はじめに・ご挨拶

「こどものための100冊」キャンペーンは、書店・出版社をはじめとする出版業界のパートナーとして活動してきた「文化通信社」が事務局を務めています。

プロジェクトの背景

昨今の生活環境の変化やSNSの普及、ゲーム時間の拡大により、こどもが活字 に触れる機会が減少し、国語力が著しく低下していることが、様々な統計により指 摘されています。また専門家によると、特に人格形成期の大事な時期である 9 歳ま でに読解力を身につけ、考える力や表現する能力を養うことが重要であるともいわ れています。 「子どもたちの未来のために、よい本に触れるきっかけをつくりたい」 そして本に触れることにより、「心にゆたかな森を作ってほしい」。そんな思いからこのプロジェクトが始まりました。


プロジェクト概要

家にいることが多くなってしまったコロナ禍のなか、子供たちに、もう一度、本の魅力を知ってもらうきっかけづくりのため、編集者や書店員、図書館司書など、いわば本のプロが選んだ100冊の本をセレクトしたカタログ「こどものための100冊」を制作、全国の書店、図書館、保育園で配布いたします。


・コンセプト:「本で心にゆたかな森をつくろう」 
今回「こどものための 100 冊」キャンペーンに言葉を寄せてくれた明治大学 齋藤 孝教授も、「活字は子供の成長にとって大変重要であり、活字を読むことにより頭の 働きが変わってくるだけでなく情操面も育つ」「就学前の絵本は想像力を育て、他人の気持ちを思いやることができるようになる」と仰っています。こどものころに活字に触れることが、いかに重要かがわかります。

・「こどものための100冊」カタログ
現在育児中のパパママ著名人 15 名※と、本のプロである書店員、図書館員 10 名に、それぞれ「こどもに読ませたい、読んでほしい本」を 4 冊、計 100 冊を 選んでいただき、コメントと一緒に「こどものための 100 冊」カタログにまとめました。

カタログには選者の皆さんが実際にお子さんと読んでいる絵本や、ご本人が 子供のころ読んでもらった本など、心温まるエピソードと共に紹介されています。 カタログを読むと、皆さんがお子さんと絵本や本を通して、こころの交流を行って いる様子が目に浮かびます。そして齋藤先生の言葉通り、ご自身も絵本や本によって、人生を決めたり、大きな影響を受けられていることがよく分かります。

皆様いずれも実際に育児をされている方々であり、お子さんとの日常を発信されて います。またご自身の経験から、育児に頑張っているお母さんたちに向けてのメッセージも、カタログに掲載されます。

・選書にご協力いただいたパパママ著名人の皆様:(敬称略・五十音順)
秋元さくら(シェフ)・石田明(NON STYLE)・内田恭子(フリーアナウンサー)・岡崎裕子(陶芸家)・ 尾上菊之助(歌舞伎俳優)・工藤紀子(小児科医)・小山進(パティシエ)・斎藤紫(野菜ソムリエ)・ 友利新(女医)・福井正一(フジッコ社長)・細川直美(女優)・三浦瑠璃(国際政治学者)・山本侑貴子(食空間プロデューサー)・横川正紀(ディーンアンドデルーカ代表)・和田明日香(料理研究家

・選書にご協力いただいた書店員の皆様:(敬称略・五十音順)
大本由夏(啓文社コア福山西店)・河合貴子(大垣書店イオンモール京都桂川店)・古川桂子(TSUTAYA LALAガーデンつくば)・吉儀千栄美(今井書店グループセンター店)・渡邉 郁(有隣堂)

・選書にご協力いただいた図書館司書の皆様:(敬称略・五十音順)
黒岩綾香(長崎市立図書館チーフ)・小林彩乃(TRCシティプラザ図書館館長)・高野真絵(港区立三田図書館副館長)・村野茜(八代市立図書館チーフ)・山田麻美(燕市立図書館チーフ)


・キャンペーンキャラクター「モーリーくん」
こどもたちに親しんでもらえるよう、このキャンペーンでは「モーリーくん」というキャラクターが大活躍します。 カタログはもちろんのこと、書店や図書館でのフェアを彩る、 ポスターや POP など、あらゆるところに「モーリーくん」を見つけることができます。

 「こどものための 100 冊」キャンペーンのデザインは、イラストレーター・絵本 作家でもあり、1995 年から NHK 教育テレビ(Eテレ)で、『ハッチポッチステーシ ョン』『クインテット』『フックブックロー』『コレナンデ商会』のアートディレクシ ョンを 25 年以上にわたり手がける、藤枝リュウジ氏によるものです。 何ともいえないユーモラスで可愛い「モーリーくん」がキャンペーンを盛り上げ てくれます。


◆公共図書館での展開
全国の公共図書館にカタログ掲載書目の館内展示などを呼びかけます。展示図書を購入したいという来館者には、チラシなどで近隣の書店様を紹介していただきます。

◆大手保育園で園児の父母への配布
大手保育園を通して保育園児約4万人の父母にカタログを配布します。書店での児童書の増売に結びつけ、未就学時から本に親しむ機会を創出します。

 >協力保育園/グローバルキッズ、JPホールディングス、学研ココファン・ナーサリー 、さくらさくみらい

◆全国の書店でフェアを開催
「こどものための100冊」カタログに掲載された書籍のフェアを各書店の店頭で開催いたします。

これまでの活動

「こどものための 100 冊」キャンペーンは、メディア業界の専門紙「文化通信」 を発行している株式会社文化通信社(東京都文京区・代表取締役 山口健)が、企画・ 主催しております。昨年末「本を贈る」文化の定着を目指し、全国約 1500 店の書店 で開催した「ギフトブックキャンペーン」に続き、関連団体、数多くの会社の協賛・ 協力を得て 6 月 20 日より展開いたします。 「こどものみらい」が明るいものであるよう、本がこころの中で大きな木を作り、 やがて豊かな森を作る一助になれば、私たちは嬉しい限りです。


資金の使い道

・保育園や幼稚園の子供たちへの無料配布分の制作・配布費用に充当させていただきます。
 

リターンについて

リターンとしては、「こどものための100冊」カタログをご用意させていただきます。
私たちはこのキャンペーンが、より多くの子供たち・ご両親、祖父母の方にとって、素晴らしい本を手に取るきっかけになってほしいと考えております。キャンペーンにご賛同いただいた方には、ぜひ「こどものための100冊」カタログを、周りの方にお配りいただき、本を読むことの素晴らしさを伝えていただきたく思っております。


実施スケジュール

2021年6月初旬 クラウドファンディングスタート
2021年6月20日 キャンペーンスタート
2021年7月10日 クラウドファンディング終了
2021年7月中旬以降~ リターン発送

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください