私たちは鹿児島県霧島市でトマトを生産しております、霧島ビオファームの杉山と申します。

ここは鹿児島県本土のお臍で、北には霊峰霧島、そして南には活力溢れる桜島があり、南北からエネルギーが流れ込むパワースポット的な場所だと感じています。

私は、長く農業関係の仕事に従事してきました。その中で、今の農薬や化学肥料を使った生産効率優先の農業生産を目の当たりにし、基準は守っているものの結構農薬を使うのだな、と思いました。

こうして野菜が作られているのを知った時「人の体に入るものなので、もっと食べる人の健康に配慮した生産であるべき」と思うようになりました。

そして2年ほど前に、使われていない農業用ハウスを借りてトマトの有機栽培を始めました。


無化学農薬・無化学肥料栽培トマトの良さと美味しさを広く知ってもらいたい!

日本の野菜は皆さんが思っている以上に農薬が使われています。

また、農薬の危険性もあまり知られていません。しかし、近年、欧米などの先進国では、オーガニックに対する需要が年々高まっています。なんとお隣韓国のソウルでは、2021年から市内すべての小中高でオーガニックの無償給食が施行されているそうです。

それだけ農薬の危険性を重視しているわけです。

これに比べ我々日本人はあまりにも意識が低すぎるのではないでしょうか。そこで、有機栽培の安全性や必要性について、たくさんの人に気づいていただきたく、本物のトマトをお届けしたい!とこのプロジェクトを立ち上げました。

しかし、取り扱ってくれるお店は少なく、農薬で育てられた価格の安いものが選ばれているのが現状です。時間はかかりますが、この有機栽培の大切さに気づいていただき理解してくださる人をひとり、またひとりと増やしていけたらと思っております。

このクラウドファンディングがひとつのきっかけとなれば幸いです。

1期目(2020年度)は何とか借りたハウスを整備し、栽培開始して収穫までこぎつけましたが、コロナの影響でトマトの価格が暴落し、計画通りの売上が立たなかったため、2期目の栽培準備の資金が不足しており、これを確保するためにもプロジェクトを達成させたいです。

応援よろしくお願いいたします。


私たちのモットーは人と地球と植物に優しい農業で、安全で、美味しいものを食卓へ」です。

それは、人や虫や病原菌など、生産を阻害するものを、化学農薬などで皆殺しにするのではなく、人間の力と微生物、在来の天敵昆虫など身近に存在するものをうまく活用した、日本古来の「自然と共生」した農業だと考えています。

とはいえ、高温多湿な鹿児島では、1年中雑草が繁茂し、カビや害虫の発生が多く、農薬を使わない農業は本当に大変です。トマトの有機栽培は難しく、例が希少であります。

普通の栽培だと、雑草には除草剤、カビには殺菌剤、害虫には殺虫剤を使って低コストで効率よく植物を守ることができます。日本の野菜は安全!と思っている人も多いかもしれませんが、農薬の使用量に関しては世界トップレベルの数値なのです。

例えば、雑草は除草剤で枯らせば効率もよく、きれいになるし、害虫は殺虫剤を使えば数日でいなくなり、カビも殺菌剤を使うことできれいになりますが、反面、これらは植物や土壌中の微生物にとっては危険な毒でもあるのです。

なので私たちの農場では、雑草は草刈り機や鎌で刈るか、手で抜き、カビには、湿度管理と有用微生物で対抗し、害虫は天敵昆虫を飼育して戦わせるか、私たちが数千本の株を1本1本見ながら虫を探して捕獲することで減らしています。

夜の暗いハウスの中で懐中電灯の明かりを頼りに虫を探すのは、なかなか根気と体力がいる作業です。時代遅れのローテクの極みです。

精一杯頑張っていますが、それでも薬剤みたいに強力に抑えることはできないので、全体の2割くらいは被害を受け、損耗してしまいます。

また、化学肥料も使わないので、収穫量そのものも慣行栽培よりも少なくなってしまいます。「労力はかかった上に収穫量は少ない」これが私たちの栽培の現実です。

安全だけでなく、おいしさにもこだわっています。よくある高糖度トマトは、水を極端に減らしたり、あるいは根が伸びるのを制限するなど、トマトにストレスを与えて糖度を上げています。そのためにやや小玉なトマトが多いです。

これに比べ、私たちは、水の量や根の伸長を制限することなく、トマトをのびのびと育てて甘いトマトにしています。これは実は簡単にできることではありません。この実現のためには、土とその中に棲む微生物を豊かにして、強い根を作ることが求められます。

おいしいトマトづくりのカギを握るのは土と根。豊かな微生物が届ける養分をお腹いっぱい吸収するトマトの根。この「土と根」が人間の「腸」と同じで、「良い土の中で強い根を育てること」で健康で強いトマトが育つ、そんな風に私たちは考えています。

そして「良い土づくり」を追求した結果、単に甘いだけでなく、甘味と酸味のバランスが良く、味が濃くて滑らかな食感を持つ、普通の有機栽培を超えたおいしいトマトになりました。

ハイテクが進む時代に、私たちは敢えてローテクにこだわって「安全でおいしいもの」を提供する道を選びました。

純粋で高品質で安全
安全とおいしさのためには労をいとわない

社名「ピュアリティ&プライム」とブランド名「ビオレトロ」には、そんな私たちの思いが込められています。

ビオというのは有機栽培のこと、レトロとは名の通り「昔ながらの作り方にこだわりましょう」という意味を込めてブランド名を付けました。元々日本の土壌には納豆菌や麹がいっぱいいました。

我々は昭和30年代以前の土に戻したいのです。

たくさん作ってたくさん売れるよう、作業効率を良くするために使い続けられた化学肥料。元々土の中にいなかった化学肥料を何十年も入れ続けてきた農薬だらけの土。

農薬はトマトにとっていい菌も悪い菌も全部殺してしまいます。元々土の中にいなかった硝酸カルシウムなどが入った土が、いま農地として使われています。そういった土から作られたトマトを私たちは日頃食べているのです。

私たち霧島ビオファームでは、乳酸菌や納豆菌など培養し、トマトを作るために土作りからしています。安全と品質にこだわるには、土作りが重要なのです。元々自然にあったものをトマトも必要としている訳です。いい食べ物から健康な体が作られる人間と一緒ですね。


10年近く使われずに放置され、ひどく荒れていた農業用ハウスを見つけた2年前のことです。

「これを自分たちで再整備してトマトの有機栽培を始めよう!」と思い立ち、荒地を自力で整備して栽培を開始。ハウスの中を埋め尽くすように生えていた立木を慣れないチェーンソーで伐採、そして重機で木を撤去し、整地しました。

パイプを修理し、ビニールを張り替え、越冬用の暖房機を設置し、自分たちの手で栽培環境を少しずつ整えていきました。

そして、2020年9月に苗を定植し、栽培をスタートしました。

途中、何年振りかの大型台風の直撃を受け、大半の苗を吹き飛ばされたりしましたが、計画より半月遅れでなんとか、収穫までこぎつけました。

さすがに有用微生物たっぷりの土壌で育った有機栽培トマト、その味の良さから年末くらいまでは通常トマトの倍近い価格で取引されましたが、年明けからコロナによる飲食需要の減退の影響でトマトの価格が暴落、私たちのトマトも同様の結果でした。

また、有機栽培トマトといっても、実際は販売先が極端に少なく、通常トマトと同じ扱いで、見た目が悪い分、通常トマトより低い評価で取引されました。

なので、1期目は売り上げが低く、2期目(今期)の栽培準備資金が不足しているような状況です。


収穫したトマトなどをリターン品としてお届けいたします。

◆【早割】レトロプリンセス(ミニトマト)1kg:3,000円

◆【クラウドファンディング限定】レトロクイーン(大玉トマト)1kg6ヶ月定期便:17,270円

◆【クラウドファンディング限定】5本分オーナー権:100,000円

◆レトロプリンセス(ミニトマト)1kg:3,400円/2kg:5,400円

◆レトロクイーン(大玉トマト)1kg:3,200円/2kg:5,200円

◆レトロキング(特大トマト)1.5kg:2,500円

◆レトロファミリー(ミックストマト)1kg:3,200円/1.5kg:4,200円

◆心を込めた御礼のメール:1,000円

◆個人スポンサー:3,000円

◆企業スポンサー:30,000円

以上のようなリターンをご用意いたしました。トマトは全て送料込みの金額です。詳しくはリターン一覧をご確認ください。


目標金額:100万円(苗定植から収穫開始までの肥料代、苗代、人件費等:72万円/CAMPFIRE手数料他諸経費など:28万円)

8月末:クラウドファンディング終了

9月:苗植え

11月末〜12月:収穫開始

リターン品のトマトは、12月より順次発送予定になりますので到着までしばらくお待ちいただけるとありがたいです。無化学農薬の濃厚トマト「ビオレトロ」を自信を持ってお届けいたします。


私たちの体は、すべて私たちが食べたものでできています。そして、食べられるものは基本的には全て生物です。

なので、本来、農産物には化学合成された人工的なものはそぐわないはずです。これをあまり多く採り過ぎると体に異常をきたす様になるはずです。

トマトを栽培していると、必ずコナジラミやサビダニ、アブラムシなど、何らかの方法で駆除しないと農場が全滅するレベルの害虫に襲われます。

また、冬季はハウスを締め切るので換気が悪く、必ずと言っていいほどカビ病が発生します。なので、トマト栽培には殺虫剤や殺菌剤などの農薬が欠かせなくなっています。これがトマトの有機栽培が難しい理由です。

これに対して、私たちは農薬の代わりに「害虫の天敵昆虫」や納豆菌などの「有用微生物」でこれらを防いでいます。その天敵昆虫の一部は自分たちで確保し、また、有用微生物は自分たちで納豆などの食品から培養しています。

また、雑草は除草剤を使わず、刈払機か鎌で刈るか、又は、手で抜きます。通常のトマトに比べて大変な労力とコストがかかっています。

その分、美味しさも格別です。よくある高糖度トマトのような「甘いトマト」ではなく、味が濃く、甘さと酸味の輪郭がはっきりとしてしかもバランスの良い、手に取るとずっしりと重いトマトになっています。


「トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜。美肌効果や風邪予防に役立つビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などをバランス良く含んでいます。

また、トマトに多く含まれるリコピンは、ビタミンEの100倍と言われるその強い抗酸化作用で老化や動脈硬化、がんなどの生活習慣病予防に効果があります。

ビオレトロは、有機栽培なので普通のトマトに比べ、リコピンは200%、ビタミンCやビタミンEは140~160%くらいあります。

また、感の強い人から「すごいエネルギーを感じるよ!」と言われたことが何度かあります。

やはり自然に近い栽培なので力強い生命力みたいなものを秘めているのではないかと思っています。

人生100年と言われる時代、ビオレトロを通じ、皆様に美味しさと栄養をお届けして、幸せな健康長寿社会の実現に貢献したいと思っています。

有機栽培のトマトの栽培はとにかく手がかかり、やりたがる人はほとんどいません。そこまでしてでも届けたい。そして、私たちが成功することで同じようにやってくれる人が出てきてくれることを願っています。

たくさんの人に無化学農薬濃厚トマトBio Retroをお届けできることを心待ちにしております。ご支援よろしくお願いいたします。


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: 株式会社ピュアリティ&プライム
◯ 事業者の所在地:〒899-4305
鹿児島県霧島市国分郡田900-17
◯ 事業者の連絡先:Tel: 0995-73-5416
メール:info@purityandprime.com
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期: 各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法: クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください