CAMPFIREをご覧のみなさん、こんにちは。
岩手県宮古市にあるダウンウェア専門の縫製工場のクラウドファンディングへのはじめてのチャレンジになります。ぜひ、ご一読くださいますようお願いいたします。

ところでみなさんは、

ダウンジャケットのほとんどは海外で製造されていることは知っていますか?

ダウンジャケットは、縫製の手間が多いので”Made in Japan”のものはあまり多くありません。
アパレル不況の中、コロナ禍によってダウンジャケット製造の依頼はさらに少なくなり、国内にあるダウンウェア専門工場も次々と休業しています。

岩手にある私たちの工場もこのままでは立ち行かなくなるという段階まで来ていました。

「今挑戦しなければ、この先自社ブランドを立ち上げられるチャンスはない」

そう思い切ってオリジナルブランドに挑戦することに決めました。

「Hayachine Made」有限会社クラスター(岩手県宮古市)

岩手県が県内の縫製工場を支援する目的でスタートした事業”イワテメイドアパレルプロジェクト”に応募し、専門家のアドバイスを受けて立ち上げたのがオリジナルブランド「Hayachine Made(ハヤチネメイド)」です。
これまで培った製造のノウハウを詰め込み、納得のいく商品に仕上げ、今年の2月に参加企業6社合同で展示販売会を開催し、初めてのオリジナル商品『The Authentic Down Jacket』を発表しました。

Hayachine Madeのオリジナル商品『The Authentic Down Jacket』は、冬の寒い時期に街中でスーツの上に着ることを前提に開発されました。スーツスタイルに似合うシンプルさにこだわり、通勤着としての見た目と防寒や防水などの機能性を重視して開発した自信作です。

『The Authentic Down Jacket』をリリースした際、岩手県一関市で100年続く染物屋「京屋染物店」の蜂谷社長から「このダウンをうちで染めた刺子生地でつくりたい」とのお話をいただきました。
話を詰めていくなかで、オーセンティックの名の通り無駄な装飾を省き、性能を追求したこのダウンジャケットを全国の伝統工芸の織物や、新しいテキスタイルでつくれたらという夢が広がりました。

そして、満を辞して今回のクラウドファンディングで京屋染物店 謹製の本染め刺子生地を使用したダウンジャケットを発表します。


プロジェクト第一弾として岩手県南の城下町一関で100年続く染物屋「京屋染物店」で手染めした本染め刺子生地を使ったダウンジャケットを制作しました。

さらに内側のポケットには、岩手県盛岡市の「幸呼来(さっこら)Japan」が「京屋染物店」で染められたあまり布を織った裂き織を使用。私たちのサスティナブルなものづくりへの思いが込められています。


刺子生地と手染めへのごだわり

「京屋染物店」では今なお、手染めにこだわっています。それは手染めだからこそ出せる絶妙な力加減で、生地繊維の奥まで染めることができ、色の深みと奥行きを出すことができるからです。

本染めは、職人による手捺染で、表面に凹凸のある刺子生地も均一に深みのある色に染色し、深く染まった色は、長くご使用する過程で擦れや適度な色落ちにより『良い味』を出し、より一層深味のある表情へと変わっていきます。

さらに本染め刺子生地には、撥水加工が施されており、雪や雨にも強い仕様となっています。

昔ながらの手染めにこだわり着るほどに輝きを増す染めを追求

手染めだからこそ出せる絶妙な力加減で色の深みと奥行きを出す

しっかりと裏まで深い色に染められた刺子生地

刺子は、木綿がとても貴重だった江戸時代に着物を何枚も重ね布地を刺し縫いし、保温、避暑、補強の用途として使用されていました。また、江戸時代の火災に勇敢に立ち向かい町を守った「火消し」は堅牢な刺子半纏を身に纏い、命がけで消火活動にあたりました。大切な人の安全と幸せを願った日本の「刺子」は美しい日本の心と文化が脈々と受け継がれてきた証です。

京屋染物店オフィシャルHP


あまり布をアップサイクルした「裂き織」を使用

裂き織は、綿や織維製品が貴重だった東北地方で、日常生活に用いる衣類や布団などの古布を裂いて、細く繊維状にして織り上げた生地です。

「本染め刺子ダウンジャケット」は京屋染物店で染色した使い道のない残布をアップサイクル。
岩手県盛岡市に工房を構える「幸呼来(さっこら)Japan」の障がい者を含む織り子たちの技術によって裂き織にした生地を内ポケットに使用しています。

京屋染物店のあまり布を手作業で裂いて1本のよこ糸にしていく

経糸を通した織り機で一段一段ていねいに織り込んでいく

完成した裂き織生地。手仕事ならではの暖かい風合いとひとつひとつ違う表情が魅力

幸呼来JapanオフィシャルHP


「本染め刺子ダウンジャケット」の女性の着用イメージ モデル:身長168cm サイズS着用

プロジェクト第一弾の「本染め刺子ダウンジャケット」は、今回のクラウドファンディングで限定20着を販売いたします。

刺子裂き織も大変手間のかかる貴重な生地ですので限定生産となりますことをご了承ください。
また、職人の手作業による生地ですので、画像と風合いが異なる場合があります。



ここからは、Hayachine Madeのオリジナル商品『The Authentic Down Jacket』の、基本性能についてお話しします。「本染め刺子ダウンジャケット」も表生地以外はほぼ同様の仕様となっています。


『The Authentic Down Jacket』の機能①
ノウハウを詰め込んだトリプル撥水

一般的には雨に弱いダウンジャケットですが『The Authentic Down Jacket』は、表面のダウンパックの縫い目をなくし撥水加工された生地を採用することでレインウェア並の高い防水性能を誇ります。

表生地には東レの先端テクノロジーから生まれた防撥水生地「DELFY®」を使用。引っ張りや摩擦に強いタテ70d・ヨコ280dのナイロン糸を使用した防撥水性に優れた生地を採用しています。
表面には雨を弾く優れた撥水加工を施し、裏面には0.2mm厚のPVCをラミネーション加工し、強度と防水性を高めています。

※注意「本染め刺子ジャケット」の表地には、この生地を使用しておりません。

裏生地にも撥水加工された軽量高密度タフタ素材を使用、内ポケットの中の水濡れも防ぎます。
また汗シミや嫌な臭いもつきにくい素材です。

羽毛には、環境汚染の原因となるPFC(過フッ素化合物類)が入っていない撥水性加工されており、ダウンの表面にホコリとヨゴレが吸着しにくく嫌な臭いがしません。

ダウンの表面や裏地にも縫い目をほとんど出さないシームレス構造になっており、ダウンジャケットの弱点である縫い目からの羽毛の飛び出しを抑えます。

肩口や袖、脇の縫代にも水を通さないシームテープを内側から貼った防水構造となっています。街中での雨や雪は完全にシャットアウト。アウトドアスポーツでも安心して使える高い防水性を備えています。


『The Authentic Down Jacket』の機能②
見た目のシンプルさと多機能ポケット

見た目のシンプルさにこだわり、表面にはハンドウォームポケットのみを配しました。
その分、内側にはスマホや財布はもちろん、タブレットなどが収納できる多ポケットを4カ所に取り付けました。背面には雑誌もすっぽり入る大容量の背面ポケットを設けました。
わざわざ鞄を持たなくても、手ぶらで出掛けられるようにとの思いが込められています。

※「本染め刺子ダウンジャケット」、レギュラー仕様のダウンジャケットとも同様の仕様となります。

※「本染め刺子ダウンジャケット」の裂き織ポケットは撥水加工ではありません。

『The Authentic Down Jacket』は、寒い冬の時期の通勤着として開発されました。
タウンユースではあまり使用しないフードをなくし、表面のポケットをハンドポケットのみとしたスーツに似合うシンプルなデザインのダウンジャケットです。

ジャケットの裾がはみ出ないように着丈を長めに仕立てました。

高めのスタンドカラーの首元までのファスナーで寒さや風雨から身を守ります。

見えない部分にもこだわり、インナーリブで袖口からの冷気も通しません。

タウンユースだけでなく、冬場の屋外での作業などにも最適な1着です。


『The Authentic Down Jacket』の機能③
選べる2種類のダウン量。スーパーウォームとエクストラウォーム

ダウンの品質を表すFP(フィルパワー)。フィルパワーとはダウンの反発力・復元力のこと。
同じ量のダウンの場合、フィルパワーが高いほうが大きく膨らみたくさんの空気を含むので保温力が高くなります一般的には600FPがあれば十分、700FP以上あれば高品質のダウンといわれています。

『The Authentic Down Jacket』スーパーウォームは、高品質で登山用品にも使えるという700FPのダウンをたっぷり150g使用。すっきりしたシルエットでも十分な暖かさです。
エクストラウォームではスーパーウォームの約1.3倍の200gのダウンを入れ、極寒の地でも安心な暖かさを保ちます。

※「本染め刺子ジャケット」は、スーパーウォームと同じ150gのダウンを使用しています。

『The Authentic Down Jacket』は、ジャケットの上から着用することを想定しているので、若干オーバーサイズになっております。シャツや薄手のニットなどの上に着る場合、スーパーウォームはワンサイズ下のサイズをおすすめします。エクストラウォームはダウンのボリュームがあるので、そのままのサイズがおすすめです。


昨今のファッションは、サスティナビリティに対する意識の高まりを受けてリサイクル素材や、環境にやさしいオーガニック素材を使ったり、レザーを使用せず動物の殺傷をストップしたりという流れになってきています。

とりわけレザーやダウンなど、動物由来の素材に関しては使うことをやめるブランドも出てきています。

『The Authentic Down Jacket』で使用するダウンは全て食肉用に飼育されたダックの副産物を活用し、環境保護と動物愛護の視点にも配慮しました。
世界で最も厳格な環境保護及び労働者と消費者の安全の基準としてスイスの繊維業界の認定したBluesign®︎指定工場で生産したダウンを使用しています。動物虐待にあたる飼育や採取(ハンドピック)を行っていないことを証明するRDS認証ダウンです。

羽毛を廃棄物として焼却することで、羽毛1kgにつき1.8倍のCO2が発生しますが、防寒素材に利用することでこれを抑えることができます。また、羽毛はリサイクルして使用することが可能です。洗浄には大量の水を使用しますが、排水の半分以上を再利用しています。

このようにダウンを使用することが、サーキュラーファッションの考え方に反していないことが少しでも理解いただけたのではないでしょうか。


Hayachine Made『The Authentic Down Jacket』の副産物として、同じ生地を使用したパッカブルダウンマフラーをつくりました。
小さく収納できますので、カバンに携帯して少し肌寒い季節にお使いいただけます。
ダウンジャケット同様に撥水加工された生地ですので、雨や汗にも強く、臭いもつきにくい素材です。
折りたたんでマフラーをポケット部分に収納することで、ブックサイズになります。
ダウン量10gで軽くて薄いのですが、さずがダウンだけあって想像以上の暖かさです。

『The Authentic Down Jacket』リターン商品について

Hayachine Made『The Authentic Down Jacket』のリターンで購入可能な商品は以下の通りです。
・CAMPFIRE限定生産の「本染め刺子ダウンジャケット」(S・M・L)【限定20着】
スーパーウォーム  BLACK・GRAY・NAVY(各S・M・L)
エクストラウォーム BLACK・GRAY・NAVY(各S・M・L)
パッカブルダウンマフラー BLACK・GRAY・NAVY

いずれもお得に購入できる早期割引や限定割引がありますので、お早めにご支援お願いいたします。

最後にメッセージ〜全国の産地やデザイナーとのコラボを夢見て

昨年の秋からスタートした”イワテメイドアパレルプロジェクト”でのオリジナルブランドと商品開発。

売れることももちろん大事なのですが、ダウンジャケットを作れる高い技術を持った工場が国内にあることを知ってもらい、全国の産地の生地や様々なテキスタイルでのダウンジャケットの製造につなげるきっかけになればと思っています。

もちろん、OEMとしてゼロベースでダウンを製造することも可能ですが、デザイン〜パターン〜部材発注〜サンプル〜修正〜完成まで、かなりの時間と費用がかかります。これはアパレル事業者でないと難しいと思います。

『The Authentic Down Jacket』という雛形があることで、表生地の変更や簡単なパターンの変更だけで、オリジナルの生地のダウンが小ロットで作れます。
いつか、様々な産地やテキスタイルデザイナーとのコラボで作った「The Authentic Down Jacket」展を行うことを目標にしています。

まだ始まったばかりのブランドですが、この商品を通じて多くの方とつながりを持てることを楽しみにしています。

ぜひ、応援よろしくお願いいたします!


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください