ご挨拶

こんにちは
名古屋芸術大学アートマネジメントコース4年生です。

左から、水谷風花(みずたにふうか)、河村優水(かわむらゆみ)、森夏音(もりなつね)、堀内佳美(ほりうちよしみ)、伊藤榛那(いとうはるな)

私たちは、2018年に入学して以降、アートマネジメント(芸術経営の学問)を学んできました。
そして、2022年3月に卒業を控え、4年間の集大成となる卒業制作公演の実施を予定しています。

今回、その公演を成功させるためにクラウドファンディングに挑戦します。
私たちの思いを最後まで読んでいただけると幸いです。


コロナ禍での大学3年生

私たちの学習環境が大きく変わったのは3年生のことでした。
新型コロナウイルス感染症が流行し、夢に見ていたものとは大きくかけ離れた大学生活となってしまったのです。

本来であれば、4年生の卒業公演に向け、実社会での制作業務を経験するためのイベントを3年生のうちに実施する予定でした。しかし、昨年の授業で行ったのは、ホールを選択し、下調べした後に、ホールにインタビューに行き、企画内容から予算案、当日の流れなどを考えるという、机上のシミュレーションでした。
経験を積む1年だったはずの大学3年生は、新型コロナウイルス感染症の影響で実践の機会は全くありませんでした。

昨年は、何もできないもどかしさを感じ、悔しい思いをしました。
今年こそは、昨年の悔しい思いをぶつけたいと考えています。


卒業制作公演を成功させるために

大学生生活最後の公演を成功させるため、私たち5人は話し合いを重ねてきました。


現在は、1回目のクラウドファンディングで集まった資金を使用し、タイトルロゴやチラシの作成等に取り組んでいます。より多くの方にこの公演に来ていただきたいため、チケットもなるべく安く設定したいと考えています。その結果、チケット収入だけでは、収支を合わせることが難しくなっているのが現状です。

芸術大学生として、アーティストにはきちんとした謝礼をお支払いしたい。公演の構成も専門家の指導を仰ぎたい。照明や音響をプロの方にお願いして演出効果を高めたい。高輝度のビデオプロジェクターを使ってより洗練された舞台にしたいと考えています。

しかし、チケットを安くすることを優先的に行うと、どうしても予算が足りなくなってしまいます。

このままでは、私たちの力だけで公演を成功させることはできません。
成功させるためには皆さまのお力添えが必要です。

日々状況が変わる中で、公演自体ができなくなる可能性も少なからずあります。
ですが、4年間学んできた知識やスキルを、この卒業制作公演で発揮したいと考えています。


卒業制作公演概要

ここで、公演概要をご説明します。

2022年2月2日(水)、名古屋市千種文化小劇場にて
昼公演14時開演、夜公演18時30分開演で行います。

タイトルは、「昭和アイドル無敵伝説座談会&コンサート~華の80年代っていうけど実際何が華なのかちょっと教えてもらえます?~」です。

(こちらが前回のクラウドファンディングで集まった資金で作成したロゴです。)

「昭和アイドル」をテーマにし、公演の前半では、ナビゲーター「堀井”holy”庄一」ゲスト「アマイワナ」をお迎えし、アイドルを軸に昭和を振り返る座談会を予定しております。後半では、座談会ゲスト「アマイワナ」によるミニコンサートを開催予定です。また、本公演では、昼公演と夜公演の計2公演を予定しています。

なぜ今昭和アイドル?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。

若者世代にとって、80年代の昭和アイドルは、名前やヒット曲は知っているが、時系列では知らないことばかりです。そこで、正しい歴史を知ったうえで、これからどんなアイドルが誕生するのかという未来予想をしたいと考えています。

そこで、昼公演、夜公演で異なった内容の公演をおこないます。

昼公演では、80年代アイドルの全貌を明らかにし、今の若い世代が持つ昭和アイドルのイメージとのギャップを埋め、昭和アイドルが流行していたころの温度感を感じてもらう。
そして、夜公演では、昭和アイドルからの流れを汲み、今後どのようなアイドルが誕生するのか、当日会場にお越しの皆様と未来を考える公演内容を予定しております。


「昭和アイドルの歴史を知り、未来の輪郭を描く」
これが、私たちが掲げる公演の目的です。

そして、この公演に行くことが可能な方も不可能な方も、何か形として私たちの成果を手元に残していただきたく、4年間で挑戦したことのないグッズの制作と販売を行います。

様々なイベントが中止されている中で、今回卒業制作公演をできることを嬉しく感じています。

皆様のお力で私たちを卒業への手助けをしていただけると幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

〈出演者紹介〉
・ゲスト - アマイワナ(シンガーソングライター)
2000年1月1日生まれ。シンガーソングライター。ドリームポップ、ニューウェイブをルーツとした楽曲。カセットテープやレコードでのリリースが話題。レトロカルチャーにインスパイアされたライフスタイルやファッション、趣味が度々メディアで取り上げられ、同世代のカルチャーアイコンとして注目されて
いる。

・ナビゲーター - 堀井”holy”庄一
音楽プロデュースから新人発掘・育成、レコードレーベル運営、音楽イベント制作、音楽コンテンツ制作などに従事。メディアでは音楽番組を多数手がけ、中京圏でもZIP-FMやCBCラジオで様々な音楽番組を制作。CBCラジオの音楽番組『A MUSIC PROGRAM』では、堀井“holy”庄一としてラジオDJとしても活躍した。音楽の総合商社ディー・フォニックスの代表。

※大学から中止の要請が出た場合、公演中止になります。


ご支援いただいた資金の使い道
今回募集する30万円は以下のような資金使途で使用させていただきます。

・当日運営費
・クラウドファンディング手数料
・機材費(音響、照明、プロジェクター等)
・印刷代(チラシ、チケット等)
・グッズ制作費
・その他雑費

など


リターンについて

※11/10追記
【Tシャツのサイズにつきまして】
・限定カラーTシャツ(モノクロ)¥4500
以上のリターンにつきましてはサイズを選択する箇所がございませんので、お手数おかけいたしますが備考欄にてご希望のサイズのご記入をお願いいたします。

【限定カラーTシャツ(モノクロ)+夜公演のチケットの説明文につきまして】
説明文には「限定カラーTシャツ(モノクロ)と昼公演のチケット がセットになっています。」と表記されておりますが、正しくは「限定カラーTシャツ(モノクロ)と夜公演のチケット 」になります。



・昼または夜公演特別席チケット
・グッズ & 昼または夜公演チケット
・グッズ (チケットのご用意なし)

の3パターンでご用意しております。
詳細は以下の表にてご確認ください。

クラウドファンディングでご購入いただけるチケットでは、前方の座席へのご案内になります。

※ご購入希望の間違いにご注意ください。


《 昼または夜公演特別席チケット 》

《 グッズ & 昼または夜公演チケット 》


《 グッズ (チケットのご用意なし) 》

※公演グッズのデザインは変更になる可能性がございます。

※TシャツのサイズはS.M.L.XLの中からお選びいただけます。こちらの表を参考にしてください。


実施スケジュール

・2021年12月13日終了
・2021年1月下旬発送予定

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください