【『葛城ユキの復活!を支援する会』からのご挨拶】

先ず初めに、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔み申し上げますと共に、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。

『葛城ユキさんの復活を心から、お祈りしています』

初めまして、私は「佐賀ライブハウスGEILS」オーナーそして「スピリッツ」のリーダー木原慶吾と申します。 ご存知下さる方もいらっしゃると思いますが、彼女とはこの四半世紀、九州方面でのツアーバンド「スピリッツ」のリーダーとして、公私共にお付き合いさせて戴いています。(※参考動画)
さて、ニュース等の報道で周知の様に、彼女は原発性腹膜がんの為に闘病中です…加えてコロナ禍で彼女の音楽活動を支える個人事務所の運営も儘ならない状況です。 そこで私は彼女自身からの要請を受け、彼女と共に「復活を支援する会」を立ち上げ、安心して治療に専念し闘病の果てにはスムーズに仕事復帰できるよう、彼女を愛する皆様にご支援をお願いする事と致しました。 コロナ禍で皆様も大変な状況とは思いますが、是非!葛城ユキ復活のためにお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

『葛城ユキの復活!を支援する会』発起人
サウンドスピリッツ 代表取締役 木原慶吾
※本プロジェクトは、葛城ユキ本人と「復活を支援する会」との共同実施となります。


【このプロジェクトで実現したいこと】

新型コロナの影響が色濃く残る中での闘病休業。音楽人として活動基盤も案じながらの闘病は尚一層厳しく、闘病の果ての仕事復帰の頃には活動基盤を失っている事も危惧されます。
元通りのパワフル&ハートフルな葛城ユキが、スムーズにミュージックシーンに返り咲けるよう支援する事だけがこのプロジェクトの唯一の目的です


【葛城ユキ・バイオグラフィー】


●1974年、「木曽は山の中」を歌い、第7回ポプコン全国大会で最優秀曲、第5回世界歌謡祭で審査員特別賞をそれぞれ獲得し、同年メジャーデビュー。
● 1980年、「哀しみのオーシャン」がヒットし、1stアルバム「寡黙」を発売。日本の音楽シーンにレディースロックの礎を築く。
● 1982年、スーパーロックバンドTOTOをミュージシャンに起用しL.A.録音を行った「L.A. SPIRITS」が音楽通の間で話題を集める。
● 1983年、7thアルバム「RUNNER」発売。収録曲「ボヘミアン」が大ヒットし、シングル・アルバム共にゴールドディスクを獲得。
● 1986年、中国広東省珠海市珍珠楽園で、邦人女性ロックシンガー初の中国公演。3日間で3万人を動員。
● 1990年6月、自らの活動基盤として個人事務所設立。
● 1992年、日中国交正常化20周年で、'86年と同じ会場で2度目の中国公演。3日間で3万5千人を動員。
● 1996年、松竹映画「必殺~主水死す~」エンディング曲「哀しみは花びらにのせて」の歌唱を担当。
● 2001年、24thアルバム「暗くなるまで待てない」発売。発売記念ツアーを東京厚生年金会館・愛知勤労会館・大阪厚生年金会館・八潮メセナ・熊谷会館・山梨県民ホールで開催。
● 2003年、テレビ番組収録中の事故で重篤なケガを負い、2ケ月間入院し治療に専念。
● 2010年、洋楽を中心とした自身初のカヴァーアルバム「Singer VOL.1」と、特典DVD付きライヴアルバム「LIVE2010」を発売。
● 2011年、東日本大震災に心痛し、4/28より石巻市をS中心に復興支援ボランティアライヴを開始し、2013年まで熱心に継続。
● 2013年、自身初の邦楽カバーアルバム「Show和 VOL.1」発売。
● 2014年、邦楽カバーアルバム第2弾「Show和 VOL.2」発売。
● 2015年、洋楽カバーアルバム第2弾「Singer VOL.2」発売。
● 2018年、ヒット35周年記念としてボヘミアン英語ヴァージョンを、自身の持ち味を活かした”ロックヴァージョン ”と、Teddy Loid氏とのコラボ”エレクトロニックヴァージョン”の2タイプを制作。
● 2019年、NHKよるドラ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」に”スナックボヘミアン”のママ役で初出演。


【資金の使い道】

● 葛城ユキ闘病で休業中の個人事務所運営費用の一部
● リターン品の製造及び発送費
●クラウドファンディング手数料の支払い

【リターンについて】

10,000円を1口として、支援金1口につき当プロジェクト特製のご支援者お名前入り葛城ユキ・スペシャルCD(非売品)1枚を、募集終了日より45日以内に発送しお届けさせて頂きます。
※支援金額は、申し込み時に「上乗せ支援」が可能です。


【活動拠点とする各ライヴハウスオーナー様からの応援メッセージ】※順不同
●名古屋 ライヴハウス THE BOTTOM LINE オーナー 蔵原郁智 様
 https://www.bottomline.co.jp/

コロナ禍の中、名古屋ライブハウス「ボトムライン」は今年2021で32周年を迎えます。長期化している現状で、エンターテイメント業界は大変厳しい状況が続いております。そんな中葛城ユキさんの病気の情報が舞い込みました。葛城ユキさんと当店はずっと長い間ご縁があり、名古屋のオーディエンスに音楽ファンにいつもパワーを与えて頂いています。今回は、その皆様が彼女にお返しする縁が廻ってきたのだな…と感じています。現在、癌は治る病気です。ステージ4の人間が復活したのを何人も見てきています。そして葛城ユキさんは不死鳥です。必ず復帰されます。現に2003年の事故の時も、ご本人は大変苦しい思いをされましたが、音楽で人々を癒やし救うお役目は終わっていませんでした。ファンの方々はご承知の通り、見事に甦られましたね。必ずや勝利を収め、またボトムラインのステージで熱唱される事を信じております。
厳しいのは経済的な側面も有ります。私からもぜひ、皆様方のご協力を、何卒お願い申し上げる次第です。来年2022年のLIVE日程を調整中です。またボトムラインで葛城ユキさんのパワフルなステージを期待していて下さい。そして、皆様と共に元気でその日を迎えましょう。

株式会社ボトムラインジャパン 代表取締役 蔵原郁智



●横浜 ライヴレストランバー Paradise Cafe オーナー 滝 ともはる 様
 https://www.paradisecafe2019.com/

1980年代から、同じ時代を生きて来た
道は違えど
時として吠えるように歌う
ユキさんの歌声に
私は何度も勇気付けられた

「決して負けない」
「決して挫けない」

あなたの魂に揺さぶられ
その度にまた立ち上がれた
今度は私たちが支えるよ
あなたがそうしてくれたように
今はゆっくり休んで
その羽の傷が癒えるまで
そしてまた再び
復活を待ってる
あなたの歌を待ってる人達が
たくさんいるから
ユキさんの復活を信じて
待ってる人達がいるから

滝 ともはる


●東京 ライヴレストラン BLUES ALLEY JAPAN オーナー 高橋真治 様
 https://www.bluesalley.co.jp/

目黒BLUES ALLEY JAPAN 高橋真治と申します。
当店は東京目黒に1990年オープンし今年で31年目を迎えるライブレストランです。
葛城ユキさんとのご縁は1990年代中頃、毎年定期的に東京公演を行って頂いています。我々BAJスタッフもユキさんのライブが大好きです。いつも本当に元気でパワフル、そして笑顔になれて、心豊かになる。ユキさんの熱唱される歌、人柄がお店をたっぷりにしてくれるそんなライブなんです。
2021年4月この春、所属事務所の社長さんとのスケジュール調整の最中にユキさんの「ステージ4の原発性腹膜癌」と病名お聞きしまさに隕石落下のごとく衝撃を受けました。ただ次の瞬間、2003年のアクシデント、ファンの皆様もご存じの通りあのアクシデントを乗り越えた方です、必ず治るし、必ず復帰すると思いました。
ユキさんBAJのステージで熱唱される事を信じています。
皆さんユキさんの復帰信じ、そして闘病に専念出来るよう、闘病の果ての葛城ユキ復活!に向けて皆様のご支援をお願い致します。

BLUES ALLEY INTERNATIONAL
代表取締役 高橋真治


●大阪 ライヴハウス Music Club JANUS 運営会社社長 岸本泰冶 様
 http://www.arm-live.com/janus/

私と葛城ユキさんは、昭和・平成・令和と三時代を共に走ってきた間柄ですね。代表曲にもなった「ボヘミアン」は私にとっても特別な曲です。
先日TVを観ていて「葛城ユキさん癌ステージ4公表」との報道があった時はびっくりしました。
弊社のライブハウス支援クラウドファンディングの返礼品「ライブハウスメモリアルブック」の記事制作において、私との対談を2020年11月25日、大阪の「JANUS」にてインタービユーさせていただきました。その時に貴方はすでに癌を患っていたんですね。しかしながら、その夜のライブはいつも通りの圧巻なステージでした。(掲載写真は、そのインタビユー時のもの)新型コロナウィルス感染収束に向け世界中が不自由な時期でもありますが、この時をうまく使って一日も早く回復してください。あなたの好きなライブハウス「JANUS」でパワフルなユキさんのライブが楽しめる事を皆さん待っていますよ。
「ヒーロー」の歌のように葛城ユキ頑張れ!もちろん私も信じています。

アームエンタープライズ株式会社
代表取締役社長 岸本泰冶


【最後に】

キャリア47年超、その唯一無二の歌声・歌唱・人柄で親しくお付き合い頂く歌手仲間と業界関係者だけでなく、一般音楽ファンの皆様からも広く愛される葛城ユキの、音楽活動維持と仕事復帰のために皆様のご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
なお葛城ユキは5月8日の腹腔鏡手術を経て14日に1回目・6月4日に2回目・25日に3回目の化学療法を受け、7月終盤~8月頭に癌切除手術を予定で、その後も8月~10月と定期的に3回の化学療法を経て一通りの治療を完了できる予定です。
日本屈指のパワフル&ハートフルな女性ヴォーカリスト葛城ユキが、闘病に専念しもう一度ミュージックシーンに返り咲くためにあなたの力をお貸し下さい。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/17 17:09

    5/31の救急再入院から17日、腸閉塞も改善され6/15には2度目の抗がん剤投与も済ませ、本日6/17(木)午前一時退院にこぎ着けました。また状態が変わらなければこのまま外来で通院しながら抗がん剤治療を行う予定ですが、こればかりは何とも予測がたちません。今現在での治療スケジュールは… 7/06...

  • 2021/06/11 10:22

    5/14に最初の抗がん剤投与を行い5/17に一時退院しました。体調が悪化しなければそれ以降は3週に1度通院で抗がん剤治療を予定でしたが、3週目に入ってから激しい吐き気に襲われ水でさえも受け付けない状態に陥り、5/31夜救急で再入院…もう直ぐ2週間になろうとしています。今回はがんが起因し腸閉塞を...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください