多くの皆様のご支援ありがとうございます

予想以上のたくさんの方々からのご支援のおかげで、公開から1週間で目標を達成することが出来ました。
ご支援の際にいただいたメッセージも全て読ませていただき、スタッフ一同本当に励まされております。
体験型のご支援を下さった皆様、誰もが安心して行き来が出来るようになったら馬たちに会いに来たいと言って下さった皆様のためにも
これからもスタッフ一丸となって馬たちの健康と居場所を守っていきたいと思います。

緊急事態宣言が継続されている中、来場者も非常に少なく苦しい状態が続いております。
皆様の引き続きの応援をよろしくお願いいたします。

はじめに・ご挨拶

私たちホースランドは、長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」内にテナントとして営業しており、現在4頭の馬たちが暮らしています。

馬という動物を通して、たくさんのお客様に笑顔を届けたいと努力を続けて来ました。

しかし、昨年からの新型コロナウィルスの影響で昨年は繁忙期のゴールデンウィークは休園
年末年始もお客様が激減。結婚式のキャンセルも相次ぎ大打撃を受けました。

重ねてこの第5波により、今年のゴールデンウィークの客足は例年の半分以下に。
現在の来客数も非常に厳しいものになっています。


それでも馬たちの餌代を始め、蹄を守るための装蹄代、病気予防のための予防接種や薬代、綺麗な寝床を作るためのおが屑代などたくさんの経費が必要です。

このプロジェクトを成功させるため、皆様のお力添え、温かいご支援をよろしくお願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと

ホースランドをなんとか継続して営業し、4頭の馬たちが今まで通り安心してこの場所で過ごし、お仕事していける環境を守りたい。

歴代ホースランドでお仕事してくれた馬たちの頑張りを、この先も受け継いでお客様を笑顔にしたい。


このプロジェクトを立ち上げた背景

きっかけは今年の1月に長い間ハウステンボスの馬車の歴史を作ってきてくれた馬車馬のバオバブが体調を壊し、馬車の引退を余儀なくされたことです。

その前年の2020年、新型コロナウィルスの影響でホースランドの営業は火の車でした。

メインのお仕事である婚礼馬車の予約もキャンセルが相次ぎ、300万円を超える損失がありました。
そしてバオバブの引退。
社長を始めスタッフも、ホースランドの存続を諦めていました。

ですが、他の馬たちが「変わらない日常」を過ごしている姿を目にして、ホースランドがなくなってしまえば、今いる馬たちの居場所もなくなってしまう。
それだけは何としても避けたいと思うようになりました。

婚礼馬車や馬車散策をこれからも継続していくために、赤字経営の中、新たに馬車馬ハウルを仲間に迎え調教し、乗馬担当のカプチーノも馬車の練習を頑張ってくれました。

それでも新型コロナウィルスは勢いを落とさず、客足は減る一方です。
この逆境をなんとか乗り切り、また馬たちと一緒にお客様を笑顔にしたいという思いから
このプロジェクトを立ち上げました。


これまでの活動

★ハウステンボスで結婚式を挙げられたカップルを結婚式会場から披露宴会場までお送りする馬車パレード

★オランダの街並みを20分かけて散策できる馬車散策

★直接馬の背中に乗って揺れや温もりが体感できる乗馬体験

★人参を食べさせて馬たちと触合うエサやり体験

★障害者施設の方たちとのホースセラピー

★サプライズでプロポーズをお手伝いさせていただいたプロポーズ馬車

★2020年「音楽の日」で森山直太朗さんを馬車に乗せてテレビ出演

★2020年「わがまま気まま旅気分」でスザンヌさんを馬車に乗せてテレビ出演

★2020年ハウステンボスの秋のCMにバオバブの馬車が出演


ホースランドの馬たち

バオバブ

長年ホースランドの馬車の歴史を作ってきてくれた優秀な馬車馬
2020年には歌手の森山直太朗さん、スザンヌさんを乗せてテレビ出演もし、ハウステンボスの秋のCMにも出演しました。
馬たちのボスで強くて優しい男の子
2021年1月に体調不良のために馬車を引退しました。










ハウル

バオバブの後継馬として4月に仲間入り
ペルシュロンという種類で体重1トン
体が大きいのでとにかく力が強く、悪気なくたくさんの物が破壊されますが、とても気の優しい10歳の男の子です。


アスラン

ホースランドの長老
アングロアラブという種類の24歳の元競走馬
バオバブと一緒にホースランドの歴史を作ってきてくれた乗馬担当の馬。
細かいことは気にしない超マイペース、超食いしん坊な男の子です。


カプチーノ

ホースランドのリーダー
バオバブの引退を受けて勝手にリーダーになっちゃった9歳の男の子
とにかくイタズラ大好きで自由奔放ですが、人にはとても優しく、意外にお上品
このゴールデンウィークには馬車のデビューも果たし、乗馬・馬車共にできちゃうスーパーホース




アンリィ

ホースランド唯一の女の子
世渡り上手なあざと系女子
気の強い一面もあり、大きなハウルにも果敢に立ち向かってます。
お子様を背中に乗せて写真撮影と人参を食べるのがお仕事




ホースランドの人間たち
社長

人間の長老
週末になるとホースランドに現れるレアキャラで、なぜか馬を捕まえに行くと逃げられることがある。
顔は画像そっくり。体型もそっくり。
特技は早起きと物作りや修理。
そのせいで社長なのにスタッフからは用務員のような扱いを受けている。


アキ

ホースランドの現場責任者。
面倒見の良い関西弁のおばちゃん。
ほとんどの時間とお金を動物たちにつぎ込む無類の動物好き。(晩酌も好き)
耳が良く、動物の鳴き声や足音を聞き分けることが出来る。
カプチーノの育ての親。



ソソ

ホースランドのスタッフであり、インスタグラマーとしても活動している(@soso_americanboy)
異色の経歴の持ち主。月の半分くらいはホースランドに滞在。
「soso Tube」というチャンネルも持っている。
ホースランドで働き始めてもうすぐ1年。意外と頼れるおしゃれ男子。
もっぱらジャンケンが弱い。


ヒサノ

ホースランドで一番個性的な女子。
恐ろしいほど日焼け対策にこだわっている。
超マイペースで彼女の辞書に「敗北」という文字は存在しない。
周りがひくほどの甘党で、趣味はコスプレ。
これからが楽しみな期待の新人。


アキラ

中学2年生の時にホースランドに職場体験に訪れ、馬という動物に魅力を感じ
今年の4月から昼間ホースランドで働くために夜間高校へ入学した努力家。
まだまだこれからの成長が楽しみな新人。
現在の楽しみは学校の「給食」

 


資金の使い道・実施スケジュール

今回皆様からご支援いただいた資金は、下記の内容に使用させていただきます。

◆エサ代

馬たちの主食は乾草(乾いた牧草)とヘイキューブ(マメ課の牧草をキューブ状に固めたもの)です。
これから暑くなってくれば汗をかくので岩塩も必要です。
運動量の多い馬には麦やサプリメントも与えます。
疝痛(馬の腹痛)を防ぐため整腸作用のあるふすま(小麦の表皮部分)も必要です。
新しい馬車馬のハウルはペルシュロンという種類で体重も1トンあり、餌の量も多いです。

◆装蹄代
ハウステンボスの地面はレンガや石で固く、馬たちの足にはどうしても負担がかかってしまいます。
馬にとって足が悪くなることは、命に関わります。
その為に1か月に1回は必ず伸びた蹄を切ってもらい、新しい蹄鉄を打ってもらう必要があります。

◆病気予防・治療代

馬たちにも病気予防のワクチンがあります。
犬や猫たちと同じようにフィラリア予防や駆虫も必要です。
体調不良でも、動物病院に連れて行くというわけにはいかないので、ある程度の薬や点滴なども常備も必要になります。

◆床材のおが屑代

馬たちには1頭ずつの部屋があり、床材には木の屑を使用しています。
気温が高くなってくると飲水量が増えるのでオシッコの量も増えてしまいます。
湿気たおが屑は蹄の健康にも悪く、糞尿に塗れた床に馬を寝かせることは皮膚病などの原因にもなります。
毎日汚れた部分を取り除いて新しいものに換えてやることが必要です。
1か月に3回ほどトラックで木材屋さんに購入に行きます。

◆人件費

馬たちがいる以上、来客があるなしに関わらずお世話するスタッフが必ず必要です。
馬のお部屋の掃除、1日4回のエサやり、手入れ、運動、健康管理全て毎日行う必要があります。
馬たちも体調を壊すこともあります。
24時間365日いつでも対応できるように、一部のスタッフは住み込みで働いおります。

◆ハウステンボスへの毎月の家賃や水道光熱費など

ホースランドはテナントとしてハウステンボスに入っていますので、毎月家賃や管理費、水道光熱費などが必要になります。

◆CAMPFIRE様手数料

◆リターンのTシャツ作成費用など


リターンのご紹介(一例)

★1,000円 ご支援ありがとうメール

★3,000円 馬車散策(20分間)で御者の隣の席に座れる権利

★3,000円 馬車馬ハウル(体重1トン)の乗馬体験
売り切れました。ありがとうございます。

★3,000円 お礼のお手紙と馬たちイラストポストカード2枚

★5,000円 馬たちのプライベートな動画

★10,000円 半日スタッフ体験

★100,000円 馬車1日貸し切り


最後に

馬という生き物は穏やかですが、基本的には神経質で臆病な動物です。
テーマパークのような賑やかな場所でのお仕事は、静かな牧場に暮らす馬たちよりはストレスもかかります。

私たちスタッフは、その環境の中でも出来るだけ穏やかにストレスなく馬たちが過ごせるように努力し、その努力が優しく、安全にお客様と触合える馬を育てると信じて日々働いています。

新型コロナウィルスの影響で休園の間も、馬たちの生活リズムが壊れてしまわないように。
静かすぎる園内に慣れてしまい、営業が再開した時に賑やかさが大きなストレスにならないように。
運動不足で病気になってしまわないように、毎日馬たちを園内に連れ出し環境に慣らしたり運動させたりと、細心の注意を払っていました。

また各地で色々な規制が行われ始めている今、馬たちには「変わらない日常」を与えてやりたい。

これからも馬という大きな動物を通して、お客様を笑顔にしたい。

そのためにも、どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。



  • 2021/07/28 23:28

    リターン品のホースランドTシャツやトートバッグが出来上がりました。蹄鉄の一部も発送始めております。8月中には皆様に全てのリターンをお送りいたします。もうしばらくお待ち下さい。

  • 2021/07/11 20:18

    たくさんの方々から応援やご協力いただいたホースランドのクラウドファンディングは7月7日七夕の夜に終了致しました。1000名近い支援者様がホースランドを応援してくださり本当に感謝しております。皆様からの支援金は馬たちのために大切に使わせていただきます。支援金はもちろんのこと、スタッフが何より励ま...

  • 2021/07/01 19:45

    たくさんの皆様に応援いただいたホースランドのクラウドファンディングも、残すところ6日となりました。6月も必要経費の5分の1にも満たない売り上げで終了し、苦しい日々が続いております。本日21時に最後の追加リターンを行います。今回は蹄鉄飾りの他に体験型も追加いたしました。最後の日まで、どうか応援よ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください