皆様、初めまして。Hygge Planningの笹川りえと申します。
ウエディングの司会者として長年結婚式に携わり、2019年秋、Hygge Planningとして独立しました。
お式を挙げる新郎新婦のお二人と参加される皆様、すべての方に良き思い出の結婚式となるように、お客様目線の結婚式スタイルをカスタムメイドでご提案しています。


人生で一番の晴れ舞台、結婚式。それが新型コロナの流行により、大きく揺らいでいます。
海外はもとより国内での移動も大きく制限され、大人数での会食もかなわず、現在主流である挙式と披露宴を合わせたいわゆる”結婚式”を行うのが難しい日々が続いています。そんな今だからこそ、結婚式について考えてみませんか。結婚式は何のために、誰のために行うのでしょうか。


結婚式の根本は、親戚縁者で集まって結婚するお二人を祝うためのものであり、お二人が親戚縁者にこれまでの感謝を伝えるためのもの。 それが時代とともに変化し、現在の結婚式の形になりました。


今、コロナ禍により、結婚式を行うこと自体が難しい、という異例の事態となっています。Hygge Planningのお客様には「安心して開催できるようになってから」と来年再来年への延期をご案内していますが、ご家族やお仕事その他のご都合で延期できない事情がおありの方も少なくありません。

結婚式ができない場合、”前撮り”や”写真のみ”を選択される方も多くおられます。でも、”前撮り”を行えばじゃあ本番はいつできるんだろう、と不安になったり、”写真のみ”の場合、写真だけで終わっちゃった…という後悔が残るのではないでしょうか。

そのような方にご提案しているのが、挙式だけを先に行うこと。披露宴は将来のオプションとし、その代わり挙式にお金と時間をかけて行う、という方法です。


挙式だけであったとしても、やりたいことはすべて行っていただけます。
お二人でゆっくりスタートの日を誓ったり手紙を読みあったり、ご家族ご親族に見守られながら海岸など密にならないところで人前式を行ったり、飲食はないけれどドレスを着たり着物を着たり。カメラマンを手配して配信できる手はずを整え、「私たち結婚しました」を周囲にお伝えできるようにすることも可能です。Hygge Planningでは、そんなお客様目線を大切にした挙式を行っています。


挙式を行うことで、「結婚式ができない」というストレスから解放してあげたい。その一心でこのようなご提案をさせていただくに至りました。そしてわたしは、

挙式を執り行う場所として
ぜひお寺をご提案したい!
『寺×ウェディング』を世の中に広めたい!!

と思い、このプロジェクトを立ち上げたのです。


もともと日本には、”結婚式”という儀式はなかったそうです。
明治以降、神前式やキリスト教式の挙式が定着する以前、婚礼の儀は新郎の家で行われるものでした。「花嫁道具」とは花嫁より先に新郎宅に運び入れる花嫁の荷物のこと、「嫁入り」は花嫁が新郎宅に移ること、そして「祝言」 は親戚縁者を招いてお披露目をする祝いの集まり。この3つを合わせて婚礼の儀と呼ぶのだとか。

現代には様々な結婚式のスタイルがあります。しかしそれはどれも明治以降に出来たものであり、元をたどれば家で行われていた婚礼の儀をはじめ、様々な儀式を参考に作られたのだそう。

そう考えたとき、お寺は今、挙式の舞台として一番日本人にふさわしいのではないでしょうか。


その理由はまず、お寺は家族の縁を結ぶところである、ということ。

日本人の生活に神社やお寺は密接に関係しています。お正月には神様にお参りをし、勝負事や試験の際には願をかけ、お盆には先祖をお迎えし、お葬式や法事ではお経をあげるのが習わしです。 

しかし神様を祭る神社と違い、お寺は家族の縁を結ぶところであり、ご先祖様にご報告する場。コロナ禍で奇しくも今、家族単位でしか集まることができない状況です。家族でしか集まれないからこそ、家族の縁をとりもつお寺で新しいご縁を結び、巡り合えたご縁に感謝する、そんな挙式ができたら素敵だと思うのです。

 

そして、2つ目は”本物である”ということ。

リゾート地やホテルで行う結婚式ももちろん素敵です。でも、ホテルのチャペルは挙式用に作られたもの。歴史や伝統はそこにはありません。せっかく日本に住んでいるのなら、本物の歴史あるお寺での挙式をお勧めしたいのです。

今や日本文化は外国の方にとってのあこがれであり、お寺はその最たるもののひとつ。日本に住んでいるのにお寺を訪れないなんて、お寺のカッコよさを知らないなんてもったいない!


お寺はその場所によってさまざま。とても荘厳な雰囲気の大きなお寺もあれば、気さくにだれでも受け入れてくれるような雰囲気のお寺もあります。住職の方も、お話し好きな方もいれば厳格な雰囲気の方、ニコニコ話を聞いてくださる方、色々な方がいらっしゃいます。挙式だけですので、ご家族が集まれるお部屋があれば、小さなお寺でも大丈夫。「ここで式を挙げたい!」と思うお寺がきっとあるはずです。


そして3つ目は、色々な意味でのつながりを大事にできる、ということ。

例えばご実家の近くに、子どものころに足しげく通ったお寺はありませんか?そんなゆかりのあるお寺で行う家族の縁を結ぶ挙式ができたとしたらいかがでしょう。今なかなか遠くに行けない年配の方も、近場なら参加しやすいのではないかと思います。


例えばお住まいの近くに、古くからその地にあるお寺はありませんか? 散歩がてら見つけたお寺で挙式することができるとしたら、立ち寄るたびに思い出す素敵な思い出になるに違いありません。今までゆかりのなかった土地ならなおさら、お寺での挙式によって新たなご縁が結ばれ、心強いつながりができるのではないでしょうか。



「再婚だから」「初婚だけどアラフォーだし」「キラキラは苦手で…」なんておっしゃる方も、お寺での挙式なら落ち着いた雰囲気の中で執り行われますので安心です。逆に、「お寺ってダサくない?」「なんか地味だよね」と思っている世代には、お寺の持つ荘厳な美しさをお伝えできればと思っています。


”お寺で結婚式”を行うことについて、住職の方との対談をさせていただきました。こちらも併せてご覧くださいませ。



2002年にプロの司会者としてデビュー。ウェディングの司会者をメインに大阪・神戸・京都・東京・横浜で活動してきました。主にホテルや結婚式会場での司会をメインにプランニング等も行い、様々な運営スタイルの披露宴を経験しています。


当時の司会は、所属していたアナウンス事務所へのオファーを頂き、1回1時間の打合せだけで当日司会をするスタイル。最初はがむしゃらに取り組むだけでしたが、少しずつゆとりができるにつれ、もっと新郎新婦とじっくり向かい合い、お二人がやりたいことを後押し出来たらという思いが強くなりました。2015年にアナウンス事務所から独立し、2019年秋にHygge Planningを設立したのです。

Hygge(ヒュッゲ)とはデンマークの言葉で「家族や親しい人とのつながりからうまれる幸福感、くつろぎ」という意味です。家族の絆や人とのつながりからうまれる幸せな時間を、たくさんつくりだすお手伝いができますように。そんな願いを込めて、Hygge planningと名付けました。

古民家ウェディングの運営をしながら、会場にとらわれないとことんお客様目線の結婚式スタイルをカスタムメイドでご提案。みなさまの”思い”をかたちにします。


皆様からお預かりした資金、大切に使わせていただきます。
CAMPFIRE手数料を引いた全額、『寺×ウェディング』をより多くの方に広めるための広告宣伝費として活用させていただく予定です。

・広告宣伝費
・CAMPFIRE手数料(17%)


お寺での挙式、いいかも!と思われた方、ぜひ『寺×ウェディング 』を検討してみませんか?関東は東京都・神奈川県、関西は兵庫県を現在予定しています。詳細は一覧でご確認くださいませ。


まずはお話を聞いてみたい、という方は、『寺×ウェディングオンライン相談』をぜひご利用ください。寺×ウェディングと他のウエディングとの違いや、お近くのお寺のご案内など、寺×ウェディングの基本をお伝えします。


その他のリターン及びその詳細については、リターン一覧をご覧くださいませ。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


8月初旬 クラウドファンディング開始
9月末日 クラウドファンディング終了
10月~  お申込みいただいたリターンの打ち合わせ開始


結婚式は、離れて暮らす家族が一堂に会する数少ない機会の一つ。
今はたくさんのお客様を呼ぶ結婚式はできないけれど、挙式だけでも行うことは、新郎新婦お二人、そしてご家族皆様の気持ちの区切りをつけるのにとても大切なことだと思います。


『寺×ウェディング』は、お寺で挙式したい!という新郎新婦のお二人と、お寺を挙式に使わせてあげたい!というお寺とどちらもいないと成り立ちません。つまり、一人でも多くの方に『寺×ウェディング』というものを知っていただく必要がございます。皆様にそのご協力をお願いしたいのです。

「お寺での結婚式、素敵!」と思っていただけたすべての皆様、この『寺×ウェディング』プロジェクトにぜひご賛同いただき、温かいご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いします。

 




■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:Tel:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


  • 2021/09/23 17:43

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/08/10 12:22

    クラウドファンディングが誕生日に公開になりはや1週間みなさまのご支援のおかげで初日で目標にしていた20%を達成し、注目のトピックにもとりあげていただきました!!早速のご支援をいただけた皆様のおかげです。元気をいただきありがとうございます!!!コロナ禍で結婚式をどうしようか立ち止まっていらっしゃ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください