私たち株式会社アダストリアは、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで30を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。「Play fashion!」をミッションに掲げ、ファッションを通じてお客さま一人ひとりの毎日に「もっと楽しい」選択肢をご提案しております。

この度、豊島株式会社と協業し「自分の障がいに関わらずファッションを楽しみたい」「持病があって病院服を着ることが多いけれど、入院中もファッションを楽しめないだろうか」など、多様な視点を取り入れたファッションを提案するプロジェクト「Play fashion! for ALL」を始動しました。

本プロジェクトでは、障がいのある従業員が約200名働くアダストリアグループの特例子会社「アダストリア・ゼネラルサポート」の従業員3名が商品企画から参加。日頃の洋服選びに関する悩みや、一人ひとりのファッションへのこだわりを提示してもらったり、3DCGモデルを務めてもらったりと、デザイン制作に深く関わってくれました。

はじめまして!株式会社アダストリアの坂野世里奈(ばんのせりな)と申します。「Play fashion! for ALL」プロジェクトを始動し、一人ひとりの視点を大切にしたファッションにチャレンジしています。

まずは、プロジェクトのきっかけについてお話させてください。きっかけは、2017年5月に他界した私の父の介護です。父は、20年にわたる闘病生活によって入退院を何度も繰り返していました。そして、最期の半年は重度の介護生活を過ごしました。

元気な時の父:海外ドラマ・スイーツが大好き!よくランチや旅行に一緒に行きました。

元気な時は一緒に映画や旅行に行きました。私が結婚し、子どもが生まれて父がおじいちゃんになってからは、孫の世話をたくさんしてくれました。本当に、とても仲の良い親子だったと自分でも感じています。そんな父が、最期となった病では、要介護5認定での介護生活となり、最後は会話もできなくなってしまいました。享年64歳です、まだ若かったです。

介護中の父:抗がん剤治療で最期は話もできなくなってしまいました

重介護の生活は半年と短い期間でしたが、父はその中で、ファッションを楽しむ気持ちを持つことができませんでした。元気な時は、ミーハーで、アクティブだった父。私はよく、ポロシャツやスニーカーをプレゼントしていました。しかし最期は、変わり果てた父に洋服をプレゼントできる状況ではなく、また、介護で寝たきりの状態では選べる洋服もほとんどありませんでした。

当時の経験を振り返られるようになったとき、私は「あの時もっとできることがあったのでは?ファッションで楽しむことができたのでは?」と考えるようになりました。そして、アダストリアがミッションとして掲げる「Play fashion!」を、どんな時でも、すべての人が考えられる社会になるべきだと思うようになりました。 

誰もが、「着てみたい!」と思える服を着ることができたとしたら、本当の意味で一人ひとりの毎日に「もっと楽しい」選択肢が増えるはず。

私は、「すべての人がファッションを楽しめる社会」をアダストリアが率先して築いていくべきだと考え、このプロジェクトを社内事業提案プロジェクト「PROJECT A」にて提案しました。

「Play fashion! for ALL」は、アダストリアの社内事業提案プロジェクト「PROJECT A」より発案されたインクルーシブファッションサービスです。

社会には、さまざまな人が生活しています。だからこそ、誰もが“同じじゃない”という当たり前を、もっと、もっと、ファッションに取り入れたい。「Play fashion! for ALL」はそんな想いから生まれました。 

インクルーシブファッションとは、障がいの有無、年齢、ジェンダーに関わらず、全ての方を孤立させず包摂することを目指すファッションのことを指します。何らかの障がいがある人は、世界に約10億人いるとされており、その中には、身体的な障がいによって、自分で洋服を着脱することが困難であったり、選べるデザインが限られてしまったりする方がいます。

「Play fashion! for ALL」は、協業企業として参加してくださった豊島株式会社 の3DCGデザイン「VIRTUAL CLOTHING™(バーチャルクロージング)」を活用して、そのような課題がある人のニーズに合わせた洋服を製作し販売する取り組みです。着脱のしにくさやサイズに悩まれていた方々に、もっと自由にファッションを楽しんでいただける機会を提供してまいります。

プロジェクトの制作が本格的にスタートしたのは2020年12月。コロナ渦でのスタートとなりました。アダストリアゼネラルサポートの社員3名に参加してもらい、リモート会議を通じてそれぞれのニーズに叶う服のアイデアを出し合いました。山形県山形市で働く鈴木さん、茨城県水戸市で働く伊勢坊さん、群馬県高崎市で働く小林さん。障がいや持病を持つ彼らと一緒に、3タイプのファッションを考えていきました。 

毎週、リモートでのオンライン会議を実施しました。

リモート会議でそれぞれが出してくれたアイディアをもとに、各洋服のデザインやパターンを制作。その後、3名それぞれの3DCGアバターを作成し、3DCG(VIRTUAL CLOTHING™)を活用しながらパターンの修正を行いました。リモート会議のみで、精度の高い1stサンプルを仕上げることができています。

リモート会議にてパターンの修正を実施。それぞれの体型データを取得し、3Dアバターを作成。
360度さまざまな角度からデザインやパターンの検証を行いました。
そこから更にやり取りを続け、遂に、「一人ひとりの視点を大切にしたファッション」が完成!3名のアイデアがつまった商品をご紹介します。

着るのがラクチン、おまけにかわいい。

入退院を繰り返す私に寄り添ってくれる、機能的でオシャレなこだわりパジャマ。

自由に外出できず、長い時間をベッドの上で過ごす入院生活。

その間、最も肌に触れているのが入院着のパジャマです。

「入院中だけのことだから」

「治療することが最優先だから」

「だから、ちょっとぐらい着心地が悪くてもしょうがない」

そんな風に考えている人が意外と多いことに気づきました。


でも、果たしてそれでいいのでしょうか。


毎日着るものだからこそ、もっと快適であるべきだし、

毎日着るものだからこそ、オシャレだって楽しみたいもの。

 だから私たちは、長いときには数ヶ月の入院を要するという膠原病(こうげんびょう)を発病して約10年の小林さんと一緒に、入院中の悩みをとことん解消したパジャマを制作しました。


トレンドのブルーにサラっとしたヨウリュウ生地。

スナップボタンで着脱もスムーズ。

トレンドを抑えた爽やかなブルー。さらっとした質感のヨウリュウ生地に、カジュアルで上品なデザイン。パチンと留められるスナップボタンは、握力に自信がないと話す小林さんでも使いやすい仕様になっています。 

手を洗うとき、いちいち袖口をまくるのは結構面倒。点滴や注射などの機会が多い入院中となれば尚更です。だから、袖口にロールアップ式のベルトをプラス。しっかり留められるからずり落ちてくる心配もないし、ちょっと暑いと感じたときの体温調整にも便利です。

機能性にこだわった結果、

おしゃれも着心地もバツグンに。

パンツの裾にはギャザーを効かせて。おしゃれにこだわりつつ、「脱いでも裾が床につかない」「めくれ上がらないから足下が冷えづらい」「裾が広がらないから足下がよく見える」といった機能性も重視しました。ウエストのゴム部分はかたすぎず、ゆるすぎずのちょうどいいバランスを追求。締め付け感のない履き心地で、長時間快適です。

パンツのこだわりは内側にも。両手で持ち上げやすい位置にループを取り付け。ここを引っ張ったり、下げたりするだけで従来よりもラクに着脱できます。最低限の動作で済む上に、裾のギャザーがずり落ちるのをしっかりと防いでくれるから、快適&時短のダブル効果に。

セットアップ感覚で、

気軽に体温調整。

冷暖房などによる寒暖差が激しい場所でも快適に過ごせる羽織付き 。トップス・パンツと同じ生地だから、セットアップとしてのかわいさもバッチリです。大きめポケットがついていて、スマートフォンや診察券など、大事な身の回り品を入れて出歩くのにもピッタリ。前を閉めても、開けてきても、羽織ってもサマになるガウンです。

必要なアイテムをすべて収納可。

いざというときに役立つ大きめポーチ 。

入院は「思いがけず急に!」というケースも決して少なくありません。そんなときのために、タオルやパジャマなど、最低限の荷物を入れて備えられる入院用ポーチも付けました。

これひとつあれば、ひとまず準備完了。病院内のちょっとした移動にも便利です。

この商品の制作を担当した小林さんより

今までは、入院時に着る服装に対して何か不都合 があっても、「こういうものだから仕方ない」と、クリップで留めるなど自分なりに工夫して過ごしてきました。しかし、今回のプロジェクトを通じて、私と同じように障がいや病気と付き合いながら生活している人たちとファッションについて話し合ったところ、「悩んでいるのは私だけじゃないんだ」と気づいたんです。どうすれば悩みを解決できるかみんなで話し合い、完成したのがわたしに寄り添う入院パジャマセット。かわいくて、便利で、着るのが楽しみなんです。きっと、このパジャマ必要としている人が他にもいるはず。入院生活にもっとファッションを取り入れたい方や、日々のちょっとした動作に悩んでいる方がいたら、ぜひ試してもらいたいですね。


車いす生活をもっとオシャレに。

「好き」も「ラク」もこだわった、

カジュアルトップス。

全国に180万人以上いると言われる、肢体不自由の方々。

その多くの方が、ファッションに関する悩みを抱えています。


「手足が不自由だからファスナーを上げ下げしづらい」

「車いすで過ごすと服のあちこちがこすれて汚れてしまう」

「生地がかたいと肌に刺激が強くて……」


これらは、ほんの一部の声。


たくさんある悩みを少しでも軽減できるよう、「着やすい」「漕ぎやすい」「見た目もオシャレ」な、シャツ・パーカーをつくりました。


一緒に制作したのは、車いす生活が12年になる鈴木さん。

「着るのがラクだからという理由で選んだ服は、結局、好きじゃないから着たくなくなるんですよね」

そう話す鈴木さんと一緒に考えた、こだわりカジュアルをご紹介します。

「明るい色の服も気にせず着てみたい!」

車いす生活を考え抜いた工夫が至るところに。

車いすで生活している人たちの多くは、服に付く「シワ」や「汚れ」が気になりがち。汚れが目立たない色の服を選ばざるを得ない人も多いです。でも、せっかくなら好きな色の服を好きなタイミングで着たいもの。明るく爽やかなホワイトを採用しました。

タイヤにこすれて汚れてしまわないよう、内側に肘あてをプラス。バイカラーにすることでオシャレと使いやすさの両立を実現しました。また、車いすを漕ぎやすいよう、袖丈は従来よりも少しだけ短くしています。

「トップスの裾がだんだん上がって、いつのまにか背中がめくれてしまう」車いすユーザーなら、共感できる悩みなのではないでしょうか。毎回、背中に手を回してめくれを直すのは面倒ですし、ちょっぴり恥ずかしいもの。サイドにスリットを入れてめくれを防止します。

シャツはこだわりの細身シルエット。

見た目も着脱もスマートに。

カッチリカジュアルに着こなせるよう、細身シルエットのシャツに。パーカーと同様、リネンコーデュロイシャツの内側にもバイカラーの肘あてをプラスしています。

握力に自信がない方でも着脱しやすいよう、スナップ式のボタンを採用しました。金属型にすることで、上品でカジュアルなイメージになるよう仕上げています。

シャツにの内側にも肘あてをプラス。パーカーとは違うカラーで着回しも楽しめます。

モデル着用品はサンプルの為、肘宛部分の実際の色はもう少し暗めのブラウンになります。下記写真を参考にして下さい。

この商品の制作を担当した鈴木さんより

僕は、怪我が原因で車いすユーザーになりました。乗りはじめの頃は生活に慣れず、服を選ぶときも「着やすいかどうか」だけを考えていたんです。でも、それだと「好き」の要素がないから、結果的に着たくなくなるんですよね。元々ファッションが好きだからこそ、ジレンマを感じていました。今回のプロジェクトで「そうそう!こういうのが欲しかったんだ!」と思える服が完成して、本当に嬉しく思います。長さを変えたり、縫い方を変えたりと、少し工夫するだけで、「好き」なファッションをここまで「ラク」に着られるようになるのかと、本当に感動しました。これをきっかけに、車いすユーザーの方々のファッションの選択肢が、もっと広がればいいなと思います。

人生初のジャストファッション!

3D計測だからこそ、

悩みを解消する“似合う”を実現。

ホルモンや骨に関する病気で。体質的な問題があって……など、

さまざまな原因から生じる低身長という悩み。


身長に悩むみなさんが声をそろえて話すのは、「自分に合う服のサイズがない」ということ。


既製服の多くは、日本人の平均サイズでつくられています。

そのため、成人後も子ども向けの服を着たり、半袖や半ズボンといった夏物を年中使い回したりと、試行錯誤を繰り返しながら、毎日の服を選んでいるそうです。


「ファッションは、楽しむというよりも、“自分でも着られるかどうか”だけで選んできた」


そう話す伊勢坊さんの身長は、約110cm。

彼の身長に合わせたセットアップを制作しました。


低身長などの悩みを持つ人たちも、自分にピッタリな服が見つかるともっとファッションが楽しめるはず。伊勢坊さんと一緒に考えた“こだわりポイント”をご紹介します。

留めやすく、かっこよく。

絶妙なバランスにこだわったシャツ。

バンドカラーシャツにすることで、よりスタイリッシュな印象に。

いろんなシーンで着たいからこそ、ボタンの数や配置にもこだわっています。少なすぎず、多すぎない配置でオシャレに見えるように。

ひきずらず、脱ぎやすく、疲れない。

安心して着られる機能性ジャケット。

ジャケット、パンツにストレッチ素材「WONDER SHAPE(ワンダーシェイプ)」を 採用。手足の可動域が限られる制約があっても脱ぎやすく、着やすい工夫を凝らしています。

内ポケットの両側にはループをつけました。指をひっかければ、腕の稼働域が限られている方でも着脱がスムーズ。着脱時、裾が床にこすれることもありません。

やっぱりパンツは、

ジャストサイズがキマる!

S・M・Lといった広く流通している以外のサイズ感を再現。いつもは市販のズボンを切ったり、折ったりして履いているという方も、スッキリ着こなせる丈になっています。

「パンツの丈が長すぎると、ひきずってしまう。でも、短すぎるとイマイチきまらない」そこで、オシャレと機能が両立するサイズを追求しました。歩いているときはもちろん、着脱時も床につかないようしっかり微調整しています。

この商品の制作を担当した伊勢坊さんより

これまで、服は自分の身長でも「着られるか」「着られないか」だけで選んできたので、ファッションは自分にとって遠い存在だと思い込んでいました。今回のプロジェクトを通じて、自分の体型にピッタリな服が完成したときは本当に嬉しかったですね。ジャケットは手持ちのパーカーとも合わせられそうだな、パンツは他にどんなトップスと着こなせるだろうか……と、スタイリングを考えるのも楽しく、ファッションへの興味が一気に高まりました。今回の新しいチャレンジは、低身長などに悩む人のファッションの可能性を大きく拓くと思います。この体験を経て、ファッションの楽しさを感じることができました。


リターンでご用意した商品は、すべてone sizeのみとなっております。プロジェクトの性質上特別なサイズのものあります。必ずリターン詳細にございますサイズ表をご確認ください。


ご支援いただいた資金は、商品の生産費用となります。商品の送料につきましては弊社が負担いたします。リターンの金額に含まれておりません。

2021年10月7日:支援締め切り

2021年10月~11月:生産 

2021年11月下旬:商品発送予定

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

商品に関して

・商品はすべてone sizeです。FREEサイズとなっておりますが本プロジェクトの性質上、一般的なサイズと異なる場合がございます。必ず各リターンの写真にあるサイズ表をご確認ください。ご自身のお手持ちのお洋服のサイズと比較してご検討いただけますと幸いです。

・サイズ等へのご相談はお問い合わせ先にお寄せください。

・サンプルにて撮影をしておりますので、実際の商品とは仕様や加工・サイズ等が若干異なる場合がございます。

・生産の過程でサイズ表の記載より1~3cmの個体差が生じる場合があります。

・光の加減により色味が多少異なって見える場合がございます。

・10月以降にアダストリア公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」にて予約開始予定です。その際、仕様や色が変わる場合がございますのでご了承ください。

お届け予定について

・生産の都合上、商品の納期遅延が生じる場合がございます。

・大幅な納期遅延、変更があった場合は活動報告にてご連絡させていただきます。

●販売事業者名: 株式会社アダストリア

●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:坂野世里奈

● 事業者の住所/所在地:〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2丁目21番1号 渋谷ヒカリエ 29F

● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方は問い合わせ先よりご連絡ください。

事業者の連絡先(問い合わせ先)

※こちらでは当該製品に対するお申し込み等は受け付けておりません。

●送料:送料込み(日本国内に限る)

●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●商品の引渡時期:2021年11月下旬予定

※生産の都合上、商品の引渡時期に遅延が生じる場合がございます。引渡時期の大幅な遅延または変更が生じた場合は活動報告にてご報告させていただきます。

対応している決済方法について

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

●  キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「お問い合わせ先」からご連絡ください。

※受注生産のため不良品交換の際は1カ月程度お時間をいただきます。ご了承ください。

●弊社都合の返品(不良品、誤配送など弊社都合の場合)でご交換可能な場合

・不具合商品をお届けした場合

・ご注文商品と異なる商品をお届けした場合

※同商品/同サイズ/同カラーのご交換となります。受注生産のため不良品交換の際は1カ月程度お時間をいただきます。ご了承ください。 ご希望の方はお問合せフォームよりお問合せください。

●ご交換不可の場合

・商品到着後7日以内にお問い合わせフォームにて、交換のご連絡をいただいていない場合

・ご注文商品のサイズが合わない、イメージが違った、ご注文商品を間違えた場合

・既にご返品でご連絡をいただいている商品

・お客様のもとで傷、汚れ・破損・紛失が生じた場合

●ご交換のながれ

返品・交換をご希望の場合は商品到着後、7日以内に「お問い合わせ先」よりご連絡ください。

お客様よりお問合せいただいてから弊社よりメールにてご案内させて頂きます。

弊社より連絡がない場合には、大変お手数ですが、再度お問合せいただきますようお願いいたします。

プロジェクトのNEWSやイベントのお知らせをお送りします!下記メールへ「メルマガ希望」と件名に入れてお送りください。※各種お問い合わせは、お問い合わせ先フォームよりお願いします。

Email info@playfashion-forall.jp 

SNSでもNEWSを更新していきます。ぜひフォローお願いします。

Twitter @PFforALL

Instagram @playfashionforall

  • 2021/10/01 09:00

    ご支援いただいたみなさま!!いつも応援してくださっているみなさま!!ありがとうございます!!クラウドファンディングでは紹介しきれない写真をインスタグラムでも配信しています。ぜひフォローしてくださいPlay fashion! for ALL  instagram 本日12:30からインスタLIV...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください