瀬戸内の離島から夢を与え続ける!
小豆島バスケットボールチームの挑戦!

       

こんにちは!小豆島ストーンズです!

僕たちは、一般社団法人小豆島スポーティーズに所属するバスケットボールチームです。
まずは、こちらをご覧ください。



「諦めきれないヤツ、島に来い。」

というキャッチコピーのもと、夢を諦めきれないヤツらが全国から小豆島に集まり、「ちっちゃい島からでっかい夢」を叶えるべく、それぞれの夢に向かって活動しています!

個人として掲げる大きな夢、チームとして掲げる「日本一」というでっかい夢。

そんな夢を本気で叶えるために選手は皆、「オレたちはこの島で強くなる!」という強い覚悟を持って、今まさに夢の途中にいます。

選手の年齢はバラバラ、特別な経歴も恵まれた体格もない。

それでもトッププロを目指し、この島でしか出来ないことを目指し、日本一に向かって1日1日を全力で過ごしています。

しかし、僕たちはまだ何も成し遂げていません。

そんな僕たちを応援してほしいんです。

夢中になれるのは子どもの時だけじゃなくて、

大人になっても夢中になれるものを追いかけてもいいんだ! と。

僕たちを応援してもらいたくてもらいたくて、今回のプロジェクトを立ち上げました。


これまでにない新しいアプローチのプロバスケットチームをつくりたい。

そんな思いが、小豆島ストーンズの誕生の背景にはあります。

欧米では、プロスポーツチームが地域から生まれ、地元の人たちに愛されるプレーヤーが育っていくのが当たり前。

そんな本物の「町のスポーツチーム」を日本でつくれないだろうか。

スキルや才能のある人間だけがプロになるのではなく、心からバスケの好きな人が夢を追いかけられる場所があってもいい。

夢に向かってがむしゃらに頑張る大人が近くにいることで、小豆島の子どもたちや島民にも、夢を与えられるかもしれない。

そんな可能性を信じて、これまでの日本にはない発想で誕生した

「ローカルプロスポーツチーム」が、小豆島STONESです。

バスケに没頭しながら、自然豊かな小豆島で暮らす。ローカルプロ選手として、この素敵な島に貢献したいと思ってます。



僕たちは今、日々のアルバイトや、地域のお祭りを通じ地域の方々と関わっています。
また、スクール活動を通じて、島の子どもたちにスポーツの楽しさも広めていくことも行っています。

島の人たちとふれあうことで、自分の為だけではなく、応援してくれる方々の想いを背負ってプレーする事ができるという、プロ選手として必要な経験をさせて頂いてます。

その気持ちを背負って2020年から小豆島STONESは九州・中四国の地域リーグに参戦しています。

小豆島ストーンズは、夢を追い、夢中になる姿を多くの方々に伝え続けていきます。


夢の舞台に立つために!

大会遠征費が必要なんです!


この島で自分たちにできることを

毎日全力で夢に向かって生活しています。

平日の午前に協力企業様と就労、午後に週5の練習、夜にはバスケスクールと各選手得意の運動プログラム。休日には島ならではのイベント主催やボランティア活動など。

プライベートが無いくらい忙しい日々もありますが、島の皆様との繋がりが増えるほど日々の充実感が高まっていくのを感じます。


しかし、

どうしても夢を叶えるための舞台、「地域リーグ」に行く遠征費だけが足りません。


島暮らしの僕たちはどこに行くにも海を越えるため、フェリーに乗り、車を乗せて、会場近くで宿泊しなければなりません。移動宿泊費が大変嵩んでしまいます。

週5回の練習の体育館の利用資金は、選手が館内の掃除をすることを条件にまかなっており

フィジカルトレーニングは砂浜や山道の坂道・階段ダッシュなど、島の利点を最大限に生かし、費用を抑えています。
また、不足しているトレーニング機材は寄付や自作しています。



現在、小豆島ストーンズは地域リーグ(プロの下部リーグ、アマチュアのトップリーグ)に出場しています。


アマチュアリーグとはいえ、2mを超える外国人選手や元プロ選手がゴロゴロ出場していて、現状で優勝を争っているのはそういった人材豊富な実業団、企業チームです。

僕たちの今年の目標はチャンピオンシップ(全国大会)に出ること。

そしてその先「初めての地域クラブの日本一」になって日本のバスケ界を変えたいという想いがあります。

ビッグスポンサーを得られなかったら、体が小さかったら、夢を諦めなければならないでしょうか?

僕たちは地域リーグという舞台で実力を示し、本気で日本一を目指します。

そんな本気でバスケットに向き合う活動こそが、選手それぞれの夢を叶える道だと信じています。



高校や大学卒業後すぐにトッププロにいけるような実力があるわけではない僕たちにとって、プレーを見てくれる方がいること、プレーに対して拍手を送ってくれることは本当に有り難いことです。

バスケットボールが大好きな僕たちにとって、こんなに幸せなことはありません。

もっと多くの人に僕らの試合を見に来てもらいたい。

もっと多くの人に僕らの熱量を届けたい。

そして、全国の皆さんに、この素晴らしい小豆島の魅力を届けたい。そう思って活動しています。

今、小豆島は高齢化に伴い、人口が減少しています。これだけ素晴らしい島だからこそ、僕たちは自分たちが夢中になれるバスケットボールを通して、プロ意識を持ち、島の活力になれるように全力を尽くします。



小豆島STONES代表の丹生と申します。

この度は私たちの選手のチャレンジを見て下さってありがとうございます。

このクラウドファンディングは選手が中心となって行っております。

私はバスケに関して全くの初心者です。

このチームの創設者が継続困難となり、代表者がいなくなったので代わりに務めております。夢を追いかける為に移住までして来た選手たちを放っておけなかったのが正直な気持ちです。私の様な気持ちの大人はこの島にはいます。

このページに出てくる動画もチームに賛同して下さったクリエイターの方のご厚意で作成して頂きました。本当にありがたいです。

彼らがこの小豆島という地でどの様なつながりを地域の方と作ってきたのかをご覧ください。

この様に様々な面で支えてくれる方はいらっしゃいます。

ですが、資金となると難しい事は多くあります。

代表である私にとっては大変お恥ずかしい話ですが、皆さんが彼らに、このチームに何かしらの可能性を感じたならご支援頂ければ幸いです




諦めきれないヤツがこの島でチャレンジし続けられるために 

ローカルプロという新しい可能性をつくるために

誰かの夢中のキッカケを作り続けるために


小豆島STONESをご支援ください!

 
#諦めきれないやつは島にこい













■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:一般社団法人小豆島スポーティーズ
 ● 事業者の住所/所在地:〒761-4106 香川県小豆郡土庄町甲1521番地
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/09/03 14:07

    大変ありがたいことに公開から2日で【STONES Tシャツ】が完売になりました!まだまだ次の注文もお願いされていて、大変ありがたい状況です、!直ちに入荷いたしますので、いましばらくお待ちくださいm(__)m皆様本当にありがとうございます!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください