プロジェクト本文

はじめまして。釣り具メーカー「TRY-ANGLE」の「やまけん」です。
アニメ・ゲーム業界で色々と活動している「やまけん」として知ってくれている方のほうが多いかもしれません。
そんな「やまけん」です。

僕が渓流の釣りに夢中になってから、ずっと通っている管理釣り場「奈良子釣りセンター」。
今年で開設から20年。
貴重な「自然渓流タイプ」のフィールドを有する自然豊かで美しい場所です。
メーカーを立ち上げてから、撮影や取材で何度もお世話になっている場所でもあります。

そんな「奈良子釣りセンター」が、2017年8月に山梨県大月市を襲った集中豪雨で大きなダメージを受けてしまいました。
自然が相手の趣味である「釣り」、そしてその趣味を楽しむ「釣り場」。
大きな被害を受けてしまったことは悲しいけれど、自然が相手なので受け入れるしかないんですよね。

「僕に出来ることは何かな?」と考えた時、「ネットを使って支援の輪を広げよう!」「そうだクラウドファンディングがあるじゃないか!」と思ったのです。
僕(と僕の会社)1つの力は小さいですが、皆様のお力を借りることが出来れば・・・みんなで少しずつでも応援すればきっと立ち上がることが出来るはず!

ただ募金するのではなくクラウドファンディングに挑戦し、前々から「オリジナルグッズを作りたい!」とおっしゃっていたマネージャー渡辺さんと一緒に、支援へのリターンとして素敵なグッズを作ることにしました!
そしてイベントや取材で「奈良子釣りセンター」と関係の深いメーカー各社さんから多数の協賛品も頂くことが出来ました。
今回の支援プロジェクトは「哀しい」プロジェクトではなく、「楽しい」応援プロジェクトになればいいなぁと思っています。

このプロジェクトを見て頂くことで、都心からわずか90分で行ける自然豊かな「釣り場」があると知って頂き、遊びに来てもらうことも大きな目的の1つです。
皆様、CAMPFIREでの支援だけでなく、実際に「遊びに行く支援」も是非よろしくお願いいたします!

最後になりますが、この場を借りて協賛品を多数頂きましたメーカー各社様、そしてイラストを提供頂くことになりました時川真一様にお礼を申し上げます。

山梨県大月市の自然渓流の管理釣り場「奈良子釣りセンター」のエリアマネージャーの渡辺と申します。

「奈良子釣りセンター」は2017年8月7日、台風5号の集中豪雨により被災しました。
たった3時間で8月1ヶ月分に相当する想像を絶する雨はすべてを流しました。
川はめちゃくちゃ、ストック池、バーベキューハウス、休憩所、事務所はすべて浸水しました。

正直今回の豪雨で釣り場のすべての施設がなくなっているのでは?と思っていました。
諦め半分で釣り場へ続く坂を下り、事務所もバーベキューハウスもポンドも残っていたのを見て、
神様がお前はまだ釣り場をやりなさい!と言ってくれた気がしました!

普段よりこの仕事は自然の恩恵を受けている反面、
自然の脅威も受け入れなければならないとずっと覚悟していました。

この素晴らしい奈良子の自然を、釣りの楽しさを、釣り人のオアシスを、子供たちの笑顔を取り戻します!
悔しさはありますが全然悲しんでなんていません。

9月上旬現在一部のエリアを除き営業を再開しておりますが、
被災して流された魚や施設を復旧させるべく皆さんのご協力・ご支援を頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

奈良子釣りセンターは山梨県大月市にある自然と緑に溢れる管理釣り場です。

ルアー・フライ釣場は、奈良子川の自然渓流をそのまま使用した2つのストリームエリア、
そしてタイプの異なる2つの池と4つの個性的なエリアで、
ヤマメ、アマゴ、イワナ、ニジマスなど渓流魚を狙うことができます。

エサ釣りも水が澄んだ渓流で手軽にお楽しみ頂けます。
おひとり様はもちろん、ご家族や仲間との思い出作りにも最適です。

また、奈良子を訪れるならぜひとも味わって頂きたいのがバーベキューです。
大自然の中にある開放感抜群のバーベキューハウスで、川のせせらぎを聞きながらバーベキューや炭火焼の魚に舌鼓。
奈良子釣りセンターではそんな贅沢な時間を手軽に楽しむことができます。

アウトドア未経験でも、ここならすぐにデビューOK。
お子様向けに魚のつかみ取り体験をはじめ、イベントも数多く行っていますので是非遊びに来て下さい!

奈良子釣りセンター http://www.narago.jp/

2017年8月7日台風5号の集中豪雨により被災しました。

3時間で8月1ヶ月分に相当する雨量を記録し、
ストリームエリア、ストック池、バーベキューハウス、休憩所、事務所など全施設が浸水しました。

エサ釣りエリア、渓流エリア(上流部を除く)、ポンド(池)、バーベキュー施設は復旧致しました。
上流部の本格渓流エリアは現在復旧中です。

被災した渓流エリア〜ストリームエリアに放流していた魚の流出が約1500匹です。

1匹300円として、約50万円が被害額の見込みです。

また、冠水した施設の大半は有志によるボランティア活動で復旧済みですが、

支援頂いた金額の一部を修繕費にも充てさせて頂きます。

奈良子釣りセンターをまるごと貸し切り出来るプレミアムな団体釣券(奈良子へGo!Go!コース)

仲間や家族と一緒に奈良子釣りセンターを貸し切れる団体チケットです。

※1日限り有効
※最大10名(超過人数分は別料金)
※ご利用は木曜日に限定させて頂きます。
※ご利用日は事前に奈良子釣りセンターとご相談下さい。
※イラストレーター 時川真一(トキシン)さんの描き下ろしイラストが印刷されます。
※有効期間:発送日から1年

 

オリジナル釣券

ルアー・フライの方は半日券、餌釣りの方は1日券扱いです。
イラストレーター 時川真一(トキシン)さんの描き下ろしイラストが印刷されます。

サイズ:10cm x 22cm(予定)
有効期間:発送日から3ヶ月

 

プロジェクトTシャツ

協賛品をご提供頂いた各社のブランドロゴと、時川真一(トキシン)さん描き下ろしイラストをプリントした本プロジェクトオリジナルTシャツです。

サイズ:成人用S/M/L/XLサイズ
ボディ:綿100%ヘビィボディ
仕様:OPP袋入

 

マフラータオル

時川真一(トキシン)さん描き下ろしイラストをプリントした本プロジェクトオリジナルマフラータオルです。

サイズ:約21×110cm(予定)
使用生地:シャーリング生地

ステンレスマグカップ

時川真一(トキシン)さん描き下ろしイラストをプリントした本プロジェクトオリジナルマグカップです。

本体:18-8ステンレス鋼
容量:270cc
直径:70mm
高さ:76mm
重量:77g  

 

オリカラハンドメイドミノー

ハンドメイドルアービルダーEGOISTが製作する今回のクラウドファンディングオリジナルカラー版「Leaf」です。
※全種同一のカラーとなります。デザインとカラーは後日公開します。

サイズ:40mm
ウェイト:2.7g
タイプ:シンキング
推奨フック:トレブル#14相当 / シングル#10-12相当
推奨リング:#1

支援釣具セット



協賛各社からご提供頂いたグッズ・ルアーなどのアソートです。
内容と価格によって3つのコースをご用意致します。

【ご協賛社・ご協賛者】
ima(アムズデザイン)様
アングラーズリパブリック様
ISUZU(五十鈴工業)様
SANSUI 中村様
SKAGIT DESIGNS様
SMITH様
TRY-ANGLE
VARIVAS(モーリス)様
冒険用品(ジェットスロウ)様
(五十音順)

※各コース共に中身・点数は支援額準拠でランダムです。
※全ブランドの商品が入っているわけではありません。
※アソートの内訳についてはお答えできません。予めご了承下さい。
※ルアー、アパレルなどサイズ/カラーは選べません。

 

ステッカー

屋外でもお使いいただける耐水・耐候ステッカーです。
本プロジェクトオリジナルのデザインを予定しております。

サイズ:5cm x 10cm (予定)

イラストレーター時川真一(トキシン)さんによる描き下ろしイラストをプリント致します。

釣券・Tシャツ・マフラータオル・マグカップそれぞれ別絵柄を予定しています。

時川真一(トキシン)さん作例
「ルアーマガジンリバー」(内外出版社)より

Q:グッズの詳細を知りたいです。

A:各グッズとも現在デザイン中です。
仕上がり次第順次公開致します。

サイズや仕様は「リターンについて」の項目をご覧ください。

Q:支援セットの内容を知りたいです。

A:支援セットの内容は支援額準拠とさせて頂き内容や点数はランダムです。
ブランドの指定、ルアーやアパレルなどカラー・サイズの指定も出来ません。
また、お届け後の交換・返品も承ることができません。
ご理解の上お申込み頂けますと幸いです。

Q:申し込みは抽選ですか?

A:先着でのお申込みとなります。
人数制限の無い支援コースは締め切り日まで上限なくお申込み頂けます。


Q:1人あたりの申込に回数制限はありますか?

A:回数制限はありません。
限定数を上限に1口ずつ、何回でもお申込み頂けます。


Q:転売行為など禁止事項を教えて下さい。

A:リターン品(協賛品含む)の転売または転売を試みる行為、オークション/物品交換サイトなどへの出品は全て禁止とさせて頂きます。
必ず支援者ご本人がご使用になる前提でお申込みください。
なお、お申込み頂いた支援者の情報は運営及び主催側で管理させて頂きます。

「奈良子釣りセンター支援プロジェクト」は「哀しい」ではなく「楽しい」応援プロジェクトを目指しております。
皆様からの楽しく暖かいご支援よろしくお願い申し上げます。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください