■ネクストゴール挑戦決定!

皆さんこんにちは!
5月8日18:00にプロジェクトを開始してから、わずか4時間で最初の目標50万円を達成することができました!これは私たちスタッフも全く予想外のスピードで、皆さんには本当に感謝しかありません。そして、このプロジェクトをさらに盛り上げていくため、さらにたくさんの想いを育てていくために、スタッフと話し合った結果、300万円という大きな次の目標を目指すことになりました!

今回の植樹プロジェクトを通して、「100人の想い」を植え、一緒に育てていきたいと思っています!引き続き応援のほどよろしくお願いします!

■プロジェクト紹介

本プロジェクトでは、ネパール カスキ郡にあるハルパン村(標高1,200m)で育てているコーヒーの苗を購入し、自分の名前が入ったコーヒーの木を植えることができます。環境保全かつコーヒー農家の所得向上、そして消費者のコミュニティ形成を共通の価値でつなげる「植樹」を通して、地球温暖化の防止に貢献しながら、コーヒーの生産から消費までのサイクルにおける新たなバリューチェーンの創出を目指します。


■プロジェクトの背景

【コーヒーが直面している問題】

世界中で多くの人に親しまれているコーヒーですが、現在、ある問題に直面しています。それは、「地球温暖化による生産量の減少」です。気温や湿度の上昇により、さび病というコーヒーにとって深刻な病気が発生しやすくなり、収穫量の減少や品質低下を招きます。さび病の被害が拡大することで、コーヒー生産から撤退する生産者も多くなることが予想され、2050年にはアラビカ種の栽培地が約50%も減少するとも言われています。


【持続可能なコーヒー栽培「アグロフォレストリー農法」】

通常、コーヒー栽培はプランテーション農場で行われるのが主流なため、栽培には広大な土地が必要となります。コーヒーの一大産地では、この土地を確保するために大規模な森林伐採が行われています。いかにして効率よくコーヒーを生産するかを第一に考えた結果、重機械での大量栽培、森林伐採が手段となり、環境破壊が起きているのが現状です。

しかし、私たちが仕入れているハルパン村のコーヒーの木は野菜などを育てる畑と一緒に植えられたり、森の中に植えられたりしています。これらの方法は「アグロフォレストリー」「混植(こんしょく)」と呼ばれ、お互いの作物の特性を活かしあった「森をつくる農法」と言われています。

ハルパン村ではコーヒー豆を「副業」のような感覚で栽培しているので、これまでの生活を無理に変えずに収入を上げ、収入源のリスク分散も可能になります。また、ハルパン村では森の中や樹木の下にコーヒーを植えることで、直射日光が苦手なコーヒーの木が成長しやすい環境を自然に生み出しています。なので農薬は使っておらず、肥料も家畜の糞尿や田んぼで採れた稲わらなど全て村の中で調達できる自然のモノを使っています。

ただ、山間部の斜面や段々畑で栽培しているため機械をいれることはできず、管理が全て手作業になるなど手間がかかります。また、収穫したコーヒーの実(コーヒーチェリー)を生豆にするまでに行われる洗浄や乾燥など何種類もの精製工程も手作業になるため、大量に生産をすることができません。なので一般的にネパールのコーヒー豆が日本で出回ることもほとんどありません。

しかし、このハルパン村のコーヒーには、今後の持続的なコーヒー栽培や消費を促すためのエッセンスが存分に含まれていると私たちは考えており、この栽培モデルが世界へ拡がることがコーヒー業界を良い未来へ導いてくれると信じております。


■『BIKAS COFFEE VILLAGE』3つのリターン

①植えたコーヒーの木に名前をつけることができる

自分の名前をつけるのもよし。3年後の自分に向けたメッセージでもよし。植えたコーヒーの木にオリジナルの名前をつけることができます。

②自分が植えた木から収穫されたコーヒーが3年後に届く

苗を植えてから実がなるまで約3年と言われています。3年後に収穫をしたコーヒーは植樹1本につき500gの豆をオーナーの元へお届けします。

また、植樹してから3年間、3ヶ月ごとにネパールのコーヒー農園からの成長レポートをお届けします。農園の様子やコーヒー農家さんの声などをお届けしながら、オーナーが植えたコーヒーの木が実を結ぶまで大切に育てます。


③共通の価値観を持つオーナーたちが集まるコミュニティへの招待

コーヒーの木を植えるということは、想いを植えるということ。結婚祝い、出産祝い、就職祝いなど、一本一本の植樹にはそれぞれのストーリーが詰っています。そんな多様なストーリーを持つ植樹オーナー限定のオンラインコミュニティへ招待いたします。共通の価値観を持つ人とつながりながら、新しい挑戦ができる、そんなあたたかくも刺激のあるコミュニティを目指します。


■リターンのご紹介

想いを込めて植えた木から実を結んだコーヒーが3年後、お手元に届きます。その間、3ヶ月ごとに現地からレポートをお届けし、コーヒーの木の成長の記録もお届けいたします。

また、自分の植えた想いや同じ志を持つ人が集うオンラインコミュニティにご招待いたします。3年間という収穫までの時間を皆さまと共有しながら、3年後に向けて、コーヒー豆だけでなく、皆さまの想いも育てていきます。

もちろん、支援いただいた皆さまに、ハルパン村のコーヒー豆もすぐ味わっていただきたい。そんな想いで、クラファン終了後すぐにハルパン村のコーヒーをお届けします。ハルパン村のコーヒーを味わいつつ、さらに自分の想いも詰まったコーヒー豆の味をご想像ください!


BIKAS COFFEEリターン :¥5,000

⒈コーヒー豆100g or ドリップバッグ5つ
⒉BIKAS COFFEE オリジナルステッカー
⒊メッセージカード

私たちの活動を応援していただける方々に向けたリターンです。

ネパール、ヒマラヤの麓で採れたコーヒーを、豆の状態で100g、もしくはドリップバックで5つお届けいたします。お好みの方をお選びいただき、お仕事や休憩のお供に是非ご賞味ください。


BIKAS COFFEEグッズリターン(CAN BIKAS CAMPマグカップ):¥7,000

⒈CAN BIKAS CAMPオリジナルマグカップ
⒉BIKAS COFFEE オリジナルステッカー
⒊メッセージカード

私たちの活動を応援していただける方々に向けたリターンです。

BIKAS COFFEEから生まれたGLOBALACTION「CAN BIKAS CAMP」。

自然に優しい脱プラキャンプを通して、日常から環境に優しさをもたらしていくGLOBALACTIONのオリジナルステンレスマグカップをお送りいたします。※在庫状況により別商品になる可能性もあります。ご了承ください。


植樹プラン(植樹1本・名前・コミュニティ付き):¥18,000

⒈BIKAS COFFEE 豆100g or ドリップバッグ5つ
⒉BIKAS COFFEE オリジナルステッカー
3.BIKAS COFFEE オリジナルフォトブック
⒋限定コミュニティへのご招待
⒌メッセージカード
⒍ 【3年後】自分の植えた木からとれたコーヒーをお届け 豆500g or ドリップバッグ75個

コーヒー植樹を1本していただくリターンです。ご支援していただくと、まず2021年6月にハルパン村で採れたBIKASCOFFEEを豆の状態、もしくはドリップバッグでお届けします。また、合わせて植樹を行うネパールハルパン村の写真集やBIKASCOFFEEオリジナルステッカーの送付と、植樹をした方限定のオンラインコミュニティへご招待いたします。さらには3年後、ご自身の木から採れたコーヒーを複数回に分けてお届けし、それまでの3年間は、3ヶ月ごとに、コーヒーの木の成長レポートを現地からお送りいたします。


プラチナム植樹プラン(植樹3本・名前・コミュニティ付き):¥25,000

⒈BIKAS COFFEE 豆100g or ドリップバッグ5つ
⒉BIKAS COFFEE オリジナルステッカー
3.BIKAS COFFEE オリジナルフォトブック
⒋限定コミュニティへのご招待
⒌メッセージカード
⒍ 【3年後】自分の植えた木からとれたコーヒーをお届け 豆1.5kg or ドリップバッグ75個                  

コーヒー植樹を3本していただくリターンです。ご支援していただくと、まず2021年6月にハルパン村で採れたBIKASCOFFEEを豆の状態、もしくはドリップバッグでお届けします。また、合わせて植樹を行うネパールハルパン村の写真集やBIKASCOFFEEオリジナルステッカーの送付と、植樹をした方限定のオンラインコミュニティへご招待いたします。さらには3年後、ご自身の木から採れたコーヒーを複数回に分けてお届けし、それまでの3年間は、3ヶ月ごとに、コーヒーの木の成長レポートを現地からお送りいたします。


プレミアム植樹プラン(植樹5本・名前・コミュニティ付き):¥50,000

⒈BIKAS COFFEE 豆100g or ドリップバッグ5つ
⒉BIKAS COFFEE オリジナルステッカー
3.BIKAS COFFEE オリジナルフォトブック
⒋限定コミュニティへのご招待
⒌メッセージカード
⒍ 【3年後】自分の植えた木からとれたコーヒーをお届け 豆2.5kg or ドリップバッグ125個                

実際にコーヒー植樹を5本していただくリターンです。ご支援していただくと、まず2021年6月にハルパン村で採れたBIKASCOFFEEを豆の状態、もしくはドリップバッグでお届けします。また、合わせて植樹を行うネパールハルパン村の写真集やBIKASCOFFEEオリジナルステッカーの送付と、植樹をした方限定のオンラインコミュニティへご招待いたします。さらには3年後、ご自身の木から採れたコーヒーを複数回に分けてお届けし、それまでの3年間は、3ヶ月ごとに、コーヒーの木の成長レポートを現地からお送りいたします。


【法人向け】植樹プラン:¥100,000

⒈BIKAS COFFEE 豆300g
⒉限定コミュニティへのご招待
⒊メッセージカード
⒋【3年後】自分の植えた木からとれたコーヒーをお届け 豆2.0kg

こちらは企業・法人様に向けたリターンとなっております。コーヒー植樹を10本していただくプランです。ご支援していただくと、まず2021年6月にハルパン村で採れたBIKASCOFFEEを豆の状態、もしくは挽き豆で送付させていただきます。また、代表者様を植樹をした方限定のオンラインコミュニティへご招待いたします。さらには3年後、貴社の木から採れたコーヒーを複数回に分けてお届けさせていただます。


【法人向け】プレミアム植樹プラン:¥300,000

⒈BIKAS COFFEE 豆300g
⒉限定コミュニティへのご招待
⒊メッセージカード
⒋【3年後】自分の植えた木からとれたコーヒーをお届け 豆5.0kg

こちらは企業・法人様に向けたリターンとなっております。コーヒー植樹を30本していただくプランです。ご支援していただくと、まず2021年6月にハルパン村で採れたBIKASCOFFEEを豆の状態、もしくは挽き豆で送付させていただきます。また、代表者様を植樹をした方限定のオンラインコミュニティへご招待いたします。さらには3年後、貴社の木から採れたコーヒーを複数回に分けてお届けさせていただます。


■ブランドマネージャー 菅勇輝のメッセージ

「少し歩けば手にいれることのできるコーヒー。」それは人々の生活を豊かにし、コミュニケーションを増やしてきました。便利で活気のある生活を手に入れた私たちでしたが、その反面街には必要以上のコーヒーで溢れかえりました。コーヒーが世の中にたくさん溢れた結果、農家や環境への負荷が大きくかかりました。もちろんコーヒービジネスで救えた世界もたくさんあると思います。ですが、それはほんの一時的な効果だと思っています。

私たちはそんな美味しいコーヒーが簡単に手に入る時代の大量生産大量消費の時代に問いを立て、持続可能で飲み続けられるコーヒーを提唱していきます。「”自分が飲むコーヒーは、自分で育てる”そんなコーヒーがあってもいい。」コーヒーに関わる全てのヒトと持続可能な新しい時代を作り上げていくことが私の夢です。

私たちの居場所や繋がりを守るために、コーヒー農家を守るために、そして私たちが生きる地球を守るために。植樹を通してミライへと想いを繋げて行きませんか?」


■BIKAS COFFEEとは

 

「BIKAS CAN BIKAS -このCOFFEEが世界をDEVELOPさせる。-」

ネパールコーヒーの生産から販売まで手掛けるコーヒーブランド「BIKAS COFFEE(ビカスコーヒー)」。「新しいGLOBALACTIONを開発し、すべての人が社会に貢献できる経済社会をつくってゆく」をビジョンに掲げ、ネパールコーヒーを通して、社会をよりよくするためのあらゆるアクション(=GLOBALACTION)をたくさん生み出すコミュニティを創り、世界をDEVELOPして行きます。

誰もが手に取りやすい「コーヒー」を通して、「ある共通の価値観」を持った人が集まるコミュニティを形成し、新たなミライを作っていくことを目的としています。

では「ある共通の価値観」とはどういったものでしょうか?

私たちが消費者同士を繋ぐ価値観とは「GLOBALACTION(グローバルアクション)」です。「GLOBALACTION」とは身近な消費行動から好きなことへの挑戦などそれぞれが実現したい未来に対する “覚悟と約束” を意味します。

このBIKAS COFFEEのファンコミュニティ「CAN BIKAS(キャンビカス)」にはありとあらゆる「GLOBALACTION」を起こしたい人が集まります。

理想とする社会やそれをかなえるためのアクションは多種多様です。

私たちはどんな考え方や「GLOBALACTION」でも、それを応援するための場、そして社会をより良くしていくという想いを持った人をつなげる場を提供し、「GLOBALACTION」の関係人口を増やすと同時に様々なアイディアを集め、それを実行できるブランドになれたらと考えています。


<オンラインストア・各種SNSはこちら>

Stores:https://bikascoffee.stores.jp

Twitter:https://twitter.com/bikascoffee

Instagram:https://www.instagram.com/_bikascoffee

 

<協賛 ビジョン策定/ロゴ制作>

三茶散歩|THREE TEA GO.

Instagram:https://www.instagram.com/sanchasanpo/?hl=ja

WEB:https://sanchasanpo.com/



■資金の使い道・スケジュール

目標金額:50万円

現地管理費:約21万円

仕入れ:約10万円

リターン準備費:約10.5万円

手数料:約8.5万円

 

All-in方式で実施します。

なお、目標金額を超えた資金に関しましては、以下の用途に使わせていただきます。

 

・コーヒー豆輸入関連

・国内加工(焙煎・グラインド・パッキング・輸送など)

・CAN BIKAS運営

・今後の事業拡大に向けた資金


■おわりに

私たちBIKAS COFFEEは、大量生産・大量消費の時代に問を立て、本気で新たな経済圏をつくっていきます。私たちのプロジェクトや理念に共感しただける方、コーヒーの木と共に育てたい想いのある方、コーヒーが大好きな方。ぜひ一緒に「BIKAS COFFEE VILLAGE」をつくっていきませんか?

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください