皆さま、こんにちは。埼玉県東松山市でバイクショップ「RS-ITOH」の代表伊藤です。
このたびは、私たちのページをご覧いただきましたことを心より感謝いたします。

私たち「RS-ITOH」は国内最高峰のオートバイレース「全日本ロードレース選手権」のトップカテゴリー「JSB1000」、「鈴鹿八耐」に27年連続でカワサキ車輌で参戦しております。

同一メーカー、同一チームで27年連続参戦は私たちチームのみでございます。

また、モータースポーツの発展やオートバイの楽しさを広く伝える為、若手の育成や、走行会、サーキットイベント等を開催し、お客様に大変ご好評を得ております。

昨年より続くコロナ禍の影響により、大幅な縮小を余儀なく、非常に苦しいシーズンとなってしまいました。

モータースポーツには多大な費用が必要です。出場するだけで年間数千万円が必要と言われ、レースで使用するタイヤ代だけでも数百万掛かります。現在は私財を投げ売って参戦を続けております。

私たちは、諦めません。

オートバイを、モータースポーツを、KAWASAKIを、Ninjaを、RS-ITOHを、ライダーの柳川明を愛する皆さまと共に、レースを戦いたい!表彰台に登り、皆さまと喜びを分かち合いたい。その一心で、このクラウドファンディング を立ち上げました。

出来る事に挑戦し、前に進むしかありません。どうか皆さまのお力添えを心よりお願い申し上げます。

RS-ITOH

代表 総監督 伊藤一成

国内最高峰のオートバイレース「全日本ロードレース選手権」TOPカテゴリーの「JSB1000」クラスで、RS-ITOH伊藤のもと、世界で戦い経験豊富なライダー「柳川明」、KAWASAKI車輌で、柳川と共に戦った「井筒仁康」監督との体制が今年で3年目を迎えます。2年間の戦いで得たデータと経験を生かし、今年は集大成として全戦結果を求め、「鈴鹿8耐」を見据え戦っていきます。

レースという物は、チームの総合力が重要です。戦うには少しでも総合力を上げることが必要となり、 そのためには少しの援助でも我々にとっては大変大きな力となります。
実際にレースで走るのはライダーですが、 そのライダーが走ることに専念できる様にするためには、マシンの整備、 セッティング作業などの膨大な作業が走行前に必要となります。
本来、この目に見えない作業こそが、 レースの本質であり、その作業を支えてくださるのが援助をして頂くスポンサー様であり、皆様からのお力添えです。
言い換えればご支援いただける皆様、スポンサー様、チームスタッフ、ライダーと全てが揃って始めてチームと呼べるものとなるのです。

ご支援いただける皆様と共にレース活動から得る「真の喜び」をご理解いただけるよう、 チーム一丸となって残り全戦を全力で戦います。

そして、これまでの蓄積を無駄にすることなく、未来に続く若い人へ伝える事が出来るように考えています。

応援、支援してくださる方々に応援してよかったと思っていただけるシーズンにする事を約束します。

長年レース活動を続けて行く中で、ロードレース、モータースポーツに対し、レース活動を続けることで皆さまになんらかの形で貢献したい、皆さまに喜んでもらいたいという思いがより一層強まっております。


幼い頃からオートバイに興味を持ち、16歳の誕生日を迎えると、すぐにオートバイの免許を取りました。地元のバイク仲間とツーリングに行ったり、峠を走ったり、バイクを整備をするのが凄く楽しく、毎日、時間を忘れてバイクを触っていました。

初めてオートバイレースを「富士スピードウェイ」に観に行ったのもその頃で、その時のレースの雰囲気や感動は今も忘れません。
また、同時期に城西大学の「オートバイ愛好会」の人達と出逢い、彼らが「オートバイレース」にも参戦しており、自分で乗るのも楽しかったのですが、モータースポーツ、レースに益々興味を惹かれていきました。
当時は「鈴鹿4時間耐久レース」や「8時間耐久レース」が凄く盛り上がっていて、”いずれは自分自身も出てみたい”という夢を持ち始めました。

そして18歳から4年間、神奈川県横浜市のバイクショップで見習いとしてオートバイの基本の構造やエンジン、オートバイ整備、販売まできっちり教えていただきました。その後、地元、埼玉県東松山に戻りバイクショップ「RS-ITOH」で仕事をしながら城西大学の「オートバイ愛好会」の人達と小さなレースに参戦し始めたのがレースを始めたきっかけとなりました。

その仲間達と茨城県の筑波サーキットで行われた「3時間耐久レース」に参戦し、3位に入る事が出来、仲間達との喜びや感動を分かち合った事が、勝負の世界、モータースポーツの世界にのめりこんで行きました。




もともとカワサキが好きだった事もあり、1992年にKAWASAKI(カワサキ)に今までの自分自身の経歴や活動報告等の企画書を送ったら、なんと、KAWASAKIから「ZXR750」を貸与していただける事になり、そこから本格的にレースに挑戦し始め、1993年から日本最高峰の二輪レース「全日本ロードレース選手権」に参戦してきました。

1993年から、今日まで「カワサキ(KAWASAKI)」一筋で「全日本ロードレース選手権」に参戦しています。

当時、全日本ロードレース選手権は750ccクラスが最高峰クラスで、その時にはまだ「鈴鹿8時間耐久レース」には参戦していませんでしたが、1985年から鈴鹿サーキットで行われる下のクラスの「6時間耐久レース」やネイキッド車での「4時間耐久レース」には毎年の様に参戦していました。

そして1995年に初めて「鈴鹿8時間耐久レース」に参戦する事が出来、2020年のコロナ禍による中止になるまで28年間連続で参戦してきました。

2015年には、「*SSTクラス」で3位に入り、2016年には、ついに優勝する事が出来ました。2017年は2位でした。

全日本ロードレース選手権では、2012年にGP2クラスで「渡辺一樹選手」を起用して初めてチャンピオンを撮る事が出来ました。
この時の仲間達との勝利の喜びが忘れられず、今でもそこを目指して頑張っています。

その他、現チーム監督の「井筒監督」が現役時代に優勝したりというのはあるのですが、年間チャンピオンはその時だけです。

2021シーズン、全日本ロードレース選手権は「will raise & RS-ITOH」より柳川明選手を起用し、最高峰クラスの「JSB 1000」にフル参戦中です。また、「ST1000クラス」には「RS-ITOH☆First Star」より和田留佳選手が参戦しております。

「鈴鹿8時間耐久レース」は4月に鈴鹿サーキットで行われたトライアウトで「first star ☆ カワサキプラザRT」から新庄雅浩選手がKAWASAKI ZX10R Rにて勝ち上がり出場権を獲得しました。



皆さまからお寄せ頂いた資金は、レース活動を年間継続し、本来のパフォーマンスを発揮出来、シーズン継続出来る資金として使わせていただきます。

【MFJ SUPERBIKE 全日本ロードレース選手権】

Rd.5 7月17日・18日 鈴鹿サーキット

Rd.6  9月4日・5日 岡山国際サーキット

Rd.7 9月18日・19日 オートポリス

11月 鈴鹿8時間耐久レース

毎レース不足している運営費用の一部をクラウドファンディング を通じ、皆様からご支援を募りたくお願い申し上げます。目標金額を300万円(All or Nothing方式)とし、皆様からのご支援金を4戦分のタイヤ代、ブレーキパーツ、サスペンションといった交換が必要なパーツ代、緊急性のある部品の購入代金などに充てます。

【内訳】
(全日本ロードレース選手権 2台×3戦分 , 鈴鹿八耐 2台)
タイヤ代ーーー500万円
ブレーキフルード、パッド(消耗品)ーーー80万円
サスペンションーーー65’万円
諸経費ーーー72万円
クラウドファンディング 手数料ーーー51万円

●本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。
 目標達成の場合、皆様からご支援は、レース活動の為、大切に使わせていただきます。
 リターンについては9月初旬より、随時発送して参ります。
 また、目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

1,000円
【頑張れ!RS-ITOH!シンプルプラン】

このコースは純粋なご支援のお願いです。ご支援頂いた皆さまには、年間レース終了後に、RS-ITOHよりお礼のメールを心を込めてお送りさせていただきます。
*経費のかからないリターンのため、ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*口数は、ご自由にご調整いただけます。


5,000円
【オリジナルキーホルダー/ステッカープラン】

・RS-ITOHオリジナルキーホルダーとオリジナルステッカーのセット
・KAWASAKIのレジェンドライダー「柳川明」幻の”87”ステッカーとRS-ITOHのオリジナルキーホルダーのセットです。
*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*お届けは9月より随時発送してまいります。


10,000円
【RS-ITOHと共に戦おう!PIT裏パーテーションに支援者様お名前を掲載】

レースの際に、ピットの仕切りなどに使用するパーテーションに支援者様のお名前を掲載します。
*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。


30,000円
【柳川明選手サイン入りRS-ITOHオリジナルTシャツプラン】

・レースウィークにピットスタッフやライダーが着ているRS-ITOHのオリジナTシャツに、KAWASAKIのレジェンドライダー「柳川明」選手が直筆で1枚1枚丁寧にサインをします。
※Tシャツサイズは、S・M・L・XLをご用意しております。
*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*お届けは9月より随時発送してまいります。


30,000円
【井筒仁康監督サイン入りRS-ITOHオリジナルTシャツプラン】

・レースウィークにピットスタッフやライダーが着ているRS-ITOHのオリジナTシャツに、KAWASAKIのレジェンドライダー、現チーム監督の「井筒仁康」監督が直筆で1枚1枚丁寧にサインをします。
※Tシャツサイズは、S・M・L・XLをご用意しております。
*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*お届けは9月より随時発送してまいります。


50,000円
【柳川明選手サイン入りRS-ITOHオリジナルPITシャツプラン】・レースウィークにピットスタッフやライダーが着ているRS-ITOHのオリジナPITシャツに、KAWASAKIのレジェンドライダー「柳川明」選手が直筆で1枚1枚サインをします。
※PITシャツサイズは、M・L・XLをご用意しております。
*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*お届けは9月より随時発送してまいります。

50,000円
【井筒仁康監督サイン入りRS-ITOHオリジナルPITシャツプラン】・レースウィークにピットスタッフやライダーが着ているRS-ITOHのオリジナPITシャツに、KAWASAKIのレジェンドライダー、現チーム監督の「井筒仁康」監督が直筆で1枚1枚サインをします。
※PITシャツサイズは、M・L・XLをご用意しております。
*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*お届けは9月より随時発送してまいります。

50,000円
【柳川明選手サイン入りRS-ITOHオリジナルパーカープラン】

・レースウィークにライダーやピットスタッフが着ているRS-ITOHのオリジナパーカーに、KAWASAKIのレジェンドライダー「柳川明」が直筆で1枚1枚サインをします。※パーカーサイズは、M・L・XLをご用意しております。*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*お届けは9月より随時発送してまいります。

50,000円
【井筒選手サイン入りRS-ITOHオリジナルパーカープラン】

・レースウィークにライダーやピットスタッフが着ているRS-ITOHのオリジナパーカーに、KAWASAKIのレジェンドライダー、現チーム監督の「井筒仁康」監督が直筆で1枚1枚サインをします。※パーカーサイズは、M・L・XLをご用意しております。*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*お届けは9月より随時発送してまいります。

100,000円
【全日本ロードレース選手権TOPライダータンデム走行】

8月8日(日)に茨城県筑波サーキットで行われる『RS-ITOH」走行会時に、現役全日本ロードレース選手権に参戦中のTOPライダーとのタンデム走行。*ご支援をレース参戦のために大切に使わせていただきます。
*当日、ツクバサーキットにお越しに来られる方限定です。

300,000円
【RS-ITOHスペシャルサポーター 7/17,18鈴鹿サーキット RS-ITOH ピットへペアでご招待】●Rd.5 7月17日・18日 鈴鹿サーキット
 全日本ロードレース選手権(上記日程うち1日) RS-ITOHのピット裏へペアでご招待します。
 目の前でピットクルーの働きを目の当たり出来る非日常を体験出来ます。
 RS-ITOHオリジナルTシャツ、ピットシャツ付きです。(お二人様)
 *当日、鈴鹿サーキットにお越しに来られる方限定です。

300,000円
【RS-ITOHスペシャルサポーター 9/4,5 岡山国際サーキット RS-ITOH ピットへペアでご招待】

●Rd.6 9月4日・5日 岡山国際サーキット
 全日本ロードレース選手権(上記日程うち1日) RS-ITOHのピット裏へペアでご招待します。
 目の前でピットクルーの働きを目の当たり出来る非日常を体験出来ます。
 RS-ITOHオリジナルTシャツ、ピットシャツ付きです。(お二人様)
 *当日、岡山国際サーキットにお越しに来られる方限定です。

300,000円
【RS-ITOHスペシャルサポーター 9/18,19  オートポリス RS-ITOH ピットへペアでご招待】●Rd.7 9月18日・19日ーとポリス 
 全日本ロードレース選手権(上記日程うち1日) RS-ITOHのピット裏へペアでご招待します。
 目の前でピットクルーの働きを目の当たり出来る非日常を体験出来ます。
 RS-ITOHオリジナルTシャツ、ピットシャツ付きです。(お二人様)
 *当日、オートポリスにお越しに来られる方限定です。


500,000円
【企業様向け、レース車輌に御社ロゴを掲載プラン】

企業ロゴ等をマシンに貼り付け(オレンジエリア)、日本の下記サーキットで貴社のPR活動をいたします。
●Rd.4 6月19日・20日 筑波サーキット
●Rd.5 7月17日・18日 鈴鹿サーキット
●Rd.6 9月4日・5日 岡山国際サーキット
●Rd.7 9月18日・19日 オートポリス

また、各レース2名様分のチケット、RS-ITOHオリジナルPITシャツ、Tシャツをご提供いたします。


依然とし続くコロナ禍での厳しい状況ではありますが、私たちに与えられた使命は最後まで果たして行きたいと思っています。
お店で、サーキットで皆様より頂戴した「頑張ってください」「応援してます」という温かい応援のお言葉に、私伊藤、チーム監督井筒、JSB1000ライダーの柳川、ST1000ライダー和田、メカニック、スタッフ一同、心から励まされ、改めて深く感謝申し上げます。

どうか皆様のお力を貸して頂きたくお願い申し上げます。

RS-ITOH 代表 伊藤一成

  • 2021/06/08 09:00

    このプロジェクトページをご覧になっていただきありがとうございます!『唯一のKawasaki プライベートチーム RS-ITOH 28年目の挑戦!』初めての、クラウドファウンディングに挑戦し、昨日で1週間を終えました。皆様のご支援のおかげでプロジェクトは目標額の31%まで到達いたしました!ご支援...

  • 2021/06/05 17:12

    このプロジェクトページをご覧になっていただきありがとうございます!クラウドファウンディング4日目を終え、5日目に入りました。「鈴鹿8時間耐久レース」に例えると、第1ライダーから第2ライダーへの交代のタイミングでしょうか。皆様のご支援のおかげでプロジェクトは今、目標額の29%まで到達いたしました...

  • 2021/06/03 06:55

    このプロジェクトページをご覧になっていただきありがとうございます!クラウドファウンディング2日目を終え、皆様のご支援のおかげでプロジェクトは今目標額の21%まで到達いたしました!ご支援、本当にありがとうございます! またご支援だけでなく、応援のメッセージやSNS上でシェアなどのご支援を頂いた方...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください