初めまして!reth(リス)です!

私たちは、故郷である長野県白馬村および小谷村を含む「白馬バレー(Hakuba Valley)」を盛り上げるべく、クラフトビールのブリュワリー(パブが併設した醸造所)を作るプロジェクトを計画しています。

ブリュワリー名は「HAKUBA BEER GARAGE(白馬ビールガレージ)」です。


場所は「奥白馬」の栂池スキー場直結、ゲレンデまで徒歩0秒の一等地。

地元を愛する幼なじみのメンバーが集まり、地元を活性化させるために活動しています。

「reth(リス)」とはこのプロジェクトに携わるチーム名であり、thrill(ワクワクする)、think(考える)、throw(打ち出す、投げかける)を「re(〜し直す)」という造語から生まれました。

また、プロジェクトの中心メンバーが3人なので、数字の「three(3)」にも由来しています。

このロゴはプロジェクトのために作ったロゴであり、白馬バレーエリアに生息している身近な動物「リス(=reth)」からインスピレーションを受けデザインしました。

リスのように、愛嬌のあるチームにしたいという想いも込められています。


ではまず、プロジェクトの中心となるメンバー3人の自己紹介をさせてください。


私たちが生まれ育った白馬バレーエリアは戦後の高度経済成長期とともに成長し、スキーブームによってさらに大きく発展しました。

日本中からスキー客が押し寄せ、スキーリフトに1本乗るのに何時間も待たなければいけないような活況で、地域内の宿泊施設や飲食店も大きな恩恵を受けました。


しかし、下記資料の通り平成6年をピークに観光客数は年々減少し、新型コロナウイルスの影響もあって白馬バレーエリアの一大産業である観光業は大きな打撃を受けています。

出典:白馬村の観光地利用者延数の推移

プロジェクトの立ち上げメンバーである私たちは平成2年〜3年生まれで、ちょうどこのピーク(バブル)が終わる頃に生まれた世代です。

そのため、私たちは最盛期の白馬バレーエリアを知りません。


どんどん観光客が減っていく現状を見て、なにか地元に貢献できないか私たちなりに考えてきました。

どんな形が良いのか様々なプロジェクトを構想する中で、これまでに「白馬村みらいチケット」というプロジェクトを立ち上げました。


このプロジェクトは、新型コロナウイルスでさらに打撃を受ける観光事業を少しでも支援するため、将来使用できる観光チケット(宿泊券)を前売りで販売し、その売上を宿泊施設の皆様にお渡しするプロジェクトです。

このプロジェクトはクラウドファンディングを活用し、目標金額を超えた約87万円が95名から集まりました。

白馬バレーの大切な資源である観光業を衰退させないためにも、私たちが今できる数少ない選択肢の中の一つのプロジェクトとなりました。

クラウドファンディングやプロジェクトの立ち上げ経験がない私たちでも、行動すれば何かを生み出せ、誰かを救うことができることを学びました。

改めて、このプロジェクトをご支援下さった方々には感謝申し上げます。


この「白馬村みらいチケット」プロジェクトを終え、私たちは地元への貢献についてさらに真剣に考えるようになりました。

人々がスキーやスノーボード以外でも白馬バレーの魅力を感じることができれば、観光客は確実に増加するはず。

そんな軸で様々なことを考え、私たちは以前から色々とアイディアをひねり出す時は、都内のカフェやビアパブでよく話し合っていました。

ビアパブを選んでいたのは、ゆっくりと飲食をしながらコミュニケーションを取れることと、訪れる度に飲めるビールが違うことも楽しかったからです。

そんな日々の中で「クラフトビールって魅力的じゃない?」という感覚的な一言から、店内を見渡すと意外と常連さんが多いことに私たちは気が付きました。

「これはもしかして、人を惹きつけられるかもしれない。」

その後クラフトビールについて色々と情報収集を進めた上で、自分たちでクラフトビールのブリュワリー事業を立ち上げることを決めました。


白馬バレー(Hakuba Valley)は、クラフトビール作りに適した環境を持つ

白馬村や小谷村を含む「白馬バレー(Hakuba Valley)」はすでに国内外に対してブランド力があり、かつビールを製造するための良質な環境が整っています。

この地域は豊富な水源を保有していて、非常に質の高い水が手に入ります。

また、ビールの原料となる麦やホップの栽培も可能で、私たちは将来的に原料は全て白馬バレーエリア内で完結させたいと考えています。

100%地元産のクラフトビールです。

「白馬バレー(Hakuba Valley)」のブランド力を活かし、世界で戦えるクラフトビールブランドを作りたいと考えています。


地元の課題を解決するという視点でのクラフトビール

実は白馬バレーエリアにはこれといった特産品や名産品もなく、冬のシーズンには飲食店が不足します。

下記資料は、「白馬村観光において解決すべき課題」として白馬村が来訪者へ行った調査結果です。

出典:白馬村観光において解決すべき課題

資料からは、「交通手段」が最も大きな課題であり、その次に「飲食店不足」が課題であることがわかります。

そこで私たちは、「飲食店不足」、「特産品・名産品不足」の2つの課題に目をつけ、これらの課題を解決できるのがブリュワリー事業であるとも考えています。


最盛期の白馬バレーを知らない地元の若者たちが「想い」を持って白馬クラフトビールを製造し、人を呼び、村の経済を潤し、潤った資金で地元をさらに活性化させていきたいと考えています。


日本の田舎には、どこかよそ者を受け付けない独特の閉鎖的な雰囲気や、新しいものや変化を拒む傾向があると感じています。

地元出身である私たちは、そんな雰囲気も良い意味でぶち壊していき、色んな人を巻き込んで私たちの故郷を盛り上げたいと思っています。


みなさんに私たちの想いやビジョンを伝えたいという理由もあり、こうしてクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げる決意をしました。

私たちはこのクラウドファンディングで集めた資金を、白馬クラフトビールを製造するブリュワリー建設に必要な費用の一部に充てたいと考えています。

具体的には、ブリュワリーの内装および外装のリノベーション費用、そして醸造免許取得費用です。


ブリュワリー建設予定地および物件はすでに確保済みで、栂池スキー場直結、ゲレンデまで徒歩0秒の好立地です。

私たちはこの物件をリノベーションし、冬にはスキー客、夏には登山客がくつろげるようなパブを併設したモダンなブリュワリーを作ります。

※下記、イメージ図

このブリュワリーのリノベーションには大きな資金が必要であり、私たちはこのプロジェクトでその資金の一部を調達させていただきたいと考えています。


立ち上げの準備にこれまで多くの時間を割いてきましたが、ようやく私たちの構想が形になりつつあります。

オープンは2022年8月を予定しており、ちょうど1年後の計画です。

1年後には、白馬バレー出身の若者たちが作る白馬クラフトビールが生まれているはずです。


私たちが目指すもの、成し遂げたいことは「生まれ育った故郷への貢献と活性化」です。

このブリュワリー事業は、その目標の第一歩となる事業です。

この事業を成功させ、私たちはさらに大きな取り組みを行っていきたいと考えています。


白馬バレーが大好きな方、スキーや登山を愛する方、私たちの想いに共感してくださる方、私たちの白馬クラフトビールを飲んでみたい方、そんな皆さまからのご支援をお待ちしております。

私たちと一緒に「白馬バレー(Hakuba Valley)」を盛り上げましょう!



・ブリュワリー外装および内装のリノベーション費用:約200万円

・醸造免許取得費用:約50万円

・CAMPFIRE手数料17%:約50万円

・1,000円リターン

①メンバーからのお礼のメッセージ


・3,000円リターン

①メンバーからのお礼のメッセージ

②オリジナルステッカー2枚(1枚あたり横10cm×縦5cm程度のサイズを予定)

※商品のデザイン、仕様、外観など変更の可能性がございますので、ご了承ください

・10,000円リターン

①メンバーからのお礼のメッセージ

②試飲会(プレオープン)招待券

※試飲会は2022年8月に栂池スキー場横ブリュワリー建設予定地にて開催予定です

※こちらの招待券は、2022年8月開催予定の試飲会イベント時のみ有効です

※招待券は、2022年4月頃メールにて発行致します

※支援者様の交通費や滞在費等については自己負担にてお願い致します

③オリジナルTシャツ(フリーサイズ)

※商品のデザイン、仕様、外観など変更の可能性がございますので、ご了承ください

・10,000円リターン

①メンバーからのお礼のメッセージ

②試飲会(プレオープン)招待券

※試飲会は2022年8月に栂池スキー場横ブリュワリー建設予定地にて開催予定です

※こちらの招待券は、2022年8月開催予定の試飲会イベント時のみ有効です

※招待券は、2022年4月頃メールにて発行致します

※支援者様の交通費や滞在費等については自己負担にてお願い致します

③オリジナルキャップ(フリーサイズ)

※商品のデザイン、仕様、外観など変更の可能性がございますので、ご了承ください

・30,000円リターン

①メンバーからのお礼のメッセージ

②試飲会(プレオープン)招待券

※試飲会は2022年8月に栂池スキー場横ブリュワリー建設予定地にて開催予定です

※こちらの招待券は、2022年8月開催予定の試飲会イベント時のみ有効です

※招待券は、2022年4月頃メールにて発行致します

※支援者様の交通費や滞在費等については自己負担にてお願い致します

②白馬村内宿泊施設(入山登)の宿泊券1泊分(ツインルーム夕朝食付き1~2名分)

※宿泊希望日程によっては満室の可能性がございますので、ご了承ください

※宿泊施設様へのご予約及びご連絡は、支援者様ご自身でお願いいたします(我々から連絡先を後日共有致します)
※宿泊可能日は2021年12月31日までとなります

・50,000円リターン

①メンバーからのお礼のメッセージ

②試飲会(プレオープン)招待券

※試飲会は2022年8月に栂池スキー場横ブリュワリー建設予定地にて開催予定です

※こちらの招待券は、2022年8月開催予定の試飲会イベント時のみ有効です

※招待券は、2022年4月頃メールにて発行致します

※支援者様の交通費や滞在費等については自己負担にてお願い致します

③プロジェクトメンバーとのディナー券(東京か白馬村限定)

※食事費用がリターン内に含まれてます

※プロジェクトメンバー3名(田口、田中、村田)とのディナー券です

※ディナー券は新型コロナウイルス蔓延の状況を見ながらの日程調整になります(2021年内予定)

※公共の場所で面会します

・100,000円リターン

上記全部込みパッケージ+ブリュワリー施設への支援者様のお名前刻印(希望者のみ)

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

私たちは、「みんなの故郷 ”白馬バレー” をつくる」を目標にこれまで想いを膨らませ、ようやく形になっていくタイミングを迎えております。

ブリュワリーとクラフトビールを通じて白馬バレーの魅力をどんどん発信し、多くの観光客の方が白馬バレーに来訪する世界を創っていきたいと思います。

ブリュワリーを開業するにあたっては大きな資金が必要です。

日本屈指のスノーリゾートから、世界へ発信できるビールブランドを一緒に作りましょう!

皆様、どうかご支援のほど宜しくお願いいたします。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください