ご覧いただきありがとうございます!
日本一小さい市の蕨市で子育て支援活動しているNPO法人ふうせん代表の園川泰子です。

 ”ママたちの居場所をつくりたい”


子育て広場に来たママたちとお話をする中でずっと感じていました。
未来を担う子育てという大事な役割を担っているママたちなのに、なぜ、こんなにもまわりに気を使い、我慢をし、自分のことは後回しにしているのでしょう?

子どもが生まれる前は、イキイキと社会で輝いて働いていた人が、子育てのために家庭に入り、仕事をしていた自分と離れれば離れるほど、途端に自信をなくしてしまう…
自己肯定感が途端に低くなるママが多いのをご存じでしょうか?

子育てするのは当たり前で、誰も褒めてくれない…
これで正解なのかが見えない…
いつがゴールなのかもわからない…

様々なことが不安になります。

そんなママの気持ちに寄り添える地域のカフェ
ふらっと子ども連れでも行けるカフェ
「ママ」と「個の自分」の両方を大事に出来るカフェ

そんな場所を作りたいと思っています。

憩いの場所、学べる場所、交流の場所、チャレンジできる場所

そこは「ママの特別空間」

そんな場所を作りたいと動いています!

日本一小さな市(蕨)の小さなNPO団体の大きなチャレンジになります。
是非、応援よろしくお願いいたします!


今まで、助成金での活動は様々してきましたが、
クラウドファンディングは初めてのことになります!

はっきり言って…ドキドキです…
地道に活動してきた団体で、なんとか今までトントンでやってきました。
なので…資金力がありません。

ママ応援カフェを運営するには、たくさんの方のお力をお借りするしかない!

私達の取り組みを応援してください!

皆様からの応援はこんなことに使います。

 元々カフェをしていた場所を居抜きでお借りできるのですが、3年営業をしていなかったので、厨房機器の点検や消防施設の見直し、修繕が必要です。

 ママや赤ちゃんたちが気持ちよく過ごせる空間づくりのため、新しく内装や設備の購入をします。
オムツ交換台、赤ちゃんスケール、こどもたちが遊べるキッズスペース、おもちゃなど

赤ちゃんたちがハイハイできたり、子どもたちが騒いでも気にしなくていい、ママたちが安心して過ごせる空間を作ります。

 また、ママ応援カフェという新しい形態で運営するこのカフェを多くの方に知っていただきたい!
まずは埼玉県戸田市からはじめますが、色々な地域に広がればいいなと思っています。




蕨市が拠点のNPO団体ですが、今回のママ応援カフェは、蕨と戸田市の境にあります。
ママ応援カフェSonido(埼玉県戸田市上戸田1丁目21-7) 

東京から近い埼玉県南部地域ですので、昔から長く住んでる人と新しく住まいを構えた若い人たちが混在する地域です。特に戸田市は、埼玉県の中でも平均年齢が若い市で、大型マンションには若いファミリー世代が住んでいます。道満などの広い公園もあり、朝市のイベントや地域イベントも多いのが特徴です。

大型ショッピングセンターやスーパーも近くにあり、比較的に生活しやすい場所。
ただ、昔あった親子カフェは今はすっかり消えてしまいました。


 いつものように子育て広場に参加してくれてた一人のママ。
子育て広場が終わった後に、話があると近寄ってきました。

 『自分がままになって、こういうママたちが繋がれる場所って大事だなと思いました。実は、昔カフェをしてて、その場所が空いているので、そこを使ってなにか出来ませんか?』

 その言葉に光がさしたような気分になりました。

 子育て支援としてやりたいことはたくさんある。でも、私達には拠点がありませんでした。行政との恊働や委託、公民館を借りての活動。活動場所が委託により変わる「やどかり団体」

 拠点を持つには、まだ非力な団体なので迷いましたが、私達の活動に賛同して、格安での場所提供のお話。

こんないい条件は、今後ないかもしれない!
やらない手はない!
いつまで続けられるかわからないけど、やってみよう!

たくさん人の力を借りて、自分たちの夢、そしてママたちの
私たちNPO団体の夢を実現してみよう!と動き始めました。

場所があれば、様々な可能性が広がります!
私たちが常にやってきた  ”ママとママ、ママと地域を繋げる活動”
ママたちの声で実現したい ”ママが活躍できる場所づくり”
ママの声で必要だと思った ”シングルママ限定子ども食堂”

そうした、今まで手が出せなかったところもここでは出来る!
ママたちの声を近くで聴いて感じてきた私たちだからこそ出来る
ママたちの声で進化できるママの居場所づくりです。

もっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
「ママ応援カフェSonido×NPO法人ふうせん」


 『子育てもスキルに!あなたの子育てを地域で活かしませんか?』と活動を始めたのが、2006年5月こと。

 それからは、公民館や体育館などの講座の託児を受託したり、子育て講座や地域情報誌を発行をしていました。その後、2013年にNPO法人化して、託児だけでなく、ママたちの活躍の場や地域情報を届けるための大きなイベント「楽しく子育て!笑(び)ってフェスタ!」を開催、公民館の子育て広場の運営や子育て学級の講師などもするようになり、活躍の場が広がりました。

 コロナ禍になるとすぐに、オンライン子育て広場、母親学級を無料で開催!

不安なママたちと情報交換をしていました。

 常に、ママたちに寄り添い、ママたちの子育てが「孤育て」にならないように、地域との繋がりをもてるような場を作っています。「孤育て」がなくなれば、きっと「虐待」「産後鬱」などの社会問題も減る!ママも子どもも守れる社会になる!そう信じています。 

(子育て広場の様子)



皆さんから応援いただいた資金は大切に使わせていただきます!

店内の内装、修繕、設備など 14万
店内備品、おもちゃの購入 10万
電話、Wi-Fi設置2万
手数料 6万
返礼品準備・送付代 18万


4月中旬~ 少しずつ出来る範囲で内装関係進行中
5月中旬 運営やお店を使い方向けの説明会
7月上旬 オープン・お礼とオープン報告
8月下旬 返礼品発送予定



試作品を作る予算がないので、イメージでのご紹介になります。

応援してくださった皆様には、お礼メールを必ずお送りいたします。
そして、オープンの様子などもお伝えする予定です!

オリジナルハンドタオル(横34cm×縦35cm)

 

ワークショップや講座、教室の開催の権利
起業ママ向けです。自分の特技や資格を活かしませんか?
あなたの教室、講座開催の場所としてご利用いただけます。

午前開催、午後開催、また月極、単発などもありますので、
チャレンジショップ的に試してみませんか?


ドリンクチケット
ママ応援カフェSonidoで使えるドリンクチケットです。
他のリターン品と組み合わせています。


エコバック
かなり大きめのエコバックです。
これから発となりますが、大きさは下記です。
約W480xH405xD290mm
収納時:約W160×H160×D30mm(カラナビ付)
レジかごバック並みの大きさなのでお買い物には便利です!


ワンディシェフ開催権利
将来、カフェやお店を経営してみたい人が腕を試せる場所です!


応援枠もご用意しております。
ドリンクチケットもいらないよ!物もいらないよ!
私達の活動に賛同してくれる個人様、企業様大歓迎です。
是非、よろしくお願いいたします!



 このカフェをオープンすると決めてから、色々な方にお話をしました。

協力してくれそうな方、こういう場所を必要としてくれそうな方、
そして、地域のママたち…

 その反応は、思ったよりも大きくて、期待と励ましの声をたくさんいただいています。
不安になりながらも、本当にこういう場所が必要とされているんだなと感じ、今は、とにかく前を向いて進んでいます。

オープンできたなら、継続もしっかりする!
応援してくださる方へコミットしたいと思います。

ママが元気になるママ応援カフェ!
ママのためだけではなく、家族のため、地域のためになることは間違いないです!
ぜひ、応援よろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください