はじめに・ご挨拶

はじめまして

私は熊本県で野良猫、野良犬の保護活動をしています。

1匹でも多くの猫を救い、幸せになって欲しいと思い活動しています。


このプロジェクトで実現したいこと

この地域には、たくさんの野良猫がいます。

今年もその猫が出産し子猫が生まれました。

このままでは野良猫が増える一方です…

避妊、去勢手術をし不幸な野良猫を減らしていきたいと思っています。

先ずは、近所の床下で4月ごろ生まれた子猫3匹、その母親、父親を病院に連れていきたいです。

子猫は風邪をひいているのか、鼻水、目ヤニ、くしゃみをしています。


母親は避妊手術、父親の去勢手術をしたいと思っています。

また、ご近所に迷惑がかからないようにフェンスで完全に囲み、猫も快適に過ごせる猫庭を作ってあげたい。

家の無い野良猫にお家をつくってあげたい!

実現させたい猫庭のイメージはこんな感じです


プロジェクトをやろうと思った理由

この地域の野良猫はやせ細り、ノミ、ダニもたくさん付いています。

冬は氷点下になる過酷な状況で一生懸命生きています。

近所の方で、保健所に電話して、「早く捕まえて殺してくれ」と言っている人もいるようなんです。

そんな事を簡単に口にできる事が恐ろしく、悲しい事だと思います…

今 我が家の庭に居る親子猫(5匹)のお世話も近所の方に見られないように隠れてご飯をあげている状態です。

こんな状況から一刻も早く救い出したいです。

フェンスで囲んだ、わが家の庭で 人から嫌われることもなく、食べ物を一生懸命探すことなく、安全な寝床を探すこともなく、病気になっても一人ぼっちで耐えることもなく、のびのび過ごしてもらいたいんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2020年7月31日
このプロジェクトをスタートしてから1ヶ月経ちましたが、状況がだいぶん変わりました。

上で紹介した親子猫は交通事故や病気が心配なので、我が家で保護しています。(完全室内飼い)

お父さん猫の去勢手術、お母さん猫の避妊手術も終えましたが

2匹ともエイズ陽性でした…

お父さん猫は血尿が出ていたので検査をしたところ、尿路結石症もありました。

子猫は半年経たないと検査してもはっきりした結果が出ないので10月ごろに血液検査をする予定です。


保護している犬、猫の様子は

TikTok www.tiktok.com/@nora_neko_sos

Twitter https://twitter.com/nora_neko_sos

息子がしているInstagram   https://www.instagram.com/kanzaki_tetsudai

に載せていきます。

また、お願いばかりで申し訳ないのですが、お父さん猫の尿石改善のフード、お母さん猫、子猫3匹のフードや猫砂、用品などが嵩み大変です…

Amazonの欲しい物リストを作成しましたので、ご支援頂けると助かります。

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3QAGZKV2G64XD?ref_=wl_share

本当に申し訳ございませんがよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


これまでの活動

我が家には今まで保護した猫が18匹、犬が4匹います。

健康な猫、エイズキャリアの猫、エイズ、白血病とダブルキャリアの猫などと部屋を分けています。

疥癬で保護した猫は糖尿病もあり、毎日インスリン注射もしています。

保護している猫たちのごはん、トイレの砂代、避妊手術・去勢手術代、などの病院代などで年間100万円かかってしまいます。

これ以上新たな、野良猫の保護は個人負担では金銭的にも、部屋的にも、無理になってしまいました。

写真中央の白い犬は山に捨てられた子なんです。保護した時は痩せていて、初めに出たウンコは草と虫の死骸だけでした…

偶然にも我が家の近所に、元飼い主が住んでいたんですよ。

「猟犬だったけどいらなくなったから捨てたのよ。」と、恥ずかしげもなく言ってきました。

去り際には「幸せそうでよかった」て…

犬は道具じゃないのに…


我が家で今現在保護している犬、猫の紹介


のの子ちゃん

我が家が初めて保護をした犬です。



小梅ちゃん(茶色)

左足を骨折していて山をウロウロしているのを、町で保護され、後に保健所に送られる前に我が家に譲渡させてもらいました。

フィラリア陽性だったので2年間治療をしてきました。



小夏ちゃん

左手の骨折があり、親猫に捨てられたか、人によって捨てられたかは分かりませんが、

近所の方によると、一晩中鳴いていたそうです。

野生動物に襲われなくてよかった…本当に心細く、怖かっただろうなと思います。

我が家で初めて猫を飼うことになった子です。


孝太郎くん

熊本市愛護センターから譲渡されました。

孝太郎の弟は私の母の家に行きました。


楓子ちゃん

腹立たしいことですが、猫捨て場があるんですが、そこに居た子です。

痩せて風邪をひいていたので保護しました。


上で紹介した小町ちゃん(左 犬)

フィラリア陽性だったので3年間治療をしてきました。

最近の悩みは息をするだけで太ることです。

杏くん(左)・やや子(右)

小町ちゃんの保護登録を保健所に行った際、暗い室内でケージに入れられ、目だけが光っているのを見て、ここから救い出さねばと思い譲渡を希望。

しかし、凶暴猫との事で許可がおりませんでした。しかし粘りに粘ってようやく譲渡させて頂きました。

凶暴猫?そんな事は全くなく、いい子です。


お鈴ちゃん(左)・源太くん(右)

スーパーに捨てられていて、保健所に引き取ってもらうとの事だったので我が家で保護。

この地域の保健所は、施設が整ってなく、過酷な所なんです。団体ボランティアの方が言うには寒さで猫が死んでいるそうです…

ですので、なるべく保健所行きは避けたくて。


葵ちゃん

写真の通り目ヤニ、鼻水は酷く保護してすぐに病院へ。

脱水症状もあり弱っていたので、13日間の入院になりました。

今ではイタズラしたのを怒ると「ニャニャニャー💢」と反抗します。


しげるくん(左)・文太(中央)・とらみ(右)

エイズキャリアの3人組

しげるは交通事故に遭って血だらけになっているのを見つけ病院へ。

半身不随になり、退院後は自宅で、尿道にカテーテルを入れ一日3回おしっこをとっていました。

しかし、今では自分でおしっこもできるし、歩けるようにもなりました。

文太はエイズと白血病がのダブルキャリアだった為、一人部屋だったのですが、

一年後、PCRの再検査をすると白血病が陰性になっていたんです。

一人で寂しそうだったので、嬉しくてエイズキャリアの子と一緒のお部屋にしました。

3匹仲良しで楽しそうに過ごしていたのですが、最近になって気になることがあったので、もう一度PCR検査をしたら陽性が出てしまいました…

また別部屋で一匹の生活に戻ってしまいました…


彦次郎くん

我が家の近くで佇んでいました。

ノミ、ダニ、疥癬による皮膚病。

その挙句、猫コロナ、糖尿病の持病持ち。

当初、一日2回インスリンを打っていましたが、最近では数値も良くなり、一日1回になりました。


一朗くん

福岡県で足を引きずっている猫を発見し、その辺りの方に聞いたところ、

偶然にもそこでご飯をもらっていました。

その人が言うには、野良猫でご飯をあげていたが、車に轢かれ2週間ほど姿を消していたので、

死んだかなと思っていたそうです。そしたら、最近になってふらっと姿を見せたそうです。

人間が事故にあったら皆んな助けてくれるのに、猫の場合はほったらかしですか?

一人で2週間もの間 痛みに耐えていたんだね…

こんな辛い思いをした子を、放ったらかしにして帰ることが出来ず、保護させてくださいとお願いしました。

今では、本当に骨折してたの??と思うくらい走り回っています。


まるくん・とめちゃん

ダンボールの中に藁が敷いてあり、そこに入れて捨てられていました。

子猫だったので、里親を探す予定でしたが、血液検査でエイズ陽性が出てしまい諦めました。

しかし半年過ぎに再検査をしたところ、陰性になっていました。


ととくん(上 右)・めいちゃん(下 左)

この2匹は同じ場所に捨てられていた子です。

そこを出入りしていた工事関係者の方がご飯をあげてくれていたんですが、

そこの家の方は猫が嫌いらしく蹴ったりしていたらしいです。

このままではエスカレートして何をされるか分からないので保護しました。


けい太くん

山の中にあるレストランの敷地内に捨てられていた子です。

見るとあばら、背骨がゴツゴツ浮き出ていました…

レストランの方が言うには、「食べ物を扱う仕事で衛生上悪いので、ご飯など一切やらない」そうです。

このままここに置いておくと餓死してしまうので保護しました。

初めて捕獲器を使っての保護になりました。


天くん(右)

この子は我が家の近所の野良猫さんでした。

たまに会うんですが、すごい勢いで逃げていき、人馴れしていなかったのが、

ある日、庭に現れこっちを見ていたので「うちの子にならないとご飯あげられないんだよー」と家の中から言うと、トコトコ玄関に向かって歩きだし、居座ってしまいました。

11月 寒い日に現れた、おじいちゃん猫さん。

このままでは冬が越せないかもって思って家に入りたかったんでしょうね。


乃美ちゃん

道端に座り込んでいるダックスを発見。

体にはノミがうじゃうじゃ。

病院での診察の結果は、疥癬、フィラリア陽性、臍ヘルニア、鼠径ヘルニア、歯は歯石除去をしなければいけない状態 (前歯2.3本は家で勝手に抜け落ちてました)、子宮と卵巣に水が溜まっていました。

以上 今現在我が家で保護している犬、猫です。



資金の使い道

通常、この地域には自治体、動物愛護センターや動物愛護協会などの助成金制度がありません。

ですので こちらで、支援金をお願いすることにしました

支援金は全て、猫のために使います。支援金が定額になり次第、必要な物を揃えていきます

成猫の避妊手術 25,575円

成猫の去勢手術 18,000円 

血液検査代(エイズ、白血病) 6,050円×5匹分

ノミ、ダニの駆除薬(成猫) 3,850円×2匹分

ノミ、ダニの駆除(子猫) 2,000円×3

成猫のフード 10,000円

子猫のワクチン注射 10,000円×3匹分

子猫用フード代 10,000円

子猫の避妊、去勢手術 76,725円(3匹分)

猫庭のフェンス 500,000円

猫庭のハウス 700,000円

サイト手数料17%+税

フェンスと猫庭ハウスの見積もりが届きました。



リターンについて

ご支援頂いた方には、心を込めてお礼のメール等をお送りさせていただきます。

写真の添付が可能であれば、添付させていただきます。

少ないリターンで大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。


実施スケジュール

近所の床下で生まれた親子猫5匹を我が家の庭に引っ越し。(お世話がしやすいように)

仮の猫部屋(ケージ)を庭に設置

捕獲器にかかり次第、保護し病院へ。野良猫(親子)の検査等。

(子猫の目ヤニ、鼻水、くしゃみが悪化しています)

雄猫の去勢手術

母親猫は7月に避妊手術予定。

2021年9月1日にクラウドファンディング終了

猫庭を作製(フェンスで庭を囲み、プレハブ小屋の設置・エアコン付き)

その後捕獲器にかかった野良猫達の避妊、去勢手術をして、猫庭へ入ってもらいます。



最後に


これからも、お腹を空かせた のら猫、怪我をした のら猫、病気の のら猫と出会う事があると思います。

その時にキャパオーバーだからと見捨てなくていいように安全で快適な猫庭を造ってあげたいのです。

不幸な野良猫が増えないように皆様のお力をお貸しください。




<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/22 10:06

    半ちゃんの行動を制限するため、テラスから簡単ケージ(キャットラン)までの通路造りをしていきます。ただ 水道屋さんが忙しく、移設工事がいつになることか…その前に自分たちで出来ることを少しづつ始めていきます。最近、半三さんの情報ばかりですが、梅子ちゃんも元気です。少しは太ってきているような気がしま...

  • 2021/09/18 23:40

    台風が過ぎ去り、天気になった今朝、半三さんは洋服を着てお散歩へ。昼に帰ってきた時に 洋服着てない⁉︎足まで覆うタイプだから、簡単に脱げないと思っていたのですが。洋服は、明日、半ちゃんと一緒にお散歩して探してみます。半ちゃんの今後ですが、傷が治るまで、今居るテラスと、7月に完成した簡易猫ケージ(...

  • 2021/09/18 23:38

    フェリウェイスプレーありがとうございます!一番マーキングをする葵ちゃん。↑半三さんがテラスを使うようになってから、先住猫達のマーキングと揉め事が多くなってしまい困っています。そこで、今まで以上に遊んでみたりしましたが、変わらずです。家猫にとって、テラスは外を感じられる唯一の場所だったので、そこ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください