▼はじめに

数あるプロジェクトの中からこのプロジェクトに目を止めていただきありがとうございます。


「プペルトラック」IN京都開催チームの代表の山口と申します。

普段「ぐっさん」と呼ばれています!

私は、2020年6月に西野亮廣エンタメ研究所に入会し、これまで2020年に12月に行われた六本木ヒルズ「えんとつ町のプペル」光る絵本展や2021年3月京都の上賀茂神社で行われた「ことなり京都チックタック光る絵本展」のボラスタなどを経験させていただきました。

えんとつ町のプペル光る絵本展in六本木ヒルズ


▼コアメンバー紹介

山口佳晃

藤井聖也

木村航也

内田秀太

阿部善哉

古室侑毅


▼イベント概要

・日時 2021年11月27.28日(土日) 10:00〜20:00

・会場 ロームシアター京都 ロームスクエア

・料金 入場無料

会場のロームシアター京都、ロームスクエアは京都市左京区にあります。

ロームシアター京都では、日本でも有名なアーティストの方がliveをされていたり、日本有数の演劇が日頃から開催されています!

また、ロームシアター京都周辺には日本有数の観光地である、平安神宮があり、京都でもトップクラスに人で賑わっている場所であるので、そのような素晴らしい場所で光る絵本展を開催させていただきます!!

また上記にもありますように、多くの方に「えんとつ町のプペル」光る絵本展を楽しんでいただくために今回の絵本展は入場無料で開催させていただいています!!

その為には多くの資金が必要になるため今回のクラウドファンディングを実行させていただくことになりました!!


開催までの過程

2020年11月 光る絵本展開催権購入

2021年8月 ロームスクエア京都にて開催決定

2021年10月 クラウドファンディング開始

2021年11月中旬 クラウドファンディング終了

2021年11月27.28日 ロームスクエア京都にて開催!


▼コロナ禍の中でも学生の力で最高のイベントを作り、地元京都を盛り上げたい。

私は、絵本展というイベントを通じ、エンターテイメントの力の凄さを実感することができた1年となりました。


特に2020年12月に行われた六本木で行われた光る絵本展は1万人以上が来場されたイベントを経験させていただき、エンタメをみんなで協力して生み出す楽しさを知りました。

そして、「えんとつ町のプペル」という作品、光る絵本というコンテンツには人を笑顔にして、元気にする力がある事を目の当たりにしました。


その「えんとつ町のプペル」という作品の力を使わせていただき、自分たちの手で1から絵本展を作り上げたいと強く思いました。

ですが、現在は世界中がコロナ禍によって様々なイベントが中止されたり、エンタメを作る状況が非常に困難な時代になってしまいました。

いつの間にか、エンタメは不要不急の物だという扱いになってしまい、世間の人から受け入れられない状況になってしまいました。


しかし、私はエンタメというのは必要なものだと本気で信じています。今回のイベントを行い、世の中の人に笑顔を生み出して、元気にさせたいと本気で思っています。

また、今回のイベントは僕を含む大学生6人で企画運営しているのですが、大学はオンライン授業、サークル活動や学内外イベントは中止と、思い描いていた大学生活を送れていませんでした。

学内外問わず様々なイベントの中止が続き、仲間とともに楽しい時間や空間を共有することができませんでした。

このような状況を見て、自分自身の成長はもちろん学内外問わず様々なイベントの中止が続き、仲間とともに楽しい時間や空間を共有することができませんでした。

このような状況を見て、自分自身の成長はもちろん、

「コロナを言い訳にチャレンジをやめるのはおかしい! 
だったら自分たちの力でそのようなイベントを作ろう!」

「自分たちの挑戦で、多くの学生に刺激を与えたい!」

「コロナで落ち込んだ地元京都を盛り上げたい!」


と思い、今回このイベントをやることを決心しました。

何をするにも「コロナが〜」というのが付いてきて、上手くいかないことが多く気持ちが落ち込むことが多い世の中、

この状況を自分たちの力で少しでも変えたい!と思いこのイベントを開催します!

また、地元京都に少しでも希望を灯せるようにしていきたいとも思っており、

京都要素を絡めたイベント、絵本展を作っていこうと思います!!

その取り組みの一つとして、「ことなり京都チックタック光る絵本展」で知り合わせていただいた椹木様より衣装の提供をいただくことになりました!!

▼椹木さんの会社のURLになります。

https://wedding-sawaragi.com

メインで活動している6名及び、この光る絵本展のスタッフに早い段階から関わっていただいたスタッフの方には着物ローブという衣装を着て、当日の絵本展を迎えさせていただきます。

コロナ対策をしっかり行い、最高のエンタメを作り京都を最高に盛り上げていきます!


▼コンテンツ・コロナ対策

・移動式個展会場 「プペルトラック」による「えんとつ町のプペル」光る絵本展×キッチンカーなどを用いたマルシェを行います。

・スタッフは全員マスクを着用し、消毒を行います。

・イベントは屋外の解放感がある場所で行います。


また、コロナ感染拡大防止に向けた取り組みは、京都府のコロナ対策ガイドラインを確認し、イベント当日はもちろんの事、準備段階からコロナ対策を用いて、行っていきます。


▼予算

・プペルトラックレンタル費 25万

・音響照明使用費 10万 

・会場使用料 12万

・コロナ対策費用 5万

・スタッフ当日の飲食代 15万

・広報宣伝費 15万

・スポンサーパネル製作費 3万

・警備費用 5万円

・会場電源使用料 5万円

クラファン手数料を含めると約100万円が必要になります!

目標金額を超えた場合はスタッフの方に弁当のグレードアップなどによって還元させていただきます!!


▼終わりに

このような厳しい情勢の中、周りの方の協力をたくさん経てイベントを作らせていただいています。学生が中心になって最高のイベントを作ります。至らないことがたくさんあると思いますが応援よろしくお願いします。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:山口佳晃
 ● 事業者の住所/所在地
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の電話番号:Tel:070-5658-6035  
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください