ご挨拶

ページをご覧いただきありがとうございます。秋田県秋田市で生ラムジンギスカンのお店「ラムだっちゃ」、ラム創作料理とお酒のお店「LambDacchaBAR(ラムだっちゃバル)」を経営しております武下宰(おさむ)と申します。

私は浦和レッズを擁する埼玉県さいたま市で生まれ、サッカーに明け暮れた幼少期を送り、小学校高学年時に秋田へ転校。高校卒業後に上京し、都内のIT企業でプラグラマーとして経験を積んだのち、ホームページ制作やポータルサイト運営などを手がける会社の社長に就任しました。

その後、都内で開催された秋田の企業との交流会に参加したことがきっかけで、再び故郷と縁ができ、先述の2店舗を開業するに至っています。


店舗のこと

IT業界の人間が、どうして畑違いの飲食業に?と思われるかもしれません。

たしかに私にとって、飲食業は未知のフィールドでした。ですが、交流会を発端に故郷での人の輪が広がるにつれ、日に日に「秋田で新しいことにチャレンジしたい」という思いを強くしていた私は、社長業をこなす傍ら、秋田市の山王という場所に70坪の空き店舗を借りたのです。勝算を感じたからです。

席数は20名様まで入れる個室、ファミリー向けの座敷、テーブル席を合わせて全78。大箱ですが、ドリンクをセルフサービスにするなどオペレーションを簡潔化することで、経費を抑え、かつリーズナブルな価格設定をしていこうと思いました。

メニューのメインに据えるのは「生ラム」。秋田では恐らく初の「生ラム専門店」をアピールポイントにしようと考えました。

実は私、ジンギスカン特有の味と香りが子どもの頃から得意ではなかったのですが、東京で生ラムのおいしさを知ってからというもの、提供している店舗を自ら探して訪れるほど好んで食するようになったのです。

このおいしさを、より多くの人に伝えたい──そんな思いが、飲食店を開くバックボーンとなりました。


伝えたい、生ラムのおいしさ

生ラムは、輸送・保管時に一度も冷凍していない生後1年未満の仔羊の肉。赤身には鉄分やビタミンBなどが多く含まれ、夏バテ防止、疲労回復、イライラや不眠の改善、ストレス解消といった効果があると言われています。

また脂肪を燃焼させるカルニチンを多く含み、コレステロールが低く、糖質も100gあたり約0.2gと少ないため、ダイエット食としても人気があります。

これを私の店ではセットメニューのほか、食べ放題や創作料理で提供しています。

コロナウイルス感染拡大の影響

おかげさまで2018年1月の開店以来、多くの方にご来店いただき滑り出しは順調。家族が暮らす神奈川、会社がある東京、お店のある秋田を行き来する忙しくも充実した日々を送りながら、当初から計画していたバルの開設とキッチンカーでの営業もスタートさせ、「よし!これから」という時でした。

飲食事業に専念するため東京の会社を退職し、秋田に単身赴任して1年が経過したタイミングでコロナ禍による不況の波に見舞われたのです。

一般的に飲食店は、赤字の月が2カ月間続くと厳しいと言われています。

それが昨年3月~4月の急激な人出の落ち込みに始まり、少しずつお客様が戻ってきたところで8月の2度目の減速。再度戻ってきたところで12月に3度目の減速、以降も低空飛行が続いています。

事業を継続するために

しかし私は、逆風が吹けば吹くほど燃えるタイプ。ウイルスなんかに負けてなるものかと、コロナ禍のさなか事業を継続するため、さまざまな取り組みを講じてきました。

・ラムだっちゃバルは予約のみの営業としましたが、ラムだっちゃは感染予防対策に万全を期した上で年中無休の営業を続けました。

・店舗を改装して食肉販売許可を取得。生ラムのテイクアウトおよび通信販売を始めました。

・家庭で手軽に楽しめるラム肉料理のテイクアウト、デリバリーを開始しました。

・ラムだっちゃバルを改装して仕出し弁当と惣菜製造業の許可を取得。イベント向けお弁当および惣菜の販売を始めました。

・食肉販売車を購入し、出張ジンギスカンサービスを始めました。

・キッチンカーで秋田県内のスーパーへの出店を開始しました。

・「秋田県キッチンカー協会」の立ち上げに参画。同協会の専務に就任しました。

・キッチンカーによる県内道の駅ツアーを開始しました。

・秋田市役所前で、キッチンカーによるランチ営業を始めました。

・食肉処理業を取得。ラム肉の卸販売を始めました。

・届出を行い、キッチンカーによる食肉の販売を始めました。

これだけやっても正直なところ、店の経営が黒字に転じるきざしは依然見えていません。それでも私は諦めずに前を向き、ウィズコロナ時代にフィットした飲食店のカタチを探り続けていきたいと思うのです。

 

新たなチャレンジ〜どこでもラムだっちゃ広場〜

今回、クラウドファンディングで実現したいのは、食肉販売車による出張ジンギスカンサービス「どこでもラムだっちゃ広場」を開催していただける方を募集することです。

普段あまり食べることのない料理を、気心の知れた仲間と一緒に味わえる楽しみ。そして普段の食事ではなかなか得られない非日常性やレジャー性を、どこでもラムだっちゃ広場は創出していきます。言うまでもなく、感染予防対策に万全を期しながら。

皆様、会社の駐車場や町内の空き地を利用して、ソーシャルディスタンスに配慮しながら、いつもと違う時間を楽しみませんか?長引くコロナ禍で誰もが後ろ向きになっている今日、社内や地域のにぎわいづくり、話題作りに私たちをお役立てください。

究極の目標はラムだっちゃ広場で全国各地をキャラバン!

いずれは大型キッチンカーを購入、地元で開催される大型イベントへ出店できるようになるだけでなく、全国各地への出張も可能になります。生ラム焼き、ラム串、ラムサンド、ラムドック、ラムバーガー、ラム唐揚げといったファストフードメニューはもちろん、セルフで楽しめるジンギスカン鍋も用意。お酒を提供できるイベントなどでは、ラム料理を引き立てるラムハイボールも用意します。

生ラム以外のものも食べたいというオーダーがあった際には、秋田県キッチンカー協会に所属する飲食店を含めた複数台で出店します。もちろん、秋田県外のご当地グルメとのコラボレーション要請にも対応していくつもりです。

資金の使い道について

どこでもラムだっちゃ広場開催に向けて必要な備品代購入に充てさせていただきます。

生ラムのおいしさと笑顔のひとときが、全国のいろいろな場所で共有される日の実現に向け、何卒ご支援の程よろしくお願い申し上げます。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:合同会社ラムだっちゃ
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:武下 宰
 ● 事業者の住所/所在地:〒010-0951 秋田市山王1-10-20山昭ビル2F
 ● 事業者の電話番号:Tel: 018-838-7131
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/10/20 16:05

    10月16日北秋田市阿仁の(株)上杉組様にて出張ラムだっちゃを開催させていただきました。 まだ募集期間中ではありましたが(株)上杉組様が企画したきのこ狩りに出張ジンギスカンを組み合わせてほしいという要望があり返礼させていただきました。当日はあいにくの雨模様でしたが地域住民の方と県内からいらした...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください