【6月1日追記】緊急事態宣言延長による開催時間の変更について

開催期間を6月19日~23日(5日間)10:00~17:00でご案内していましたが、緊急事態宣言延長に伴い、19日および20日の開催時間を短縮することとなりました。ご予定されていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(変更点)----------------------------------------

6月19日(土) 10:00~17:00 → 15:00

6月20日(日) 10:00~17:00 → 15:00

6月21日(月) 10:00~17:00

6月22日(火) 10:00~17:00

6月23日(水) 10:00~17:00

※尚、緊急事態宣言が短縮され19日および20日が対象とならない場合は、通常通り17:00までの開催を予定しております。

---------------------------------------------------



ご挨拶

はじめまして。大阪駅前第3ビルで小さな古書店・汎(はん)書店を営んでいる、船橋 栄日(えいひ)と申します。昭和44年生まれ、A型、牡羊座、動物占いは「コアラ」の陽気なオヤジです。大学3年と大学1年の2人の息子と嫁の4人、生かされている事に毎日感謝の家族です。

本を読まない、、と言われ続けて久しくなりますが、とどめを刺したのが「不要不急」。「不要」なものの一つとして古本が取り上げられ、色々な面で生きにくくなってしまいました。『何で古本屋なんかやってるの?』とか『もっと今の世の中が求めてる商売ってあるやん?』とか言われます。古本屋が人にっとって必要なく、無駄であるかのように、、

確かに、古本を扱っても蔵は立ちませんし、今流行りのファイヤーやスマートな人生などとは到底相容れない無駄の極致みたいなものかもしれません。でも、多くの商売人がそうであるように、本当に小さな取引であっても、その都度お客さんを笑顔にできる仕事は誇れるものだと思っています。お金を残すことも、財産を残すことも出来ないと思いますが、それでも、公私に渡ってその都度繋がる人間同士の関係が一番の財産だと確信しながら、ずっとこの商売を続けています。

阪神大震災の年からですので、今年で26年目になります。

古い本って、本当に良いですよ。色々なことを教えてくれるのはもちろん、じっくり考える事、振り返って見れること、いろんな人生を経験できる事、そして自分の趣味を満足させられる事、、本当は、無駄だと思われることが、人にとって一番大事な事かもしれないと思いながら、商売を続けているそんなオヤジです。


▶ ありとあらゆるジャンルが揃い、小さくて持ち運びに便利、場所もそんなに取らない、日本独特の出版形態、文庫本がやっぱり一番好まれます^^

▶ お客様の中には、古本資料から参考に、いろんなものを創作してプレゼントしてくれる方がいます。 ここにある団扇もそう。同じものが時の総理のお宅にもあるそうです。


このプロジェクトで実現したいこと

「古書店のおっさんたちが力をあわせ、みんなが楽しめる古本まつりを開催したい!」

ありのままを書きます・・・・

本プロジェクトで実現したいことは、地域の枠をとっぱらい、本当に古書を愛する店主を全国から呼び寄せて、お宝の集まるお祭りにしたいこと。もう一つは、古書店だけでなく、各地のイベントが中止になることで、会場設備業者など、かかる業者を含めてすこしでもお金が回ればと考えています。本当に、イベントが続々と中止になることで、古書店は苦境に立たされています。もちろん、インターネットを使った販売など、ほとんど全ての古書店が行っています。でもやっぱり、本当にず〜〜〜っと厳しい状態です。

ですから、本を愛する私たちがそうであるように、お客様にも実際にさまざまなジャンルの商品を沢山見てもらって、笑顔になって帰って頂きたいと切に願っています。そして、愛すべき仲間の一助になればと思っています。

救いの手を差し伸べてくれた京都平安神宮

そんな中、ありのままの状況に真摯に耳を傾けていただき、そして「それなら一緒にやりましょう!」と言っていただいたのは、平安神宮でした。京都では下鴨神社をはじめたくさんの古書まつりを開催していますが、平安神宮では初めてのイベントとなります。いままでも同様のお話があったと聞いていますが、私たちの状況とお話を聞いていただいた上で、快諾いただきました平安神宮には感謝しかございません。

実は、私たち参加店の家族や知り合いにも、多くの医療従事者、介護従事者がいます。ずっと耐えて頑張っている姿を見ると涙が出そうになります。去年よりもずっと酷くなっている状況で、自分たちも厳しいけれどもやっぱり商売はしない方がいいんじゃないか、、と迷っていた私たちの背中を『守るべきことは守って、今自分たちができることを少しずつでも始めることが大切だよ』と、そっと押してくれたのも彼(彼女)たちでした。

今本当に世界的に大変で不安な状況で、見通しが立ちません。ちょっとした言葉や対応が人の非難の的になり、我先にとさまざまなモノを奪い合う、、少しの思いやりや優しさを持ちにくい、そんな心になっている様に思います。

私たちに力はありませんが、この平安神宮で、少しでも来場下さる皆様と想いを交わし「心と世界の平安に思いをよせて」このイベントを行っていくつもりです。

▶ 古書まつりの会場となる平安神宮の境内

▶ 高さ24m、幅18mにもおよぶ平安神宮大鳥居


文化庁にも思いをぶつけてみた!

平安神宮のご協力を得ることができた今、このイベントの意義、熱い思いをメールにのせ、文化庁に協力をお願いしたところ、なんとご協力いただけるとのこと!

正直、色んなところを回されて、あれこれと言われて断られると思っていました^^

しかし実際は、何度も何度も相談に乗って下さり、アドバイスを頂き、「無事に開催されて、平安を手に入れる事ができる即売会になりますよう、祈念しています」と温かい言葉も頂きました。

全力の思いは通じる。新たな学びでした。



全国からお宝を集めたい!

実は古本まつり、全国から集まることは「ほとんど」ありません・・・

それもそうです。イベント会場へ各お店は何往復もして重たい本を持ち込みます。遠くなれば遠くなるほど出店は大変になります。運送費もばかになりません・・・

でも、できないことをやりたい!

他県のお宝を京都に集めたい!

よし!

熱い思いをメールにしたためよう!


東は石川県、西は岡山県から古本が集まる前代未聞のイベントへ!

共感してくれた古書店の店主たちが続々と賛同してくれました。
こんなに色々な地域から集結するのは、おそらく初めて
各都道府県での古書イベント・即売会は定期的に開催されていましたが、
これだけ多種多様な店舗が集まるのは、記憶にありません。
やはり、各地にあるお宝を目にできる機会へと、スケールアップしたいと思います。


平安神宮に集う!18人のおっさんたち!【閲覧注意】

参加各店からは、この度の古本まつりにかける想いや、皆様に伝えたいメッセージが届いています。それを紹介します。ありのままの店主をご紹介していますので、少々クセの強い画像もございます。何卒ご了承くださいませ。



【まじめに】プロジェクトを立ち上げた背景と「知っていただきたい現実」

正直なところ、店頭販売だけでは厳しい商売です。

古書店の多くは、年々売り上げが減少しており、苦境に立たされています。

そんな中でも、各地で開催される古書イベントや即売会で「本がないと寂しいと感じる方々」「目利きの鋭いおじいさん」「海外から日本の古書に興味をもった留学生」「古書研究の学者」「自らのコレクションを充実させるために労力を厭わない強者」など、コアなファンが集まる機会で、なんとかやりくりをしていました。

が、

新型コロナウイルスの影響でそんな貴重な機会も奪われ、仕入れたお宝や、お眼鏡にかなうアイテムをご紹介する機会が失われてしまいました。今年だけでも、四天王寺の古本まつり、中之島まつり、みやこめっせ大古本即売会など全て中止となりました。


引用:http://www.garbagenews.net/archives/2386845.html

ブックオフさんや、古本市場さんように比較的新しいリサイクル本を販売されているのが「新古書店」(図:赤帯)我々のように、絶版本や歴史書物、骨董アイテムなどを扱うのが「古書店」(青帯)です。古書には古書の魅力があり、伝統的な業種ですが年々市場規模は衰退傾向にあります。


もちろん、魅力を伝える努力ができているか?と言われれば、わかりません。

この業界も今のままでは、なくなってしまうかもしれません。

もっと古書の魅力をアピールする機会に、その決意表明として、

今回のイベントをスタートと位置付け、なんとしても開催したいと考えています。

今回、参加する店主は、皆同じ思いです。


感染症対策はきっちり実行して当たり前

この先どのような状況になっているかわかりませんが、ご来場いただくお客様にご安心していただき、お宝を探して頂くためにも感染症対策が重要です。また、ご支援いただいた皆様や、各古書店、そして平安神宮へ恥をかかせるわけにはいきません。口だけではなく、安全面に配慮した会場づくりを当日お見せできると考えています。

ご来場下さる皆様には、以下の3点をお願いいたします。

① マスクの着用をお願いします。されていない方の入場はできません。

② 会場内は飲食厳禁となりますので、飲食の場合は一旦会場から出てお願いします。

③ 会場内はお宝満載です。見つけて嬉しい時は、声を出さずに小さくガッツポーズでお願いします。


資金の使い道・実施スケジュール

開催期間:2021年6月19日(土)~23日(水)の5日間

開催時間:10:00~17:00

開催場所:平安神宮


皆様から支援いただきましたお金は、

◆会場費用

◆設営費用

◆古書運搬費

◆感染症対策費用

に活用させていただきたいと思います。

また、新型コロナウイルスの影響によりどうしても開催ができない場合でも、準備費用としてすでに必要な経費が発生しています。それらに資金を活用させていただき、残金は古書店およびかかる業者(設営業者・会場など)への支援金として活用させていただきたいと思います。リターン品は各店舗で使える割引券として郵送にてお届けさせていただきたいと思います。(延期開催は本日程以外、難しい状況であるためそのような対応となることを何卒ご了承下さい)

----------------------------------

開催中止の場合の割引券について

----------------------------------

お届け方法:郵送にて順次発送させていただきます

有効期限:2021年6月19日(土)~7月19日(月)

ご利用いただける店舗:今回出店予定だった店舗

①オヨヨ書林    石川県金沢市新竪町3-21     TEL076-261-8339

②太一       静岡県静岡市清水区渋川2-6-6  TEL080-8253-1105

③不死鳥BOOKS    岡山県総社市長良492     TEL0866-37-1012

④古書からすうり  三重県名張市中町363     TEL0595-41-1578

⑤クロックワーク  滋賀県大津市石場8-6                    TEL077-516-8872

⑥シルヴァン書房  京都市右京区太秦下刑部町    TEL090-4812-7840

⑦石川古本店    京都市左京区一乗寺南大丸町95   TEL075-711-5429

⑧町家古本はんのき 京都市上京区鳳瑞町225                TEL075-205-3286

⑨小亀屋      亀岡市篠町馬堀広道7-1 202号   TEL0771-25-4522

⑩暮藹書房     京都市北区衣笠鏡石町9-14           TEL070-5659-4509

⑪京都スターブックス 京都市上京区有馬町184             TEL075-366-6879

⑫ピエト文庫    大阪府大東市三箇1-3-9                  TEL072-873-7876

⑬稲野書店     大阪府豊中市服部西町2-8-7     TEL06-6866-2320

⑭古書キリコ    大阪府箕面市瀬川4-15-53              TEL072-724-5877

⑮厚生書店     大阪市中央区谷町6-3-12                TEL06-6773-9360

⑯小町書店     大阪市東淀川区大道南3-6-15        TEL090-3625-0178

⑰星空書房     大阪府高槻市津之江町3-3-6           TEL072-696-4210

⑱汎書店      大阪市北区梅田1-1-3 B2-103         TEL06-6341-1192

尚、無店舗(ネット販売のみ)の参加店の場合は、ネット商品より割引をさせて頂きますので、お気軽にお電話でお問い合わせ下さい。

リターンのご紹介
① 1,000円:割引券200円+会場での御礼
② 3,000円:割引券700円+会場での御礼
③ 10,000円:割引券3,000円+会場での御礼 
④ 30,000円:ネームプレート小+会場での御礼 
⑤ 50,000円:ネームプレート中+会場での御礼 
⑥ 100,000円:ネームプレート大+会場での御礼

※ 使用期限は本イベント開催期間に限ります。(2021年6月19日~23日)

※ 開催中止の場合は条件が異なりますので、上記「開催中止の場合の割引券について」をご一読下さい。


最後に

コロナ禍において、苦境に立たされているのは飲食店だけではございません。もちろん、古書店だけでも御座いません。かかる卸売り業者、イベント会場の設営業者など含めて、本イベントには大きな期待を寄せています。皆さまのご支援だけが頼りです。よろしくお願い致します。


本件に関するお問い合せ先

汎(ハン)書店:船橋 栄日(エイヒ)

メールアドレス:hanshoten@maia.eonet.ne.jp

店舗電話番号:06-6341-1192

URL:https://www.kosho.or.jp/abouts/?id=31010150


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/17 20:58

    今日は搬入初日でした!!天気が良すぎて、「こんなに汗をかいたの、久しぶりやな、、」とクタクタになりました(笑)それぞれの特色が出た本棚が、テントごとに色をだし、平安神宮の境内に花を咲かせています。明日、二日目の搬入が終われば、満開になっているはず^^皆様のお越しを、心よりお待ちしております。P...

  • 2021/06/12 20:22

    これは!!!!!!!超有名作家の新発見の書簡なのか〜〜〜!!!と、とんでもないものから、子どもたちが喜ぶ絵本や童話、自分時間を満喫させるレコードやDVD、強者マニアを唸らせる珍品などなど、参加店の皆さんから続々と出品商品のリストが届いております^^ 開催まであと1週間となりました。どうぞ皆さん...

  • 2021/06/06 10:56

    本日午前10時、開店と同時に来店。朝から活字に飢えた人たちが沢山来てました^^ いや〜、嬉しいことですね〜。厚かましくも、入り口横に裏表を使って掲示して頂きました。丸善ジュンク堂梅田店さんの快い協力に感謝感謝です。おっさんの写真が、、、、、大丈夫かな?(笑)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください