【みなさん、こんにちは!】

数あるプロジェクトの中から、このプロジェクトに興味を持っていただき、ありがとうございます。

兵庫県三田市にある神戸三田アウトドアビレッジTEMIL

私たちは、今回のチャレンジの舞台である「神戸三田アウトドアビレッジ(TEMIL)」を運営しています。TEMILは、かつて公設の野外活動センターでした。
施設の老朽化、維持・管理の費用負担増と利用者減少で、年間約6千万円の赤字が続いていたこの施設を、一般社団法人プラスネイチャーが譲り受けました。(SHOSAPOは、このプラスネイチャーの構成団体です)

新たなファミリー向けテントサイトのオープンに向けて、昨年実施したクラウドファンディングでは、多大なるご支援をいただきありがとうございました。

みなさんのおかげで、コロナ禍の中、新しくファミリー向けの広々としたフリーテントサイトをオープンすることができました!

普段、外で思いっきり走る回る機会が減ってしまった子どもたちも、柔らかな芝生の上をのびのびと駆け回り、それぞれが家族での時間をゆったりと大切に過ごすことができています。

スタッフよる整備作業

NEWオープン♪ガーデンテントサイト

【子どもたち専用のキャンプ場にする覚悟】

私たちは、このTEMILの運営の他、これまで無人島一週間自給自足生活や兵庫県徒歩縦断170kmプログラムなど、子どもたちのチャレンジを後押しするプログラムや親子を対象とした自然体験ワークショップ、発達障がいのある子どもたちを対象とした宿泊キャンプなど、様々な対象に体験活動プログラムを提供し、共感と、体験の過程を大切にする時間と空間をプロデュースしてきました。

2020年、緊急事態宣言が発令され、全国公立小中高校の一斉休校となりました。
TEMILはもちろんのこと、子どもたちに関する事業のほとんどが中止に追い込まれました。
その間、私たちスタッフは自分たちにできることは何か…考えることと、動くことを止めず、自分たちにできることとして、TEMILでは「子どもたちのためのキャンプ場宣言」をしました。

利用客を子どもを含むファミリーや子どもたちがメインのグループのみに絞りました。
また、医療従事者家族など向けの長期宿泊型の学童保育の実施やひとり親世帯への大幅割引価格での提供を感染対策を十分に行いながら運営を行ってきました。


STAY WITH FAMILY…現在もファミリーと子どもたちのための施設として運営を行っています


しかし、自粛の波は、キャンプ場(体験活動施設)も例外ではありませんでした。

緊急事態宣言下では、利用を自粛する人も多く、昨年度4月〜7月までの売り上げは前年度の半分まで落ち込みました。さまざまな感染対策の工夫をした、ファミリー向けのプランを打ち出し、回復を見込みましたが、11月以降は週末に数件予約が入るのみで、それまで頻繁に利用のあった団体やグループの利用は、ほぼゼロ。3月までの売り上げは、前年度の20%程度でした。

予約がない状態の中、わずかの補助金を使いながら、なんとか「春」が来るのを待っていました。
その間、キャンプ場の草刈りや畑の整備は少ない人員では間に合わず、これから先、どうなっていくんだろうと不安が募るばかりでした。

しかし、同時に年々減少する子どもたちの体験活動の場をなんとか守りたい。そんな気持ちが、ふつふつと湧いてくるのを感じました。

【子どもたちが安心してキャンプできる場、体験活動の場をつくりたい】

まだまだコロナ禍は続いています。
スポーツ合宿や子ども会、さまざまな団体の行事だけでなく、小学校が実施する林間学校や自然学校、修学旅行までもが中止になっています。
同じ部屋で宿泊することにリスクを伴うからです。

家から出て友だちと一緒に宿泊する体験はとても大切です。でも、安心して宿泊できないと参加出来ません。

そのため、私たちは一人用のテントを子どもたちと引率者の人数分用意し、寝るときはひとりずつそれぞれのテントで泊まれるキャンプができるようにしたいと思っています。

テントのシートを挟んで、すぐ隣には友だちがいる安心感。
また、子どもたちは一人ずつテントを与えられることで、自立へのスタートにもなります。
今までの男女別といったテント分けではなく、LGBTQのことに配慮もしやすくなります。
ソロテントに慣れ、今後、自宅に用意しておけば、災害時に避難所で使うことも出来ます。

まさに新しい子どもたちのキャンプのカタチです。

子どもたちの「自立」。そしてそれらを育む「体験の場」を守りたい!
そう考え、今回クラウドファンディングに挑戦します。

また、このソロテント泊だけでなく、今話題のメスティンを使った個人単位のアウトドアクッキングや感染症対策が出来た防災学習などを取り入れていきます。

私たちも、「今までやっていたことをどうしよう」ではなく「これから何ができる」のかを考えていきます。
「ピンチをチャンス」に変えます。

ぜひみなさまの力を貸してください!!

子どもたちにチャレンジの場を!


【このプロジェクトで実現したいこと】

みなさんからいただく資金でソロテントセット(ソロテント、シュラフ、シュラフインナー)を購入し、三密を避けた空間の中での宿泊体験、活動を実施します。
それらを通して、コロナ禍で失われている子どもたちの体験活動の場、自立の機会の場を創出していきたいと考えています。

具体的には…
*子ども向けソロテントキャンプの実施
子どもたちの宿泊プログラムにおいて、マスクを外すタイミングは「食事」「入浴」「就寝」の時間が一番多くなります。その際の「黙食」「人数制限」「パーテーション設置」以外の感染予防策として、就寝時にそれぞれが自分のスペースであるソロテントで寝ることで感染リスクを下げることができると考えます。従来のテント泊であれば、何人かで協力することが必要でしたが、今回のテントでは一人で立てることもでき、過度な接触を防ぐこともできます。

*小中学校の林間学校や修学旅行、各種団体行事へのソロテント泊の提案
学校毎に行われる宿泊体験事業は、コロナ感染の観点からも日帰り活動や短期間での宿泊体験へと短縮される傾向にあります。「子ども時代」にしか経験できない同じ学校の仲間たちとの「宿泊体験」。それを実現させるため、感染予防を施した体験プログラムとともに、ソロテントでの宿泊を提案していきます。


*ファミリー毎のソロテント泊プランの販売
「ファミリーキャンプ」というと、家族毎にひとつのテントを立て一緒に寝ることが一般的です。ただ、子どもの「自立」を考えたときに、安心安全な空間の中で一人でソロテントで寝てみるというチャレンジができるのも、「ファミリーキャンプ」ならではなことではないでしょうか?今回購入するソロテントは親子2人で入れる程度のものを考えていますので、無理のない範囲で「一人」でチャレンジすることも、例えば「パパと子」でチャレンジすることもできると考えます。

また、今の時代にあった災害対策の視点から、災害時においても避難所等でパーソナルスペースを確保することは大切になってくると思います。また衛生面の考慮なども考え、「ソロテントを各家庭に常備しておく」「ソロテントを避難バッグに入れておく」を日常化していくムーブメントを起こしたいとも考えています。

ぜひ、これをお読みいただいているみなさんにも様々なアイデアをいただきたいと思っています。

仲間とのソロテント泊は、かけがいのない思い出に!

◆みなさんにいただいたご支援の使い道

ソロテントセット購入費用として80万円を考えています。これらは出来るだけ安い費用でおさえられるよう設定しています。また、テント泊でも安心して利用できるよう、テントサイトのトイレ改修、さらに手数料やリターンを考えて300万円を想定しています。そのうち、150万円を目標金額としました。

リターン品として、地元三田市木器(こうづき)のお米、またTEMILオリジナルデザインのメスティン、トートバッグを用意しました。どれもこれもオススメです!!

また、実際にTEMILやTEMILで開催する子ども向け体験プログラムにご参加いただけるリターンもあります。

純粋な支援だけではなく、実際にTEMILのサービスをご予約いただくことのできるファンディングとなっています。ですので、「先行予約ができる!」「お得に利用できる!」という思いでのご支援もウエルカムです!

お越しいただけるみなさんに満足いただける内容でご準備し、お待ちしています。

TEMIL名物♪大型ハンモック川あそびもできます!
◆実施スケジュール
2021年6月 クラウドファンディング開始
       NEWソロテントセット(ソロテント、シュラフ、シュラフインナー)購入
2021年7月 新プラン構想ワークショップ&新プラン(ソロテントファミリープラン)販売
       TEMILオリジナルメスティン&トートバッグ完成
2021年8月 各種学校、団体へソロテント泊プログラムの提案
2021年9月 リターン品発送
       各種学校、団体受け入れ

※募集方式についての説明
<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

リターン

リターン品は、実際にTEMILのサービスをご利用いただくことのできるものを多数用意しています。
SHOSAPOが得意にする「体験プログラム」がセットになったものもあります。
また、いつもお世話になっている地元「木器(こうづき)」の美味しいお米も用意していますので、コロナ禍でTEMILまで足をお運びいただけないみなさまにもぜひご満足いただけると思います。
そして、TEMILオリジナルデザインのメスティンやトートバッグは、SHOSAPOデザイナーがステキなロゴを施した他では購入できない特別なものです!
不明な点などはお気軽にお問い合わせ、相談ください!

〈リターン品の説明〉
・宿泊貸切券、利用券に関しましては、通常予約を開始する以前にご予約可能ですが、通常予約期間後は一般利用者様と同じ条件でのご予約となります。あらかじめご了承ください。
本当に、とてつもなく美味しい木器(こうづき)米

最後に…

私たちのオモイに少しでも「なるほど」「おもしろい」と思っていただけたら、
このクラウドファンディングにぜひご協力をお願いします。
支援、紹介、シェアなんでも構いません。

楽しい不便と、不便に挑戦し続けるスタッフがお待ちしております。
最後までプロジェクトを読んでくださり、ありがとうございました。
そして、ぜひTEMILへもお越しください!お待ちしています。
◆SHOSAPO
(特定非営利活動法人 生涯学習サポート兵庫)

【三田事務所】〒669-1412 兵庫県三田市木器字南下山1266-10
              (神戸三田アウトドアビレッジTEMIL)
電話 079-569-1016
E-Mail temil@shosapo.jp
ホームページ http://www.temil.shosapo.jp/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください