リーマンテクノロックバンド「ANALOGIX」 来年は世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW」出演に加えて、全米ツアーをやりたい!

プロジェクト本文

みなさま、初めまして。
福岡発リーマンテクノロックバンド、ANALOGIXです。

 

 

ー まずは、僕らANALOGIX(アナロジックス)というバンドを紹介させてください。

 

近未来のサラリーマンを意識した、コメディ型インストテクノロックバンド。

真っ白なスーツに身をまとい、テクノとロックが融合された圧倒的なサウンドでショーアップされたコメディライブを披露する、新時代のジャパニ ズムエレクトロバンド。2014 年、台湾を拠点に活動するダンスボーカルユニット「Asian 4 Front」への楽曲提供や台湾でのライブサポートが キッカケとなり結成。2015 年 8 月 19 日に 1st EP「RI-MAN TIMES」を配信限定リリース。2015年にキャナルシティ博多「キャナルみらい クリスマス」のCM ソングに未発表楽曲「Bright Night」が起用。2016年には「Cirque du Soleil」や「Cirque Eloize」といった世界 的サーカスカンパニー作品に出演しているサーカスアーティストらと共に「JAPAN CIRCUS - CLONE’S」に出演。全体の楽曲制作を担当するなど、 幅広い活動を展開している。

そして、昨年は福岡で開催された音楽オーディション「FUKUOKA / JAPAN PICKS」を勝ち抜き、毎年3月に米国・テキサス州オースティンで開催される、音楽・映画・インタラクティブの祭典、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)に出演させていただき、現地で大きな話題を集めることができました!

世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル
「サウス・バイ・サウスウエスト」とは、

1996年からアメリカ、テキサス州オースティンで行なわれている世界最大の音楽コンベンションです。Twitterや Foursquare、FacebookがSXSW をきっかけに世界的なサービスに成長したという伝説はもとより、ノラ・ジョーンズやエイミー・ワインハウスの音楽が世界にブレイクするきっかけにもなった、ビジネスとカルチャーがミックスされたフェスティバルです。

SXSWライブレポート記事

SXSWインタビューの様子

このSXSWというフェスティバル、日本ではまだまだ知名度は低いですが、上記の通り2007年にTwitterが世界的にブレイクしたきっかけとしても知られ、最先端のテクノロジー企業、イノベーター、投資家が集まる、世界中が注目する最もクールなイベントの一つです。 

SXSWオフィシャルサイト

その起源は1986年に遡り、ミュージックの祭典にはじまり、過去ノラ・ジョーンズやエイミー・ワインハウスなどのスターを生み出しました。1998年よりインタラクティブ部門を開設し、現在では「ミュージック」「フィルム」「インタラクティブ」の3部門で10日間8万人以上の来場者があり、オースティンに195億円の経済効果をもたらす巨大イベントに成長しています。

そんな世界的なフェスティバルに出演させていただいたANALOGIXですが、来年はもっと飛躍の年にしたく、再びSXSWへ出演、そして全米ツアーを展開したいと熱望しております。

しかしながらSXSWは見本市であるため、出演経費が出るわけではなく、また、期間中はSXSW以外のイベントに参加してはいけない、あるいは他の州に行ってイベントに参加してはいけないという厳しい制約があるため、全ての経費を個人で負担する必要があります。そのため、渡航費、宿泊費等々、莫大な経費を賄うべく、クラウドファンディングプロジェクトを立ち上げることにしました!

ぜひ、ANALOGIXの全米ツアーに力を貸していただけないでしょうか!?

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください