プロジェクト本文

1

はじめまして。山田敏夫(やまだとしお)と申します。

10月中旬に、日本初のファクトリーブランド専門サイト「Factelier(ファクトリエ)/http://factelier.com/をリリースします。「日本のものづくりの現場である“工場(ファクトリー)”を守り、“工場と消費者を正しい価値でつなぎたい”」という想いから生まれました。

商社や卸などの中間業者を通さず、工場と提携しFactelier(ファクトリエ)オリジナル商品を製作、ネットで販売することで、コストを最小限に抑えた最高品質の商品を購入していただけます。まさに「工場」と「消費者」をダイレクトにつなげるサービスです。

2

今回、CAMPFIREを通じてオリジナル商品の初回生産分の資金を募りたいと考えています。

ECサイト、商品デザイン、モデル撮影まではなんとか自費で行いました。
しかし、最初の受注生産分は工場側にリスクを取らせるわけにはいきません。
なんとかファクトリーブランドの第一歩を踏み出すために協力していただけませんでしょうか。
受注生産のため、未だ世の中にないものですし、この機会にFactelier(ファクトリエ)の想いを知っていただき、またお客様になっていただければ幸いです。

3

Factelier(ファクトリエ)をスタートするきっかけは、
アパレル工場が置かれている不利な状況を知ったことです。

長引く不況と円高、ファストファッションブームにより、メーカーが低コストな海外生産にシフトした結果、国内市場におけるアパレル品の国産比率は1990年の50.1%から2009年には4.5%まで減少しました。

日本の工場は価格競争を強いられ、倒産や原価を下げるための人員削減が続いています。

消えていくメイドインジャパン、それが現状です。

4

出所:経済産業省「繊維・生活用品統計月報2010年」調べ

23

24

(一番左が私、両親、兄夫婦と)

老舗婦人服店の息子として
私は1907年創業の婦人服店の息子として熊本で生まれました。日本製の上質で豊かな色合いの商品に囲まれて育ったため、上質なメイドインジャパンは身近な存在でした。

メイドインヨーロッパの誇り
大学に入り、フランスへ留学しました。
せっかくなのでラグジュアリー店で働こうと20通以上の店に手紙を書いたものの、大半は返事がきませんでした。そんな中、唯一チャンスをくれたのはグッチ・パリ店。なんとか面接をクリアし、就業期間中は得難い経験をさせていただきました。ものづくりへのこだわり・プロ意識、すべて一流で、自国商品への強いこだわりを持っていました。

最先端のファッションウォーカーへ
卒業後4年間、ソフトバンク系ベンチャー企業にてインターネットビジネスを学び、志望していたアパレル業界へ。東京ガールズコレクションの公式通販サイトを運営する「fashionwalker.com」へ入社しました。社会人としてアパレル業界を知らなかった私は、倉庫の物流担当からのスタートでした。

大量生産・大量消費という文化
ファストファッションの流れもあり、取扱商品のほとんどは中国・韓国製。芸能人やタレント、読者モデルを“おしゃP(おしゃれプレス、プロデューサーの略)”(広告塔)として掲げ、勢いと価格で販売攻勢をかけていくのが主流です。

メイドインジャパンで勝負
その後、事業開発部という社長直轄の事業部へ異動。
最先端の業界、分野に身を置きながらも「本質的な価値は何か」考える日々が続きました。パリの頃を思い出すと、彼らのようにプライドを持って働きたいとの思いが積もったからです。
前述しましたが、考えている間にも日本の工場は減少していましたので、「今しかない」と腹を決め、メイドインジャパンで勝負する決心をしました。

アパレルの構造改革
工場が苦しむアパレルの構造を変えたいと考え、中間業者を除き、工場と消費者が直接出会えるFactelier(ファクトリエ)を開始することにしました。

工場は、生死を分けるほどの過剰な原価抑制をすることもなく、技術を継承し続けられ、そして消費者は、最高級品質の商品を低価格で手に入れることができます。

これが、私のメイドインジャパンへの想い、背景です。

5

6

今回、Factelier(ファクトリエ)第1弾として提携する工場は、ワイシャツ工場「HITOYOSHI」です。
ブランドネームの「HITOYOSHI」は、同郷の熊本県人吉市に由来します。
国内外74もの有名ブランドの生産を手がけていましたが、2009年に親会社が経営破綻に陥りました。
しかし「雇用と技術を継承したい」という想いから経営陣が自社株買いを行い、経営を再建。

現在では、東京・有楽町の「阪急メンズ・トーキョー」をはじめとした百貨店やデパートを取引先に構えます。2012年11月には青山に旗艦店をオープンさせ、来年からは香港に進出。
メイドインジャパンのグローバルスタンダードとして、パリやニューヨークへの出店も計画しています。

7

「本物を求めている方なら、着た感じで違いが分かります」中村(57)

8

「襟」「カフス」「袖」「後身」「前身」と各工程を分担。
一日数百枚の縫製を25年間続けてきた、熟練スタッフが支えます。

9

一昨年は2名、昨年は2名と、若い新卒のスタッフも入りました。

世界の名だたるブランドのOEMを手掛け最高の商品を生みだしているということに共感し、同郷であるということにも縁を感じました。「第1弾はこのブランドしかない」と心に決め、同社社長のもとを何度も何度も訪問し交渉した結果、同氏の温かいお心添えを頂戴し、この度「Factelier by HITOYOSHI」を製作・販売することになりました。

10

1. シルエットにこだわったオリジナルデザイン

11

襟の高さ、細かいステッチ、アームホールの細身の幅、高級貝ボタン、カフスの縫製、すべてにこだわりました。

12

ネクタイが最高の形をする襟型、細身のシルエット、袖が常にジャストでフィットし続ける仕様は、ビジネスシーンに最適。もちろん、

13

ビジネスカジュアルとしても休日のシーンを彩ります。

2. 多彩な柄・サイズ展開(プレゼントにも最適です)

14

【色・柄】
ホワイト・ブルーをベースに、2色・6柄つくる予定です。

【サイズ】
S、M、Lという3サイズだけでなく、首の太さや袖の長さに応じて
多様なサイズを考えております。

首回り(裄丈)
39cm(82cm)※通常のMサイズです
39cm(84cm)
40cm(84cm)
40cm(86cm)
41cm(84cm)※通常のLサイズです
41cm(86cm)
42cm(86cm)
43cm(86cm)※通常のLLサイズです

※プレゼント用のギフトラッピング、送り先の変更をご希望の場合
後日お送りするメッセージにてお返事いただき、お知らせください。

3.価格は、大手百貨店や有名セレクトショップの3分の1

15

メーカー・商社・卸といった中間業者を省略することでコストを極限まで押さえました。
上記、品質やデザインに関してもクオリティは折り紙つきです。

【価格】
9,450円(税込)

18

■500円:御礼のご連絡・活動のご報告

■3,000円:「Factelier(ファクトリエ)」刺繍入りオリジナルハンカチ
※ステッチは細かく上品に仕上げ、生地は最高レベルの素材で作成します
※ハンカチの色はどのシーンにも合わせていただきやすい、ブルーもしくはブルーストライプです

19

■13,000円:オリジナルドレスシャツ
※襟、袖、カフス、ボタン、すべてにこだわり抜いた最高の一品です
※色・サイズは上記「多彩な柄・サイズ展開」よりご確認くださいませ
(サクセス後にお送りしますメッセージにお返事ください)

22

■16,000円:オリジナルドレスシャツ+「Factelier」刺繍入りオリジナルハンカチ
※襟、袖、カフス、ボタン、すべてにこだわり抜いた最高の一品です
※色・サイズは上記「多彩な柄・サイズ展開」よりご確認くださいませ
(サクセス後にお送りしますメッセージにお返事ください)

20

■30,000円:オリジナルドレスシャツ2点+「Factelier」刺繍入りオリジナルハンカチ2点
※襟、袖、カフス、ボタン、すべてにこだわり抜いた最高の一品です
※色・サイズは上記「多彩な柄・サイズ展開」よりご確認くださいませ
(サクセス後にお送りしますメッセージにお返事ください)

21

【パトロン様限定リリースパーティーを開催します】
13,000円以上ご支援いただきましたパトロン様には、後日詳細をご連絡させていただきます(11月頃、東京都内で開催予定)。ぜひ直接、御礼とご挨拶をさせてください。

16

17

グッチの同僚たちと(一番右:当時20歳の私)

馬具工房として創業したエルメス
トランク製造工場から始まったルイヴィトン
カバンの修理工場だったグッチ

世界の有名ブランドは元々、小さな工場でした。
職人の手がける傑作の一品を店頭で売るというシンプルな商売。
20歳の頃、パリのグッチで見習いとして働く機会を得た私は
このルーツを知りました。

私たちは、最高の品質とデザインを併せ持つ商品を、
インターネットを通して直接お客様へお届けします。

各工場の伝統が息づいたものづくりに、その手で直接触れてほしい。

ここから、メイドインジャパンを、世界へ。

どうかよろしくお願いいたします。

山田敏夫

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください