はじめに・ご挨拶

初めまして! 閲覧ありがとうございます。今回人生初のクラウドファンディングに挑戦する中 秀彦(なか ひでひこ)と申します。社会福祉法人桃の木会で製造責任者をしております。

今回私は、去年まで生産していた『ダイナミックタレ』を復活させるプロジェクトに挑戦します!

『ダイナミックタレ』というと、和歌山県の方は覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 親子2代作り続けてきた『ダイナミックタレ』は、世帯あたりの牛肉消費量が全国でも有数に高い、ここ和歌山で長年おうち焼肉のお供としてご愛顧いただきました。「少し辛めで、お肉の味をひきたてる独特の味わい」「和歌山県の焼肉といえばダイナミック」「この味はもうソウルフード」と、嬉しいお声もたくさんいただいて参りました。


『ダイナミックタレ』をつくる父の背中を見て育った

私が去年まで作り続けてきた、『ダイナミックタレ』の話をさせてください。

『ダイナミックタレ』は、私の父が開発しました。お肉の甘みを引き立てるため、少し辛めに作ったそうです。製造時は、食欲をそそるニンニクの香りがあたりに漂っていたのを、子どものころから感じていました。創業当時は母が自宅で美容院を営んでいたこともあり、髪のカットに来るお客様に配慮して夜間に製造していたそうです。ときどき夜中に目が覚めると「お客様のために」とタレを作り続ける黙々とした父の背中と、ニンニクの香り。

そんな地道な積み重ねが実り「焼き肉のお供と言えば『ダイナミックタレ』」が浸透したころ、周囲から「大人になったら跡を継いで社長になるんだね」と言われるようになりました。私自身も、自然と「父の跡を継ぎ、守っていくんだなぁ」と考えていました。

そして、大学卒業後の3年間酒造会社で修行した後、父の会社に入社しました。


コロナ禍による倒産

創業から55年。半世紀以上、一子相伝で焼き肉のタレを作り続けてきました。ずっと、作り続けるつもりでした。しかし2020年8月、コロナ禍で取引が激減し倒産。長く地元・和歌山県と密着してきましたが、世の中の流れに乗ることができませんでした。

『ダイナミックタレ』を、守れなかった。

「一つの焼肉のタレがこの世から姿を消した」、それだけのことなのかもしれません。ですが私は、愛してくれる方がいるもの、受け継いできたものを後につないで行くことができませんでした。困り果て、悲しみに暮れ、立ち上がることもできなくなりました。


高校時代からの友人の励まし、仲間との出会い、再出発。

そんな私にも一緒になって悲しみ、「どうにかできないか」と立ち上がってくれる友がいました。有限会社丸三商店の赤井 康造です。私と彼は同級生で、高校入学から3年間同じクラス。もう40年の仲になります。

彼の家庭も地元で食品流通の会社を経営。すぐに馬が合い、自然と仲良くなりました。そして、私が家業を継ぐころ、同じように彼も家業を継ぎました。彼が継いだ有限会社丸三商店には、『ダイナミックタレ』の取り扱いがあり、切っても切れない公私の友です。

しかし、『ダイナミックタレ』の売上は年々右肩下がり。食品の流通に携わる赤井も、それを感じていたようです。なぜなら『ダイナミックタレ』の取り扱い店舗の大部分を占めていた、いわゆる『町のお肉屋さん』が年々減少。それに比例して『ダイナミックタレ』の取り扱いも減り、経営はどんどん悪化していきました。そしてコロナ禍による売上高激減がトドメの一手となり、ついに『ダイナミック食品株式会社』は倒産しました。

そんな中、赤井は『ダイナミックタレ』を継いでくれる人がいないかと動き出してくれました。

「もう一度、お客さまに"あの味"をお届けできるかもしれない」「繋いできた想いを守れるかもしれない」そう思い、私も一緒になり、必死で動き続けました

そして、ついに私たちは、社会福祉法人 桃の木会さんという、熱意に共感してくださる製造者と繋がることができました。私たちは、もう一度『ダイナミックタレ』を作れるところまでこぎつけたのです。

製造者は、私。販売会社も見つけた。次は、どうしよう。

もう二度と失敗はしない。

そのためには、和歌山だけじゃなくて、日本全国に『ダイナミックタレ』の魅力を発信したい!

そうだ、クラウドファンディングに挑戦しよう!

そんな思いで、私はこのプロジェクトに挑戦しています。




『ダイナミックタレ』を復活させて、日本中のかたに味わってほしい!!

「子どもの頃、祖父や祖母の家に行ったら必ず『ダイナミックタレ』があった」と、周りの方々が今でも言ってくださいます。『ダイナミックタレ』を口に含めば、父に怒られ祖父母の家に遊びに行った、「特別だよ」と一緒に焼き肉を食べた、優しい思い出が蘇ります。

『ダイナミックタレ』は、祖父母との思い出、試合に勝った日のご褒美の焼き肉、父が「パチンコに勝った」と大手を振った、「あの日」と共にありました。

『ダイナミックタレ』は「あの日」の思い出を蘇らせる、きっかけのひとつかもしれない。

それを、どうにかして復活させたいと願う私の想い、「一緒に頑張ろう」と言ってくれる仲間の想いが繋がって、ここまでやってきました。

1人でも多くの人に、一度味わってみてほしい。

味わったことのある人には、懐かしい気持ちを感じてほしい。


その思いで突き進みます!


プロジェクトに挑戦する理由

私ひとりでは力及ばず、父親から受け継いだ味を守ることができませんでした。「本当に美味しく、焼き肉にはやっぱり『ダイナミックタレ』でないと」というお客さまに支えられてきました。そんなお客さまを裏切る結果になってしまった。55年続いていたものを潰してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

しかし、今でも当時の取引先から「いつ再開するの?いつまでも待ってるよ」とお声をいただきます。それも、みんな『ダイナミックタレ』が好きだから。みんなの「これしかない!」を無くしてしまった、寂しさ・悔しさを忘れられません。
同じ思いを二度としたくはないし、もう他の人にも与えてはいけない。そう考えています。

正直、「次こそ本当に失敗できない」というプレッシャーもあります。それでも、仲間が繋いでくれて、支えてもらって。なんとか復活が見えるところまで来ました。
また、みんなに「これしかない!」の味に出会えること、あなたのソウルフードが帰ってきたことを、和歌山県民に知ってほしいと思っています。

私ひとりでは、絶対に復活させることはできませんでした。私が社長をして、製造だけではなく営業や配送・生産や請求書づくりまで全てを行っていたころは、たったひとりで荒野を歩いているような苦しさがありました。しかし今は、「一緒にやろう、もう一度!!」と言ってくれる仲間がいます。今回、『株式会社丸和』の製造責任者として関われることで、材料や味、お客さまと向き合ったモノづくりを集中して行うことができるようになりました。仲間と一緒に挑戦しながら、味にも向き合える。こんなに心強いことはありません。

あとは、こだわりの『ダイナミックタレ』を、もう一度皆さまの食卓へ、バーベキューの場へ届けたい。

その一心です。

どうか、皆様の力をお貸しください! よろしくお願いいたします。


資金の使い道

今回支援いただいた費用は、再び『ダイナミックタレ』をなくさないために使わせていただきます。

具体的には、「沢山の人に『ダイナミックタレ』の魅力を伝えるために使いたいと思っています。

以前は販路の拡大、ファンの獲得ということにあまり手を打ってきませんでした。今度はもっと丁寧に、魅力の発信を進めて行きます。


※ 費用の割り当ては、実際に運用する中でよりたくさんのお客さまに届けるため適宜変更となる可能性があります。

<営業費用> 計500,000円
(内訳)
展示会出展費用 300,000円
新商品開発費用 100,000円
新商品資材費等 100,000円

<広報費用> 計500,000円
(内訳)
プレスリリース 50,000円
LP作成 150,000円
SNSキャンペーン 100,000円
SNS運用・マーケティング 200,000円

合計 1,000,000円



【リターンのご紹介】絶品焼き肉×ソウルフードの焼き肉のタレ 

リターンは11種類をご用意しました!

『ダイナミックタレ』の美味しさをたくさんの方に味わっていただきたく、絶品のブランド牛『熊野牛』や『紀州和華牛』をご用意しました。少しでもたくさんのかたに知ってほしいので、完全に赤字ですが、早割もご用意しております。友にも支えられ、たくさんの方と繋がり、もう後には引けないのです。

しっとりとした脂の甘みを感じるブランド牛の美味しさを、ニンニクがダイレクトに伝わる『ダイナミックタレ』が引き立てます。

こんな世の中だからこそ、おうちで贅沢なお肉を、和歌山県民のソウルフードを、味わって笑顔になりませんか? きっと、少し懐かしさも感じる『ダイナミックタレ』の美味しさに、満腹・ご満足いただけると思います。

どうぞ、ご支援よろしくお願いいたします
詳しくはリターンの欄をご覧くださいませ。


実施スケジュール

6月初旬:『ダイナミックタレ』製造工場着工
6月下旬:『ダイナミックタレ』製造工場完成、製造開始
7月中旬:リターン品のお渡し及びご送付開始
8月以降:店頭販売開始予定
9月以降:新商品開発
10月以降、随時展示会出展や広告を打ち、更にたくさんの方に『ダイナミックタレ』を知っていただく機会を用意します。

 
最後に

倒産したり、新しい事業が生まれたり。どんどん変わっていく世の中にも対応して、少しでも先を歩けるようなことを、やっていきたい。挑戦したい
ひとりひとり好みが違う中で、それぞれの方に対応した「美味しい」を作っていきたい。そして、日本中の「美味しい」に繋げたい。これからも、『ダイナミックタレ』を始めとして、お客さまの【ソウルフード】を生み出していきたい。ぜひ皆様のお力をお貸しください。

最後までお読み頂きありがとうございます。ご支援のほど、宜しくお願い致します。

株式会社丸和 製造責任者 中 秀彦 


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/13 09:40

     皆様からの多大なるご支援のおかげで、クラウドファンディング公開初日で目標金額100万円を達成することができました。本当にありがとうございます!!コロナでこの味を失ってしまったあの絶望の時から、仲間に助けられ、皆様にご支援頂きここまで来ることができました。「待ってました!」「これが我が家の焼肉...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください