はじめにご挨拶

みなさん、初めまして。
私は、金谷康佑(かなたにこうすけ)と申します。

これまで兵庫県西宮市を拠点に、全国でJAZZピアニストとして活動を続けて参りました。公益財団法人西宮市文化振興財団理事(昨年まで)、西宮音楽街道代表、日本音楽表現学会会員に加えて、震災復興支援の「音楽街道」運動の、全国音楽街道協議会代表世話人でもあります。

私は、兵庫県西宮市で生まれ、1歳から15歳までを京都府宮津市で過ごしました。その後、兵庫県神戸市、芦屋市、西宮市と阪神間で過ごし、昨年7月に幼少期を過ごした宮津市に移り住み、現在は西宮市と宮津市を拠点として活動しています。

今回一緒にお送りするThe Trio Empathyは、20年間私の音楽をサポートしてくれている元Gクリフのバイオリニスト渡辺剛と関西フィルハーモニー管弦楽団首席チェリストの向井航とで結成されているトリオで、定期的にコンサートを開催しています。このThe Trio Empathyは、今の私の思いを皆様にお届けするのに最強のメンバーです!

阪神淡路大震災から26年、東北大震災から10年に想いをよせ、2021年1月17日京都の壬生寺で「虹と絆と未来のコンサート」をこのThe Trio Empathyで行いました。

こちらのYouTubeで一部ご覧いただけます。
壬生寺での無料コンサートより
https://youtu.be/2fIw9TwdHDk


このプロジェクトで実現したいこと

「音楽のチカラ」で、医療従事者の方々への感謝を表し、コロナで疲れきった人々へのエールを送りたい。そのためにThe Trio Empathyと2人のゲストを迎え、2021年7月4日に宮津で無料コンサートを開催したいと考えます。

クラウドファンディングでご参加される皆様には、リアルタイムでネット配信し試聴していただきます。また、宮津駅を始め、パブリックビューイングを宮津市内の何ヵ所か設置する予定です。

⭐️日時

2021年7月4日午後1時開場・午後1時30分開演・午後4時終演

⭐️開催場所

・「みやづ歴史の館 文化ホール」宮津市

コンサート会場は「海の京都」と呼ばれる、日本三景「天橋立」を擁する「丹後の宮津」です。ここは、海と雨上がりの虹がとても美しい街です。

クラウドファンディングご参加の皆様(ネットで同時配信)

⭐️メンバー

「The Trio Empathy」は、昨年7月に宮津帰郷を果たしたピアニスト金谷康佑と、長年に渡って金谷の音楽をサポートしている元Gクリフのバイオリニスト渡辺剛と関西フィルハーモニー管弦楽団首席チェリストの向井航で結成されており、JazzyでClassicalでPopな音楽をお届けします!

この日は、金谷康佑の制作中の「未来組曲(全4曲予定)」のうちの3曲目で宮津を表現した新曲「海と虹の街」をゲストの杉田あきひろが唄う予定です。コロナ禍の中、宮津の「海」と「虹」そして「未来」を音楽で表現し、元気と感動を皆様と共有させていただきたいです!



⭐️ゲスト
杉田あきひろ:金谷と旧知なNHK「お母さんといっしょ」の第9代歌のお兄さん。ミュージカル俳優で「特別非営利活動法人ASK認定依存症予防教育アドバイザー」も務める

⭐️ゲスト
上川ひろみ:昨年宮津に移住し、宮津近郊にある養老診療所の医師でもあるシンガー




プロジェクトをやろうと思ったきっかけ

私は、1995年1月17日、兵庫県宝塚市で阪神・淡路大震災に遭いました。
絶望と深い悲しみ、命の儚さ、そして人生観の大転換を体験しました。

そんな中「音楽で被災した人々を勇気づけたい!」という思いから「阪神・淡路大震災メモリアルコンサート」、そして東日本大震災が起こってからは、東北と阪神間で震災支援の活動として「虹と絆コンサート」をおよそ20年にわたって開催してきました!

このコンサートを通じて、初めは震災の災禍に向き合えない絶望の淵にある方々、できるだけ忘れたいと思っておられる方々も、年々「元気と勇気」を取り戻される姿を目の当たりにしました。

会場で私たちの音楽を聴いていただいているうちに、観客の皆様のエネルギーが舞台上の演奏者である私達にどんどん伝わってくるのです。そのポジティブなエネルギーに私たちも元気と勇気をいただきさらに増幅させて観客の皆様にお返しをするという、エネルギーによるコミュニケーションを取ることができます。そして、観客の皆様の表情がどんどんと明るく変わってくるのです。あらためて「音楽のチカラ」の強さと素晴らしさを感じる瞬間です。


YouTubeをご覧ください。
勇気をだして〜新しい出発(たびだち)〜
https://youtu.be/7vNFwik9xTA


そんな活動を続けている中、ちょうど1年前の2020年7月に、1歳から15歳まで過ごした京都府宮津市に48年ぶりに帰郷しました。従来からの音楽の仕事の傍ら、ひょんなご縁から、宮津市でも高齢者が多く住む過疎地区の「診療所」で、雑用と往診時の運転ボランティアをすることになりました。


このコロナ禍の中、医療の最前線で、診療所の医師や看護師、事務職に至るまで大奮闘している姿をこの診療所で目の当たりにし、このことに対する医療従事者の方々への「感謝の気持ち」をどう表したらいいのだろうとずっと考えていました。

そして、断続的に繰り返される「緊急事態」と「蔓延防止策」の中で、街の活気も、人の元気も、どんどん無くなっています。今般の「コロナ禍」を、私は、大震災に匹敵する災禍だと感じています。街は活気を、人々は元気を失くし、終息する見込みの立たない中で日常生活は破壊されています。


そのような状況下でも、街の人々は何とか日常生活を取り戻どうそうと必死で生きています。大人も子供もです。そして、医療従事者のみなさんは寝食を惜しんで奮闘されています
私は、阪神・淡路大震災を思い出さずにはいられないのです




町が失った活気を取り戻したい!

人々の元気を取り戻したい!

医療従事者の方々を勇気づけたい!


私は音楽家ですから、やはり「音楽のチカラ」で、医療従事者の方々への感謝を表し、コロナで疲れきった人々へのエールを送るべきだと考えました。このクラウドファウンディングにご参加くださる方々と共に、このコンサートを成功させて、世界中で「勇気と元気と活気」を取り戻したい気持ちでいっぱいです。そして、医療従事者の方々への感謝の気持ちとエールをご一緒に送りましょう!


今回のコンサートによせて

私を応援してくれている宮津と神戸の幼なじみの方々を中心に、京阪神の私の支援者の方々が実行委員会を結成してくださいました。コンサート準備、返礼品の制作、当日の運営など全てしていただくことに恐縮すると同時に感謝の気持ちでいっぱいです。みんな思いを共有する仲間たちです✨


金谷康佑のオフィシャルHP
www.course-k.net

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
資金の使い道

予算は150万円で、出演料、出演者の交通費、フライヤーなどの印刷代、返礼品とその送料、会場賃借料、音響費、画像配信費、ピアノ賃借料、当日のスタッフ経費、CAMPFIRE様への手数料に使わせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最後に

コロナ禍に立ち向かう勇気と元気をぜひとも私に与えてください!

みなさんから授かった勇気と元気は、さらに増幅してみなさんにお戻しします!

どうか一緒に「音楽のチ・カ・ラ」で元気になり、活気を取り戻しましょう!

ここには、私の今の正直な気持ちを赤裸々にしたためました。

何卒よろしくお願い申し上げます!  


金谷康佑 


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください