はじめに

 1999年より大阪ミナミの商店街が、夏の道頓堀川をライトアップするために1灯1万円の献灯を集めて開催してきた「道頓堀川 提灯ライトアップイベント」です。当初の600灯余りから、ここ数年は約1,300灯までになりました。2011年からは、60W電球から防水型LED電球(7.1W)へと変更して約80%の節電も達成する事ができました。

 ここ数年は、道頓堀川を訪れる国内外からの観光客の皆さまにも親しまれ、大阪ミナミ「道頓堀川」の夏の風物詩として親しまれています。

商店街代表が集まった
点灯式(2018年

夏祭りでにぎわう道頓堀(2015年)

主催団体「いっとこミナミ実行委員会」

「道頓堀商店会」「心斎橋筋商店街振興組合」「戎橋筋商店街振興組合」「宗右衛門町商店街振興組合」が中心となって、ミナミの13の商店街組織が構成している団体です。代表は道頓堀商店会、会長の上山勝也氏(串カツだるま社長)が務めています。この「道頓堀川万灯祭」以外に2025年開催の「関西・大阪万博」誘致モニュメントの製作設置、道頓堀の芸能を無料で鑑賞できる「川面舞台」などを実施しています。

川面舞台(2019年)万博誘致モニュメント
「ガッツ」

しかし、一転

 昨年からのコロナ禍により、大阪ミナミは飲食店を中心にして閉店、休業が相次ぎ、訪れて頂く方も激減しています。昨年、初めてオンラインを使用して商店街関係者以外の方からも献灯しやすくし、「大阪ミナミに元気を」の 呼びかけをおこなったところ約100灯の献灯を頂きました。「ミナミがんばれ」「ミナミ負けるな」の励ましの提灯もたくさんあり私たちも大感激致しました。心よりお礼申し上げます。

道頓堀商店街
(2020年)
戎橋(2020年)
そして、今年

 まだまだ、先の見えないコロナ禍は続いています。ミナミは力を合わせて、店内換気を重点にした安全マニュアルの整備と点検を実施して、コロナ感染防止に立ち向かっています。その中で、「道頓堀川万灯祭2021」も開催して文字通り大阪ミナミに明かりを灯す事にしました。初めてのクラウドファンディングです。ご協力をお願い致します。

皆さまのお気持ちを道頓堀に

 1灯1万円でご自身のお名前、会社名、店舗名、メッセージなどを提灯に記載して道頓堀川の川辺に掲出します。記載文字の制限は以下の通りです。
 ・10文字まで
 ・手書き文字になりますので、ロゴなどは記載できません。
 ・誹謗中傷、公序良俗に反するものはお断りします。(事務局が判断します。)
 ・クラファンサイトから送れる文字のみになります。(異体字などには対応できません。)
 ・提灯の両面(陸側、川側)に記載します。
 ・提灯をお渡しする事はできません。
 ・道頓堀川に掲出した提灯を撮影して、ご登録のメールアドレスにお送りします。

頂いた資金の使い道

提灯製作費、掲出中のメンテナンス費用に充てられる他に、主催団体である「いっとこミナミ実行委員会」が責任を持って管理し、コロナ終息後の大阪ミナミ復活のために使用します。

最後に

グリコサインで、戎橋で「世界の名所」となった道頓堀に皆様の力をお貸し下さい。

■タイトル  「道頓堀川万灯祭2021」
■期間     2021年7月1日~2021年8月31日(62日間)
■点灯時間   19:00~26:00
■提灯掲出場所 道頓堀川水辺遊歩道「とんぼりリバーウォーク」
                       深里橋~日本橋間

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でも、商店街組織で集めた献灯で計画を実行し、リターンをお届けします。
※使用している画像は、全て「いっとこミナミ実行委員会」が撮影したものです。無断使用、無断転載を禁じます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください