ご挨拶・前書き

初めまして。映画監督をしております。塩野峻平と申します。

この度は短編オムニバス映画「to...」のページをご覧いただきありがとうございます。

まずはこのオムニバスを制作することになった経緯からお話しします。

2020年、私はまだ大学生でした。といっても4年生で授業はほとんどなく、あとは卒業論文のみ!そんな感じでした。

そんな中コロナウイルスによって我々の日常は一変しました。マスクなしでは外も歩けなくなり、授業もオンライン、友人たちと会う機会もなくなり、それまでできていた「普通」の生活ができなくなりました。

報道ではコロナウイルスの感染者、濃厚接触者、後遺症の影響などコロナウイルスの影響を中心の部分で受けている人々が多く取り上げられます。しかし当時大学生であった私はその影響を端で受けている人たちを見てきました。

新作を撮りたいと思っていた時、真っ先にテーマとして思い浮かんだのはその「端の人たち」でした。

コロナウイルスが蔓延る中で自分たちの「普通」の生活ができなくなり、しかしそんな中でも確かに生きている人たちを映像にしたいと強く思いました。

この社会になって辛い思い、苦しい思いをしている人々もたくさんいると思います。タイトルにしました「to...」には誰かから誰かに想いが届くようにという意味を込めました。例えばそれが作品内の人物同士かもしれない、この映画を作った私たちから映画を見てくれた人かもしれない、あるいは見てくれた人たちから私たちかもしれない・・。

「誰かに、届け。」

この映画がそんな誰かに届きますように。


作品あらすじ・キャスト紹介

Part.1

大学1年生:立野 × 大学2年生:小松

「東京で1人大学生活を送る2年生、小松。ある日コロナ禍で田舎に帰る決断をした隣人で1年生の立野という女性に出会う。大学生活に憧れを抱いて東京に出てきた立野はコロナ禍で大学に行くことができない生活に寂しさを感じていた。小松はそんな立野を見て1日だけの東京観光に誘う。」

大学1年生:立野役

東出 薫

コメント

「私自身も同世代、そして周りの友人のこのご時世での学生生活の話を聞いていたので、共感できる事が多くて、自然に演じる事ができました。学生の日常のお話ではありますが、このコロナ禍で抱く苦悩や葛藤は、どの年齢層にも共感して頂けると思いますので、そんな日々に少しでも希望の光となれる作品をお届け出来ればなと思います。」

大学2年生:小松役

植松 優

コメント

「初めましてこの度は「to...」で小松役を演じさせて頂きます。植松優と申します。このコロナ禍の中で学校や仕事、大切な人に会いたいけど会えない、その辛い思いの中人と人との繋がりで、芽生える感情を大切に表現して、見てくださる方々に少しでも見てよかったと思えるように精一杯演じさせて頂きます。」


Part.2

就活生:光 × 中華料理屋の息子:要

「実家の中華料理屋で働く要、彼の家の近所には幼馴染で⼤学3年⽣の光が住んでいる。要の家の店はコロナ禍によって客⾜が減っていき、就職活動中の光も選考中⽌やオンラインでの就活のやりづらさなど互いにコロナによる葛藤を抱えている。そんな中、光は要に来年から就職のために上京することを伝える。」

就活生:光役

藍川 きあら

コメント

「役が就活生ということで年齢的にも就活の話題に触れることが多いので、とても身近に感じております。コロナ禍で「普通」とは大きく生活が変わってしまった今だからこそ、多くの方の心に届くように、そして少しでも希望を感じて頂けるように精一杯演じたいと思います。」

中華料理屋の息子:要役

清水 陽介

コメント

「今回、オムニバスPart2で要役を務めさせていただく清水陽介です。本作ではコロナ禍で生きていく22歳の役柄という事で自分とかさねあえる部分が多いので、より自然な要になりたいと思います。そんな要の複雑な思いをみなさんにお伝え出来るよう精一杯頑張ります。」


Part.3

女子高生:楠本 ×  舞台役者:大内

「倉庫でアルバイトをしながら劇団で役者をしている⼤内は、コロナ禍によって役者として表現ができる場を失っていた。⼩規模ながら舞台の活動を再開し始めたが、公演に頻繁に⾜を運ぶ⼥⼦⾼⽣、楠本にどこか不思議な感覚を覚える。舞台に上がるたびに楠本を気に掛ける⼤内。コロナ禍で⽣活が⼀変した2⼈の間には⾃然と繋がりができる。」

女子高生:楠本役

竹内 詩乃

コメント

「台本を初めて読んだとき、楠本は年齢も心情も私にとても近いものを感じて、絶対に演じたいと思いました。毎日台本を読みながら、役作りをとてもワクワクしながらしています。コロナ禍の中、このお話は見てくださる全ての人に通じるものがあると思うので、物語を通して沢山の方に気持ちを伝えていけるように頑張ります。」

舞台役者:大内役

猪 征大

コメント

「猪征大です。今回コロナ禍の人々の日常を描く短編映画に出演させていただきます。この一年、世界中の人が経験したこの時間の中で、たくさんの想いが世界を巡っていました。人々が寄り添いあっていく瞬間を、この作品を通して伝えていけたらと思います。」


スタッフ

監督/脚本

塩野 峻平(RARERU)

1998年⽣まれ。東京都出⾝。2017年、中央⼤学⼊学と同時に同⼤学放送研究会に所属し、映像制作を始める。2018年秋、サークルのメンバーとともにクリエイター集団「RARERU」を⽴ち上げる。現在映像クリエイターとしてYouTube広告やSNS ⽤の広告を制作。並⾏して⾃主制作映画の監督、脚本を務める。

〈監督作品〉

『死⼈に⼝なし』(2018)

・Good stock Film session vol.5上映作品

『レイディオ』(2020)

・⾨真国際映画祭2020優秀作品賞・審査員特別賞

・SKIPシティ国際D シネマ映画祭2020ノミネート

・映⽂連アワード2020優秀作品賞(準グランプリ)

・Good stock Film session vol.5上映作品


プロデューサー

中村 綾菜(RARERU)

〈プロデュース作品〉

『レイディオ』(2020)

・受賞歴は同上


撮影

近藤 実佐輝

〈撮影作品〉

『満⽉の夜には思い出して』(2018)

・MOOSIC LAB 2018

・池袋 シネマ・ロサにて上映

・京都 出町座にて上映


資金の使い道

「製作費」

ご支援いただいた資金は、映画の製作費に当てさせていただきます。


○人件費 600,000円

→出演してくださる俳優さん、女優さん、楽曲を制作してくださるアーティストさん、撮影に参加してくださる方への謝礼です。


○ロケーション費 600,000円

→スタジオのレンタル費用や、撮影許可を申請するための費用です。

パート1では、コンビニ、スカイツリーを撮影のために貸し切らせていただいたり、撮影許可を取得した上で公園での撮影を行ったりしました。



パート1:コンビニでの撮影パート1:立野役の東出薫さん(右)と小松役の植松優さん(左)


○レコーディング費用 300,000円

→楽曲制作のためのレコーディング費用です。今回の企画では計3組のアーティストさんにご協力いただく予定です。


○小道具・衣装費 150,000円

→撮影で必要となる小道具や衣装費です。パート3では小劇団の舞台公演のシーンを撮影する予定です。


○交通費 170,000円

→駐車場代やタクシー代、新幹線費用などです。


○上映会費 150,000円

→7月24日、25日に渋谷ユーロライブにて上映会を行うための会場費用です。

ユーロライブHPはこちら


○グッズ制作費用 60,000円

→DVDやパンフレット、ポスターの制作費用です。


○コロナ対策費用 70,000円

→撮影にあたり、役者さん、スタッフには抗原検査を受けてもらっています。また、オーディションで使用したフェイスシールドや消毒などの物品購入費用です。


リターンについて

★1,000円

1.お手紙風出演者サイン

→封筒には御支援者さまのお名前と、手紙には出演者のサインが書かれます。

*ご希望できるのは、1枠で1名となっております。ご了承ください。

2.エンドロールへのお名前掲載



★2,000円

1.パンフレット

→あらすじ、キャスト・監督インタビュー、プロダクションノートが掲載されたパンフレットをお届けします。

2.エンドロールへのお名前掲載


★3,000円

1.お手紙風出演者サイン

→封筒には御支援者さまのお名前と、手紙には出演者のサインが書かれます。

*ご希望できるのは、1枠で1名となっております。ご了承ください。

2.メイキング映像

3.エンドロールへのお名前掲載


★4000円

1.本編DVD

*お届けは10月以降となります。

2.エンドロールへのお名前の掲載


★5,000円

1.お手紙風出演者サイン

→封筒には御支援者さまのお名前と、手紙には出演者のサインが書かれます。

*ご希望できるのは、1枠で1名となっております。ご了承ください。

2.パンフレット

→あらすじ、キャスト・監督インタビュー、プロダクションノートが掲載されたパンフレットをお届けします。

3.メイキング映像

4.エンドロールへのお名前掲載


★10,000円

1.お手紙風出演者サイン

→封筒には御支援者さまのお名前と、手紙には出演者のサインが書かれます。

*ご希望できるのは、1枠で1名となっております。ご了承ください。

*出演者のサインについて、24日のリターンでのみ猪征大さんを選択することが出来ないトラブルが発生しております。猪さんをご希望の方は備考欄に合わせて記載していただくようお願いいたします。予めご了承下さい。

2.パンフレット

→あらすじ、キャスト・監督インタビュー、プロダクションノートが掲載されたパンフレットをお届けします。

3.メイキング映像

4.上映会

→7/24(土)18:00~、7/25(日)10:00~、渋谷ユーロライブで開催される特別試写会にご招待します。当日は役者さんと監督との舞台挨拶も調整中です。情報解禁までお待ちください。

*上映会のご招待は1枠に1日、1名さまを対象とさせていただきます。ご了承ください。

*コロナウイルスの感染拡大状況によってはやむなく上映会を延期・中止させていただくこともございます。予めご了承ください。延期や中止により上映会にお越しいただけなかった方には、本編DVDをお届けさせていただきます。


実施スケジュール

〜6月30日 クラウドファンディング募集期間


○2月12日 制作チーム結成、シネマプランナーズにてオーディション情報解禁

○2月22日/2月23日 短編映画「to...」小松役、立野役オーディション開催

書類段階では男女107名の応募がありました。その中から、小松役として植松優さんを、立野役として東出薫さんをキャスティングすることが決定しました。しかし、小松役、立野役としてはキャスティングできなかった役者さんとも一緒に作品を作りたいという強い思いから、パート2(要役:清水陽介さん、光役:藍川きあらさん)、パート3(大内役:猪征大さん、楠本役:竹内詩乃さん)の制作が決定しました。

○3月下旬~4月下旬 パート1撮影(植松優さん、東出薫さんご出演パート)

4月21日に植松優さん(小松役)、東出薫さん(立野役)クランクアップしました!

○5月中旬 パート2撮影(清水陽介さん、藍川きあらさんご出演パート)

○5月下旬 パート3撮影(猪征大さん、竹内詩乃さんご出演パート)

○6月中 編集作業・パンフレット制作

○7月上旬 インタビュー・メイキング映像制作

○7月24日・25日 渋谷ユーロライブにて上映会(招待制/どちらか1日)

上映会は、植松優さん(小松役)、清水陽介さん(要役)、藍川きあらさん(光役)、猪征大さん(大内役)、竹内詩乃さん(楠本役)が舞台挨拶に登壇してくださる予定です。


*スケジュールはコロナの状況によって変更されることもございます。予めご了承ください。


最後に

コロナウイルスによって私たちの生活は大きく変わりました。人と気軽にも会えなくなり、外出にはマスクが必須、仕事終わりに外食することすらままなりません。

そんな状況でも時は進んでいきます、人生は流れていきます。

私たちは「今」を生きています。

新たな「普通」が定着しつつある今、人と出会うこと、触れ合うことの大切さがこの映画を通して伝わってくれれば幸いです。



この映画を見ていただいたあなたに、少しでもこの世界を前向きに生きていく勇気が届きますように。





<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/17 20:00

    ○3月18日(木)夕方からは新聞販売所にて小松のバイトシーンの撮影!実際に営業されている事務所さんにお邪魔しました。配達用バイクに乗ってみる塩野監督○3月23日(火)この日は新宿中央公園で撮影が行われました。使用許可が1時間のみだったので、集中力全投入で撮影に挑みます。最後の重要なシーンでした...

  • 2021/06/17 10:00

    本日は光役の藍川きあらさんから届いたコメントをご紹介します!■去年一年間、コロナ禍で何か生活の変化はありましたか?どんな生活を送っていましたか?1番大きかったことは、人生で最後の卒業式が中止になったことです。小さい頃から出会いより別れの方が寂しいから卒業式が苦手だったのですが、ちゃんとした別れ...

  • 2021/06/16 19:09

    本日は要役の清水陽介さんから届いたコメントをご紹介します!■去年一年間、コロナ禍で何か生活の変化はありましたか?どんな生活を送っていましたか?去年僕は大学4年生で学生生活最後の年だったのですが、友達と会うことが全く出来なくなり、友達が大好きな僕にとってはすごいショックな1年でした。そして、何も...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください