はじめに


こんにちは。

大月短期大学の学生のゆいです。みんなからはゆいまーると呼ばれています。

 

 

 私は今大学で地域の経済、財政、行政について学んでいます。その学びを通して、自分の生活する地域を改めて様々な視点から考える機会が多くあり、私の通う大月短大のある大月市には「綺麗でなおかつ安い」学生が住みたいと思える賃貸の部屋が少ないと思いました。

 また学生の中には大月市と同じ家賃でも東京郊外の方が綺麗な部屋があり、加えて街も栄えていることを理由に、八王子などの東京郊外に部屋を借りている学生も多くいます。大月市でしか体験できないこと、田舎だからこその良さがあるのに、上記の理由で居住者がなかなか増えないのは市にとっても改善すべき問題です。せっかく大月短期大学に通っているのに大月市の魅力を知らないまま卒業してしまうのはとても勿体無いと思います。

 加えて、学生向けアパートなら学生同士の繋がりもでき、大家さんも街の人も見守って下さり安心です。また親元を離れ一人暮らしを始めたけれど、新型コロナウイルス流行の影響で授業形態はオンライン授業が増え、同級生と知り合うことも少なく、不安な日々が続いている生徒も多くいます。なので、より人と繋がれるような学生向けアパートが魅力的且つ、必要とされていくだろうなと感じています。

 

 そして現実的な問題である大月市の人口減少。

出典:「国勢調査」(総務省)

 

この問題も避けて通れないものとなっています。私たちの活動によって、少しでも大月市の魅力を多くの人に発信して興味関心を増やし、住み良い街づくりに貢献していきたいと思っています。最近、大月市では地域活性化の活動も盛んになって来ているので、私たちも共に協力し、一致団結して市の未来を守っていきたいと思います。

 

 

プロジェクト実現に向けて

 

 

 今回のプロジェクトでは学生向けアパートの空き部屋一室を学生達の手で、綺麗でお洒落な部屋にリノベーションさせます。しかし、素人の作業だけでは安全性や完成度には不安があると思います。水光熱のライフラインは専門業者さん、また内装に関しても、地域の工務店さん等知識の豊富な方にご指導いただきながら、安心安全に暮らしていける場所を作っていきます。

 そして大月短期大学にて、このプロジェクトに向けたDIYサークルを立ち上げました。また「地域実習」といって、市内で農業体験やレジャー体験ができる講義があります。このクラウドファンディングが成功した際には、このプロジェクトをその講義に組み込んでもらう予定で先生方とも打ち合わせを重ねていますので、大学や地域と一体化したプロジェクトにしていきたいです。

 このクラウドファンデングは決してゴールではなく、これを機に学生向けアパートを継続的にリノベーション、管理、拡大していくことが将来的な目標です。今回は一部屋のみですが、今後は二部屋、三部屋と増やしていき、最終的にはアパート一棟をリノベーションできる規模まで見据えて活動していきたいです。そのために大学での講義やサークル活動とも連携して、地域と大学で大月市の活性化に繋げていくことが私の目標であり、後輩たちへ繋ぐ想いでもあります。

 

 

プロジェクトを立ち上げた背景

 

 

 せっかく大学に近い学生向けアパートがあるのに「古い」という理由から空き部屋になってしまう現状があります。「古いという理由だけで借手がつかないのは勿体ない!どうにか綺麗にする方法はないか?」と考えていた時、デザインや内装の工事作業を学生たちで担えば経費を安く抑えられるのではないかと思いました。

 また、大月市には古くなり取り壊される建物も多くあります。取り壊された後の廃材は処分されてしまう現実も知りました。しかしまだまだ有効活用できる資材も多く、その資材を今回のリノベーション物件に再利用できたら、ゴミ問題や、処理にかかる費用、有害物質の発生などの問題も軽減できるのではないかと思います。

 大月市での歴史を蓄えた家の資材を、これから市を支える若者たちの住む家に利用する。普段生活していたら見えない部分ですが、今回の活動でそういった持続可能な街おこしの面をアピールしていく事も重要課題と捉えています。


これまでの活動


 先程紹介した「地域実習」という講義を通じて大月市を流れる桂川の河川整備を行いました。大月市には、桂川に掛かる日本三奇矯の「猿橋」という橋があります。その猿橋を桂川を下りながら眺めることができる猿橋遊覧ボートが「猿橋遊水舎(さるはしゆうすいしゃ)」さんによって今年復活しました。それによって多くの観光客が訪れることが予想できますが、今まで桂川河川は整備があまりされておらず足場が悪かったり、多くのゴミが落ちていました。桂川により多くの人が訪れ、より楽しい思い出が作れるような場所を目指し現在も整備活動を続けています。遊水舎さんはこのプロジェクトに賛同して下さりリターンに猿橋遊覧ボートのチケットを提供して下さいました。猿橋の絶景は大月の魅力の一つです。支援者の皆様にも是非大月の魅力を体験していただきたいです。

↑桂川河川のゴミ拾い活動

↑猿橋遊覧ボート乗船体験(猿橋遊水舎さん協力)

 他には、大月市の魅力をより多くの人に知ってもらうことを目的として、地域の店を回りインタビューやリポートを行い動画配信も行っています。

↑大月市桃太郎伝説の観光ツアー体験

↑動画撮影の様子

↑大月市のお店インタビュー(アフロcafeさん)



資金の使い道


・改装費用(内装、外装)

・資材調達(木材、工具、諸費用)

・工務店さんからの指導費

・campfire手数料

 


活動スケジュール


2021年6月 クラウドファンディング開始

6月〜7月 部屋のデザイン決定

2021年8月中旬 クラウドファンディング終了

8月下旬 着工

9月〜10月 リターン発送開始

2022年2月 完成


『完成イメージ』


 

今後の活動について


サークルや大学の講義を通し、世代が変わっても引き継がれる活動にしていきます。

そしてこのプロジェクトが成功した後には、大月市に多くある空き家の一棟を改装し、学生向けシェアハウスや、地域の人々とのコミュニケーションが取れるような場所作りもしていきたいと考えています。 

そういった思いを掲げて活動していたところ、共感してくれた町の大家さんが物件の活用相談をしてくれました。


(実際に物件の下見に行きました!)


このプロジェクトを進める上で地域や学校の協力は必要不可欠のため、様々な交渉を進めて参りましたが、地域の方々や大学教授から多くの賛同の声を頂いております。

その活動の様子は活動報告やInstagramの方で随時更新しています。そちらの方も見ていただけたら幸いです。

 

 

リターン品のご紹介


・オリジナルステッカー

・猿橋遊覧ボート乗船券

・オリジナル手ぬぐい

・オリジナルTシャツ

・オリジナルつなぎ

・マグカップ+コースターセット

・流木ハンガー

・大月市内観光ツアー(完成部屋内見付き)

 

詳細は活動報告やInstagramで告知いたしますので、是非チェックしてみてください。


最後に

 

 

 大月市内に大学がありながら、在学中に市の魅力が伝わらず、卒業したら殆どの生徒が大月市を去って行ってしまうのが現状です。このプロジェクトや私たちの活動を通して、少しでも大月市がより良い街になり若者の活気に溢れた街にしたいです。

 学生のために、加えて、大月市のためにこのプロジェクトを成功させたいです。

 

ご支援よろしくお願いします。


  • 2021/07/25 13:29

    こんにちは!日ごろからご支援ご協力ありがとうございます。さて本日は、お手伝いと言う形でのリターンが追加されました!種類は、短い方から3時間、半日、1日となっています!学生ならではの若さと元気を活かして、張り切ってお手伝いさせて頂きたいと思っております!やりたいことはあるけど、めんどくさいから…...

  • 2021/07/23 19:37

    こんばんは!学生達が一軒一軒周り、交渉をしてありがたいことに沢山のお店にチラシを貼らせていただいております。特に大月商店街のお店に貼らせて頂いてます。ぜひこのチラシを見つけた際にはチェックしてみてください。そして、クラファン期間のこり1ヶ月を切りました。しかし、目標達成まではあと一歩です。目標...

  • 2021/07/22 14:01

    こんにちは。先日、長野県の諏訪市にあるREBUILDING CENTERを見学してきました!REBUILDING CENTERは廃材や家で使わなくなった食器、家具をレスキューし、綺麗にして販売しています。古くなったものや使わなくなったものを綺麗にて循環させる取り組みが、私たちの将来的な目標であ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください