はじめに・ご挨拶

初めまして!この度「小麦の奴隷八戸店」を出店するオーナー店長のミュートと申します。

現在は八戸市中心街で居酒屋を経営しています。コロナウイルスによって劇的に景色が変わり、居酒屋の経営はかなり厳しい状況が続いています。そして八戸市中心街の活気も失われはじめています。この現状をなんとか打破しなければ…。

そんな時、偶然友人から堀江貴文さんのアイデアで生まれた地方創生エンタメパン屋【小麦の奴隷】を耳にしました。調べれば調べる程パン屋としてだけではない魅力を感じ出店を決意しました。

中心街に活気が戻る1つのきっかけになりたい!この想いで新たな挑戦をします。成功のためには皆様のお力添えが必要です。何卒宜しくお願いします。


目次ーーーーーーーーーーーー

1、自己紹介

2、飲食業との出会い

3、なぜ青森県で起業?

4、「小麦の奴隷」とは?

5、「小麦の奴隷」FCの魅力

6、「小麦の奴隷八戸店」での挑戦

7、プロジェクトで実現したいこと

8、支援金の使いみち

ーーーーーーーーーーーーーー

1、自己紹介

望裕斗(ミュート) 32歳

出身:青森県五戸町

出身校:三本木高校、青森公立大学

キラキラネームのパイオニアです(笑)

2、飲食業との出会い

小学、中学、高校と、毎日大好きなサッカーに明け暮れていました。青森市の大学に進学し、ふと始めたアルバイト。それは家からの近さだけで選んだ大手フランチャイズのお弁当屋さんでした。しかし、自分が作った料理や接客で目の前にいるお客様を笑顔にすることがこんなにも楽しいのか!サッカー以外で楽しいと思えた瞬間でした。大学1年を経たずして、大好きだったサッカー部も幽霊部員となりました(笑)飲食業を始めた原点!ここから私の飲食業としての人生がスタートします!


3、なぜ青森県で起業?

大学卒業後、大手居酒屋チェーンに入社しました。夢は「30歳で社長になる!!」

夢に日付を入れ無我夢中で打ち込みました。北は北海道、南は長野県。北海道、東北、甲信越を8年間で8店舗異動し店舗マネジメントを学びました。色々な土地に行き色々な人と出逢ったことは本当に楽しく、全ての場所が第二の故郷に感じます。ただ、益々昂ってくる地元・青森県への想い!

「やるからには地元を盛り上げたい!地元に貢献したい!」

社内の独立制度を利用し、日付を入れた30歳で独立!2019年5月に念願の八戸での起業を果たしました!


4、「小麦の奴隷」とは?

全国的に出店が続いている小麦の奴隷ですが、まだまだ知名度は低く詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?簡単にではありますがご紹介させていただきます。

発案者は堀江貴文さん。五島列島を訪れた際お洒落なパン屋が賑わっており、田舎のお洒落なパン屋にチャンスがあると発案。それを受け、現代表である橋本玄樹さんがロケット事業で関わりのあった北海道大樹町にて第一号店を立ち上げる。「ザックザクカレーパン」がカレーパングランプリ2020で金賞を取り、以降小麦の奴隷の代名詞となる。


小麦の奴隷のこだわりは厳選した小麦粉を使用した冷凍生地。これにより小麦粉から生地を練り上げる作業をなくし職人のイメージを一掃。パン屋の労働時間の改善やパン作りのハードルが下がるため地方の雇用創出に繋がっている。

また、エンタメという視点にも力を入れている。エンターテイメント=人を楽しませる。ちょっとおかしな商品名や、購入金額ランキングを打ち出すなど人を巻き込む仕組みが随所に見られる。SNSに力を入れお客様との距離が近い営業も強み。

小麦の奴隷 店名の由来(八戸Ver)

とある昔、わたしたちは小麦の出現により狩猟採取民族から農耕民族となった。定住必須となった人類はコミュニティ維持のため穀物を育て続けなくてはならず小麦の奴隷となった。そして現代、おいしいパンをはじめとする小麦の奴隷となっている。焼きたてのあの香りが忘れられない。今日食べても、また明日食べたい。そんな焼きたてのパンと青森の厳選食材を組み合わせたパンをお届けします。

〜小麦の奴隷のHPを引用してます〜


5、「小麦の奴隷」FCの魅力

小麦の奴隷のことを少しはわかっていただけたと思います。こちらではFC=フランチャイズとしての魅力をお伝えします。

小麦の奴隷FCの魅力!

それは自由度の高さです!

小麦の奴隷FCではお店毎の新商品開発を推奨しています。特産品を使ったパンや地域の企業様・飲食店様・農家様とのコラボパン。また、珈琲などのパン以外でのコラボ商品も推奨しています。

まさに、エンタメ!!

地域の特色を活かしたお店づくりができるところ。それが小麦の奴隷FCの魅力です。


6、「小麦の奴隷八戸店」での挑戦

まず、大注目のザックザクカレーパンを八戸の皆さんに届けたい!暗いニュースが多い中、食を通して少しでも明るくしたいと思っています。

そして、企業様、農家様、飲食店様等とコラボして新商品を作り出していく!これが最大の楽しみと目標です!そしてSNSを通じて地域の企業様が全国の人の目に留まるきっかけづくりができればなと思っています。

すでに現在複数の企業様とコラボが決定しております!まず1社目は、ゴーゴーカレー八戸パーク様!小麦の奴隷×ゴーゴーカレーのカレーパンは見逃せません。そして2社目は、五戸が誇る尾形精肉店様!産地にこだわる尾形精肉店様の馬肉は間違いない!

お客様から出たアイディア等も商品化していきたいと考えておりますのでどしどしご意見お待ちしております。

小麦の奴隷を愛してくださるお客様とともに、来る度に楽しさを感じていただけるお店作りをしていきたいと考えております!


7、プロジェクトで実現したいこと

皆さんを巻き込み皆さんと一緒にお店をつくっていきたい!そして活気ある八戸市中心街をつくっていきたい!

住み続けたい街づくりに積極的に取り組んでいきたいと思っています。

8、資金の使い道

集めた資金は開店準備、新商品開発費用に使わせていただきます。


最後に

私は『食』に無限の可能性を感じております。お腹だけでなく心を満たしてくれる『食』。

『食』で八戸を元気にしたい!!

持ち前の明るさ、行動力、体力には自信があります。成功には皆さんのお力添えが必要です。

是非ご支援宜しくお願いします!


<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


ーー-----------------

 特定商取引法に関する記載

●販売事業者名: 小麦の奴隷 八戸店
●代表者:中村 望裕斗
●事業者の所在地:〒031-0033 青森県八戸市六日町5番2

● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/09/21 09:54

    目標金額を大きく越え達成することができました!!皆様本当にありがとうございます!!クラウドファンディングをスタートする前不安や葛藤がありましたが、自分としても新たな挑戦ができて本当に良かったなと感じています!人との繋がりの大切さを改めて感じることができました。ご期待に応えられるようしっかりと準...

  • 2021/09/19 09:45

    クラウドファンディングがスタートし、残すところ後1日となりました!20日弱という短い期間ではありましたが、皆様のご支援のおかげで達成しその後もたくさんのご支援をいただいております。昨日は支援者の方に激励のお言葉もいただきました!本当にありがとうございます!写真は売り場です!ここに色々な種類のパ...

  • 2021/09/18 07:40

    日付的には今日。深夜になってしまいましたが荷入が完了しました!!クラウドファンディングも残り2日となりました。日々増えていく皆様のご支援、本当にありがとうございます。28日グランドオープンに向けて、今日から研修がスタートします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください