●ご挨拶

 初めまして、DACHA LABO(だーちゃらぼ)です。私たちは臨床心理士・公認心理師によって構成された団体で、2021年4月に東京都豊島区でフリースクールだーちゃを開校いたしました。不登校や発達障がいなど、日常生活に困り感を抱えている子どもたちへ『家でも学校でもない、その子のペースで心を耕す活動に没頭できるセカンドハウスのような居場所を提供していきたい』という思いで活動を行なっております。


●フリースクールだーちゃとは


 フリースクールには勉学にしっかり取り組めるようカリキュラムが組まれている『塾型』、悩みをもった仲間が集い過ごす『居場所型』、障がいを抱えた子どもを対象にした『専門支援型』など様々な種類があります。

 フリースクールだーちゃは日本で初めて臨床心理士・公認心理師が常駐し、子ども1人1人の個性に合わせた支援計画を練り、それをもとに専門的な支援を行います。過ごし方については、勉学を含め1日を4つのプログラムから構成し、芸術療法をはじめとした心理療法や料理・映画観賞・スポーツなど、安心できる空間で楽しむプログラムが数多く用意されています。

 他にも不登校の子どもを抱える親のためのコミュニティ【親の会】の主催や、低価格で芸術療法を体験できる【ワークショップ】など様々なイベントを開催しております(詳しくはコチラ)。


●現代の日本における不登校問題

近年、日本では若者のひきこもりや自殺のきっかけとして,不登校が問題視されています。

ひきこもりのきっかけにおいて「不登校」が第1位
「不登校自殺」の問題

令和元年に行われた文部科学省の調査報告書によると、以下の図のように年々不登校者数は増加しています。


 フリースクールは不登校などの子供たちの居場所として支援を提供する施設です。しかし卒業生や保護者からは「居場所は提供してくれるが、その先のキャリアが心配」「勉強だけじゃなくて、もっと相談に乗って欲しいことが沢山あった」などといった声が上がっている状況でした。実際、不登校の子供たちは「学校に行けない」という状況は同じであっても、1人1人困っている事は違います

 つまりこれからは子ども1人1人に寄り添い、それぞれの特徴を踏まえた上での支援が必要なのではないでしょうか。そして本当にその子に今必要なことは何なのかを一緒に考え、必要に応じて医療機関などと連携を取ることで子ども達の未来を支えられると私達は考えています。


●無料でアートセラピーを体験してもらいたい!

【アートセラピーとは】 

アートセラピーとは、精神医療の中で研究された心理療法です。心理的な病を持った人や、様々な障害を持つ方の治療に役立つとされ、特に言葉のやりとりが不得手な子どもなどには積極的に用いられています。また治療を目的としたものばかりではなく、健康な人の悩みや苦しみを癒し自己成長や自分らしさを取り戻すことにも役立つとされています。

【アートセラピーを体験してみてほしい!】

アートセラピーは作品の上手下手に関わらず、作品作りを通してリフレッシュすることができます。これは一度体験してみないとなかなか体感することは難しいかもしれません。

 いただいたご資金を元に、ゴールデンウィーク明けや夏休み前後など、子ども達の気分が沈みやすい時期に参加費無料のアートセラピー体験会を開催したいと思います。


●施設をもっと充実させたい!

 現在フリースクールだーちゃでは子ども達が勉強で使う参考書や問題集、そして様々なジャンルの本が不足しております。他にも子ども達が皆で楽しめるようなボードゲームやカードゲーム、また利用者が増加するにあたり備品購入が目下の課題です。

 子ども達の興味関心が湧くような企画、また、子ども達がしっかり休めるような空間を作るためにの資金として、何卒お力添えをお願いしたく本プロジェクトを申請させていただきました。



●目標金額は30万円!

【目標金額の内訳】
◎備品購入費:17万円
 アートセラピーで使用する画材などの購入や、フリースクールに通っている子ども達が使用する参考書をはじめとした図書や食器などの物品購入に使わせていただきます。

◎人件費:10万円
 フリースクール•アートセラピー体験会を運営するための人件費として使わせて頂きます。

◎クラウドファンディング手数料:3万円

●All-in方式で実施します
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

●スタッフからの感謝メール
スタッフより、ご支援いただいたことへ感謝を込めたメールを送らせて頂きます。

●DACHA LABOスタッフからのお礼状

スタッフ手作りのカードを送付させて頂きます。

●HPの公開支援者リストへの連名
ホームページの支援者リストにお名前を掲示させていただきます(ご希望者のみ)。

●アートセラピーご招待チケット
オンライン又はフリースクールだーちゃにて体験できるアートセラピーへご招待させて頂きます。
開催予定日:2021年8月末以降,数回の実施を予定しております。

人数:チケットは1名分(親子なら1組)です。

対象:どなたでもご参加いただけます。

場所:豊島区にあるフリースクールだーちゃでの開催を予定しております。交通費,宿泊費につきましては自己負担とさせていただきます。オンラインの場合はZOOMでの開催となります。

※リターン品の発送は8月頃を予定しております。


●専門家の先生方よりエールを頂きました!!

桂川泰典 様

早稲田大学人間科学学術院 准教授

 「不登校」の問題に取り組む時、まずはこれまで停滞していた子どものこころに動き出すためのエネルギーがたまることを大事にしたいと思います。具体的には、「うれしい」や「たのしい」、「よかった」という気持ちが子どもの日常の中で1つでも多く生まれること、そんな環境がどうしたら作れるだろうかと考えます。DACHAの活動のよさは、この動き出すためのエネルギーをたくさん与えてくれる場や人とのかかわりをもたらす点です。また、不登校問題では、保護者も疲弊してしまいます。保護者を支え、保護者にもエネルギーがたまること、その意味をとても大切に考え、どちらも大事にしている点にとても共感します。 

 さらにDACHAの活動にはその先があります。子どもの中に「動きたい」「頑張りたい」「〇〇になりたい」という気持ちが芽生えた時、それを実行するためには具体的なスキルが求められます。お願いするスキル、自分を伝えるスキル、とりあえず“こなす”スキル、気持ちを切り替えるスキル、人のよさを見つけるスキル、コツコツ続けるスキル。次の一歩を踏み出す時のために、さまざまな生きる術を学び、それを実践し、大人の社会で生きていくということの意味を体験的に学び、時に傷つきながらも成長する。そんな場を作ろうと、誠実に、あたたかく活動するDACHAに、大きなエールを送りたいと思います。


神戸威行 様

えいめい教育研究所 心理・メンタルヘルス部門 代表兼主任心理士

 松葉先生とは、私の所属する事務所との連携(心理支援・福祉支援)にて関わらせて頂いています。先生の困っている人がいれば、暖かく迎え入れ、優しく励まし、声なき声にも耳を傾け、真摯に向き合う姿に魅力を感じています。また、不登校という枠で関わる人を捉えるのではなく、人となりを大切に、生きづらさに寄り添って、その子らしく伸びていく道を一緒に探していこうという姿勢に共感をしております。現代の不登校における課題は、多様化し長期間にわたる支援が必要な案件が多くなってきています。現場の中で、生きづらいだろうな、苦しいだろうな…と感じる機会はかえって増えたかも知れません。ある意味、不登校は現代を写す鏡のようなもので、現代の生きづらさをそのまま反映しているといっても過言ではないかもしれません。

 本プロジェクトは、若手心理士のグループを中心とした、専門的アプローチによる試みであり、新たな支援の枠組みとなります。私は臨床家であると同時に、事業家でもあります。このような意義深いチャレンジには継続した支援を行いたいと思っております。事業の立ち上げのあかつきには、子どもたちが「DACHA」を通じて、新たな自分の可能性に気づき、自在につながって、伸びやかに育っていくことでしょう。私はそんな期待と願いを持って応援をしたいと思います。皆さんも、ご支援の際には「DACHA」はこうあって欲しいという期待と願いを込めたメッセージを頂けたらと思います。


●実施スケジュールについて

◎2021年5月 クラウドファンディング開始
◎2021年6月 クラウドファンディング終了
◎2021年8月 リターン品の発送



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください