「most SW」シリーズ


「most SW」を開発したのが2年前。

試験的に1100個を生産
2019年8月からテスト販売を実施
2020年8月テスト販売を終了

その間に頂戴したお声を元に
修正を繰り返し、素材、製造国、仕様を変更、
洗練させたのが本商品となります。

「most SW」の集大成と言っても過言ではない、
自信ある商品に仕上がりました。


目指したのは「最もシンプルな財布」です。

それは、シンプルな物ほど使いやすいという信念から来ています。


使いやすいシンプルな財布を目指したら
結果として薄く、小さくなった一味違う角度から誕生した財布です。


「most SW」(モスト エスダブリュー)= Most Simple Wallet(最もシンプルな財布)


シンプルが際立つ無駄のないデザイン

【仕様】

札入れ/小銭入れ/カードポケットが1つあるのみ。
※化粧箱付き

しかし、紙幣 10枚/カード 5枚/
名刺・ポイントカード 2枚/コイン 30枚以上入れる事ができます。


足すことなく徹底的に引くことを

意識して作られたデザイン。

無駄なパーツは、一切ありません。



時流に流されない、独自の視点
・動作もシンプルに。ギミックは作らない


独自のギミック(仕掛け)を搭載した財布が今のトレンドとなっています。

確かに独自のギミックを追加するとキャッチーで目に付きやすいかもしれません。


しかし、ギミックとは仕掛けを作る事、即ち工程が増えます。

財布を使う度、使い終わる度、「仕掛け」をしなくてはなりません。


「most SW」は、使いやすさが第一。
あえて作りませんでした。

財布を開けて閉めるそれだけ。

使う方の動作も無駄なくシンプルに設計する。

こだわったポイントです。


また、ギミックは細かなパーツを使用する為
耐久性に疑問が残ります。

逆に細かなパーツがないmost SWは
どこにも不安要素はありません。


・GAHNENらしくトレンドを追いすぎない


もう一つの財布のトレンドは、「薄く」「小さい」

昨今、1mmでも薄く小さくと競い合う様に財布が開発されています。


しかしカードやお札のサイズが変わらない限り、
もう財布のサイズを大きく変える事はできません。薄い、小さい財布は大体似たサイズです。


1~2mmのサイズダウンをするくらいなら
使いやすさを取るべきだと私たちは考えました。


今より少しサイズダウンに成功した所で利便性が変わる事はありません。
しかし、それと引き換えに使いやすさは犠牲にする必要が出ます。


だから私たちは、最薄や最小を目指しませんでした。


目指してしまうと
どうしても「使いにくさ」という名の無理が生じてしまうと考えたからです。


限界までシンプルに設計した結果として
「薄く」「小さく」なったmost SW


シンプルに設計した結果として
薄く小さくなったこの「順序」はとても重要で、
薄さや小ささを目指して作れば必ずどこかに無理が生じ、使いにくい商品が生まれます。


しかし、使いやすさを求めシンプルに設計にした結果として「薄く」「小さく」なったとしたらどうでしょうか。

 

薄く小さくとも、とても使いやすいバランスがとれた財布が誕生します。

そして誕生したのが
「most SW(モストエスダブリュー)」です。


30枚以上入る。大きな小銭入れ

まず「使いにくさ」が
顕著に表れるのが小銭入れです。


薄く小さくしようとすると内側に
小さく、小さく小銭入れを配置する必要があり
収納枚数が制限され使いやすさを犠牲にして成り立っている事がわかります。


「most SW」は、使いやすさに焦点を当てているので大容量入れる事が可能です。

何も考えずに支払っても小銭が溢れる事はまずありません。


小銭入れを外に配置する事で
視認性を高めたお札入れ

この財布には無駄なパーツは、一切ありません。

その為、お札の視認性に優れ
確認しやすく使いやすい設計です。

スムーズな支払い動作を
イメージし、設計しています。


大きなギフト券も収納可能です


カードの紛失を防ぐカードポケット

カード口が横向きの財布

よくある小銭入れが内側にあるタイプは、
カードポケットの上に小銭入れがくるため、
自然とカード口は横向きになります。

それでは、
カードが抜け落ちて紛失するリスクがあります。


most SWは、カード口が上向きなので
紛失するリスクはありません。

カード口を安全な上向きに出来たのは
小銭入れを外側にした恩恵です。


大きなカードが収納できる

カードポケットとお札の間にポイントカードや名刺も収納する事ができます。

サイズに重きを置いて設計している財布は、
「普通の財布では当たり前」であったこの機能が削られている場合も多いです。
しかし、most SWはこの機能を重要と捉え
引く事無く残しています。

この発想もサイズに重きを置かず、
使いやすさを求めてシンプルに設計した結果として
薄く小さくなったこの順序の恩恵
でもあります。

薄く小さい財布を使った事のある方なら
ポイントカードや名刺を収納できず困った経験があると思います。

most SWなら大丈夫です。

 

バランスが整った薄く小さい財布、most SW


以上のとおり、
使いやすさを求めシンプルを追求した結果
薄く小さくなったこの財布は
意外なほどに収納力があります。


お札10枚、小銭30枚以上、カード5枚、更にはポイントカードや名刺まで収納できます。


守備範囲が広く、薄く小さく、そして使いやすいバランスのとれた財布だからこそ皆さんが求めている「身軽に出かけたい」というその想いを叶えられると思っています。


なぜなら、薄い、小さい財布は
「小銭の容量の心配」
「カード枚数の心配」
「使いにくいストレス」と常に向き合わなければならないからです。


これら心配やストレスを、解消してこそ本当の「身軽さ」を感じて頂けるのではないか、と私たちは思っています。
「most SW」は、何も考えず気軽にお使い頂けます。


オールメイドインジャパンへの想い

日本のタンナーや工房は、年々と少なくなっているという事をご存知でしょうか。

その背景にはネームバリューのあるヨーロッパの革や生産力のある中国にシェアを奪われているという事実があります。

このままでは、1000年以上の歴史が
築き上げてきた日本の革を作る技術、
クオリティーの高い縫製技術が衰退するかもしれません。


日本の革、製造技術は決して世界に引けをとっている訳ではありません。
むしろクオリティー重視の日本が勝っていると思います。
この商品をキッカケに改めて生産国の大切さ、
日本の技術力の高さにお気づき頂けたら幸いです。


技術を守っていくために、日本で制作した物を使っていただく。
将来的には海外の方に使って頂く。
この事を目標として掲げております。


その想いから
「most SW(モストエスダブリュー)」は、
革から製造に至るまで一貫して日本制作を貫いています。


レザー:
創業100年以上の歴史を持つ姫路タンナー

制作:
創業90年以上の歴史を持つ老舗工房


インスタグラムで
「オールメイドインジャパン企画」と題して
制作過程を段階的に
コチラにアップしています。

制作過程を確認する事が出来ます。
ご覧頂けたら幸いです。

2種類のオリジナルレザーをご用意
ジャパニーズエッセンスレザー
(Japanes Essence Leather)


日本のエッセンスを
抽出した存在感ある色が特徴


日本の伝統色を再現する為に
開発費を惜しみなくかけたプレミアムな革

世の中にある革とは一線を画すカラー
それ故に所有者を楽しませながら
ゆっくりと豊かにエイジングしてゆく
また、きれいなエイジングが楽しめるよう設計


革感は、柔らかで上質な質感

商品制作に支障がでない限界値まで
オイルを入れている

ゆっくりと艶が増していく

染料仕上げ/タンニン鞣し


ナチュラルグロスレザー(Natural Gloss Leather)

キメが細かい肌感とハリ感、上品な艶が特徴

エイジング感は、艶が増していく仕様
艶が増していく事で所有感を満たす

色の変化は、軽微な設計
由に清潔感ある革の表情が長く保てる仕様

革感は、ハリが有りつつも柔らかで
キメが細かい上品な艶感

染料仕上げ/クロム鞣し


GAHNENのみが使用できる貴重なレザー

以上2種類のレザーは、
GAHNENと老舗革工房と老舗タンナーが監修し
制作した「コダワリのレザー」です。

日本の色の美と上質な質感を味わいたい方は
ジャパニーズエッセンスレザー

艶やかで上品な質感を長く味わいたい方は、
ナチュラルグロスレザーをお選び下さい。


ジャパニーズエッセンスレザー(Japanes Essence Leather )のカラーとパターン

Japanes Essence Leather
Size:W 8.7× H 10× D 1.3 (cm)

藍墨茶(あいすみちゃ)

藍味を帯びた黒色で一件落着の意味を持つ。
平和を連想させる縁起の良い色。
江戸の中期~後期に愛用された。

丼鼠色(どぶねずみいろ)

派手な色が禁止された江戸中期から流行った色。
当時、庶民は地味な色しか羽織れなかった。

その地味な色の中でも違いを出す為に、
茶色48色、鼠色100色が生み出された。

限られた中でも工夫を凝らし楽しむという
日本人ならではの美意識が感じられる粋な色。

藍色(あいいろ)

江戸時代では、身分によって
布地や色の指定があった。

藍色は庶民の着用が許されていた為、
日本人の民族色と言えるほど、
日常生活に根付いた。

海外からは、
ジャパンブルーと呼ばれる日本を代表する色。


樺色(かばいろ)

樺色とは、水際周辺に生息する蒲の花穂の色に似ていることから由来している。

花言葉は素直や慈愛。
派手な色を禁じられていた江戸の時代、人気があった色。

羽織ることが許された数少ない色の中でも
色の文化を楽しんだ粋な
江戸っ子の心意気が感じられる色


紅の八塩(くれないのやしお)

奈良時代の紅花染めの名

何度も浸し濃く鮮やかな発色の赤色が特徴
当時は、高級で贅沢な代物として禁色だった。

位が高い人以外、着用できなかった高貴な色、
また貴族憧れの色であった。


鶯色(うぐいすいろ)

鶯を飼う事が流行した江戸時代に誕生。
渋くお洒落な鶯色が当時流行ったとされている。

鶯の鳴き声を聞くと
幸運が訪れると言われる縁起の良い鳥の色。


ナチュラルグロスレザー(Natural gloss leather)のカラーとパターン

Natural Gloss Leather
Size:W 8.7× H 10× D 1.3 (cm)

Black /ブラック

Navy /ネイビー

Light Brown /ライトブラウン

Olive /オリーブ

Black×Navy /ブラック×ネイビー

Black×Light Brown /ブラック×ライトブラウン

Navy×Light Brown /ネイビー×ライトブラウン

Olive×Light Brown /オリーブ×ライトブラウン



セットで使える
キーケースとiPhoneケースもご用意


ジャパニーズエッセンスレザーシリーズ


ナチュラルグロスレザーシリーズ


サイズ

7.4cm×4.3cmの超小型キーケースを作りました。

ぜひ合わせて使っていただきたいです。


スペック

・アナログキー×5

キーリング付きなので
キーレスの鍵もつける事が可能です。


iPhoneケース

iPhone7~iPhone12まで対応


ジャパニーズエッセンスレザーシリーズ


ナチュラルグロスレザーシリーズ




※ご了承頂きたい事

・傷やシワ等について

当レザーは、染料で仕上げておりますので、

顔料で表面をつぶす事は致しておりません。


故に染み、シワ、傷は、隠す事が出来ません。

一点ものの個性として捉えて頂きますと幸いです。


・シボ感について

シボ感には個体差が御座いますのでご了承ください。

シボ小


※細かな構造、デザインは変更になる可能性がございます。
※画像の色は実際と異なって見える場合がございます。

 

タンナーオイル 100ml



革を鞣しオイルを入れる時に、
タンナーが実際に使用している貴重なオイル。
そのオイルをそのままボトリング。

【特徴】

皮革をやわらかくより柔軟にする

使っていく事によっての艶出し効果


ジャパニーズエッセンスレザーを制作する時に使っているオイルなので相性はバッチリです。

もちろんその他のレザーでもお使い頂けます。


【most SW 全体の動画 】


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名:フリームジャパン株式会社
◯ 事業者の所在地:〒441-8068 愛知県豊橋市神ノ輪町63
◯ 事業者の連絡先:Tel: 0532-39-8540
メール: info@gahnen.com
※ご連絡はメールにてお願いいたします。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:
各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/17 18:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/09/17 14:00

    お世話になっております。多くのご支援いただきありがとうございます。50日間のプロジェクトも、ついに明日で終了となります。始める前はご支援いただけるか不安に思いながら開始し、始めてからは多くの方にご支援いただき大変嬉しいです。商品の方ですが、革の発注は済ましており、革が納品後、生産に入ります。残...

  • 2021/09/10 20:00

    本日、目標金額が400%を超えました。多くの方に共感していただけたこと、大変嬉しく思います。ご支援くださった皆様本当にありがとうございます。初めてのクラウドファンディングも、残すところ8日となってしまいました。引き続き、ご支援いただけますと幸いです。<商品概要>「most SW」シリーズ目指し...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください