はじめに

はじめまして、雑誌の『月刊バスケットボール』を発行している日本文化出版株式会社、代表取締役社長の前田健と申します。当プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。 

『月刊バスケットボール』を発刊している日本文化出版と、「スポーツで親子の絆を深め、子と夢をつなげる」がコンセプトのスポーツひのまるキッズ協会。

“より多くの選手に、より多くのプレー機会を持ってほしい”。また、選手たちのひとつの憧れ「バスケットの専門誌に掲載される。」という特別な経験により、夢を追い続けて欲しい。そんな思いから、Bリーグ開幕直前の2016年夏、『月刊バスケットボールカップ』が誕生しました。

しかし2020年は、全世界を襲った新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、残念ながら中止にせざるを得ませんでした。



2021年は8月10日~12日の3日間、条件付きながら『第5回月刊バスケットボールカップU-15』を開催します。ただ、これまで大会開催にあたり数多くのご協賛社様の協力を仰いでまいりましたが、コロナ不況の影響もあって一昨年までと同様のサポートをいただくことが難しい状況にあります。

 そこで『第5回月刊バスケットボールカップU-15』の開催に向けて、このたびクラウドファンディングに挑戦することにいたしました。ぜひとも本プロジェクトの趣旨にご賛同いただき、ご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 

日本文化出版株式会社/月刊バスケットボール 代表取締役社長 前田 健


『月刊バスケットボールカップ』

弊誌『月刊バスケットボール』は今年で創刊49年を迎え、ほぼ半世紀にわたって国内外のバスケットボールに携わってきました。 長年バスケットボールの現場、特に学生バスケの現場に立ち会ってきたこれまでの経験から、“より多くの選手に、より多くのプレー機会を持ってほしい”という思いが強くなり、2016年、奇しくも日本最高峰のプロバスケットボールリーグ『B.LEAGUE』が始まった同じ年に、中学生を対象にした大会である『第1回月刊バスケットボールカップ』を開催する運びとなりました。

これまで取材や報道の経験は豊富でしたが、大会運営については不慣れな点もあり、様々なご指摘をいただきながらではありましたが、2019年には『第4回月刊バスケットボールカップU-15』と、小学生を対象とした『第1回月刊バスケットボールカップU-12』の2大会を開催するまでに規模を拡大してきました。


大会実績

2016年8月:第1回月刊バスケットボールカップ
2017年8月:第2回月刊バスケットボールカップ
2018年8月:第3回月刊バスケットボールカップ
2019年5月:第1回月刊バスケットボールカップU-12
2019年8月:第4回月刊バスケットボールカップU-15



特別な大会に

・限られた選手しか出場がかなわない“全国大会”を経験してもらうため、参加チームは全国から募集
・当時は公式戦で対戦する機会がなかった「中学部活動」「町クラブ」「Bリーグ下部組織」が一堂に会する大会として実施
・通常観客席でしか観戦できない保護者席をコートレベルに設置
・普段話を聞く機会のない国内トップレベルの選手(吉田亜沙美さん)のトークイベントを開催

上記のように、子供たちにとって特別な経験ができる大会になるよう運営してまいりました。


元日本代表の吉田亜沙美さんよりメッセージをいただきました!!



本プロジェクトで実現したいこと

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、バスケットボールを含むスポーツ界にも大きな影響を与えました。それは学生たちにも及び、昨年は対外試合どころか仲間と練習することすら難しい時期もありました。

いまだ新型コロナウィルスの収束には至っていませんが、条件付きながらバスケを含めた多くのスポーツイベントが開催されている点、そして、いまこそ“より多くの選手に、より多くのプレー機会を持ってほしい”というコンセプトに立ちかえるべきだとの思いもあって、8月に『第5回月刊バスケットボールカップU-15』を開催することにいたしました。

参加する選手たちに「バスケットボールをできる喜び」「大切な仲間と一緒にプレーできる喜び」「勝利に向けてひたむきに戦う喜び」を感じてほしい。 そして保護者の皆様に、そんな選手たちの懸命なプレーを見てほしい。運営一同、そんな思いでいます。


主催:日本文化出版株式会社・一般社団法人スポーツひのまるキッズ協会

日本文化出版株式会社

日本文化出版株式会社は、『月刊バスケットボール』のほか『月刊バレーボール』を発行するスポーツ雑誌をメインとした出版社です。 創業は1952年でこれまでテニスやゴルフなどのスポーツ専門誌を発行してきましたが、 近年はジャンルにとらわれず様々なスポーツに携わるようになり、 国際大会のオフィシャルプログラムの制作・販売、オフィシャルグッズの開発・販売、 そして『月バスカップ』などの大会運営など、多岐にわたりスポーツシーンに関わっています。


一般社団法人スポーツひのまるキッズ協会

一般社団法人スポーツひのまるキッズ協会は、 「スポーツを通じて親子の絆を深める」をテーマに2009年度から、 柔道大会を7大会、ソフトテニスを3大会、そして今回の月刊バスケットボールカップなど 全国各地で大会を開催しています。 スポーツの種類を問わず、どの大会でも親子で選手宣誓を行ない、親子を表彰。 親子の関係が希薄になったと言われるようになって久しい今だからこそ、 「親子で共通の目標に向かい、力を合わせてがんばる」 スポーツひのまるキッズのひとつの目的は、そんな場面の創出です。 またスポーツひのまるキッズではさまざまなブースやセミナーなども行なっていますので、 試合に負けても親子で1日楽しく過ごせるイベントを大会を目指しております。


資金の使い道

・イベント運営費 1000万円
・感染対策費 100万円
・返礼品制作、郵送費 50万円
・プロジェクト手数料 42万円5千円

上記の一部として、活用させていただきます。


本プロジェクトの実施詳細

■イベント名:第5回月刊バスケットボールカップU-15
■開催日時:2021年8月10日(火)~12日(木)
■開催会場:ALSOKぐんま総合スポーツセンター(群馬県前橋市)
■参加規模:男女各24チーム計48チーム(選手総数800人程度)
■入場制限:関係者のみ入場可能



最後に

昨年開催予定だった『第5回月刊バスケットボールカップU-15』は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、我々としては最後まで開催の可能性を探ってみたものの、残念ながら中止にせざるをえませんでした。大会を楽しみしてくれていた選手や保護者の皆様、特に2020年が参加可能な最終学年となる選手・保護者の皆様のお気持ちを考えると、いまだに胸が締め付けられる思いでいっぱいです…。

だからこそ今年は、コロナ対策を万全にしながら開催することにいたしました。

『第5回月刊バスケットボールカップU-15』の大会成功を目指して尽力いたしますので、ぜひとも本プロジェクトの趣旨にご賛同いただき、ご支援賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 


※万が一、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今大会が中止になった場合は、来年の大会運営費といたします。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください