はじめに・ご挨拶

新潟市江南区にある縄文ギャラリー「JOMON」。2019年2月6日にOPEN。現在、国宝縄文商品の等身大のリアルレプリカを中心に、オリジナルミニチュアの縄文土器・土偶など陶器にそして細部にこだわった商品を開発しています。現在、某有名博物館のミュージアムショップやネット通販など縄文文化促進の為に、また縄文ファンの要望に応えるべく幅広く活動を広げています。

縄文ギャラリー「JOMON」の店内。縄文国宝~指定重要文化財まで縄文が数・種類も多く存在ます。

縄文ギャラリー「JOMON」は無料で見学・写真OK・土器ダッコOK・質感・重量をお確かめください。

営業時間。平日AM10:00~17:00(土曜休日・祭日お休み)事前予約必要0120-87-6009 担当小池


このプロジェクトで実現したいこと

先日、縄文・火焔土器の本場、新潟県長岡市の経営者100人の集会で「縄文土器・土偶」のお話を壇上ですることがありました。驚いたことにほとんどの経営者の方々の反応は、「縄文文化に無関心の現状」に驚愕しました。本場新潟の地元でもこんな環境があります。現実に「縄文文化」に興味を示す方の少ないがしかし、私どもは「世界に誇る・縄文」「縄文土器・土偶美しさ、すばらしさ」を伝えるべく運動をしてきました。そんな時、北東北・北海道の縄文遺跡群が世界遺産に!のニュースを聞いて本当に心よりうれしくなった次第です。縄文文化・土器・土偶が世界に評価されたことによりコロナ渦で蔓延している日本に改めて燃え上がる炎の灯がともり、その種火が次々に飛び火して大きな情熱のような光になればいいと信じています。そんな応援してくれる方々に「土器職人の手作り火焔土器・土偶」を是非にお届けしたいと思いました。是非この機会に縄文文化の象徴「火焔土器」を本場新潟よりお手元にお届けします。

写真、新潟県十日町市、笹山遺跡出土・火焔型土器30㎝ レプリカ 陶器製の為ずっしりと重いです。

縄文ギャラリー「JOMON」ではミニチュア土器・土偶など幅広く製作しています。手作り陶器製品。

私たちの地域のご紹介

新潟県は信濃川を中心に「縄文火焔街道」なる名称のものもあり、縄文遺跡・縄文の火焔土器など数多くの出土品があり、街のあちこちにも縄文土器のモニュメントを見ることが出来る環境があります。また新潟市の陸上競技場の聖火台は「火焔土器」が採用されていて新潟の縄文文化の幅広さ、深さを確認することが出来ます。また歴史・郷土博物館も多く、数多くの資料を含め見識者も多い、そんな中で2020年の東京オリンピックの聖火台に「縄文土器を!」の声が開催決定と同時に盛り上がり、それと同時に縄文ギャラリー「JOMON」。2019年2月6日にOPENしたのでした。無料で触って・抱っこして・火を灯して写真が撮れる。そんな無料で見学のできる場所として地元の子供たちから、博物館関係者まで幅広い見学者が人数は多くはありませんが来場されています。(要電話予約制・フリーダイヤル0120-87-6009)

縄文の国宝・有名土器・土偶の数々の種類が多種多様に揃っています。専門の研究者の方々でも博物館とは違う雰囲気と、縄文の空気に圧倒されることが多いです。もちろん、どの作品もお持ち帰りできます。

縄文土器は見ているだけでも楽しい!。専門的知識は学者の先生にお任せして、「楽しい・面白い・不思議」をテーマにしてます。ここにあるものはすべてレプリカ(模造品)です。本物ではありません。

国宝・合掌土偶実物大のリアルレプリカ。3体も国宝が並ぶと笑える。実に楽しい!僕はこれでいいと思います。土偶は1体1体違いがあり個性があります。又焼きあがると雰囲気が違うものです。

プロジェクトを立ち上げた背景

この度の、北海道・北東北の縄文遺跡群が世界遺産のニュースを受け、「日本の縄文文化が世界的遺跡文化として評価された」として縄文文化や土器・土偶の大好き人間はものすごい嬉しいニュースでした。

そこで縄文文化の象徴として代表でもある「縄文・火焔土器」新潟の土器職人が手作りで一つ一つ製作した逸品を、クラウドファンディングにて御縁ある方に提供したいとこのタイミングで立ち上げました。もともと職人の手作りの火焔土器は生産量が極めて少なく縄文ファンの皆さんに紹介することがいままで出来ません。がしかし、縄文文化の世界遺産に評価されたことを記念して「縄文土器・土偶作家」の手作りしてきた作品を限定で公開することといたします。現在、日本において土器職人の環境は厳しく、縄文土器だけで生活は困難でこの技術を若手に伝えることさえ難しい現実があります。

早々にでもこの環境を改善して、高齢になった土器職人を応援すべくクラウドファンディングを企画しました。今日も土器職人は縄文火焔土器を日々コツコツと制作しています。是非に土器職人への応援の程よろしくお願いします。

他人を寄せ付けない非公開の秘密の縄文工房。毎日コツコツと土器職人は縄文のみしか作りません。

それだけに強いこだわりと、徹底した火焔土器・土偶への信念と情熱を持ち魂を込めて製作します。

火焔土器と王冠型土器。夫婦土器とも言われるほど一緒に発見されることが事例が多い。がしかし火焔型土器が余りにも有名で王冠型土器の存在感はうすいです。そこで今回は土器職人の情熱で2個ペアにしたリターン商品を格安で提案しています。是非にこの機会にオススメしたいと思います。

火焔土器と王冠型土器。熱い思いを新潟の土器職人からのメッセージをお伝えします。

これまでの活動

縄文・JOMONは日本発の世界に誇る古代文化だと思います。1万年もの長きの間に日本で独自に発達した平和で豊かな世界。縄文土器のように芸術性のある高度な文化を持った縄文時代が、「世界遺産」となりさらなる火焔土器・縄文の土偶が評価されることを希望します。等身大の縄文土器や土偶は、資料館の方々、学校の資料、考古学好きな方々、縄文のマニアの人たちで支えられてさらに、新潟で縄文が大好きな人々で集い・語らい・楽しい時間を過ごしてきました。縄文の仲間はいつも目をキラキラさせて時間のたつのも忘れて話が盛り上がります。そんな中、小型の縄文土器・ミニチュア土偶などもオリジナルで製作して協力者も増えてきました。がしかし、すべて手作りなので生産量には限りがありますが是非この機会に限定となりますが縄文土器職人手作りの逸品を入手して頂きたく思います。


ミニチュア火焔土器・遮光器土偶・ビーナスなど手作り陶器製品なので慎重に作業しないと破損します。


陶器製として焼きあがったので、これから検品・台座装着・装飾・梱包・化粧箱にと作業が進みます。炭火で焼きあがるので1個1個に違いがあり個性が出ます。

資金の使い道・実施スケジュール

縄文遺跡の多い新潟県でも一般の方の縄文文化等の認知度は高くありません。そこでワークショップ。体験会。など子供達も参加できるイベントなどを今後立ち上げ、またその様子を動画で編集しYouTube動画にして国内外にも「縄文・JOMON」を日本から広く世界へ発信、告知をしたい、そして高齢の土器職人の技術を若い後継者へ伝えるべく、資金の一部を指導育成活動資金としても活用したいと考えています。

縄文の仲間は元気で愉快で、笑顔の方が多いです。あったその日から大親友のようになり「縄文」の話だけで数時間も語らい会います。日本人のDNAは1万年も続く争いのない世界を忘れてはいないようです。

新潟は豪雪地帯、大雪の中でも縄文が大好き人間たちは本当に元気です。竪穴式住居は以外にも暖かいものなのです。

リターンのご紹介

火焔土器 20㎝ 33.000円 20個

火焔土器・王冠型土器2個セット 49.500円 10個

火焔土器 30㎝ 82.500円 

火焔土器・王冠型土器2個セット 122.000円 10個

火焔式土器46.5㎝ 国宝同寸実物大

495.000円 限定1個

ビーナス実物大 22000円

合掌土偶実物大 16500円

ハート顔土偶実物大 22000円


ミニチュア火焔土器 2000円

ビーナス 2000円

遮光器土偶 2000円

みみずく土偶 2000円

火焔土器 10㎝ 6000円

遮光器土偶 15㎝ 7000円

縄文クリアファイル 500円

縄文国宝記念切手&縄文クリアファイル 1500円

勾玉 3.000円

遮光器マグネット 1000円

火焔土器マグネット 1000円

小さな縄文博物館S 5500円

小さな縄文博物館L 11000円

最後に

縄文・JOMONは日本発の世界に誇る古代文化。1万年もの長きの間に日本で独自に発達した平和で豊かで縄文土器のように芸術性のある高度な文化を持った縄文時代が、「世界遺産」となりさらなる火焔土器・縄文の土偶がさらに意味ある文化的評価をされることを希望します。是非この気概に限定となりますが土器職人手作りのリアルレプリカを入手してみてはいかがでしょうか?


火焔土器と和ろうそくのコラボ


巨大火焔土器、日本最大級の作品 博物館でも見ることのなり秘蔵の火焔土器。

 

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください