固定概念が取り払われ、私たち1人1人の思考や行動に変革が起きてくれば、その小さな化学反応はいずれ世の中の大きな変化になる。そう信じています。

また、porteに参加する障がい当事者たちの、挑戦の一歩を叶える場所でもありたいと思っています。

ー障がいの有無に関わらず誰もが自分らしく生きられる社会へー

就労・生活・娯楽、さまざまな場面での“選択肢”を増やしていきたい。

心地よい居場所を選んだり、やりたいことに挑戦したり、仕事にやりがいを感じたり、毎日の生活を楽しむこと。そんな当たり前のようで当たり前じゃないことを、実現していきます。

そんな未来の実現に向かい、【porte ポルテ】はファッションやビューティーを通して障がい者の可能性を発信する、アクセシブルな窓口となります。

ー障がい者雇用の職域拡大とバリアフリー社会の促進を目指すー

時代は大きく変化しているのに、“障がい者”への概念は変わらない。

年々、障がい者手帳保持者が増える現代、“障がい者”の一言では測れない、多種多様な人々がその中にはいる。

社会に暮らすすべての人が、知ることで気づき、気づくことで学ぶ。

障がい者と健常者、互いに境界を感じないほどの体(ハード面)と心(ソフト面)のバリアフリーを促進し、その概念が定着している社会こそ、私たちが目指す理想の未来です。

①『障がい者モデルにチャレンジする人を応援したい!!』porteモデルオーディションの開催

②porte収益化までの活動継続(撮影2回以上/月、毎日投稿、フォロワー1万人を目指す)

【オーディションスケジュール】

<これまで>

・一次募集(全国から75名がエントリー!!)

・一次書類審査、zoom審査(28名がzoom審査へ!)

<現在>

・二次募集エントリー受付中

登録フォームはこちら

<〜今後>

・二次募集エントリー締め切り(7月14日)

・二次募集書類審査日(7月16日)

・合否連絡(7月19日)

・二次募集zoom審査日(7月30日〜8月1日)

・ファイナリスト決定(8月上旬)

・最終オーディションイベントは2021年9月26日予定@東京都内

※全国または東京都に緊急事態宣言やその他要請が発令された場合は延期となる可能性があります

私はネイリスト・モデルとして活動しています。

車椅子で、海外留学や一人暮らしも経験して、この春からは地元大阪を離れ、東京に引っ越してきました!!障がいがあっても、やりたい事を諦める必要はないと思っています。

オシャレが大好きな私は、“可愛い”を追求するスタッフのみんなと一緒に、porteを創っていくことを楽しんでいます♡

porteは私にとって、自分らしさ、魅力を最大限に活かせる場所♡

私の活動が、誰かにとっての1歩踏み出す勇気になったら嬉しいです♡

撮影をきっかけに、義足がかっこ良く見えてきた。

ネイルしてると、楽しく過ごせる。手元に色がつくと、すごく楽しい。

自分に、自信が持てるようになった。

porteは、障がい者でも夢が持てる場所。

 今はまだ、夢とかがあるわけじゃないけど、色々なことを経験していくうちに、何かを発見していきたい。

【柳 延人 Nobuto Yanagi】

・株式会社ウィロー 代表取締役
・BLEA学園グループ 学院長
・一般社団法人 メイクアップスキル協会 常任理事
・一般財団法人 ICAM 日本支部 美容国際ライセンス メイクアップ認定講師
・ハリウッド美容専門学校・大学院大学 美容特別講師
・旭川理容美容専門学校 美容特別講師
・東京モード学園 ヘアメイク講師
・特定非営利活動法人 先端政策研究機構 特命理事 
・政策創造研究会 運営委員
・株式会社Labry 顧問

▷プロジェクトに協力しようと思ったきっかけを教えてください 
アクセシブルライフマガジン「porte」のクラウドファンディングプロジェクトに協力させていただく事になったきっかけをお話します。
株式会社accessibeauty代表の臼井理絵さんとお会いさせていただき、障がい者ビューティスト養成事業についてのお話を伺ったことでした。
障がいがあっても美容を楽しめる場所、障がい者の方が輝ける場所が、美容にはたくさんある事を、改めて臼井さんに教えていただき、私も美容家として力になりたいと思い、porteプロジェクトへの協力を申し出た次第です。

▷porte×クラウドファンディングに向けてメッセージをお願いします

障がい者モデルたちが、新しい時代の扉を開けていくことを願って名付けられた「porte」。障がい者にも健常者にも垣根なく、バリアフリー施設情報や障がい者のリアルなどを発信するメディアとして、ファッション&ビューティーをメインに扱う企画にとても共感しました。
障がいがあっても、可愛くて、おしゃれが好きな人は、当然、モデルとしても活躍できる人だと思います。ファッションやビューティーを楽しむ事、自分を表現する事は自由であり、まして、障がいの有無は全く関係ありません。
porteから発信されるファッション&ビューティーが、障がいへのアクセシビリティとなり、障がい者モデルに挑戦する人を応援するきっかけになれば良いと考えています。障がい者も健常者も、より多くの人が自分らしく生きるため、porteがメジャーメディアになることを心から望んでいます。

【富永一 Hajime Tominaga】 

・中央区区議会議員

・株式会社0段差 代表取締役

・株式会社八重洲とよだ 代表取締役

▷ プロジェクトに協力しようと思ったきっかけを教えてください

accessibeauty(アクセシビューティー)代表の臼井さんからお話を聞いてぜひ応援したいと思った。精力的に尽力してきたボランティア活動から得たものを、世の中のために形にしたいという熱い気持ちに共感。

▷porte×クラウドファンディングに向けてメッセージをお願いします

お洒落は誰もが興味があり、気にすること。 華やかなファッション誌やポスターやテレビなど、人前に出るものは、すべてが見る人の心に入り込むように演出されている。それらを見て憧れるときもあれば、参考にするときもあるし、全く興味がわかない時もある。 そのような日常の中で自分が周りにどのように見られているのか?ちょっとでもよく見られたい、見せたいって思うのは自然な事。 しかし、様々な事情でなかなかそれができない人もいる。自信がなかったり機会がなかったり。ちょっとしたきっかけから後押しされて、今までは遠慮や躊躇していたことが一歩踏み出すことが出来たら人生の楽しさはどれほど広がるだろうか。 そんな当たり前のことが日常に入り込んできたらどんなに楽しいか。 言葉にするのは難しいけど、みんなの笑顔のために、是非このporteプロジェクトを拡げていってください。

【田中康路 Yasuyuki Tanaka】  
・株式会社AVENIR(アヴニール)代表取締役
・アヴニールプロダクション代表 SOLUNA(ソルナ)プロデューサー
・アヴニールスクール運営 アヴニールミュージックプロデューサー

▷プロジェクトに協力しようと思ったきっかけを教えてください

こんにちは。アヴニール代表の田中康路です。 知的に障害のあるタレント専門の芸能プロダクションを運営しています。 共感を得ることが生きがいだった私が、特に突き動かされたのが、知的に障害のある人たちが生み出すエンターテイメントへの共感でした。彼ら、彼女らの表現に心揺さぶられ、何よりそれが面白い!と感じました。 ところが、私が感じたバイブレーションを必ずしも同じように共感してもらえない。それはなぜか? もしかしたら「障害」が文字通り障害になっているのかもしれないと気づきました。人々の中にある「障害」という概念がフィルターをかけてしまっているのではないかと思ったのです。 accessibeautyは、そういった概念を打ち破ることに挑戦していると、私は感じています。 まさに私の夢を叶えてくれるかもしれない、そんな可能性に満ち溢れています。私は、このプロジェクトに、私自身の夢も乗せてみたいと思います。

▷porte×クラウドファンディングに向けてメッセージをお願いします

障害のある表現者は、支援してもらう立場でなく与える側の立場として人々に喜んでもらう為に存在していって欲しいと願います。 そのために私たちは「障害」というフィルターのかかった概念を崩す必要があります。 porte×クラウドファンディングは、そんな概念を変えてくれるプロジェクトです。私たちのの未来の夢を導いてくれる今回のプロジェクトを、一緒に応援してください!

臼井理絵:accessibeauty 代表取締役、porte プロデューサー

和田のあ:コーチングフォトグラファー

porteをつくっていくなかで、障がい当事者の方と関わるなかで、自分自身に「障がい当事者の方は助けなきゃ」といった偏見があったことに気がつきました。そんなおこがましいことを無意識に思っていたのか、とショックでした。この活動を通して、わたし自身も障がいに対する価値観や捉え方など勉強させていただいています。わたしがココでできることは、モデルさんの魅力を引き出しながら写すこと。その仕事を全うすることで、アクセシビューティー、porteが目指すビジョンを叶える手助けになることがとても光栄です!

湊直保子:ヘア&メイクアップアーティスト、制作総括

ヘアメイクは、1つ1つの工程が仕上がっていく度、女性が内側からどんどん輝いていきます。私はそんな瞬間が大好きです。porteの現場でも、ヘアメイクの力でモデルさんの輝きを惹きだせるように意識して取り組んでいます。我が家には目の見えない猫ちゃんが居ますが、彼はそんな事を感じさせないくらい「普通」を過ごしています。人間は障がいがあると「普通じゃない」と思われることが多いのが現状ではないでしょうか。porte magazineが障がい者の子たちをモデルとして発信していく事によって、みんなが「普通」を過ごせる世界になればと思います。

渡辺真未:ヘア&メイクアップアーティスト

私は弟が障害を持っており、たくさんの悩みを抱えている場面を多く見てきました。就職活動の際も、とても苦労している弟を近くで見ていて、障害者雇用がいかに一般の雇用と差があるのかを知りましたが、私のように身近に体験している人がいたり、関心を持ったりしないとこういった知識は得られないなと感じていました。そういった部分に目を向けて、優しい社会を目指す理絵さんとporteの理念に、とても感銘を受け、できることならお手伝いしたいと強く思ったのが参加させていただくキッカケとでした。

岩崎麻衣:現場/投稿サポート

私はもともと美容師をしていたのですが、発達障害による二次障害で体調を崩し美容師を続ける事が出来なくなりました。それでもやっぱり美容やおしゃれに関わる仕事がしたくて、現実的になかなか叶えられない世の中を、どうにか変えて行けないのか?障がい者が楽しくイキイキと働く事は出来ないのか?と思うようになりました。理絵さんと出会い、その理念に共感して、私も一緒に世の中を変えていきたいと思いporteのサポートスタッフとして参加させて頂く事になりました。当事者の方々が輝ける場所として、porteで出来る事をどんどん増やしていきたいです。

全国からの有志メンバーがクラウドファンディング実施に向けた支援をしています。アクセシビューティーの理念をもとに、社会問題解決に向け、半年間ディスカッションを重ねてきました。

(価値共感コミュニティー・DIG)柴田雄平、鳥越勝、神野和俊、伊藤織江、金丸宗由、竹内一馬、森瑞貴、吉松俊平、村上弘、立川奈緒、中井雅之、森萌絵子

皆様からいただくご支援は、新しい未来に向けて挑戦の一歩を踏み出す“障がい者モデル”のオーディション開催費と、porte制作経費に使わせていただく予定です。現在までの活動資金はボランティアスタッフで賄っておりますが、持続可能な活動として自走するまでのご支援を頂けたらと思います。

・オーディション開催費:約85.3万円
・撮影費用:約24万円×6ヶ月分
・クラウドファンディング手数料:約24.7万円

合計250万円

<具体的な未来>

障がい者モデルとして働く新人モデルを3名輩出します。

毎日の投稿を目指します。(現在は週3回)

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトのリターンは【個人様支援】【グッズ】【参加権】【企業様向け】の4項目でご準備しております。

「個人支援」・・・御礼メールを送信させて頂きます。支援金額により各媒体でのお名前紹介(任意)や、porteモデルのチェキプレゼントが実施されます。


「グッズ」・・・”accessibeauty” ”porte” のロゴステッカーと軽量バッグをご用意しております。
バッグは、車椅子ユーザーの皆様にも使い勝手の良いものをと考慮いたしました。


「参加型」・・・撮影現場の見学もしくは撮影体験会を計画しています。porteの世界観を間近で体験いただくことが可能な貴重な機会となること間違いありません♪


「企業様向け」・・・porteの世界観を応援、活用いただくシーンを3パターンご用意いたしました。

「障がい者を対象にしたビジネスなんてうまくいかない」

「障がい者支援は、時間とお金が余ってる人がやればいい」

この3年間、何度となく言われてきた言葉です。


確かに、活動には多くのお金と時間が必要です。ビジネスが下手だ、と言われたらそれまでかもしれませんが、無償で障がい者支援を始めた3年前から、私自身も仕事や生活を削りながらここまでやってきました。


その中で、ビジネス都合で進んでいく企画に「私たちは儲ける道具でしかないんだ。」と傷つく当事者を何人も見てきました。それでは明らかに目的を見失っていると思いませんか?


この活動は、まだゴールの見えないこの社会に、勇気を出して1歩踏み出す彼(彼女)ら当事者たちがいてこそ成り立つもの。


本来、当事者はビジネスの道具なんかではなく、助けてあげる存在でもなく、ともに未来をつくる“仲間”です。その関わり合いの中で私たちができることとして、自立のきっかけ作りや、就労の選択肢拡大をずっと考えてきました。


この春porteプロジェクトが始動し、ついにクラウドファンディングに挑戦するときがやってきました!!皆様からの支援を糧にした後の“持続可能”な未来をイメージできたからです。


このクラウドファンディングを通して資金が集まり、今後もporteが稼働できれば、障がい当事者がモデルや制作スタッフとして働き始めることができます。同時に、表舞台に挑戦するという社会参加が叶います。


porteを起点に、障がい者と関わる人や企業、この社会に暮らす1人1人の『障がい者イメージ』が変化していけば、障がい者雇用の職域拡大も速まり、個々の才能や能力が正当に評価される社会スタイルへ繋がる大きなきっかけとなります。

その先には、アパレルや美容業界でのコラボを生み出すなど、今までにないクリエイティブな雇用を拡大させることも視野に入れています。


今の社会にインパクトを与え、障がい者のフィールドに大きなうねりを起こしたい。

そんな想いで立ち上げるクラウドファンディングです!!

障がい者モデルに挑戦する私たちporteチームを、ぜひ応援してください!!

皆様のあたたかいご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

(アクセシビューティー 臼井理絵)

2018年〜  障がい者ネイリスト養成ボランティア活動開始

2020年08月 株式会社アクセシビューティー設立

2020年10月 東京新聞掲載
HPに使用されるイメージモデル撮影会の様子が、朝刊社会面に掲載されました。

https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/61372

2020年10月 NHK ほっとぐんま630密着特集
HPに使用されるイメージモデル撮影会に参加した群馬県在住の栁澤沙紀さん(聴覚障がい)に、NHKが密着。美容の力で自身の障がいへの概念が変わる転機の様子が約4分10秒にわたり放送されました。
https://youtu.be/g2lzLlj0hkA

2020年10月 TOKYO MXバラいろダンディ特集
弊社のHPに使用されるイメージモデル撮影会の様子が放送されました。

https://www.youtube.com/watch?v=F2RzxJvYPlU&t=1s

2021年01月 株式会社JALサンライト様へ就労
accessibeauty(アクセシビューティー)ネイリスト講師によるネイルレッスン受講の生徒が、株式会社JALサンライト様に就職いたしました。
https://www.jal.co.jp/jsl/

2021年03月 アクセシブルライフマガジン porte 創刊
https://instagram.com/porte_magazine?utm_medium=copy_link

2021年5月 NHK ニュース富山人放送
車いすフェンシング日本代表の河合紫乃さんがporte撮影にご参加くださった現場に、NHK様が密着。
NHKニュース富山人にて放送されました。
https://www.youtube.com/watch?v=LE0YTchktqs&t=10s

  • 2021/08/16 20:00

    8/15(日) 23:59porte×クラウドファンディングプロジェクト無事終了いたしました!37日間の挑戦、306名の方にご支援いただきまた、更にたくさんの方に応援いただき、¥2,836,000のご支援金額で幕を閉じました。《クラウドファンディング経緯》250万円を目標に 7/9 Start...

  • 2021/08/15 20:34

    沢山の方のご支援をいただいているporteクラウドファンディングは本日8月15日23:59までご参加頂けます!この後23:20〜porteスタッフによるインスタグラムLIVEが開催されます!!遅い時間なのですがラストフィナーレを皆さんと一緒に楽しみたいと思います^ ^ご参加、お待ちしています♪...

  • 2021/08/14 20:00

    タイトルにもありますように、無事250万円の目標金額を達成することができましたーー!!クラウドファンディングでご支援・拡散くださった皆様porte応援チームにご参加くださっている皆様クラウドファンディング運営チームの皆様porte制作スタッフ本当にありがとうございます!!こうして大きな目標を達...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください